カップ麺

ローソンのカップ麺 “Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン” 鶏の旨味に拘った風味豊かな一杯

Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン

Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン」を食べてみました。(2020年4月14日発売・日清食品/ローソン限定)

この商品は、お馴染みローソンで取り扱っているPB商品“ローソンセレクト”が“Lベーシック”へとリニューアルしたもので、鶏の旨味をベースに別添されている香味油を加えることによってさらにコク深く風味豊かな醤油スープに仕上がり、これまでの美味しさをさらに増した一杯が登場です!

それも…上質な鶏の旨味をベースに香味油が味の決め手となり、コク深い味わいを表現し、さらに麺には全粒粉が練り込まれたことで、味わい・パッケージともに全面リニューアルとなった一杯、“Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン”となっております。(税抜き139円・税込み150円)

ご覧の通り、パッケージには“芳醇しょうゆラーメン”といった商品名がわかりやすく配置され、その横には“全粒粉入りノンフライ麺”とさりげなく記載されているのが確認できますね!

Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン パッケージ

これまでの“ローソンセレクト”のカップ麺では、それぞれのフレーバーをイメージさせる配色であしらわれていたんですが…リニューアルされた“Lベーシック”では4種類のフレーバー全てがベージュ色を基調としたパッケージとなっていて…ちょっとわかりにくくなってしまっています。。

参考までにリニューアル前の商品についてはこちらの記事もご覧ください!

ローソンセレクト しょうゆラーメン
ローソンのカップ麺 “ローソンセレクト しょうゆラーメン” 鶏と魚介を利かせたコクのある一杯「ローソンセレクト しょうゆラーメン」を食べてみました。(2012年4月発売・2017年3月21日リニューアル発売・日清食品) こ...

また、こちら“Lベーシック”のロゴでしょうか?新たなロゴなんかもしっかりと表記されているのが確認できますね!とにかく今回もまた余白をうまく使い、ところどころに使用されている素材のイラストなんかも掲載された品のある可愛らしいパッケージデザインが印象的なシリーズのようです!

ちなみにこの“Lベーシック”、これまでお馴染みだった“ローソンセレクト”から順次リニューアル・移行しているとのことで、カップ麺だけでなく様々な各種お総菜なんかも切り替わる予定のようですね!中でも“ローソンセレクト プレミアム”シリーズといったワンランク上の商品なんかも発売されていたため、“Lベーシック プレミアム”といったブランド名に変更されるのかもしれません!
※“ローソンセレクト”自体は2010年からカップ麺以外の商品から順次販売開始されていて、2020年4月から“Lベーシック”へとリニューアルされています!

一方こちらには、芳醇な風味が香り立つ鶏の旨味をしっかりと利かせたコク深い醤油スープにたっぷりと使用された具材が旨味を引き立てる仕上がりイメージのイラストなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付豚ミンチ・にんじん・味付卵・ねぎが使用されているようです!売価150円の割にチープな仕様というわけではなさそうですね!

他にも特徴として…麺は中細・角刃、さらに全粒粉を練り込んだノンフライ仕様となっていて、小麦が香る風味豊かな香りとともに、鶏の旨味を利かせたほどよくコクのある醤油スープとも絶妙にマッチし、たっぷりと使用された食感の良い肉類や野菜の具材とともに物足りなさを感じさせない美味しさがお手頃価格で楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

年中ローソンで目にするPB商品が大幅リニューアルということで、醤油ならではのキレとコクを様々な旨味によって引き立てた万人受けするかのようなテイストがさらに美味しさを増した仕上がりとなり、“芳醇”という名にふさわしい深みのある味わいは価格以上の満足感を満たしてくれる…そんな侮れない一杯へとブラッシュアップされていました!…ただ、税込み120円から150円へ値上がりしてしまった点はPB商品としてコスパが悪くなった印象ではありましたね。。(それでも安いんですが…)
これは特に、品のある鶏の旨味をしっかりと利かせたシンプルながらも後味すっきり・コクのある醤油ラーメンに香り立つ芳醇な香りを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ローソンセレクト しょうゆラーメン”が大幅リニューアルとなったことで、より旨味・風味の良さを増し、さらに全粒粉を練り込んだ風味豊かな麺がお手頃価格で楽しめる一杯、「Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、ローソンで1年を通して取り扱いされているPB商品“ローソンセレクト”が“Lベーシック”としてリニューアルされた商品のひとつで、鶏の旨味を利かせたコクのあるスープに別添されている香味油を加えることで芳醇な風味が食欲そそり、食感の良い野菜をたっぷりと使用、その中のひとつ“味付豚ミンチ”からも旨味が滲み出すことによって食べ進めていくに連れて旨味も増していくCPの高い一杯、“Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン”となっています。

ご覧の通りフタに別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも容器側面同様にシンプルながらも品の良いデザインがあしらわれ、“全粒粉入りノンフライ麺”、“鶏の旨みがきいたスープ”といった今回の特徴なんかもしっかりと記載されていますね!

ちなみに、“Lベーシック”として発売されたカップ麺は、この“芳醇しょうゆラーメン”以外にも以下のような商品が取り揃えられていて、今回のリニューアルを機にこの計4種類はしばらく定着してローソンに陳列されると思われ、若干の値上がりはしたものの…リーズナブルな値段からも“おにぎり”のお供として好まれる方も多いのではないでしょうか?

また、ローソンのカップ麺シリーズには今回ご紹介するようなPB商品“Lベーシック”の他にも全国の名店とのコラボによってその店舗監修を元に店の味わいをカップ麺に再現した“ローソン名店シリーズ”というシリーズも大変好評となっています!詳細はぜひこちらの記事もご覧ください!

「ローソン」カップ麺 “名店シリーズ” あの名店の味が気軽に楽しめる!!【随時更新】
“ローソン名店シリーズ” カップ麺!あの名店の味が気軽に楽しめる!!【随時更新】「“ローソン名店シリーズ”」をご存知ですか? この“ローソン名店シリーズ”とは、全国の名店と呼ぶにふさわしいラーメン店とのコラボに...

それでは、今回の“Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン”がどれほど旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?香味油を加えたことによる芳醇な風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても全粒粉を練り込んだ小麦の風味が香り立つすすり心地の良い麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り221kcal(めん・かやく181kcal / スープ40kcal)となっております。(塩分は4.9g)

カロリーは、鶏の旨味を利かせたコク深いスープという割にかなり低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり64g、麺の量は40gということで、手に持った感じだと他のカップ麺と比べて一回り小さな容器にも感じられるんですが…前回と比べてかなり量が減っていることがわかります!(以前は1食当たり70g・麺量60g)
※サイズ的にはお馴染み“カップヌードル”と同等となっています!

また、以前の“ローソンセレクト しょうゆラーメン”と比較してみると…もはや全くの別商品にも感じられる数値となっていますね!特に麺はノンフライ仕様ということでカロリーがかなり抑えられ、スープはより濃厚感に際立ったことで増しています!これはかなり期待できるのではないでしょうか?

Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン
ローソンセレクト しょうゆラーメン

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や豚脂をはじめ…

  • 粉末しょうゆ
  • 香味油
  • チキン調味料
  • 香辛料
  • メンマパウダー

といった、鶏の旨味をコク深く引き立てる豚の旨味なんかも使用されているようで、前回は魚介出汁なんかも利かせていたため、今回のリニューアルによってより一層鶏の旨味に拘った芳醇な風味が楽しめる味わいを想像させます!

また、麺の項目を見てみると…小麦全粒粉や植物油脂、チキンエキスなどが使用されているのが確認でき、ほどよい味付けが施されていることがわかりますね!…これはスープとの相性、食べ進めていくに連れて変化する味わいなんかも気になるところ。

こちらも前回のものと比較してみると全く異なることから、やはり大幅にリニューアルされた一杯であることが伝わってきますね!

他にも…この商品は日清食品が製造を行っているようで、こちらにも“(株)ローソンと日清食品(株)との共同開発商品です。”と記載されているのが確認できます!

Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン
ローソンセレクト しょうゆラーメン
JANコード4902105262740
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、小麦全粒粉、食塩、植物油脂、大豆食物繊維、チキンエキス)、スープ(食塩、豚脂、粉末しょうゆ、香味油、でん粉、小麦粉、チキン調味料、糖類、香辛料、メンマパウダー)、かやく(キャベツ、味付豚ミンチ、にんじん、味付卵、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、かんすい、香料、カラメル色素、炭酸Ca、酸味料、増粘多糖類、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、炭酸Mg、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (59g) 当たり]
熱量221kcal
たんぱく質5.3g
脂質5.9g
炭水化物37.6g
糖質:35.5g
食物繊維:2.1g
食塩相当量4.9g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 2.6g
ビタミンB10.26mg
ビタミンB20.29mg
カルシウム99mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“香味油”と記載された調味料が別添されています!

そして、今回唯一使用されている調味料は、香味油らしくさらっとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • キャベツ
  • 味付豚ミンチ
  • にんじん
  • 味付卵
  • ねぎ

が入っています。

このようにPBのリーズナブルな値段の割に決してチープな一杯というわけではなく、しっかりと具だくさんな仕様となっているようですね!こちらもまた各種具材の食感や滲み出る旨味との相性なんかも気になるポイントとなりそうです!

さらに麺は全粒粉を練り込んだノンフライ仕様ということで、見るからにすすり心地も良く小麦の風味が香り立ち、まさに本格感のある麺が採用されていて、先ほどもお伝えした通りほんのり味付けが施されたことで、スープの旨味を引き立てた仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:340ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの具材が麺の様子を伺い知ることができないほどふっくらとした仕上がりとなり、“芳醇しょうゆラーメン”というだけあって小麦の風味豊かな麺とともに香りが非常に良く、豊富に使用された食感の良い具材がちょうど良いアクセントとなった最後まで飽きの来ない一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの香味油を加えていきます!
すると…無色透明な油分となっていて、そこまで特徴的な風味などは感じられないものの、香味油ですから、風味豊かな醤油スープに芳醇な香りを引き立てていることと思われます!

そのため、この香味油を加えても見た目としては変化はなく、品のあるコク深いスープにマッチした食欲そそる芳醇な風味が香り立ちます!値上がりしたとは言え…税込み150円でこの仕上がりは十分ではないでしょうか?

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…鶏の旨味をしっかりと利かせたことで、スープ表面には上質な脂が広がり、キレとコクがちょうど良く合わさったことで厚みのある旨味と芳醇な風味が香り立つPB商品とは思えない仕上がりとなっています!

さらに鶏の旨味や香味油によって芳醇な風味が香る深みのあるスープには、他にもほどよく味付けされた麺、そしてたっぷりと使用された具材からもちょうど良い旨味が滲み出すことで、物足りなさを感じさせない味わいが最後までじっくりと楽しめそうな一杯のようですね!

ちなみに麺はノンフライ仕様ということもあって、重みもあることから容器底へ沈んだままとなっていて、仕上がり具合が伺い知ることができない状態となっているんですが…“芳醇しょうゆラーメン”といった文字通り鶏の旨味を利かせた芳醇な風味を引き立てる小麦の香りが後押ししているようにも感じられます!

このように今回の“Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン”は、これまで以上に旨味を増した醤油ラーメンというんでしょうか?鶏の旨味に際立ったスープに各種素材の旨味が滲み出し、食感滑らかな麺とともに醤油テイストのコク深く風味豊かなスープに仕上がっているようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…鶏の旨味が品良く利いたことで、コク深くまろやかな醤油スープとなっていて、醤油ならではのキレもありつつ鶏の旨味が角のない優しい口当たりにも感じられ、比較的さらっとした仕上がりではありますが、麺や具材からも旨味が滲み出すことによって徐々に満足度も増していく…そんな芳醇な風味がたまらない一杯となっています!

この辺りに関しては、これまでのフレーバーとは比べものにならないほどブラッシュアップされていますね!まさに別ものであり、1食当たりの量が若干少なく、価格も値上げしましたが、それ以上の満足感が得られるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り細麺・角刃、全粒粉を練り込んだ風味豊かな麺となっていて、ほどよく味付けが施されたことでスープとの相性なんかも考慮されており、つるっと滑らかな食感とすすり心地の良さが印象的な麺に仕上がっています!

そんな麺には、鶏の旨味を利かせたコク深く後味の良い味噌スープがよく絡み、一口ずつに鶏の旨味や香味油によって旨味・風味が際立った味わいが口いっぱいに広がっていき、小麦を含む芳醇な風味が後味良く抜けていきます!

こちらもまたフライ麺から全粒粉を練り込んだノンフライ麺に仕様変更されたことによって、麺までもが美味しい仕上がりとなっていて、個人的にもかなり満足です!

ご覧の通りよーく見てみると…麺は細めながらも角刃・ノンフライ仕様によって歯切れの良い食感が心地良く、さらに全粒粉を練り込んだことによって直接小麦の風味が感じられることはありませんが、コクのある醤油スープをより一層美味しく引き立てているものと思われます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの某カップ麺をイメージさせるような味付豚ミンチが入っていて、使用されている数やサイズ感は申し分なく、じっくりと味わってみるとしっかりと肉の旨味が表現された具材となっていたため、食べはじめはぜひスープ底に沈めておき、旨味をじっくりと引き出してもらいましょう!

そして、後ほど風味豊かな麺と一緒に絡めていただくことによって、旨味が凝縮されたコクのある醤油スープがさらに美味しく楽しめるかと思われます!

また、こちらの味付卵は、若干甘みのある味付けが施されているようですが、特に今回のコク旨スープの味わいを損なうこともなく、彩り良く添えられています!

さらに、こちらのキャベツは小さくカットされていますが…中にはかなり大きくカットされたたものなどが豊富に使用され、シャキシャキとした食感に仕上がっていて、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちら人参なんかも使用されていて、こちらもじっくりと味わってみるとそれなりに素材の味わいが感じられるものの、上記の味付卵やキャベツなどと同じく見た目の彩りや食感の良さを引き立てる具材として華やかさを演出しているようにも感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鶏の旨味をしっかりと利かせた深みのある醤油スープとなっていて、優しい味わいというんでしょうか?別添されている香味油を加えることによって“醤油ラーメン”ならではのシンプルながらも風味豊かな味わいを引き立て、ほどよいキレとともに芳醇な風味が香り立つ上品な仕上がりとなっています!

以前は比較的あっさりとしたテイストに仕上がっていたんですが、今回のリニューアルによって旨味・コクが格段に際立ち、鶏の旨味と香味油のバランスが非常に良く、味の深みが全く違いますね!!

また、味付けが施された麺やたっぷりと使用された具材からもそれぞれ良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れてスープ全体の旨味も増していく…そんな安定感もありながらしっかりとした味わいが楽しめる醤油スープとなり、脂っこさやこってり感もありませんから、最後まで飽きることなく鶏の旨味を丁寧に利かせた味わいをじっくりと堪能することができるでしょう!

このように、今回の“Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン”は、丁寧に利かせた鶏の旨味をベースに醤油ならではのキレを香味油によって優しい口当たりに感じさせ、コク深く芳醇な香りが食欲そそり、最後まで飽きの来ない仕上がりとなっていたため、お好みによっては醤油ラーメンと相性の良い胡椒などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「Lベーシック 芳醇しょうゆラーメン」を食べてみて、1年を通してローソンのカップ麺コーナーに陳列されていた馴染み深い“ローソンセレクト”の大幅リニューアル商品ということで、鶏の旨味をしっかりと利かせた深みのある味わいに別添されている香味油を加えることによって芳醇な風味が際立ち、そこに全粒粉を練り込んだ麺が絶妙にマッチした最後まで飽きの来ない風味豊かな一杯となっていました!

また、パッケージの大幅変更には驚かされましたが、ここまで内容・仕様も同じく大幅にリニューアルされているとは思ってもいませんでしたね!この味なら若干の値上がりは気になることもなく、今まで以上に好評な一杯となるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!