ペヤング

ペヤング 豚骨魚介やきそば!濃厚な豚骨と風味豊かな魚介出汁を組み合わせた旨味溢れる一杯

ペヤング 豚骨魚介やきそば
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ペヤング 豚骨魚介やきそば」を食べてみました。(2023年1月23日発売・まるか食品

この商品は、臭みのない豚骨の旨味と染み渡る魚介出汁をバランス良く合わせたことで、コク深くもキリッとしたシャープな口当たりのソースに仕立て上げ、濃厚な豚骨魚介といった昨今人気の味わいを“カップ焼そば”に再現、動物系の旨味オイル・エキス、魚介粉末などを融合させたことで全体的にパサつくこともなく、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが相性良く馴染むことで、やみつき感のある豚骨魚介ならではの美味しさが楽しめる風味豊かな一杯、“ペヤング 豚骨魚介やきそば”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、パッケージには“豚骨魚介”といった今回の商品名が大きく掲載されており、そもそも豚骨ならではの濃厚な旨味と染み渡る魚介出汁をバランス良く合わせたテイストは間違いないですからね!幅広い層に好まれるフレーバーであることに間違いなく、具材に使用されたメンマや“ねぎ、そして風味豊かな麺を一緒に絡めていただくとちょうど良い味わいが楽しむことができ、まさに最後まで飽きの来ないクセになる旨味とじんわりと染み渡る魚介出汁との組み合わせはかなり期待したいところ!

一方、パッケージ背景には…煮干しで出汁を取ったスープの様子や乳化感のある白濁とした豚骨スープがそれぞれ半分ずつ掲載され、染み渡る魚介出汁を豚骨の旨味がコク深く引き立て、それによって濃厚な魚介豚骨といったテイストに仕上がり、まさしくキレとコクが融合した旨味溢れる味わいを焼そばソースに表現し、インパクトのあるパッケージデザインということもあって濃厚な仕上がりを想像させますね!ちなみにこれまで発売されてきたフレーバーの中で最も近しいと思われるのが“ペヤング 魚介MAXラー油やきそば(2019年8月5日発売)”で、今回の“豚骨魚介”といった商品はありそうでなかった一品となっていますので、やはり今後の商品展開なんかも気になりますね!

ちなみに今回はパッケージに仕上がりイメージなどは掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…メンマ・ねぎ・ナルトが使用されているようです!

また、最近で言うと2022年12月19日には…“ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックスハーフ&ハーフ激辛”と“ペヤング 超超超大盛やきそばGIGAMAXハーフ&ハーフ激辛”といったインパクト抜群な2商品で2022年を締めくくったばかりなんですが…さすが“ペヤング”シリーズ、2023年で発売48周年ということもあってまだまだ新フレーバーのラッシュは止まりませんね!しかも直近で言うと…東京都立大島高等学校とのコラボ企画によって大島の特産である“塩”を使用したハワイ島の名物料理“ガーリックシュリンプ”をカップ麺に再現した一杯、“ペヤング ガーリックシュリンプ味やきそば(2023年1月16日発売)”が登場しています!

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによって臭みのない豚骨の旨味とじんわりと染み渡る魚介出汁をバランス良く合わせ、各種旨味オイル・エキス、粉末によってメリハリを付けたコク深く濃厚な豚骨魚介ならではの味わいが最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

イメージしていた通り濃厚でコク深く、キリッとした魚介出汁に深みが際立った豚骨魚介ならではの美味しさが焼そばソースに表現され、ちょうど良い塩気や豚骨のまろやかさが絶妙にマッチしたことで最後まで飽きの来ないメリハリの付いた味わいが印象的で、しっかりと全体を混ぜながら味わってみると、具材に使用されたメンマや“ねぎ”との相性も非常に良く、原材料にも記載されている通りポークだけでなくチキンの旨味や香味油も利かせたことで想像以上に複雑で繊細な旨味を際立たせ、まさに濃厚な豚骨魚介の美味しさが存分に楽しめるテイストとなっており、ラードの旨味や香ばしさがクセになる風味豊かな一杯となっていました!
これは特に、“豚骨魚介”ならではの濃厚な味わいが好みの方はもちろん、臭みのない豚骨の旨味に染み渡る魚介出汁をバランス良く合わせたことで、キレとコクのある豚骨魚介をスープタイプや“つけ麺”とはまたひと味違った“カップ焼そば”として表現し、そんなやみつき感のある味わいをシリーズならではの香ばしい麺とともにガツンと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、臭みのない豚骨の旨味とじんわりと染み渡る魚介出汁をバランス良く合わせたことで濃厚な豚骨魚介といった人気のフレーバーを表現、そこにラードを使用した油で揚げた香ばしい麺がしっかりと絡むコク深くもキレの良い一杯、「ペヤング 豚骨魚介やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 豚骨魚介やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、豚骨の旨味と相性抜群な魚介出汁をバランス良く合わせ、濃厚でありながらもキリッとしたシャープな飲み口が絶妙にマッチしたことでちょうど良いメリハリをプラス、そして旨味も非常に強く最後まで飽きの来ない後味すっきりとしたテイストにシリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良く馴染んだ安定感のある一杯、“ペヤング 豚骨魚介やきそば”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

というかそもそも豚骨の旨味と魚介出汁をバランス良く合わせたフレーバーを表現したテイストはほぼほぼ間違いありませんからね!今回はシンプルでありながらも飽きの来ない豚骨×魚介といった食欲そそる旨味が相性良く馴染んだ一杯であり、後味の良さ・キレの良さなどがバランス良く融合し、特に辛さもありませんから、幅広い層に好まれるフレーバーとなっており、特別奇抜な味わいというわけではありませんが…決して物足りなさを感じさせない濃厚な“焼そば”がたまらなく…想像以上に臨場感の高いテイストが楽しめるものと思われます!

ペヤング 豚骨魚介やきそば パッケージ

ちなみにここ数年だと“ペヤング”シリーズで“魚介”の旨味を活かしたフレーバーとしては…先ほどもお伝えした通り2019年8月5日発売に発売された“ペヤング 魚介MAXラー油やきそば”程度で非常に少ないんですが(豚骨系ならいくつかあります。)、豚骨と魚介の相性抜群な味わいに間違いありませんから…メリハリのある濃厚なテイストに香ばしさがバランス良く融合したことで物足りなさを感じさせない味わいが楽しめそうですね!

そして上記の通り今回の新商品は非常に人気の高い豚骨魚介といった味わいを“カップ焼そば”に表現したことで特に奇抜なフレーバーというわけではありませんが…これまで登場してきたテイストのように素材本来の旨味を引き立てる間違いない仕上がりで、幅広い層に好まれる納得の味わいが気軽に堪能でき、風味豊かな香りと豊富に使用された具材によって最後まで飽きの来ない一杯と言えるでしょう!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2022年も様々なフレーバーが登場したように発売48年を迎える2023年にも期待したいところ!
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング 豚骨魚介やきそば”がどれほど豚骨の旨味を染み渡る魚介出汁をバランス良く合わせた濃厚な魚介豚骨ならではの旨味溢れる仕上がりとなっているのか?さり気なく使用されたチキンエキスや各種具材との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによるラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り598kcalとなっております。(塩分は2.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)で、濃厚な豚骨魚介といったコク深いテイストということもあって若干高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり119g、麺の量は90gとこちらは他のレギュラー商品と同じボリューム感のようです!

また、このカロリーと塩分を見ると…豚骨の旨味×魚介出汁をバランス良く融合させたことで濃厚感やキリッとした口当たりが際立ち、シンプルながらもやみつき感のあるテイストということで、後味すっきりとした飽きの来ない味わいを“カップ焼そば”に表現、なんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが絶妙にマッチした風味豊かな仕上がりをイメージさせます!(これこそスープタイプで登場してほしかったですね。。)

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、魚介風味オイルや動物油脂をはじめ…

  • ポークエキス
  • しょうゆ
  • 香味油
  • 食塩
  • 魚介粉末
  • チキンエキス
  • 植物油脂
  • 醸造酢

といった、豚骨の旨味に魚介出汁をバランス良く合わせたシンプルながらも深みのある焼そばソースに仕立て上げ、具材に使用されたメンマや“ねぎ”が相性良くマッチした安定感のあるフレーバーで、まさにやみつき感のあるテイストがじっくりと楽しめる最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00922 1
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(魚介風味オイル、動物油脂、糖類、ポークエキス、しょうゆ、香味油、食塩、魚介粉末、チキンエキス、植物油脂、醸造酢、ゼラチン、たん白加水分解物)、かやく(メンマ、ねぎ、ナルト)/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、クチナシ色素、ベニコウジ色素、カカオ色素、ビタミンB₂、(一部に小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (119g) 当たり]
熱量598kcal
たんぱく質11.1g
脂質35.1g
炭水化物59.3g
食塩相当量2.8g

引用元:ペヤング 豚骨魚介やきそば|まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、やきそばソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“やきそばソース”には豚骨の旨味や魚介出汁を含む若干ドロッとした状態でしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”ならではのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されており、これによって今回の“豚骨魚介やきそば”といった豚骨の旨味に染み渡る魚介出汁を合わせた濃厚なフレーバーとして食欲そそる香ばしさなんかも引き立ち、後味すっきりとしたソースとも相性抜群な仕様となっているようです!

調理してみた

ではまず先ほどの“かやく”を加えてみます!

そして、その具材には…

  • メンマ
  • ねぎ
  • ナルト

が入っています。

特に今回は昨今大変人気の豚骨魚介といった味わいを表現したことで、素材の旨味を存分に活かした濃厚ながらも後味の良いテイストとなっており、豚骨のこってり感と魚介出汁のキリッとした口当たりが絶妙にマッチした味わいにぴったりな具材が必要最低限使用されているようで、全体をしっかりと混ぜ合わせることによって満足度も増していき、シンプルに美味い…“豚骨魚介”ならではの美味しさが臨場感高く楽しめそうです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが漂い、まだ別添されている“やきそばソース”を加える前の状態ではありますが、臭みのない豚骨の旨味や染み渡る魚介出汁がバランス良く融合した焼そばソースに仕上がり、まさに食欲そそる“豚骨魚介”らしい満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです!

ではここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
すると…濃厚な豚骨の脂を含むドロッとした醤油感のあるソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!しかも使用されている量はかなり多く、濃厚で塩気も強く、じんわりと染み渡る魚介出汁が相性良くマッチした焼そばソースに感じられ、風味としては豚骨・魚介ともにそこまで主張しているわけではなく、むしろ麺の香ばしさが食欲を掻き立て、後味すっきりとしたテイストが際立っているように感じられます!

そして、この“やきそばソース”は見た通りドロッとした状態で表面に留まり、見るからに物足りなさを感じさせない濃厚な旨味がバランス良く融合し、麺から滲み出す香ばしさによって想像以上に“豚骨魚介”ならではの美味しさを前面に押し出したフレーバーとなっているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースは濃厚で若干ドロッとした状態ではありますが、特別ペースト状で粘度の高い仕様というわけではありませんので、思ったよりすんなりと香ばしい麺に馴染んでいきます!ちなみに色味からして混ざっているのかどうか一目瞭然で、豚骨の旨味エキスと思われる脂・油分なども含んでいますから割と馴染みは良いです!

こうしてソースが全体に馴染むと…豚骨の旨味と魚貝出汁をバランス良く合わせ、具材として使用されたメンマや“ねぎ”も相性良くマッチしたことで濃厚な“豚骨魚介”ならではの味わいに仕上がり、シンプルな仕上がりでありながら物足りなさを感じさせることもなく、まさに人気のフレーバーである“豚骨魚介”の美味しさを存分に活かしたことによって最後まで飽きの来ないテイストとなっており、特に変なクセもありませんから…幅広い層に好まれる一杯に間違いなさそうです!

また、今回の具材は“豚骨魚介”の美味しさを引き立てるメンマと“ねぎ”といったシンプルな具材が豊富に使用され、濃厚なソースとの相性はもちろん、安定感のある味わいながらもキリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチし、全体をしっかりと混ぜ合わせることでそれぞれの旨味がさらに際立ち、他にも麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが相性良く馴染んでいるようです!

食べてみた感想

一口食べてみると…イメージ通り濃厚な豚骨魚介ならではの旨味が凝縮されており、豚骨の旨味に関しては臭みのない濃厚感で脂っこさといった感じも一切なく、ちょうど良いコクやまろやかさをプラス、一方の魚介出汁については染み渡る旨味が心地良く、それらがバランス良く合わさったことでキリッとした塩気と濃厚感によるメリハリが付き、まさに素材の旨味を活かしたやみつき感のある美味しさがたまらなく、そもそも“豚骨魚介”といった人気の高いフレーバーですから、濃い目の塩加減と動物系の旨味がうまく調和され、シンプルながらも飽きの来ないテイストとなっていて臨場感も非常に高く、決して物足りなさを感じさせないバランスの良い味わいとなっています!

そしてもちろん具材に使用されたメンマや“ねぎ”も相性良く馴染み、しっかりと全体を絡めていただくことでやみつき感のある美味しさが際立ち、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさとも絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?特に“豚骨魚介”の旨味を引き立てるかのように醤油などの塩気がバランス良く馴染んでいる点は好印象といったところ!

また、そもそも濃厚ながらも後味すっきりとした豚骨×魚介といったシンプルな構成の焼そばソースに仕上げ、そこに麺から滲み出す旨味や香ばしさが相性良くマッチした組み合わせですから…かなり幅広い層に好まれるテイストであることに間違いなく、濃厚とは言っても“くどさ”を感じさせるようなものではありませんので、素材の旨味をしっかりと利かせた味わい深い焼そばソースにはハマる方も多いはず!

このように今回の“豚骨魚介やきそば”は決して奇抜なテイストというわけではありませんが…豚骨の旨味や魚介出汁を丁寧に利かせ、濃厚かつ後味の良い味わいに仕上げたことで満足度の高い味わいを表現、じんわりと染み渡るかのようなコク深くまろやかな焼そばソースに麺から滲み出す具材による旨味を合わせたことで、やみつき感のある美味しさが非常に好印象で、毎度ながらよく考えて作り込まれていることが伝わってきます!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中細フライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が調理感や臨場感を高め、今回の“豚骨魚介やきそば”といったフレーバーにもぴったりな仕上がりとなっています!

そんな麺には、豚骨の旨味と魚介出汁をバランス良く合わせた濃厚で染み渡る後味の良い焼そばソースがよく絡み、一口ずつにキリッとした塩気や物足りなさを感じさせないコク深い旨味、そしてじんわりと染み渡る魚介出汁などが口いっぱいに広がっていき、食欲そそるラードの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこのフレーバーは間違いないですね!濃厚ながらも魚介出汁や醤油感のあるキレの良さが絶妙にマッチしていて最後まで飽きの来ない本格感のあるテイストとなっており、全体をしっかりと馴染ませることで旨味も引き立ちますし、魚介系の旨味がキリッとした口当たりとともにちょうど良いアクセントとしてプラスされているようです!

トッピングについて

トッピングにはまずこちらのメンマが使用されていて、数・サイズともに申し分なく、コリコリとした食感が心地良く、じっくりと味わってみると…メンマ特有の味付けはもちろん、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、今回のフレーバーと相性抜群な具材としてちょうど良い食感としてのアクセントをプラスしているようです!

また、こちらのナルトは、味付け自体感じられないものの…使用されている数はやや多めで、豚骨魚介といった茶系の色合いに華やかな見た目としてのアクセントをプラスしているように感じられます!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、小さめにカットされたことでシャキシャキ感こそありませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで濃厚な豚骨魚介の美味しさを引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り臭みのない豚骨の旨味に魚介出汁をバランス良く合わせたことで濃厚な豚骨魚介ならではの旨味溢れる仕上がりとなっていて、醤油感のあるキリッとした口当たりによってちょうど良いメリハリがプラスされ、そこに具材として使用されたメンマや“ねぎ”が相性良くマッチし、もちろん物足りなさといった感じは一切なく、なんと言っても麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが美味しさを引き立てる安定感抜群なフレーバーとなっています!

そのため、濃厚ながらも後味すっきりとした“濃厚魚介”の旨味が“カップ焼そば”として気軽に楽しめる一杯であり、塩気の強い口当たりや染み渡る魚介出汁、コクを引き立てる豚骨の旨味などがバランス良く融合したことで素材の旨味を存分に活かした満足度の高い味わいとなっており、“豚骨魚介やきそば”といったイメージに相応しい納得の一杯と言えるのではないでしょうか?やはりこの場合は醤油ベースという点が良いですね!他にも原材料を見る限り香辛料といった文言は記載されていないものの、キレの良さがちょうど良いメリハリをプラス、それによって最後まで飽きの来ないクセになる味わいは個人的にも好印象といったところ!

また、今回の“豚骨魚介やきそば”は“ペヤング”シリーズとしては特に奇抜なフレーバーというわけではありませんが…うまく“カップ焼そば”にアレンジされた一杯となっていて、臭みのない豚骨の旨味エキスと思われる脂・油分によって最後まで麺がパサつくこともなく、魚介出汁と相性良く馴染んだ安定感のある焼そばソースといったやみつき感のある味わいは“つまみ”にもぴったりなテイストで、ついつい箸が止まらなくなります。。

このように、今回の“ペヤング 豚骨魚介やきそば”は、豚骨の旨味に魚介出汁を合わせるといった非常に人気のテイストを“カップ焼そば”に表現、臭みのないコク深く濃厚な豚骨魚介といった旨味溢れるソースに仕立て上げ、具材として使用されたメンマや“ねぎ”が絶妙にマッチしたことで幅広い層に好まれる味わい深くもメリハリの付いた美味しさが最後まで飽きることなく楽しむことができ、そこにラードを使用した油で揚げたフライ麺からも良い旨味や香ばしさが滲み出す安定感のある一杯となっていたため、お好みによっては相性の良い唐辛子などの香辛料をちょい足ししてピリッとしたアクセントを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 豚骨魚介やきそば」を食べてみて、臭みのない豚骨の旨味に染み渡る魚介出汁をバランス良く合わせ、濃厚ながらもキレの良さによって最後まで飽きの来ない“豚骨魚介”といった味わい深いテイストを“カップ焼そば”に表現した一杯には…申し分のない旨味が凝縮され、シリーズとしてはそこまで真新しいフレーバーというわけではありませんでしたが、この組み合わせは想像以上に旨味が強く、旨味・濃厚感・後味の良さなど全体のバランスが非常に良かったため、“超大盛”として登場しても良かったのでは?と思うほどで、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが食欲をガツンと満たす満足度の高い一杯となっていました!

やはり“ペヤング”は意外と手の込んだフレーバーが多く登場しますね!今回の一杯に関して言うと…大変人気のフレーバーを“カップ焼そば”に表現するという…ありそうでなかった味わいとなっていたものの、そこまで奇抜なテイストというわけではなく、想像以上にやみつき感のある旨味が際立ち、魚介出汁をコク深く引き立てる満足度の高い味わいがレギュラーサイズとしてじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です