まるか食品

ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば!食欲そそる“にんにく”が思う存分楽しめるパンチの強い一杯

ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば」を食べてみました。(2023年7月31日発売・まるか食品/ウエルシア薬局限定)

この商品は、以前2015年11月に発売し大変好評だったという…“にんにくMAXやきそば”を復刻版として登場したもので、文字通り“にんにく”を存分楽しめるフレーバーであり、ポークをベースに醤油や塩で味を調えた後味の良い味わいを表現、そこに“にんにく”の旨味や風味をガツンと利かせたことでクセになるテイストに仕立て上げ、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが相性良くマッチし、最後まで飽きの来ない“にんにく”MAXな一杯、“ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば”となっております。(値段:税別193円)

ご覧の通り、パッケージには黒を基調に“復刻にんにくMAX”といった今回の商品名が大きく掲載されており、“にんにく”ならではの旨味や風味を思う存分楽しめるフレーバーであり、ポークをベースに醤油や塩で味を調え、“にんにく”をガツンと合わせることで間違いない味わいが表現され、そもそもパンチもあり食欲そそる食材ですから、恐らく満足度の高い美味しさが凝縮されているものと思われます!

一方こちらには…“まわりの人に迷惑がかかります。喫食の際は1人でお召し上がり下さい。エチケットは守りましょう。”と記載されており、強烈な“にんにく”臭が広がるフレーバーのようにも感じられますが、実際にはこれまでも“にんにく”を活かした商品が度々登場しているものの、ここまで“にんにく”を強調したフレーバーはこの商品のみで、それによってパンチのある味わいを表現、まさに暑い夏にぴったりなスタミナ感溢れる一杯に間違いありません!

ちなみに今回はパッケージに仕上がりイメージなどは掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…キャベツ・フライドガーリックが使用されているようです!もちろんこのフライドガーリックからも“にんにく”の旨味が滲み出していきますから、恐らくしっかりと混ぜながら食べ進めていくことによって満足度も増していく…そんな“にんにく”MAXな味わいが存分に楽しめることでしょう!

また、“にんにく”をモチーフとしたフレーバーは、“ペヤング 旨辛味にんにく やきそば(2022年8月1日発売)”や“ペヤング にんにく味噌やきそば(2022年5月2日発売)”、“ペヤング にんにく明太子味やきそば(2022年3月21日発売)”や“ペヤング にんにく納豆やきそば(2021年9月27日発売)”と割と多く登場しており、そもそも“にんにく”は香味野菜としてどんな味にもぴったりなやみつき感のある美味しさがありますから…今回もまたパンチの強いソースと合わせて旨味溢れる味わいに期待できそうです!

さらに、この商品は2023年7月17日に発売された“ペヤングヌードル50周年限定品”に続くフレーバーとなっており、“ペヤング”としてはシリーズ発売48周年を迎えますから、今後の商品展開にも期待したいところ!ただ、毎週のように新商品を発売してきたペヤングが最近ではかなり鈍化しています!
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによってラードの旨味・香ばしさがソースに滲み出し、ポークをベースに醤油や塩で味を調え、ガツンと“にんにく”の旨味を利かせたパンチの強い味わいが豊富に使用されたフライドガーリックとともに相性良く馴染み、やみつき感のある美味しさとして最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

商品名が“にんにくMAX”なので強烈な“にんにく”の要素が凝縮されているのかと思いきや…実際にはパッケージに記載されていたような周りを気にするほどのものではありませんし、“にんにく”をガツンと利かせたフレーバーで普通に美味しくいただけるテイストとなっており、具材に使用されたフライドガーリックからも良い旨味・風味が滲み出し、ポークの旨味エキスと思われる脂・油分が最後まで麺をパサつかせることもなく、まさに“にんにく”をうまく活かしたテイストとして食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな旨味溢れる仕上がりとなっていました!
これは特に、“にんにく”といったクセになるスタミナ系・パンチの強い味わいが好みの方はもちろん、ポークをベースに醤油や塩で味を調えたソースに食欲そそる“にんにく”をガツンと合わせ、そこにラードを使用した油で揚げた香ばしい麺が絶妙にマッチした間違いない味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、ポークをベースに醤油や塩で味を調えた後味の良いソースにパンチのある“にんにく”特有の旨味・風味をガツンと合わせ、“にんにく”を思う存分楽しめる美味しさき際立ち、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの香ばしい旨味や風味が絶妙にマッチした一杯、「ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、ポークをベースに醤油や塩で味を調え、さらにパンチの強い“にんにく”をバランス良く利かせたことによって安定感のある美味しさが楽しめるフレーバーとなっており、具材にも食欲そそるフライドガーリックが豊富に使用され、そこにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良くマッチした間違いない一杯、“ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば”となっています。

というかそもそも“にんにく”は食欲そそる香味野菜として様々な料理にも合いますし、当然“にんにく”だけで味わっても十分な美味しさが楽しめますから、ラーメンはもちろん今回のような“焼そば”にもぴったりで旨味が強烈に増し、幅広い層に好まれる味わいに仕上がっているものと思われます!

ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば パッケージ

そして上記の通り今回の商品はそこまで奇抜なフレーバーというわけではありませんが…これまでの“にんにく”を使用したテイストの中で断トツのインパクトがあることに間違いなく、ポークをベースに醤油や塩、さらに“にんにく”をガツンと利かせたやみつき感のある味わいによって幅広い層に好まれる一杯と言え、最後まで全く飽きの来ない美味しさが存分に楽しめそうです!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2022年も様々なフレーバーが登場したように発売48年を迎える2023年にも期待したいところ!
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いです!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“復刻にんにくMAXやきそば”がどれほど“にんにく”の旨味をガツンと利かせたやみつき感のある味わいに仕上がっているのか?食欲そそるフライドガーリックを具材に使用したことによる旨味・風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによるフライ麺から滲み出す旨味や香ばしさとの相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り529kcalとなっております。(塩分は2.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ながらもレギュラーサイズとしては若干高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり114g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーと塩分を見ると…ポークの旨味でしっかりとしたコクをプラスし、“にんにく”をガツンと利かせたやみつき感のある旨味・風味が絶妙にマッチしたことで物足りなさを一切感じさせない味わいを表現、まさに食欲そそるアクセントがバランス良く調和した幅広い層に好まれる仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、香辛料や“しょうゆ”をはじめ…

  • 食塩
  • 食用風味油
  • ポークエキス

といった、ポークをベースに醤油や塩で味を調え、パンチのある“にんにく”の旨味や風味をバランス良く利かせたことで、やみつき感のある美味しさをシンプルに表現し、さらに具材に使用されているフライドガーリックからも良い旨味が滲み出すことで食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな素材本来の旨味を存分に活かしたインパクト抜群な味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。
※製造工場:まるか食品 本社工場(群馬県)製造所固有記号はHで、A〜Hまである製造ラインがGでした。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00990 0
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(香辛料、糖類、しょうゆ、食塩、食用風味油、たん白加水分解物、ポークエキス)、かやく(キャベツ、フライドガーリック)/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、ビタミンB₂、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (114g) 当たり]
熱量529kcal
たん白質9.2g
脂質27.2g
炭水化物61.9g
食塩相当量2.8g

引用元:ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば|まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、ガーリックソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特にガーリックソースに関してはポークをベースにした後味の良い塩ダレといった感じで、割とサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!(原材料でも確認したように今回は特に動物系の旨味はポークエキス程度なので、塩ソースのような後味すっきりとした味わいに期待できそうです。)

また、麺はご覧の通り“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺が今回もまた同じく採用されているようで、これによって今回の“復刻にんにくMAXやきそば”といった“にんにく”の旨味を存分に活かしたソースが食欲そそる香ばしい麺とも絶妙に馴染み、素材の旨味際立つ相性の良い仕様となっているようです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • フライドガーリック

が入っています。

特にフライドガーリックが豊富に使用されているのが印象的で、こちらからも良い旨味・風味が滲み出し、まさにやみつき感のある美味しさがたっぷりと堪能できそうです!

では、熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが漂い、まだ別添されているガーリックソースを加える前の状態ではありますが、ポークをベースに醤油や塩で味を調えたソースにガツンと“にんにく”の旨味・風味を利かせたことで、やみつき感のある美味しさが表現されたインパクト抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“ガーリックソース”を加えていきます!
ちなみにこのソースはポークエキスをベースにしているため、若干トロッとした状態で、食欲そそる“にんにく”ならではの風味が一気に広がっていき、特別粘度が高い仕様というわけでもありませんので麺との馴染みも割と良さそうです!…というか“にんにくMAX”という割に風味はそこまで強烈なものではありません。

そしてこのガーリックソースは量も多めということもあって表面に留まった状態となっており、この時点で“にんにく”の風味が加わったことでスタミナ感のあるテイストといった印象で、メリハリの付いたソースに“にんにく”をガツンと利かせたシンプルながらも間違いない美味しさがラードの旨味や香ばしさが加わることによって際立ち、特別飽きる要素もありませんから…まさに男女問わず幅広い層に好まれるフレーバーに間違いなさそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースは若干トロッとしているものの…思ったよりすんなりと麺に馴染んでいきます!そして“にんにく”の風味に関しては当初シリーズらしく超強烈なものかと思いましたが…意外にも全体に馴染んでいくことでバランス良く香り立ち、やはり今回もシリーズらしい奇抜なフレーバーというわけではないようです!

こうしてソースが全体に馴染むと…先ほどまでの濃いめなソースは比較的落ち着いた色合いとなり、なんと言っても食欲そそる“にんにく”の風味が良いですね!他にもラードの香ばしさなんかもバランス良く融合しているようで、誰もが好む“にんにく”ならではの味わいが風味からもよーく伝わり、さらに具材として豊富に使用されているフライドガーリックからも良い旨味や風味が際立ち、まさに“ペヤング”シリーズらしいテイストがたっぷりと楽しめるフレーバーとなっています!

また、今回の具材は思ったよりも豊富に使用されているようで、中でも“にんにく”の旨味を引き立てる大きめにカットされたフライドガーリックが印象的で、全体をしっかりと混ぜ合わせることでメリハリの付いたソースに相性抜群な“にんにく”の旨味・風味をプラスし、他にもペヤングならではの麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが滲み出す香り高いテイストがしっかりと楽しめそうです!…ただ、正直もっと“にんにく”臭い仕上がりを想定していたので、“おろしにんにく”辺りを加えたくなりますね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークをベースに醤油や塩で味を調えたことで後味すっきりとしたキレ・コクが心地良く、単純に“にんにく”をガツンと利かせたシンプルな味わいかと思いきや“にんにく”を引き立てるバランスの良い構成となっており、もちろんやみつき感・パンチのある味わいが絶妙で非常に美味しいですね!

そしてソースは塩味といった感じですが、味も濃いめなので物足りなさといった感じは一切なく、想像以上にスタミナ感のあるテイストにも感じられ、さらにたっぷりと使用されたフライドガーリックと絡めていただくと、より一層旨味溢れる美味しさが際立ち、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさとも絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく楽しめるかと思われます!

また、そもそも旨味溢れる“にんにく”をテーマにした焼そばソースですから…食欲そそる素材によって旨味は思っていたよりも強く、シンプルながらも間違いないフレーバーと言えるでしょう!そのため今回の“復刻にんにくMAXやきそば”は、ある意味シリーズらしくない普通に美味しい一杯で…後味の良い旨味・スタミナ感が凝縮されたこの味わいは幅広い層に好まれることに間違いなく、ちょっとした“つまみ”にもぴったりなテイストによってついつい箸が止まりません。。

ただ…強いて言えば、なんと言っても“にんにくMAX”にも関わらず若干インパクトに欠けるテイストでしたので、“おろしにんにく”や“刻みにんにく”を加えたくなりますね!もちろんデフォルトで味わっても十分美味しいんですが、商品名からイメージさせるほどのものではないといった印象が強く、もしかすると周りの方も気にならないかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中太フライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が調理感や臨場感を高め、今回の“復刻にんにくMAXやきそば”といったフレーバーにもぴったりな仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークをベースに醤油や塩で味を調え、パンチのある“にんにく”の旨味をガツンと利かせた後味の良いソースがよく絡み、一口ずつに食欲そそる“にんにく”の旨味やメリハリを付ける香辛料などが口いっぱいに広がっていき、“にんにく”の風味やラードならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかポークの旨味に醤油や塩をバランス良く馴染んだことで“にんにく”の旨味・香りが際立ち、シンプルながらも間違いない美味しさで濃厚感・こってり感もありませんから、男女問わず好まれるクセになる一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのフライドガーリックが使用されていて、使用されている数・サイズともに申し分なく、じっくりと味わってみると…非常に柔らかな食感ながらもしっかりと“にんにく”の香ばしい風味が感じられ、単品で味わっても良いくらいの美味しさではありましたが…せっかくなので全体をしっかりと混ぜ合わせ、ラードの香ばしい風味が香る麺と一緒に絡めていただくと、より一層パンチの強い“にんにく”ならではの風味や旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツは、やや小ぶりで…シャキシャキとまではいかないものの、ほどよい食感を残した仕上がり具合で、今回の一杯に対してちょうど良い彩りの良さ・食感としてのアクセントがプラスされているようです!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークをベースに醤油や塩で味を調え、パンチのある“にんにく”の旨味をバランス良く合わせたことでスタミナ感溢れる美味しさを表現、“にんにくMAX”というほど強烈な仕上がりではありませんでしたが…物足りなさといった感じは特になく、意外にも複雑で繊細な味わいが心地良く、キリッとしたシャープな口当たりと誰もが好む“にんにく”の旨味が“カップ焼そば”としてうまく融合され、後味すっきりとしていながらも麺から滲み出すラードの風味が絶妙にマッチした安定感のあるテイストがじっくりと楽しめるかと思われます!

そして、何と言っても“ペヤング”ならではのラードを使用した油揚げ麺から滲み出す香ばしさが今回の“にんにく”をテーマにした後味の良いソースをより一層美味しく引き立て、“にんにく”とコク深いポークといった申し分のない旨味が凝縮された“焼そば”は思っていたよりもクオリティが高く、嫌いな方はいないのでは?と思うほど安定感もあり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

そのため、今回の“復刻にんにくMAXやきそば”は、“ペヤング”シリーズとしては比較的無難なフレーバーのひとつで、特に奇抜で話題性のあるテイストというわけではありませんが…食欲そそる“にんにく”の旨味を臨場感高く表現し、通常の濃厚な“ソース焼そば”とはひと味違った後味の良い美味しさがクセになるメリハリの付いた一杯で、ついつい箸が止まらなくなりますね。。(見た目よりも遙かに味付けが施されており、味わいとしても非常に濃いめで美味しいです!)

このように、今回の“ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば”は、ポークをベースに醤油や塩で味を調えた後味の良いソースに“にんにく”をガツンと利かせたことによってシンプルながらもクセになる味わいが心地良く、見た目よりも遙かに旨味が凝縮されているせいか…物足りなさを感じさせることもなく、濃いめの味とそれに伴った“にんにく”が絶妙にマッチし、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさとも相性良く馴染んだ満足度の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては唐辛子などの香辛料をちょい足しして刺激的なアクセントを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 復刻にんにくMAXやきそば」を食べてみて、以前2015年11月に発売された“にんにくMAXやきそば”を復刻発売した一杯には…ポークをベースに醤油や塩で味を調えたソースにガツンと“にんにく”を利かせたことで、後味すっきりとしていながらも物足りなさを感じさせない繊細な味わいに際立っていたものの、パッケージに注意書きされていたほど強烈な仕上がりではなく、デフォルトでも十分クセになる味わいが楽しめる安定感があり、キリッとした塩気の強い口当たりがちょうど良いアクセントとなったことで最後まで飽きることもなく、なんと言ってもラードを使用した油で揚げたフライ麺と相性良く馴染んだ満足度の高い一杯となっていました!

また、単純に“にんにくMAX”とは言ってもポークをベースに醤油や塩で“にんにく”の旨味を際立たせたことで意外にもクセになる濃いめのテイストと言え、“にんにく”本来の美味しさをうまく引き立てたフレーバーであることに間違いなく、麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさとの相性も想像以上に抜群な仕上がりとなっていたため、男女問わず幅広い層に好まれる一品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です