カップ麺

ペヤング 魚介MAXラー油やきそば!魚介の旨味溢れる濃厚な一杯

ペヤング 魚介MAXラー油やきそば

ペヤング 魚介MAXラー油やきそば」を食べてみました。(2019年8月5日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、今回は鰹をはじめ魚介の旨味をソースに最大限に際立たせ、別添された魚粉をふりかけることによって、より濃厚な魚介の味わいが楽しめる一杯が登場です!!

それも…“ペヤング”ならではのラードを使用した油で揚げた味付け麺の香ばしさと、鰹エキスにポークやチキンを利かせた濃厚なソースに鰹の魚粉をさらに加えることで荒々しくも旨味溢れる魚介の味わいが絶妙にマッチした一杯、“ペヤング 魚介MAXラー油やきそば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージにはお馴染みシンプルながらも鰹の旨味がエキス・魚粉ともに使用された“魚粉MAX”という名にふさわしい味わいに、食欲そそる“ラー油”といった文字がピリッとした辛みを思わせる赤い文字で記載され、魚粉の粉っぽさを動物系の旨味やラー油によって絶妙な油分・脂となって濃厚感を演出し、さらに今回の一杯には“にんにく”までもが使用されたことで、魚介テイストが好みの方にはたまらない味わいに仕上がっているようです!

ペヤング 魚介MAXラー油やきそば パッケージ

このように、今回の一杯は魚介の旨味をふんだんに使用した焼そばソースが濃厚・ガツンとした口当たりを表現し、何と言っても“ペヤング”らしいラードを使用した油で揚げた麺から漂うほどよい香ばしさが魚粉の旨味を際立たせる相性抜群なパンチのある仕上がりということで、後ほど詳しくご説明しますが、何と今回はこの“ペヤング 魚介MAXラー油やきそば”を含め同テイストのフレーバーが3種同時発売となっています!!

そして、他にも特徴として…具材にはメンマ、味付け豚・鶏肉、ねぎが使用され、鰹ならではの魚粉の旨味をふんだんに利かせ、さらに動物系の旨味・脂や食欲そそるラー油がちょうど良い濃厚感を引き立て、それによってすすり心地抜群な“ペヤング”らしい風味豊かな麺が香り高く楽しめる一杯を表現しているというわけです!

実際に食べてみて…

鰹をはじめとする魚介の旨味はソース自体にもしっかりと利き、さらに別添された魚粉を加えることでさらに風味・味に濃厚感が加えられ、チキンやポーク、さらに食欲そそるピリッとしたラー油や“にんにく”によってついつい箸が止まらなくなるような…そんなストレートに魚介の旨味を引き立てる美味しさに訴求した一杯となっていました!
これは特に、魚粉の旨味を強烈に利かせた濃厚とも言える魚介の旨味を気軽に焼そばとして楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこの魚介の旨味をソース・粉末ともに利かせ、魚介の旨味を最大限に活かした濃厚な味わいに風味豊かなラー油のピリっとした辛みがクセになる一杯「ペヤング 魚介MAXラー油やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 魚介MAXラー油やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”の新商品ということで、鰹をはじめとする魚介エキスをソースに利かせ、さらにその味わいをチキンやポークによって引き立て、さらに別添された魚粉、食欲そそるラー油や“にんにく”を合わせたことによって濃厚な魚介の旨味が最後までじっくりと堪能できる満足度の高い一杯、“ペヤング 魚介MAXラー油やきそば”となっています。

そして最近の“ペヤング”と言えば…怒濤の新商品ラッシュということで、話題となったGIGAMAXシリーズはもちろん、“ペヤング 青じそやきそば(2019年7月8日発売)”をはじめ、“ペヤング ネギ味噌七味風味やきそば”と“ペヤング ネギ塩ガーリック風味やきそば(2019年7月15日発売)”の同時発売、さらに“ペヤング 沖縄ゴーヤMAXやきそば(2019年7月22日発売)”が登場し、ようやく一旦落ち着いたかと思いきや1週置いて今度は魚介の旨味に際立った3商品が一気に登場ですからね。。やはり“ペヤング”の勢いはまだまだ止まる気配はなさそうです!!

ちなみに今回は、ツルツルとした食感のノンフライ麺を使用し、魚介スープとラー油による相性抜群な“ペヤング 魚介MAXラー油ラーメン”や、“ペヤング”らしい香ばしい味付け麺と濃厚な魚介スープがマッチした“ペヤング 魚介MAXラー油ヌードル”も同時発売されています!(なぜラーメンとヌードルを同時発売する…?と疑問に思う方も多いかと思いますが、最大の違いであるノンフライ麺を使用した商品展開も今後考えているとのこと。)

それでは、今回の“ペヤング 魚介MAXラー油やきそば”がどれほど魚介の旨味が濃厚に仕上がっているのか?チキンやポークとの相性やピリ辛なラー油、食欲そそる“にんにく”との兼ね合い、そして何と言っても“ペヤング”ならではのラードを使用した油で揚げた麺による香ばしさとのバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り574kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)らしくやや高めの数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値のようですね!
ちなみに1食当たり118g、麺の量は90gとのこと。

今回の“ペヤング”は魚介の旨味を存分に引き立てた濃厚な仕上がりとのことでしたので、このカロリーと塩分を見る限り素材の旨味をしっかりと活かした味わいには期待できそうです!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“しょうゆ”や魚介粉末をはじめ…

  • ポークエキス
  • 植物油脂
  • チキンエキス
  • 食塩
  • かつお節
  • ラー油
  • かつおエキス調味料
  • オニオンエキス
  • にんにく

といった、鰹の旨味をソースにも利かせ、さらに別添された魚粉によって旨味・風味ともに魚介の味わいが荒々しくも濃厚に表現され、動物系の旨味やラー油、そして“にんにく”によって旨味引き立つクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

そして、麺の項目には“ペヤング”シリーズらしくラードの文字が確認できますね!これによってほどよい香ばしさが加えられ、風味からも楽しめるわけです!

JANコード49 02885 00578 0
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(しょうゆ、魚介粉末、ポークエキス、植物油脂、デキストリン、糖類、チキンエキス、食塩、かつお節、ラー油、かつおエキス調味料、オニオンエキス、にんにく)、かやく(メンマ、味付け豚・鶏肉、ねぎ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、甘味料(ステビア)、パプリカ色素、加工でん粉、セルロース、重曹、ビタミンB2、(一部に小麦・卵・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (118g) 当たり]
熱量574kcal
たん白質12.2g
脂質32.3g
炭水化物58.5g
食塩相当量3.6g

引用元:ペヤング 魚介MAXラー油やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく、やきそばソース、後入れ調味料といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に後入れ調味料にはたっぷりと魚粉が含まれていて、鰹エキスを利かせたソースだけでなく粉末仕様によって魚介の食欲そそる風味を表現しているようですね!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”お馴染みのやや細めにも見える中太といった“ちぢれ”を付けた仕様となっていて、今回もまた同じくラードを使用した油で揚げたことによる香ばしい風味が印象的な麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • メンマ
  • 味付け豚・鶏肉
  • ねぎ

が入っています。

“ペヤング”としては…メンマや肉類など割と具だくさんな印象ですね!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!
この湯切りしている最中にもほどよいラードの香ばしさが漂うのも“ペヤング”らしさのひとつでしょう!

すると、先ほどまでの麺にほどよい弾力が加わり、ラード香る濃厚な魚介の旨味が楽しめる食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどのやきそばソースを注いでいきます!
ご覧の通り、調理中にしっかりとフタの上で温めておいたにもかかわらず、若干ドロッとした状態となっていて、ここに魚介の旨味がチキンやポークといった動物系の脂が美味しさ引き立たせる濃厚な味わいを表現しているようです!

また、こちらにはラー油も含まれているようで、ピリッとした辛みを想像させる若干赤みを帯びた濃い目の色にも感じられます!

さらに、こちらの後入れ調味料も加えていきます!
すると…一気に魚介の食欲そそる風味が広がっていきます!!これは良いんじゃないでしょうか??

このように、鰹エキスや動物系の旨味、そしてラー油などを利かせた濃厚なソースをベースに魚粉がたっぷりと使用され、それによって旨味・風味ともに濃厚な魚介の旨味が楽しめそうな“ペヤング”らしい割と振り切った仕上がりのようですね!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り粉末が若干混ぜにくさを感じさせますが、今回の一杯は液体ソースも同じく使用されていますから、思ったよりもすんなりと麺に濃厚な魚介ソースが馴染んでいきます!

そして、ソースが全体に馴染むと…この仕上がりの色からもおわかりいただけるように、濃厚な味わいであることに間違いなさそうで、すでにこの魚介の風味が強めに漂うことで、“魚介MAX”という名にふさわしい荒々しくも染み渡るかのような魚介ならではの旨味がバランス良く表現された一杯といったところでしょうか?とにかく魚介の旨味が前面に押し出された仕上がりのようですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは魚介好きなら間違いないやつですね!鰹エキスがソースにも利き、さらに別添された魚粉をたっぷりと使用したことによって風味豊かな仕上がりはもちろん、口に入れた瞬間から魚粉のざらつきを感じるほどにソース・粉末ともに魚介の旨味・風味が存分に楽しめる仕上がりとなっています!

さらに、魚介の風味だけでなく食欲そそる“にんにく”のコクや風味もまた抜群の相性の良さを感じさせ、その味わいをチキンやポークが引き立てたことによって濃厚な旨味となり、思っていた以上にピリッとした強い辛みのラー油がマッチしています!

この仕上がりは想像以上でしたね!魚粉の旨味に際立った一杯であることは薄々わかってはいましたが、しっかりと動物系の旨味・脂によってコク深く濃厚な味わいに仕上げ、さらに別添として魚粉を加えたことによって魚介の風味は臨場感溢れる香りとなり、それだけでなくラー油と“にんにく”を加えたことによって決して単調になることなく最後までじっくりと魚介の旨味を堪能できるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り“ペヤング”らしいすすり心地の良い中太麺といったところで、ラードを使用した油で揚げたことによる香ばしさが魚介の風味にもぴったりです!

そんな麺には…鰹エキスをソースに利かせ、さらにその味わいをチキンやポークによってコク深く引き立てた濃厚な魚介ソースがよく絡み、一口ずつに魚介の旨味が押し寄せ、それ以外にもピリッとしたラー油の辛みや“にんにく”のコク・旨味が口いっぱいに広がっていき、魚介ならではの荒々しくも感じられる風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付け豚・鶏肉が入っていて、肉質を感じる噛み応えのある厚みもあり、噛んでみるとしっかりと肉の旨味が滲み出る…ある意味“ペヤング”としては珍しいお馴染みの鶏挽肉ではなく、これはこれで美味しい具材となっています!

また、こちらのメンマはサイズも量も申し分なく、コリコリとした食感が魚介テイストの味わいにもぴったりで、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

そして、他にも“ねぎ”が使用されていて、これら具材を麺と一緒に絡めて食べてみると…濃厚な味わいに仕上がった魚介の旨味・風味に肉の旨みやほどよい食感が加わり、より一層“魚介MAX”ならではの味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ソースについて

ソースは、まずベースに鰹エキスを利かせたことで、すでに魚介の旨味が味濃く堪能できるわけですが、その味わいをチキンやポークによってコク深く濃厚なテイストに引き立て、さらに相性抜群な割と辛みの強めなラー油、そして食欲そそる“にんにく”を合わせ、別添された魚粉を加えることによって、魚介の旨味・風味が臨場感溢れる仕上がりとなり、まさに濃厚な魚介の味わいが楽しめる満足度の高い一杯となっています!

そして元々“ペヤング”は、和風なフレーバーが多く登場しているとのことでしたので、今回の魚介の旨味を活かした仕上がりはまさに得意分野にも感じられ、エキス・粉末による魚介の旨味に動物系の濃厚感、そして“にんにく”やラー油といったメリハリのある組み合わせは嫌いな方はなかなかいないんじゃないでしょうか?

このように、今回の“ペヤング 魚介MAXラー油やきそば”は、鰹の旨味を利かせたソースと別添された魚粉によって魚介の旨味を最大限に活かし、決して脂っこさのないチキンやポークによる厚みのある濃厚な味わい、そしてラー油や“にんにく”がクセになる旨味を引き立て、想像以上にラー油が相性良く仕上がっていたため、お好みによってはさらにラー油を加えて辛みを際立たせてみても良いかもしれません!

また、ラー油を加えることによって魚粉ならではの甘みなんかも引き立って感じられます!

まとめ

今回「ペヤング 魚介MAXラー油やきそば」を食べてみて、ソースと別添された魚粉によって、その名の通り魚介の旨味をMAXに表現し、魚介の旨味ならではの荒々しい味わいがチキンやポークによってちょうど良い濃厚感を楽しませ、さらに想像以上に相性の良いラー油によるピリッとした辛みがクセになる絶妙なバランスとなり、最後まで飽きの来ないクセになる一杯となっていました!

だいたい“にんにく”を入れると美味しくなりますが…ここまで魚介の旨味と“にんにく”が相性良いとは思ってもみませんでしたね!これは若干ラー油の辛みが強いような気もしましたが…評価の方もかなり高いのではないでしょうか?

この仕上がりならスープタイプの“ペヤング 魚介MAXラー油ラーメン”や“ペヤング 魚介MAXラー油ヌードル”もかなり期待できそうです!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!