どん兵衛

日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付!山椒香味油による痺れがクセになる風味豊かな一杯

日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付

日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付」を食べてみました。(2020年11月30日発売・日清食品)

この商品は、出汁の利かせ方に定評のある和風カップ麺でお馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、今回は鰹出汁や鶏の旨味を利かせた鶏南蛮らしい甘辛くあっさりとした“つゆ”に仕上げ、さらに別添されている“山椒香味油”を途中に加えることによって…1つで2度美味しい味わいが楽しめる“吉岡 里帆”さん考案アレンジレシピの一杯が登場です!

それも…上記の通り鰹出汁を利かせたシンプルな“和風つゆ”には、じんわりと染み渡る魚介出汁の旨味が溶け込み、そのままいただいても十分シリーズらしい素材の旨味を活かした美味しさが楽しめるわけですが、今回の一杯には味変えオイルとして“山椒香味油”が別添されており、食べ進めていく途中にこのオイルを加えることによって…爽やかな風味やほんのりとした痺れが加わり、鶏南蛮の“つゆ”とはまたひと味違った美味しさを加えて1つで2度も味わえる一杯、“日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付”となっております。(税抜き193円)

そして、このカップ麺は…“どんぎつね”こと“吉岡 里帆”さんとのコラボによるメニュー&アレンジレシピとしての商品でもあり、今回は豚や魚介の旨味をしっかりと利かせた“ちゃんぽんのつゆ”に別添された味変オイルとして“焦がしニンニク油”を加えることによって食欲そそる香ばしい“にんにく”の旨味・風味がプラスされた一杯、“日清のどん兵衛 ちゃんぽんうどん 味変えオイル”と同時発売されており、“日清のどん兵衛”のアレンジレシピシリーズとしては早くも第5弾となる一杯となります!

ご覧の通り、パッケージには鰹出汁をしっかりと利かせた甘辛い“つゆ”に旨味を引き立てるかのような具材が豊富に盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏団子・“ねぎ”が使用されているようです!“鶏南蛮”と言えば文字通り和風出汁を利かせた“つゆ”に鶏団子も相性良いですからね!この辺りに関しては申し分のない味わいに期待できそうです!

そしてこちらには…今回の特徴である“2度おいしい 味変えオイル 山椒香味油”といった文言やイメージが掲載されており、その背景にはシリーズならではの“そば粉”が練り込まれた歯切れの良い“蕎麦”の麺リフト写真なんかも確認できます!

このように、はじめは鰹出汁の旨味をしっかりと利かせた染み渡るかのような鶏南蛮の“つゆ”を楽しみ、途中からこの別添されている“山椒香味油”を加えることによって…食欲そそる爽やかな風味やほんのりとした痺れが心地良いアクセントとなって加わり、まさにひと味違った美味しさが2度も楽しめるとのことで、鰹出汁を利かせた鶏南蛮ならではの味わいに山椒香味油が加わることによってどれほど味が変化するのか?こちらも非常に気になるところではないでしょうか?

一方、こちらには今回のアレンジメニューを考案した“どんぎつね”こと“吉岡 里帆”さんがパッケージに登場しており、第5弾となる今回は鰹出汁を利かせた“つゆ”に別添された“山椒香味油”を加えることで風味豊かな痺れがプラスされ、ひと味違った美味しさが楽しめるとあって、こちらにも“半分食べたら味変えすべし!”と記載さているように途中から味の違いを楽しんでみると良いでしょう!

他にも特徴として…麺は“日清のどん兵衛”シリーズらしい“そば粉”をしっかりと練り込んだ風味豊かで歯切れの良い蕎麦に仕上がり、それによって鰹出汁をしっかりと利かせた甘辛い“つゆ”がデフォルトでも十分楽しむことができるんですが、途中で味変えオイルの“山椒香味油”による爽やかな風味とほんのりとした痺れが加わったことで想像以上に味わいが変化する…そんなひと味違った味わいが2度も楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“鶏南蛮そば”らしく鰹出汁や鶏の旨味をしっかりと利かせた甘辛い“つゆ”には、キレの良さやじんわりと染み渡る出汁の旨味が印象的で、豊富に使用された具材も合わせたことでデフォルトでも十分美味しい味わいが楽しむことができ、途中に別添されている“山椒香味油”を加えることで山椒ならではの風味やほどよい痺れが際立ち、刺激的な香辛料を加えた味わいが楽しめるひと味違ったテイストとなり、歯切れの良い蕎麦とも絶妙にマッチしたクセになる仕上がりとなっていました!
これは特に、魚介出汁を利かせた“鶏南蛮そば”が好みの方はもちろん、別添された“山椒香味油”によるアクセントとなる痺れがたまらない…途中からの味変をじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“吉岡 里帆”さんとのコラボメニュー第5弾のひとつ、鰹出汁を利かせた甘辛い“つゆ”に鶏団子からも良い旨味が滲み出し、味変として加える“山椒香味油”による痺れが心地良い後味すっきりとした一杯、「日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの“吉岡 里帆”さん考案レシピシリーズ第5弾となるアレンジレシピとして登場したもので、“1つで2度おいしい”をコンセプトに“鶏南蛮そば”らしく鰹出汁や鶏の旨味をしっかりと利かせた甘辛い“和風つゆ”に仕上げ、そこに味変えオイルとして別添されている“山椒香味油”を加えることによって山椒ならではの爽やかな風味やちょうど良いアクセントとなる痺れがプラスされ、ひと味違った美味しさが2度も楽しめる贅沢な一品、“日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付”となっています。

ちなみに“吉岡 里帆”さん考案レシピシリーズ第4弾では…“日清のどん兵衛 ねぎ油風味がおいしい豚だしそば”と“日清のどん兵衛 味噌キムチチゲうどん”といった季節やテーマに沿った商品がふたつ発売されていましたが、今回は若干趣向を凝らして“1つで2度おいしい”といった“味変えオイル”が別添されており、ひと味違った味わいが楽しめる“味変えどん兵衛”をテーマに、“焦がしニンニク油”を加える“ちゃんぽんうどん 味変えオイル付”と、“山椒香味油”を加える“鶏南蛮そば 味変えオイル付“といったフレーバー2品が同時発売ということです!

また、この“吉岡 里帆”さんアレンジレシピシリーズとしては、これまでも以下のようなフレーバーが発売されており、もはや毎年恒例のシリーズとなっています!

それでは、今回の“日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付”がどれほど鰹出汁の旨味を利かせた甘辛い仕上がりとなっているのか?途中で加える“山椒香味油”による風味やほどよい痺れとの兼ね合いはもちろん、すすった際に感じられる風味豊かな蕎麦との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り396kcal(めん・かやく340kcal / スープ56kcal)となっております。(塩分は4.6g)

カロリーは、鰹出汁を利かせた“和風つゆ”らしくかなり低めな数値のようで、塩分に関しても同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり93g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは56kcalと極端に低い数値というわけではないようですので、鰹出汁だけでなく鶏の旨味をバランス良く利かせた深みのある“日清のどん兵衛”シリーズらしいじんわりと染み渡る仕上がりに期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や植物油脂をはじめ…

  • 合鴨エキス
  • 食塩
  • 合鴨調味油
  • 山椒調味油
  • 鶏脂
  • 魚介エキス
  • チキン調味油
  • 合鴨脂
  • かつおぶし粉末
  • 香味油

といった、“鶏南蛮そば”らしく鰹出汁や鶏の旨味をしっかりと利かせた甘辛い“和風つゆ”に仕上がり、そこに具材として使用された鶏団子からも良い旨味が滲み出し、さらに途中で加える“山椒香味油”を加えることによって爽やかな風味とほんのりとした痺れがクセになる深みのある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…“そば粉”や“しょうゆ”、さらに“かつおぶし粉末”といった材料が確認でき、こちらにもほどよい味付けが施されていることが伝わってきますね!

JANコード4902105266076
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、かつおぶし粉末、糖類)、スープ(しょうゆ、糖類、植物油脂、たん白加水分解物、合鴨エキス、食塩、合鴨調味油、山椒調味油、鶏脂、魚介エキス、チキン調味油、酵母エキス、合鴨脂、かつおぶし粉末、香味油)、かやく(味付鶏つくね、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸Ca、カラメル色素、香料、増粘剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・そば・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量396kcal
めん・かやく: 340kcal
スープ: 56kcal
たんぱく質9.8g
脂質19.3g
炭水化物45.8g
食塩相当量4.6g
めん・かやく: 1.5g
スープ: 3.1g
ビタミンB10.24mg
ビタミンB20.28mg
カルシウム126mg

引用元:日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付 | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体つゆ、味変えオイルといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、どちらも非常にサラッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、かやくには…

  • 鶏団子
  • ねぎ

が入っています。

特に鶏団子に関しては、使用されている数・サイズ感ともに申し分のない仕様のようで、こちらからも良い旨味が滲み出し、深みのある美味しさがしっかりと楽しめそうです!

さらに、麺はご覧の通りしっかりと“そば粉”が練り込まれていることが確認できる濃いめの仕様で、やや細めの蕎麦となっており、すすった際に感じられる風味なんかも香り立ち、鰹出汁や鶏の旨味を利かせた甘辛い“蕎麦つゆ”とも相性抜群な仕上がりを予想させますね!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:370ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで先ほどまでの蕎麦や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に蕎麦には歯切れの良い強いコシが加わり、鰹出汁を利かせた甘辛い“つゆ”と合わせて安定感のある風味豊かな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“液体つゆ”を加えていきます!
すると…やはり非常にサラッとした状態となっていて、鰹出汁や鶏の旨味が凝縮された“鶏南蛮そば”らしい品のある風味が一気に広がっていき、シンプルながらも素材の旨味を活かしたじんわりと染み渡る仕上がりを予想させます!

そして、この“液体つゆ”は割と量が多いせいもあって、すぐに容器底へと沈んでいき、表面には鶏の上質な旨味・油分が浮かび、鰹出汁ならではの風味豊かな香りが何とも食欲そそります!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、“液体つゆ”が全体に馴染むと…“鶏南蛮そば”らしく非常にサラッとした透明度の高い状態となっているものの、鶏の旨味が深みのある旨味を引き立てているようにも感じられますね!

ただ、この時点では定番メニューとも言えるテイストに仕上がっており、ここに味変えオイルの“山椒香味油”を加えることによってどれほど味が変化するのか?非常に気になるところ。。

また、豊富に使用された鶏団子からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられるため、まず先に風味豊かな蕎麦からいただき、鶏団子にはしっかりと旨味を引き立ててもらい、後ほどの味変えオイルとともにじっくりと味わってみると、より一層深みのある美味しさが楽しめるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…鰹出汁がしっかりと利いたことで醤油ベースのキリッとした口当たりが際立ち、鶏の旨味によって厚みのある味わいへと引き立てられ、コク深い“和風つゆ”に感じられますね!!この辺りに関しては出汁の旨味に定評のあるシリーズらしく全く申し分のない仕上がりと言えるでしょう!デフォルトのままいただいても“鶏南蛮そば”ならではの美味しさが十分楽しめるかと思われます!

また、具材に使用されている鶏団子からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて深みのある味わいへと変化し、それと同時に満足度も増していく…そんな安定感のある定番メニューがクオリティ高く表現され、何と言っても途中で加える“山椒香味油”による爽やかな風味やほんのり痺れる刺激がちょうど良いアクセントとなり、まさに1つで2度楽しめる今回のコンセプトにぴったりな仕上がりは満足度も想像以上に高いのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“そば粉”がしっかりと練り込まれた濃いめの仕様となっていて、歯切れの良いコシが加わった風味豊かな仕上がりとなっています!

そんな蕎麦には…鰹出汁を利かせた上に鶏の旨味によってコク深さが際立った品のある“和風つゆ”がよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような出汁の旨味や深みのある味わいが口いっぱいに広がっていき、鰹出汁ならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!ただ、今回の蕎麦は気のせいか…若干細めにも感じられたため、強いコシが好みなら調理時間を少し短めにしても良いかもしれません。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの鶏団子が入っていて、数・サイズ感ともに申し分なく、じっくりと味わってみると…ホロホロと崩れてしまうほどの柔らかな食感で、それと同時に鶏の旨味がじゅわっと滲み出してくる非常に美味しい仕上がりとなっていたため、食べはじめは“つゆ”の下に沈めておき、少しでも鶏の旨味を際立たせておき、後ほど風味豊かな蕎麦と一緒に絡めていただくと、より一層旨味が増して楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの“ねぎ”は大きめにカットされていたたものの…シャキシャキというよりも、ちょうど良い薬味として彩り良く添えられ、鰹出汁を利かせた“つゆ”の美味しさを引き立て、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り鰹出汁をベースに鶏の旨味がコク深さを引き立て、まさに“鶏南蛮そば”ならではの…どこかほっとする優しい味わいに仕上がり、鰹出汁と醤油感とのバランスなんかも非常に良く、そもそも出汁の利かせ具合に定評のあるシリーズということもあってクオリティの高い味わいが表現されています!

そのため、このまま食べても十分美味しい“和風つゆ”がじっくりと楽しめるわけですが…今回の一杯は“1つで2度おいしい”をコンセプトに“山椒香味油”が別添されていますからね!この辺りはお好みのタイミングで味変を楽しんでみると良いでしょう!

そしてこちらがその別添されている“山椒香味油”となっていて、非常にサラッとした無色透明な油分となっており、これを加えることによって山椒ならではの爽やかな風味が一気に広がっていき、これはこれで鰹出汁を利かせた“鶏南蛮そば”に対して想像以上に相性の良い味変となっているようです!

上記の通り、見た目としては若干“つゆ”の表面にオイルらしい油分が広がる程度ではあるんですが、山椒ならではの風味が心地良く感じられ、後はどれほどの痺れといったアクセントが利いているのか?気になるところ。。(山椒の痺れがちょっと苦手な方は少しずつ加えてみてください。)

その後しっかりと混ぜて味わってみると…山椒の痺れはほんのわずかなもので、ちょうど良いアクセントとなり、爽やかな風味とともに思ったよりもガラッと印象が変わり、メリハリのある“つゆ”に深みが増しているようにも感じられますね!なるほど…これは良い味変!オイル仕様にすることによって風味も際立つというものです!

また、この“山椒香味油”は、食べ進めていくに連れて徐々に痺れが利いてくるわけですが、全て加えてもそこまで気になるほどの痺れではないため、最後まで通な大人の味わいと言うんでしょうか?鰹出汁や鶏の旨味を利かせた“和風つゆ”に対して非常にクセになる香辛料がオイル仕様によってうまく溶け込んでいます!

他にも、醤油ならではのキリッとしたシャープな口当たりと鶏の旨味がメリハリのある味わいを表現、鰹出汁を最大限に引き立てるかのような美味しさが下支えし、実際に味わってみると思ったよりもあっさりと感じるかもしれませんが、鶏の旨味による深みのある味わいが印象的といったところ!

このように、今回の“日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付”は、鰹出汁を鶏の旨味がコク深く引き立てたシンプルながらも飽きの来ない安定感のある“鶏南蛮そば”に仕上げ、別添されている味変えオイルの“山椒香味油”を加えることによって山椒ならではの風味豊かな香りやほんのりとした痺れがちょうど良いアクセントとなり、ひと味違った味わいが楽しめる満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては山椒との相性も良い七味などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 鶏南蛮そば 味変えオイル付」を食べてみて、鰹出汁をベースに肉の旨味がコク深さを引き立て、定番メニューの“鶏南蛮そば”を臨場感高く仕立て上げた甘辛い“つゆ”の中にしっかりとした旨味が凝縮されており、そこに途中で加える味変えオイルの“山椒香味油”が品のある風味やほんのりと痺れるアクセントをプラス、まさに1つで2度の美味しさが楽しめる味わいが最後まで飽きることなく堪能できる満足度の高い一杯となっていました!

…というか今回のアレンジレシピは“1つで2度おいしい”をコンセプトにしているだけあって、ガラッと変化する味変はかなり印象深く、山椒の風味豊かな香りとほんのりとした痺れがたまらない一杯は、ハマる方も多いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!