日清デカうま

日清デカうま 大辛コク旨味噌!赤唐辛子と黒胡椒の刺激が“うまさの決め手”のクセになる一杯

日清デカうま 大辛コク旨味噌

日清デカうま 大辛コク旨味噌」を食べてみました。(2021年3月1日発売・日清食品)

この商品は、“デカくてうまい!バラエティー豊かなやみつきテイスト”をコンセプトにした“日清デカうま”シリーズの新商品ということで、今回はコク深い味噌スープをベースに食欲そそる香味野菜を加え、さらに赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が大辛な味わいとしてプラスされたボリューム感のある一杯が登場です!

それも…ポークを利かせたコク深いスープに赤唐辛子と黒胡椒のダブルの刺激(辛さレベル5段階中「4」)を利かせた濃厚な辛味噌スープに仕立て上げ、相性抜群なガーリックの風味を利かせたことで食欲を掻き立てる旨味・辛さがたまらないシリーズらしいクセになる一杯、“日清デカうま 大辛コク旨味噌”となっております。(税抜き130円)

ご覧の通り、パッケージには“赤唐辛子と黒胡椒の刺激がうまさの決め手!”と記載されている通り赤唐辛子ならではのヒリヒリとした辛みや黒胡椒のピリッとした刺激的なアクセントがプラスされ、味噌テイストにぴったりなダブルの辛さが旨さの決め手とのことで、汗を誘う香辛料がやみつき感を際立たせる一杯のようですね!こちらもまた激辛好きにとっては楽しみな一杯といったところ!

ちなみにこの“デカうま”シリーズとは2018年2月19日に一挙8種類ものフレーバーが登場したのがはじまりで、それぞれ“うまさの決め手”となる調味料などがしっかりとした食べ応えを感じさせてくれるお手頃価格かつ満足度の高いラインナップが取り揃えられており、今回久しぶりの新商品には上記の通り赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激がそれに当たるようです!

一方こちらには赤唐辛子と黒胡椒が“うまさの決め手”となった赤みを帯びた刺激的な辛味噌スープにもっちりとした弾力や食べ応えのある中太ちぢれ麺がしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・ねぎ・赤唐辛子が使用されているようです!この“バケツ型”の容器と食べ応えのある麺、そして刺激的なダブルの辛さが利いたコク深い辛味噌スープで税別130円ですからね!かなりリーズナブルな一杯と言えるでしょう!

また、こちらには辛さレベルが記載されおり、今回は5段階中「4」ということで激辛とまではいかなものの…汗が噴き出すほどのしっかりとした辛みが利いているようですね!そもそもコク深く濃厚な味噌スープにはこういった刺激的な香辛料が合いますから…隠し味として利かせたガーリックの風味とともにやみつき感のある美味しさが最後までたっぷりと楽しめそうです!

他にも特徴として…麺はほんのり“ちぢれ”を付けた中太・フライ仕様で、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた大盛り90gのボリューム感のある仕上がりとなっており、スープ絡みの良さはもちろん、ポークをベースにコク深い味噌や食欲そそるガーリックの風味を利かせ、さらにやみつき感を引き立てる赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が“うまさの決め手”となった濃厚な味噌スープが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

コク旨という割にサラッとしているスープには…ポークの旨味がしっかりと味噌の濃厚感を下支えしたことで深みのある美味しさを表現、そこに赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が相性良く馴染んだことによって辛さが際立ち、じわじわと後から利いてくる大辛という名に相応しい後引く辛さがクセになる…まさに旨味と刺激的な味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる満足度の高いリーズナブルな一杯となっていました!
これは特に、旨辛な味噌テイストが好みの方はもちろん、ポークを利かせたコク深く濃厚な味噌スープに食欲そそるガーリックの風味が香り立ち、赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が“うまさの決め手”として加わった清々しいほどの大辛×コク旨な味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はリーズナブルでボリューム感のある“日清デカうま”シリーズから久しぶりの登場となったコク深い味噌スープに赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が“うまさの決め手”としてやみつき感を際立たせる濃厚な一杯、「日清デカうま 大辛コク旨味噌」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清デカうま 大辛コク旨味噌

今回ご紹介するカップ麺は、文字通りデカくて美味いお手頃価格でお馴染み“日清デカうま”シリーズの新商品ということで、コク深い味噌スープをベースに赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激を利かせたことによって大辛という名に相応しい後引く辛さがクセになる濃厚かつボリューム感のある一杯、“日清デカうま 大辛コク旨味噌”となっています。

ご覧の通りフタの方には今回の商品名“大辛コク旨味噌”といった文言が大きく掲載されており、赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激による大辛らしさが伝わってくる炎のイラストが印象的といったところ!

また、フタの裏面には今回の“日清デカうま”シリーズのラインアップが紹介されており、そもそもこの“デカうま”シリーズは、2018年2月19日に一挙8種類のフレーバーが発売され、それぞれリニューアルなどを経て、現在では“日清デカうま 豚ニンニク味”と“日清デカうま 野菜タンメン”がラインアップから外されているようです!

他にも西友(SEIYU)限定として“日清デカうま カレーそば”も発売されていたようですね!このようにこの“日清デカうま”シリーズはコンビニでの取り扱いではなくスーパーなどで販売しているため、気になる方はそちらで購入してみると良いでしょう!(ボリュームの割にリーズナブルな価格設定となっているため、買い溜めしている方も多いかもしれません。)

また、今回の商品も麺量90gの大盛り仕様ということで、ポークを利かせたコク深い味噌スープに赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が加わった大辛なテイストがたっぷりと楽しめることに間違いありません!!

それでは、今回の“日清デカうま 大辛コク旨味噌”がどれほどポークの旨味をしっかりと利かせたコク深い味噌スープに仕上がっているのか?赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激による大辛仕様の刺激的な辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもスープがよく絡む“ちぢれ”を付けた丸刃・中太の食べ応え抜群なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り468kcal(めん・かやく438kcal / スープ30kcal)となっております。(塩分は6.2g)

カロリーは、“バケツ型”の大盛り仕様でポークを利かせたコク深い辛味噌スープの割にそこまで高い数値ではありませんが、一方で塩分は若干高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり114g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと30kcalと拍子抜けするほどの低さとなっており、コクのあるテイストとは言え、もしかするとサラッとした仕上がりにポークがほどよい旨味を引き立て、まさに赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が“うまさの決め手”となっているのかもしれませんね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や“しょうゆ”をはじめ…

  • 食塩
  • ポークエキス
  • 香辛料(にんにく、黒胡椒、しょうが、赤唐辛子)
  • 豚脂
  • 植物油脂
  • 香味油

といった、ポークの旨味をベースにコク深い味噌を合わせ、相性抜群な“にんにく”や生姜といった香味野菜をプラス、さらに今回“うまさの決め手”となる赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激を利かせたことによって“大辛コク旨味噌”といった商品名の文字通りやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”、チキンエキスや香辛料といった材料が確認でき、ほどよく味付けが施されているようです!

JANコード4902105264164
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、チキンエキス、香辛料)、スープ(みそ、糖類、しょうゆ、食塩、ポークエキス、香辛料(にんにく、黒胡椒、しょうが、赤唐辛子)、豚脂、植物油脂、酵母エキス、香味油)、かやく(キャベツ、ねぎ、赤唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸Ca、香辛料抽出物、香料、カロチノイド色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (114g) 当たり]
熱量468kcal
めん・かやく: 438kcal
スープ: 30kcal
たんぱく質10.2g
脂質17.9g
炭水化物66.6g
食塩相当量6.2g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 4.4g
ビタミンB10.26mg
ビタミンB20.40mg
カルシウム149mg

引用元:日清デカうま 大辛コク旨味噌 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り具材などがすでに入っていて、“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そしてこちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、コク深い味噌スープを表現しているだけあって、量そのものは非常に多く、ポークの旨味が凝縮された味噌がたっぷりと含まれているものと思われるため、調理中はしっかりとフタの上で温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通りほんのり“ちぢれ”を付けた中太・フライ仕様で、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えたボリューム感もあり、がっつりと食欲を満たしてくれそうな一杯となっています!

そんな中太麺の裏側には、具材として使用されているキャベツ・ねぎ・赤唐辛子がすでに入っています!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:470ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの中太麺がふっくらとした仕上がりとなり、もっちりとした弾力が加わったことで、より一層食べ応えのあるボリューム感であり、まだ液体スープを加える前ではありますが、赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が加わったやみつき感のあるコク旨な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…ポークの旨味がしっかりと含んだ見るからに濃厚なスープがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして割とドロッとした液体スープとなっているため、ご覧の通りスープ表面に留まったままで、風味としてはそこまでガーリックの香りは感じられませんね!なのでそこまで周囲を気にする必要もありません!(むしろ旨味として溶け込んでいるのかもしれませんが…)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…やはりスープのカロリーは30kcalというだけあって非常にサラッとした仕上がりとなってはいるものの、ポークの旨味がコク深さを引き立て、赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が“うまさの決め手”となったことで全体としては非常にメリハリのあるテイストを表現し、なんと言っても赤みを帯びたスープは見るからに食欲を掻き立てられますね。。

また、今回の一杯には肉類の具材が使用されていないこともあって後味すっきりとしたキレの良さを際立たせているようにも感じられ、ポークのコクとダブルの刺激によるシャープな飲み口と物足りなさを感じさせない旨味がバランス良く融合し、それによって最後まで飽きの来ないやみつき感を演出しているようです!そのため、お好みによっては別途豚肉を焼いて追加してみたり、ラード辺りを加えて濃厚感を際立たせてみても良いかもしれませんね!

食べてみた感想

一口食べてみると…非常にサラッとしたスープだったので若干心配ではありましたが、ポークの旨味が思っていたよりもしっかりとコク深さを引き立て、キレの良さや赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激による後味すっきりとした清々しい仕上がりとなっています!…というかこれで税別130円はかなり満足できるかと思われます!

そして気になる辛さの強さに関しては…最初辛くない?と思わせつつ、後から利いてくるタイプの辛さで唐辛子自体はそこまでの辛さではないものの、ここに黒胡椒が加わったことで辛さが非常に際立ち、大辛という名に相応しいしっかりとした辛さが表現され、激辛とまではいきませんが、粒子の細かい香辛料がたっぷりとスープに溶け込んでいるようでしたので、麺を思い切りすするとちょっと危険かもしれません。。(変なところに入ると思い切りむせます…笑)

そして、食べ進めていくに連れて汗が噴き出すほどの辛さが心地良く、麺量90gの大盛り仕様ということもあって食欲もがっつりと満たされていくことでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通りほんのり“ちぢれ”を加えた丸刃・中太仕様で、もっちりとした弾力やほどよいコシを併せ持つ食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな中太麺には、ポークをベースにコク深い味噌を合わせ、さらにシリーズらしく“うまさの決め手”として赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が後引く旨味を際立たせるやみつき感がたまらないコク旨なスープがよく絡み、一口ずつに旨辛な味わいや食欲そそる“にんにく”や生姜などの香味野菜の旨味が口いっぱいに広がっていき、ほんのり香るガーリックの風味が後味良く抜けていきます!…というかスープの30kcalを一切感じさせないほどのコク深さ・濃厚感があって想像以上に美味しいですね!

また、個人的に“豚ニンニク味”がなぜ“日清デカうま”シリーズのラインアップから消えたのか不思議でしたが、このフレーバーがその代わりになっているのかもしれませんね!それくらいインパクトのある味わいで満足感もしっかりと満たしてくれます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、じっくりと味わってみると…シャキシャキとまではいきませんが、ほどよい食感を残した仕上がり具合となっていて、素材本来の美味しさがしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

また、こちらの“ねぎ”は、細かくカットされている割にシャキシャキとした食感が心地良く、さらにちょうど良い薬味にもなったことでコクのある味噌スープを引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

他にもこちらの唐辛子が使用されたおり、かなり小ぶりではありますが…じっくりと味わってみるとしっかりとした辛みが感じられ、今回の“うまさの決め手”となる赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激をさらに際立たせるかのような具材としてさり気なく添えられているようです!!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースにコクのある味噌をバランス良く合わせ、そこにシリーズお馴染みの“うまさの決め手”として赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激が加わったことでキリッとしたシャープな飲み口や後引く辛さがやみつき感を演出し、決して脂っこさといった“くどさ”もありませんから、最後まで飽きの来ない“大辛コク旨”な味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

…というか赤唐辛子と黒胡椒が合わさったことで、ここまで辛さが増すんですね。。見た目よりも遙かに強い辛さが表現されていて個人的にはかなり好印象といったところ!そして粒子が細かい黒胡椒がたっぷりと含まれているせいか…じわじわと辛さ際立つ刺激的な味わいが心地良く、辛さレベル「4」というだけあって清々しいほどのしっかりとした辛さがコク旨味噌スープに相性良く馴染んでいるようです!

ただ、激辛というほどではありませんので、幅広く辛いもの好きな方に好評の一杯とも言え、個人的にはここにもう少し脂っこさや香味野菜が際立っていればより一層パンチの強い味わいが楽しめるかと思いますので、お好みによってはラードや“おろしにんにく”などを足してガツンとした口当たりを際立たせてみても良いかもしれませんね!

また、栄養成分表示にも記載されていたようにスープだけで30kcalとかなり低めな数値となっていたため、ポークを利かせたコク深い味噌スープながらも後味すっきりとしたキレの良さが印象的で、ついついスープが止まらなくなってしまうやみつき感があり、90gの麺量と合わせてしっかりと食欲も満たされることに間違いありません!

このように、今回の“日清デカうま 大辛コク旨味噌”は、臭みのないポークの旨味をベースにコクのある味噌をバランス良く合わせ、割とサラッとした仕上がりながらも物足りなさを感じさせない旨味が溶け込み、さらに“うまさの決め手”として赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激がやみつき感を引き立てる後味すっきりとした旨味・辛さがたっぷりと楽しめるボリューム感抜群な一杯となっていたため、お好みによってはラードや“おろしにんにく”、“おろし生姜”や唐辛子などでこってり感や旨味・辛みを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清デカうま 大辛コク旨味噌」を食べてみて、シリーズ久しぶりの新フレーバーということで、ポークを利かせたコクのある味噌スープには、後味すっきりとしたキレの良さが絶妙にマッチし、さらに赤唐辛子と黒胡椒によるダブルの刺激がやみつき感を際立たせる王道とも言える旨辛味噌スープに仕上がり、“バケツ型”の容器ならではのボリューム感抜群な食べ応えと合わせて食欲ががっつりと満たされる満足度の高い一杯となっていました!

…というかこの仕上がりで税別130円は破格ですね。。しかも味は決してチープなものではなく、デフォルトでも十分楽しめますし、お好みに合わせてアレンジしてみても楽しめる一杯は買い置きしている方も多いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!