チキンラーメン

チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味!ガーリックとまろやかバターが広がる風味豊かな一杯

チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味

チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味」を食べてみました。(2021年8月16日発売・日清食品)

この商品は、お馴染み“チキンラーメン”発売63回目のバースデーを記念したもので、今回は“おうちで縁日気分!ひよこちゃん祭り”をコンセプトに屋台の人気メニュー“じゃがバター”の味わいを“チキンラーメン”流にアレンジ、味付けされた麺から滲み出すチキンスープにバターのコクと“にんにく”の風味を利かせ、具材にはゴロッとしたポテトを使用した安定感のある味わいが“どんぶり型”でたっぷりと楽しめる風味豊かな一杯が登場です!

それも…味付けが施された麺から滲み出るチキンスープにまろやかなバターと“にんにく”の風味を利かせたことでほどよいコクが引き立ち、さらに具材にゴロッと大きなポテトが豊富に使用されたことで…まさに屋台で楽しむ“じゃがバター”ならではの風味豊かな味わいをカップ麺に表現した一杯、“チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには“ガーリックとまろやかバターの香り広がる!”と答える“じゃがいも”に包まれたチキンラーメンのオリジナルキャラクター“ひよこちゃん”が掲載されており、イメージ通りあのまろやかなバターや食欲そそる“にんにく”の風味を利かせた品のある味わいが醤油ベースのチキンスープと絶妙にマッチし、キレの良いテイストと安定感のある“じゃがバター”の味わいをバランス良く調和しているようですね!これは恐らく間違いない一杯!

そもそもチキンラーメンは文字通りチキンの旨味に際立ったシンプルなキレの良い味わいが特徴的ですから、今回のようにバターや“にんにく”の風味を加えたことによる厚みを際立たせるかのようなテーマは非常に合うような気がします!

一方こちらには、チキンスープにバターや“にんにく”の風味・コクを加えたまろやかな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…フライドポテト・赤ピーマン・パセリが使用されているようです!このふっくらとしたフライドポテトが使用されたことによって“じゃがバター”の美味しさを旨味・風味から再現しているようですね!

そもそもチキンラーメンは文字通りチキンの旨味に際立ったシンプルなキレの良い味わいが特徴的ですから、今回のようにまろやかなバターの風味によって厚みを際立たせるかのようなテーマは非常に合うような気がします!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染み醤油ベースのチキンスープで味付けされた香ばしく旨味が滲み出す風味豊かな仕様となっていて、それによって後味すっきりとした馴染み深いテイストに仕上がり、そこに別添された“バター香る特製オイル”を加えることによって屋台で楽しむ風味豊かな“じゃがバター”の味わいをイメージさせる香りやコクがプラスされ、まさにふっくらとしたポテトの旨味にとろけるバターが相性良くマッチしたスープが味付けされた麺とともに最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

バターのまろやかさがどれほどコクのある仕上がりとなっているのか…気になっていたものの、変に“くどさ”を感じさせるようなものではなく、むしろ隠し味のように微かに香る程度で、豊富に使用されたフライドポテトがちょうど良い“じゃがバター”ならではの味わいを表現し、不思議とチキンラーメンとにも相性良くマッチし、キレの良い口当りによって最後まで飽きることもなく風味豊かなスープを楽しむことができ、単調になりがちな“チキンラーメン”の味わいをいつもとはひと味違った祭り気分で楽しめる風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、チキンラーメンがそもそも好みの方はもちろん、そこにバターや“にんにく”の風味を加えてふっくらとした美味しさを楽しむ“じゃがバター”ならではの香りやコクが別添されている“バター香る特製オイル”を加えることで臨場感高く再現された食欲そそるテイストをじっくりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“チキンラーメン”の発売63周年を記念して登場したチキンスープをベースに別添されている“バター香る特製オイル”を加えることによってバターや“にんにく”の風味やコクが加わったことでキレの良さと絶妙にマッチしたボリューム感のある一杯、「チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味

今回ご紹介するカップ麺は1958年8月25日から発売され続ける超ロングセラー商品“チキンラーメン”63回目のバースデーを記念して登場したもので、お馴染み醤油ベースのチキンスープで味付けが施された麺から滲み出る香ばしく旨味溢れるスープに別添されている“バター香る特製オイル”を加えることによって屋台の人気メニュー“じゃがバター”ならではのバターや“にんにく”の風味がプラスされ、キリッとしたスープと相性良く馴染んだことで最後まで飽きることなく楽しめる“どんぶり型”の一杯、“チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味”となっています。

ご覧の通りフタの上には今回の商品名“屋台のじゃがバター味”や“ガーリックとまろやかバターの香りが広がる!”といった特徴などが記載され、その背景には馴染み深いチキンラーメンを象徴とさせるオレンジと白のボーダー柄がさり気なくあしらわれています!

チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味 パッケージ

他にも今年のテーマは“おうちで縁日気分!ひよこちゃん祭り”といったこのご時世ならではの自宅で周年記念をお祝いしようということで、少しでもお祭り気分を味わってもらおうと…お祭りにちなんだテイストが全3種類同時発売されてます!(パッケージデザインもそういった賑やかな雰囲気がうまく表現されているのが伝わってきますね。)

ちなみに以前、2018年8月25日で発売60周年を迎える記念商品ということで、早くも2017年11月20日には“チキンラーメンビッグカップ 鶏白湯”が発売され(2018年12月3日にも再発売)、他にも数多くの周年記念商品が登場しており、さらに61回目となるバースデー記念には“チキンラーメン チキぎゅー 鶏ガラペッパービーフ味”と“チキンラーメン チキとん 鶏ガラペッパー豚骨味”が2019年8月12日に2品同時発売されていて、昨年62回目の記念としては“チキンラーメンビッグカップ てりやき味”と“チキンラーメンどんぶり スパイシーカレー”が2020年8月10日に発売されており、毎年この時期はチキンラーメンのバースデー企画として恒例となりそうです!

また、今回はロースト感のある香ばしい甘口ソースに“にんにく”の風味を利かせた一杯、“チキンラーメンどんぶり 屋台のソース焼そば”と、チキンスープに別添された香ばしいタレを合わせた“甘旨い”味わいが楽しめる一杯、“チキンラーメンビッグカップ 屋台のやきとり味”も同時発売されています!

それでは、今回の“チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味”がどれほどチキンの旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?別添された“バター香る特製オイル”を加えることによるまろやかなバターの香りや食欲そそる“にんにく”の風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても醤油ベースのチキンスープで味付けが施された風味豊かな麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り432kcal(めん・かやく377kcal / スープ55kcal)となっております。(塩分は5.7g)

カロリーは、チキンラーメンらしくキレ・後味すっきりとしたテイストならではの割と低めな数値のようですが、一方で塩分はやや高めといったところでしょうか?
ちなみに1食当たり89g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと55kcalとやはりバターならではのまろやかなコクが加わったことで低過ぎるわけでもなく、シリーズらしい素材の旨味を活かした後味の良いテイストをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や食塩をはじめ…

  • チキンエキス
  • 香味調味料
  • 香辛料
  • オニオンパウダー
  • 豚脂
  • 植物油脂
  • バターオイル

といった、いつものロースト醤油のチキンスープに別添されている“バター香る特製オイル”を加えることによって屋台で食べるホクホクの“じゃがバター”を彷彿とさせるまろやかなバターの風味や食欲そそる“にんにく”の香りが絶妙にマッチしたスープに仕上がり、味付けが施された麺から滲み出る旨味がシリーズらしい美味しさを引き立てる臨場感の高い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105268094
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、しょうゆ、食塩、チキンエキス、糖類、香味調味料、香辛料、デキストリン、オニオンパウダー)、オイル(豚脂、植物油脂、バターオイル)、かやく(フライドポテト、赤ピーマン、パセリ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (89g) 当たり]
熱量432kcal
めん・かやく: 377kcal
スープ: 55kcal
たんぱく質8.7g
脂質21.4g
炭水化物51.2g
食塩相当量5.7g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 3.4g
ビタミンB10.26mg
ビタミンB20.49mg
カルシウム181mg

引用元:チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り味付けが施されたお馴染みの麺などがすでに入っていて、他にも“バター香る特製オイル”と記載された調味料がひとつ入っています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、文字通りまろやかなバターの風味やコク、そして食欲そそる“にんにく”の風味なんかも含まれたサラッとした油分となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り醤油ベースのチキンスープで味付けが施された旨味や香ばしさが香り立つシリーズならではの仕様となっていて、今回もまたお馴染みの味わいが踏襲され、そこに別添された“バター香る特製オイル”を加えることによって屋台の“じゃがバター”を味わっているかのような風味豊かなスープへと様変わりする満足度の高い味わいがすでに伝わってきます!

さらにその麺の裏側には…かやくとして、

  • フライドポテト
  • 赤ピーマン
  • パセリ

がすでに入っています。

特に今回のフレーバーは“じゃがバター”をモチーフとしているせいか…具材にも大きなフライドポテトが豊富に使用されており、しっかりとした美味しさやホクホクとした柔らかな食感に仕上がり、先日ご紹介した“屋台のやきとり味”と同じくチキンラーメンから派生した様々なフレーバーの中でも具材から滲み出す旨味にはかなり期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことによって味付けが施された麺の色も薄くなり、しっかりとスープに旨味が滲み出したことで、いつものキレ・後味の良さに際立ち、最後まで飽きの来ないボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“バター香る特製オイル”を加えていきます!
すると…まさに“じゃがバター”らしいまろやかなバターの香りやコクが加わる透明な油分となっていて、風味としてはほんのり“にんにく”の香りなんかも広がっていき、これがまたチキンラーメンの旨味を活かした絶妙なテイストに仕上がっています!!これはなかなか期待できるのではないでしょうか?(バターの香りもやや弱めのようです。)

そのため、見た目としての変化はそこまでありませんが…決して“くどさ”を感じさせないバターの風味が“にんにく”の香りとともに臨場感を引き立て、チキンラーメン特有の後味すっきりとしたテイストに厚みを加えるかのようなコクが加わり、まさに屋台の“じゃがバター”特有の味わいがバランス良く再現された香りの良さが印象的といったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…シリーズらしくサラッとした仕上がりではありますが、バター特有のまろやかな風味や“にんにく”の香りがが加わったことによっていつものチキンラーメンよりも若干コクのあるスープが表現され、キリッとした後味の良い旨味溢れる味わいがたっぷりと楽しめそうです!

また、具材として使用されているフライドポテトはゴロッとした大きなサイズで使用されている数に関しても申し分なく、こちらからも良い旨味やほどよい香ばしさが加わり、ちょうど良い味付けと風味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めいていくに連れて満足度も増していく…そんなやみつき感のあるテイストに仕上がり、屋台の“じゃがバター”らしい食欲そそる味わいをうまくスープタイプのフレーバーに再現しているようですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…醤油ベースのチキンスープと“じゃがバター”の味わいを組み合わせた仕上がりはどうなのか?非常に気になっていましたが、想像以上にその相性は良く、豊富に使用されたフライドポテトや別添された“バター香る特製オイル”によるバターのまろやかさといったコクがうまい具合にハマり、“にんにく”のほどよい香りやパセリのアクセントなんかも“じゃがバター”ならではの美味しさをうまく再現し、バターの風味やコクとチキンスープの味わいとキレの良さなど全体のバランスがしっかりと考慮されているようです!

そのため、シンプルなチキンラーメンの味わいにコク深くやみつき感のあるスープが際立ち、バターのまろやかさがチキンの旨味と絶妙にマッチ、さらに食べ進めていくにつれて豊富に使用されたフライドポテトからも良い旨味が滲み出していきますから…後半になるに連れて“じゃがバター”ならではの美味しさが増していくものと思われます!

また、別添された“バター香る特製オイル”を加えなくとも…そもそも麺に味付けがしっかりと施されているシリーズならではの味わいが楽しめることに間違いありませんので、バターのまろやかさ・コクが気になる…という方は少しずつ加えてみても良いかもしれませんね!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズお馴染みの味付けが施された仕様となっていて、しっかりと混ぜれば混ぜるほど旨味が滲み出し、やや幅広なすすり心地の良い仕上がりとなっています!

そんな麺には…醤油ベースにチキンの旨味を利かせた後味の良い味わいに別添された“バター香る特製オイル”を加えることによって屋台の“じゃがバター”を彷彿とさせるバターのまろやかな風味やコクが引き立つやみつき感のあるスープがよく絡み、一口ずつに“じゃがいも”ならではの美味しさやバターのコク深いテイストが口いっぱいに広がっていき、“くどさ”のないバターのまろやかさや“にんにく”の風味が後味良く抜けていきます!…というか“じゃがバター”と聞くと、バターのまろやかさがちょっと“くどさ”を感じさせるような気もするんですが、実際は決してそんなこともなく、ベースとなるキレの良さと絶妙にマッチしたことで最後まで飽きさせません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのフライドポテトが入っていて、“じゃがバター”の味わいをイメージしているということもあって使用されている数やサイズに関しては全く申し分なく、仕上がりの方もふっくら・ホクホクとした食感に仕上がり、じっくりと味わってみると…“じゃがいも”ならではの美味しさがしっかりと感じられましたので、食べはじめはスープとよく馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層“じゃがバター”特有の味わいが際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの赤ピーマンは、やや小ぶりながらも…じっくりと味わってみると素材本来の味わいがしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良い色味と苦味といったアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらのパセリが豊富に使用されており、非常にさり気ない具材ではあるんですが…これがまた“じゃがいも”の美味しさと絶妙にマッチし、屋台の“じゃがバター”ならではの風味を臨場感高く引き立てているように感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りロースト醤油味のチキンスープに別添された“バター香る特製オイル”を加えることによって屋台の“じゃがバター”ならではの風味豊かなバターの香りが加わり、それによって“じゃがいも”の美味しさなんかも際立って感じられ、想像以上にチキンスープとの相性も良く…シリーズらしい後味すっきりとした飲み飽きることのないバランスの良い仕上がりとなっています!

そのため、レギュラー商品だと若干単調になりがちなテイストに“じゃがバター”には欠かせないバターの風味や食欲そそる“にんにく”の香りが加わったことで、ついついスープが止まらなくなりますね。。しかもバターの風味は割と控え目でしたので変に“くどさ”を感じさせることもなく、最後まで飽きることなく風味豊かな“じゃがバター”特有の美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れて味付けが施された麺やフライドポテトからも良い旨味が滲み出し、それによって“じゃがバター”特有の風味や旨味が際立っていき、それと同時に満足度も増していく…そんな食べ応え抜群な一杯が最後まで飽きることなく堪能でき、そもそも“じゃがバター”の味わいをイメージさせるフレーバーということもあって子どもから大人まで楽しめるフレーバーに間違いありません!

このように、今回の“チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味”は、お馴染みロースト醤油味のチキンスープに別添されている“バター香る特製オイル”を加えることによって屋台で味わう“じゃがバター”ならではの旨味・風味が想像以上に臨場感高く再現され、ベースとなるシンプルなチキンラーメンの味わいにも相性良くマッチし、最後まで飽きの来ない美味しさが思う存分楽しめるテイストとなっていたため、お好みによっては“じゃがバター”のテイストと相性の良い“おろしにんにく”をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「チキンラーメンどんぶり 屋台のじゃがバター味」を食べてみて、お馴染みの味付けされた麺から滲み出るチキンスープに別添された“バター香る特製オイル”を加えることによって想像以上に“じゃがバター”ならではの美味しさが気軽に堪能できる風味豊かな香りが引き立ち、豊富に使用されたフライドポテトが良い感じでホクホクとした食感を演出、そこに“にんにく”やパセリなどの風味が臨場感を引き立てる満足度の高い一杯となっていました!

やはりチキンラーメン自体がシンプルなテイストということもあってアレンジの種類が豊富にありますね!今回の“屋台のじゃがバター味”も個人的にもここまで美味しい仕上がりとは思っていませんでしたから…バターと“にんにく”の風味豊かな味わいを“じゃがいも”の美味しさとともにたっぷりと堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!