スーパーカップ

スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺!ふわっと泡立つまろやかでクリーミーな一杯

スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺

スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺」を食べてみました。(2021年3月29日発売・エースコック)

この商品は、1988年発売のロングセラーブランドでお馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズの新商品ということで、今回はチキンの旨味をベースにオニオンやガーリックなど香味野菜を利かせた濃厚鶏白湯スープに仕上げ、そこに別添されている後入れ粉末スープを加えることによってふわっとした泡立ちが特徴的で、コク深くまろやかな味わいに加え玉子焼きを彷彿とさせる新開発された食感滑らかな“玉子焼き風具材”とともに“タマゴ”尽くしの味わいが楽しめる一杯が登場です!

それも…上記の通りチキンをベースに香味野菜を利かせた鶏白湯スープに粉末スープを加えることによってふんわりとした“とろうま”でクリーミーなテイストに仕上がり、コク深くまろやかな舌触りが心地良く、さらに新開発されたスープも染みこむという“玉子焼き風具材”の他にも卵の具材が使用されたことで“タマゴ”をテーマにしたまろやかな美味しさが最後までたっぷりと楽しめる一杯、“スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺”となっております。(税抜き230円)

ご覧の通り、パッケージには“タマゴ”をテーマにしているというだけあって黄色を基調に“ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺”といった今回の商品名が記載され、チキンの旨味をしっかりと利かせた上に粉末スープによってふわっとしたコク・まろやかさが加わり、クリーミーな濃厚鶏白湯スープに仕上がり、さらに食欲そそる香味野菜や新食感の“玉子焼き風具材”など豊富な具材が旨味を引き立て…風味・旨味ともに申し分のない美味しさにも期待できそうです!

そして、今回の一杯は“バケツ型”の大盛り仕様でお馴染み“スーパーカップ1.5倍”ということで、ご覧の通りお馴染みのロゴが掲載され、いつもの食べ応え抜群な一杯が表現されていることがよーく伝わってきます!

一方こちらには、チキンの旨味に香味野菜や別添された粉末スープを加えることによってふんわりとしたコク深く白濁とした“とろうまクリーミースープ”と称される鶏白湯スープに様々な具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されており、これによると“玉子焼き風具材”は“ふんわり食感の玉子焼き風具材”が使用され、他にも“かきたま”のような卵加工品・味付鶏肉そぼろ・唐辛子・“ねぎ”が使用されているようです!

ちなみに特徴としては…“スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン(2018年11月19日発売)”や“スーパーカップ1.5倍 味噌バター味ラーメン(2019年12月9日発売)”といった“バター”に着目したフレーバーはこれまでも定期的に発売されているんですが…“タマゴ”をテーマしたフレーバーは“スーパーカップ1.5倍”シリーズとしては大変珍しく、たっぷりと使用された2種の卵加工品や別添された粉末スープによってまろやかさが際立ち、スープの方もコク深くクリーミーな味わいだけでなく唐辛子によるキリッとしたメリハリが付いた最後まで飽きの来ない一杯となっています!

また、そもそも“バケツ型”の大盛り仕様で食欲もしっかりと満たしてくれるシリーズですから、その辺りに関しては今回の“ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺”も全体のボリューム感としてはかなり期待できるのではないでしょうか?

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感に仕上がり、シリーズらしいもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、コク深く“とろうま”な鶏白湯スープに後入れ粉末スープを加えることによってクリーミー・まろやかなスープにもしっかりと絡み、旨味溢れる“タマゴ”をテーマにした味わいがボリューム感たっぷりと最後まで飽きることなく楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ベースとなる鶏白湯スープは…後入れ粉末スープを加えることによって不思議と泡立つふんわりとしたまろやかさが印象的で、まさにクリーミーな濃厚鶏白湯スープに仕上がり、そこに食感柔らかな新開発された“玉子焼き風具材”をはじめ様々な具材が豊富に使用されたことでボリューム感が増しているようにも感じられ、コク深くまろやかなテイストですが、“とろみ”は控え目で唐辛子によるピリッとしたアクセントが最後まで飽きさせることもなく、“タマゴ”をテーマにしたというだけあって乳化感のある鶏白湯スープと相性抜群な卵加工品が豊富に使用された卵好きにはたまらない一杯となっていました!
これは特に、チキンの旨味をしっかりと利かせた鶏白湯スープが好みの方はもちろん、食欲そそる香味野菜や2種類の卵加工品など豊富に具材を使用したシリーズらしい食べ応え抜群なボリューム感のある中太・丸刃仕様の麺を思う存分楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“タマゴ”をテーマにチキンを利かせたまろやかでクリーミーな鶏白湯スープを表現、そこに食欲そそる香味野菜や豊富に使用された各種具材、さらに唐辛子によるメリハリが最後まで飽きさせないコク深いテイストに仕上がったシリーズらしいボリューム感のある一杯、「スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺

今回ご紹介するカップ麺は、食べ応え抜群な大盛り仕様・がっつり系の味わいでお馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズの新商品ということで、チキンの旨味をしっかりと利かせた鶏白湯スープに後入れ粉末スープを加えることによってふわっと泡立つクリーミーな仕上がりとなり、そこに“タマゴ”をテーマにしたということもあって2種類の卵加工品など豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、唐辛子のピリッとした辛みがちょうど良いメリハリとなったことで最後まで飽きの来ないクリーミー・濃厚な一杯、“スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺”となっています。

ご覧の通りフタには、今回の商品名“ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺”や“ふんわり食感の玉子焼き風具材”といった特徴などが記載されており、その背景にはチキンの旨味を丁寧に利かせたクリーミーな鶏白湯スープに新開発された“玉子焼き風具材”など各種豊富に使用された具材が山盛りされている仕上がりイメージなんかも印象強く、シリーズらしい濃厚な味わいに“タマゴ”をテーマにしたふんわりとした食感・舌触りが特徴的な一杯のようですね!

一方こちら容器側面には今回の商品名が記載され、その背景には新開発された“玉子焼き風具材”と思われるイラストがところ狭しと掲載されており、見るから“タマゴ”をテーマにふんわり食感の具材が豊富に使用されたふわっと泡立つコク深くまろやかな鶏白湯スープであることが伝わってきますね!

また、このシリーズに関しては他にも数多くのフレーバーが定期的に発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「スーパーカップ」シリーズ一覧

それでは、今回の“スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺”がどれほどチキンの旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?後入れ粉末スープを加えることによるふわっと泡立つまろやかさや食欲そそる香味野菜、さらに新開発された“玉子焼き風具材”との兼ね合いはもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様による滑らかな食感の麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り461kcal(めん・かやく396kcal / スープ65kcal)となっております。(塩分は7.3g)

カロリーは、シリーズらしい大盛り仕様にも関わらず思ったよりも高い数値というわけではありませんが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。(ボリュームも関係しているかと思いますが…)
ちなみに1食当たり108g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで65kcalと思ったよりも高い数値ではありませんので、コク深くまろやかなテイストでありながらも後味すっきりとした後味の良い仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やチキンパウダーをはじめ…

  • チキン調味料
  • 乳化油脂
  • ポーク調味料
  • チキンエキス
  • 粉末しょうゆ
  • ポークコラーゲン
  • ガーリックパウダー
  • オニオンパウダー
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 唐辛子

といった、チキンの旨味をベースにオニオンやガーリックなど香味野菜を利かせた濃厚鶏白湯スープに仕上げ、別添されている粉末スープを加えることによってふわっと泡立つまろやかさがクリーミー感を際立たせ、さらに新開発された“玉子焼き風具材”など豊富に使用された各種具材が満足感を満たしてくれるシリーズらしいボリューム感があり、唐辛子を利かせたことで最後まで飽きの来ないメリハリの付いた味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235468
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、かやく入りスープ(食塩、チキンパウダー、チキン調味料、卵加工品、酵母エキス、味付鶏肉そぼろ、乳化油脂、ポーク調味料、チキンエキス、砂糖、たん白加水分解物、粉末しょうゆ、ポークコラーゲン、ガーリックパウダー、オニオンパウダー、ねぎ、乳等を主要原料とする食品、唐辛子、全卵粉)、スープ(乳化油脂)、かやく(卵加工品、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、重曹、増粘多糖類、微粒二酸化ケイ素、香料、カロチノイド色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (108g) 当たり]
熱量461kcal
たんぱく質10.9g
脂質15.4g
炭水化物69.7g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
7.3g
(2.6g/4.7g)
ビタミンB11.40mg
ビタミンB20.57mg
カルシウム369mg

引用元:スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、かやく入り粉末スープ、後入れ粉末スープといった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、今回は特に液体スープではなく粉末タイプということで、脂っこさといった印象は全くないものと思われます!(そのため、調理中に温める調味料などは一切ありません。)

麺はご覧の通りエースコックらしい中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、麺量90gによるしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるシリーズらしいボリューム感抜群な一杯のようです!

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく入り粉末スープ”を入れてみます。
すると…白濁とした鶏白湯スープを彷彿とさせる白っぽい粉末がたっぷりと使用されており、見るからにチキンの旨味を利かせたまろやかさが加わっているものの…液体スープが使用されていない分、脂っこさ・油分がなく、割とあっさりとした仕上がりを予想させますね!

また、かやくには…

  • 玉子焼き風具材
  • 卵加工品
  • 鶏肉そぼろ
  • 唐辛子
  • ねぎ

が入っています。
特に新開発されたという…“玉子焼き風具材”が印象的で、まさに玉子焼きのようなふんわり食感に仕上がり、さらにスープもよく吸う仕様ということもあって、クリーミーな濃厚鶏白湯スープにもしっかりと馴染ませてからいただきたいところ!

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:500ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことによって、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺はほどよくもっちりとした弾力が加わり、他にも“玉子焼き風具材”も先ほどよりも遙かに大きく湯戻りされ、“かきたま”のような卵加工品がたっぷりと使用されており、まさに“タマゴ”をテーマにした食べ応えのあるシリーズらしい一杯…といった印象の出来上がりです。…というか本物の玉子焼きを添えているように見えますね!!

ではここに先ほどの“後入れ粉末スープ”を加えていきます!
すると…ふわっと泡立つまろやかさを加える粒子の細かい仕様となっていて、後味すっきりとした鶏白湯スープをコク深くまろやかに引き立てる今回の決め手とも言える粉末スープのようです!

ご覧の通り“後入れ粉末スープ”は割と多めで粒子はかなり細かく、スープとの馴染みもかなり良さそうです!(原材料に記載されていた乳化油脂や全卵粉も含まれているのかもしれません。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…不思議と泡立ち、さらによく混ぜることによってコク深さ・まろやかさが際立ち、2種類の卵加工品がたっぷりと使用されたことで、まさに“タマゴ”をテーマにした濃厚鶏白湯スープといった印象が強く、濃厚ながらも後味の良いサラッとした仕上がりとなっていて、やはりスープが粉末仕様ということもあって特に脂っこさといった印象もありません!

また、具材に使用されている“玉子焼き風具材”にも今回の鶏白湯スープがしっかりと染み込み、ふんわりとした食感とともにマイルドな旨味が滲み出す相性抜群な具材をはじめ、“タマゴ”をテーマにしていることもあって“かきたま”のような卵加工品なんかも豊富に使用されているようですね!それによって食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな旨味溢れるコク深くまろやかな濃厚鶏白湯スープがボリューム感たっぷりと楽しめそうです!

しかも非常にサラッとした仕上がりですが、原材料にはチキンの旨味以外にもポーク調味料やポークコラーゲンといった材料が記載されていましたので、後味すっきりとした鶏白湯スープながらもコクのある味わいに期待できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…基本はチキンの旨味を利かせたコク深い鶏白湯スープなんですが、そこに香味野菜や唐辛子、さらに2種類もの卵加工品を加えたことで繊細な旨味に際立ち、あっさりとした鶏白湯スープが濃厚にも感じられるまろやかな味わいとなっています!…これは全体のバランスが非常に良いですね!単調になりがちな鶏白湯スープに様々な工夫によってメリハリが加えられ、どれかひとつが突出しているわけでもなく…鶏白湯スープの美味しさそのものを引き立てる後味すっきりとしたスープとなっています!

そして新開発されたという…“玉子焼き風具材”と“かきたま”をイメージさせるふわっとした食感の卵がマイルド感を引き立て、“タマゴ”をテーマにした一杯というのも納得です!しかも今回の鶏白湯スープの味を損なうことのない組み合わせで、唐辛子によるピリッとしたアクセントもまた後味の良さを引き立てる相性抜群な香辛料として彩り良く散りばめられているようです!

そのため、比較的女性層に好まれるテイストにも感じられますが…シリーズらしくボリューム感のある仕様、さらにオニオンやガーリックなど香味野菜を利かせた濃厚鶏白湯スープということもあって繊細・深みのある味わいはかなり幅広い層に好まれる一杯と言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシがあり、しっかりとした食べ応えなんかもあるんですが、このシリーズに関してはほぼ毎回同じ仕様となっているため、個人的にはもう少し工夫が欲しかったところではあります。。

そんな中太麺には…丁寧に抽出したと思われるチキンの旨味がしっかりと利き、さらにポークの旨味も後押ししたことで濃厚な鶏白湯に香味野菜などが加わった深みのある泡立ったスープがよく絡み、一口ずつにコク深くまろやかな味わいや“タマゴ”をテーマにしたマイルドな旨味などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る香味野菜ならではの風味が後味良く抜けていきます!…というか上記の通り粉末スープ仕様ではありますが、ポークの旨味や後入れ粉末スープの泡立つまろやかさによって物足りなさを感じることもなく、ボリューム感のあるシリーズということもあって最後まで飽きが来ません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの新開発されたという…“玉子焼き風具材”が入っていて、見るからにクオリティが高く、まるで本物の玉子焼きを食べているかのようなふんわりとした食感が印象的で、今回の繊細かつ濃厚な鶏白湯スープもよく吸ったことで、まろやかな玉子焼きならではの旨味がじゅわっと滲み出てくる非常に美味しい仕上がりとなっていたため、しっかりとスープと馴染ませておき、後半に麺と一緒に絡めていただくと、より一層鶏白湯×タマゴといった相性の良い旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの“味付鶏肉そぼろ”は、“肉そぼろ”というだけあってやや小さめな仕様となっていて、じっくりと味わってみると…鶏肉ならではの比較的淡泊な旨味がほどよい味付けとともにじゅわっと滲み出てくる仕上がりとなっていたため、単品で味わうというよりもしっかりとスープと馴染ませながら食べ進めていき、少しでもスープに旨味を引き立てておくと良いでしょう!

さらにこちらの“かきたま”をイメージさせる卵は、見た通り非常にふんわりとした柔らかい食感で、味付け自体はそこまで施されていないものの…今回の鶏白湯スープをよりマイルドに、濃厚に引き立てているようにも感じられ、華やかな彩りを演出するちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”は、やや小さめにカットされているということもあってシャキシャキとした食感とまではいきませんが、ちょうど良い薬味となったことで今回の鶏白湯スープを美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられています1

スープについて

スープは先ほどもお伝えした通り、チキンの旨味を丁寧に利かせた鶏白湯スープをベースにポークや香味野菜などをバランス良く合わせたことでコク深くまろやかな味わいに仕上げ、そこに後入れ粉末スープが泡立つまろやかさを引き立て、ピリッとした唐辛子による香辛料がメリハリをプラス、さらに2種類もの卵加工品を豊富に使用したことでマイルドな舌触りが心地良い女性層に好まれそうな鶏白湯×タマゴの濃厚な味わいとなっています!

そして特筆すべき点としては、やはり調味料が粉末タイプのみではありますが…ポークの旨味や後入れ粉末スープによる泡立つまろやかさが物足りなさを感じさせない濃厚感があり、2種類もの卵加工品がより一層奥深い味わいを引き立てているようにも感じられることでしょう!思いのほか美味しい仕上がりは幅広い層に好まれる一杯に間違いありません!

これは“タマゴ”をテーマにした一杯ということもあって…そもそも鶏白湯と卵の組み合わせが想像以上に良く、唐辛子のピリッとしたアクセントも後押ししたことでマイルドかつ飽きの来ない後味の良さがちょうど良いメリハリとなって満足度を満たしてくれます!

また、食べ進めていくに連れて具材に使用された“味付鶏肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、コク深さ・濃厚感が際立っていくことによって喉越しも非常に良く、クリーミーな鶏白湯スープが楽しめることと思われ、それと同時に満足度も増していく…そんな“タマゴ”の旨味が相性良く鶏白湯スープと馴染んだ一杯が最後までじっくりと味わえるのではないでしょうか?

このように、今回の“スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺”は、チキンの旨味以外にもポークや食欲そそる香味野菜をバランス良く合わせたことで濃厚かつ後味の良い鶏白湯スープに仕上がり、別添されている後入れ粉末スープの泡立つまろやかさによってコクが増し、“タマゴ”をテーマにしたというだけあってイメージにぴったりなテイストが表現された深みのある味わいが印象的で、新開発されたという…“玉子焼き風具材”に関してもふんわりとした食感が本物かと思うほどクオリティが高く、さらに“かきたま”を思わせる卵加工品が豊富に使用されたことによってまろやかさが際立ち、全体のバランスが非常に良いメリハリの付いた濃厚鶏白湯スープとなっていたため、お好みによっては相性の良いペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップ1.5倍 ふわとろタマゴの濃厚鶏白湯麺」を食べてみて、チキンの旨味をベースにポークを加えたコク深い鶏白湯スープに仕上げ、そこに食欲そそるオニオンやガーリックなど香味野菜の旨味をバランス良く合わせ、さらに別添されている後入れ粉末スープの泡立つまろやかさによって濃厚感が際立つ一杯には、“タマゴ”をテーマにしたというだけあって食感の柔らかい“玉子焼き風具材”や“かきたま”をイメージさせる卵が豊富に使用され、濃厚でありながらも唐辛子などのアクセントが加わったことで最後まで飽きの来ないシリーズらしい食べ応え抜群な仕上がりとなっていました!

そして今回の一杯はチキンはもちろん、ポークや香味野菜を利かせたり、別添されている後入れ粉末スープの泡立つまろやかさなど…スープの仕上がりが非常にバランス良く秀逸なのはもちろん、“タマゴ”をテーマにしたというだけあって食感柔らかな“玉子焼き風具材”や“かきたま”をイメージさせる卵加工品がたっぷりと使用されたことによって深みのある味わいが表現されていたため、単調になることなく最後までボリューム感たっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!