日清食品

日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば!“えび”の旨味を利かせた濃厚な一杯

日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば」を食べてみました。(2023年6月19日発売・日清食品

この商品は、ハワイの大人気グルメである“ガーリックシュリンプ”の味わいを“日清焼そばU.F.O.”流にアレンジしたもので、バター醤油に食欲そそるガーリックをたっぷりと加えた濃厚なソースに仕上げ、そこにもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた中太ストレート麺が絡み、まさにやみつき感のある味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる大盛り仕様の一杯が登場です!

それも…バター醤油にガーリックを利かせている時点で食欲そそられるんですが、さらにガーリックシュリンプに欠かせない“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしい風味が加わったことで本格感のある味わいを“カップ焼そば”としてアレンジ、具材にも“味付えび”を使用するなど拘りの美味しさが120gもの中太麺とともに食欲をガツンと満たす食べ応え抜群な一杯、“日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”となっております。(値段:税別285円)

ご覧の通りパッケージには“ニンニク×バター醤油”といった文言やイラストイメージが掲載されているように、バター醤油にガーリックをしっかりと利かせた濃いめのソースが丸刃の中太ストレート麺によく絡み、“えび”の旨味や香ばしい風味が相性良くマッチしたことでガーリックシュリンプならではのクセになる美味しさを表現しているようで、恐らく間違いない味わいがボリューム感たっぷりと楽しめるものと思われます!

また、こちらには噛み応え抜群な丸刃の中太ストレート麺にバター醤油やガーリック、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどをバランス良く合わせた濃厚なソースがしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付エビ・キャベツが使用されているようです!…というか見た感じだと醤油感というよりも塩テイストにも感じられ、さらに濃厚と言うよりも濃いめの味付けで“えび”の旨味を存分に活かしたクセになるフレーバーに間違いなく、万人受けするかのような味わいに期待できそうです!

そのため、特徴としては上記の通りバター醤油にガーリックをたっぷりと利かせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどをバランス良く組み合わせたことによってやみつき感のある濃厚なソースに仕上げ、旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、ハワイの大人気グルメであるガーリックシュリンプならではの染み渡る味わいを“カップ焼そば”にアレンジした臨場感の高い濃いめな一杯となっています!

一方、こちらには…“ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”と記載されているように、まさにハワイの人気グルメ“ガーリックシュリンプ”らしい“えび”の旨味を存分に活かしたバター醤油にガーリックを利かせた濃厚なソースに仕上がり、“えび”の旨味やガーリックがどれほどガツンと利かせているのか?非常に気になりますね。。このように今回のフレーバーは基本的に夏を感じるハワイアンなフレーバーであり、ガーリックが味の決め手となることで“つまみ”にもぴったりで、麺量も120gと大盛り仕様のシリーズですから、食欲もがっつりと満たされることと思われます!

他にも特徴として…麺は“日清焼そばU.F.O.”の大盛としては割と珍しい中太仕様となっており、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた”中太ストレート麺(フライ麺)”が採用されており、バター醤油にガーリックの旨味をしっかりと利かせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさがクセになる濃厚なソースにも負けじと噛み応えのある食感を表現、それによってハワイの人気グルメ“ガーリックシュリンプ”ならではの味わいが口いっぱいに広がっていき、さらに後味の良さを引き立てる魚介調味料が加わったことで想像以上に旨味は強く、まさに最後まで飽きることなくやみつき感のあるテイストがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

やはりイメージしていた通りバター醤油の美味しさに相性抜群なガーリックがよく馴染み、さらに“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさが加わったことでやみつき感のあるガーリックシュリンプならではの味わいが臨場感高く再現され、特に変なクセもなく幅広い層に好まれる染み渡るフレーバーとなっており、ハマりますね。。というかバター醤油にガーリックや“えび”の旨味・香ばしさをバランス良く合わせた濃厚なソースと来れば間違いありませんから、そこに120gもの麺量によって食欲をガツンと満たすボリューム感のある一杯となっていました!(ただ、強いて言えば大盛り仕様なので後半は若干麺がパサついて感じられるかもしれませんので、レギュラーサイズでも良かったような気はします。。)
これは特に、ハワイの大人気グルメである“ガーリックシュリンプ”の味わいが好みの方はもちろん、バター醤油にガーリックをしっかりと利かせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどがバランス良く融合した濃厚なソースに噛み応えのある“中太ストレート麺”が絶妙にマッチした雰囲気ある味わいをたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“日清焼そばU.F.O.”の新商品で、ハワイの大人気グルメである“ガーリックシュリンプ”の味わいを“日清焼そばU.F.O.”流にアレンジ、バター醤油にガーリックを合わせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさをバランス良く利かせた濃厚なソースが噛み応え抜群な“中太ストレート麺”に絡む臨場感の高い一杯、「日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清焼そばU.F.O.”の新商品ということで、ハワイの大人気グルメである“ガーリックシュリンプ”の味わいを“日清焼そばU.F.O.”流にアレンジしたもので、バター醤油にガーリックを利かせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどをバランス良く合わせた濃厚なソースに仕立て上げ、さり気なく魚介調味料をプラス、それによって噛み応え抜群な“中太ストレート麺”とともに食欲をガツンと満たす“大盛”仕様の一杯、“日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”となっています。
※売っている場所:今回はローソンで購入

ご覧の通りパッケージは…まさに夏のハワイを感じさせる派手なデザインが印象的で、“ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”、“ニンニク×バター醤油”といった商品名や特徴が記載され、バター醤油にガーリックをガツンと利かせ、“えび”の旨味や香ばしさを存分に活かした後味の良い旨味溢れる濃厚なテイストに仕上がり、すすり心地抜群な中太ストレート麺とともにボリューム感たっぷりと楽しめそうな雰囲気ある一杯と言えるのではないでしょうか?

ちなみにこの“日清焼そばU.F.O.”は1976年から発売されており、“カップ焼そば+油そば”カテゴリーでNo.1の売上を誇るロングセラーブランドです!
※インテージSRI+カップインスタント麺市場 焼そば+油そばカテゴリー 2022年1月〜12月、「日清焼そばU.F.O.」ブランド累計販売金額(全国、全業態)

日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば パッケージ

また、この“日清焼そばU.F.O.”の四角型・大盛りシリーズで言うと…最近では以下のような商品が発売されており、改めて見てみると…そこまで頻繁に登場していませんが、今回の“日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”は2023年3月末以来の新フレーバーということになります。

中でも2020年3月2日に発売された“濃い濃いだしソース焼そば”に関しては大変好評だったようで、レギュラーサイズとして2021年3月1日にリニューアル発売されています(現在は終売)!そしてこのシリーズのソースは仕上がりが濃厚で素晴らしく、本格感のあるテイストながらも最後まで飽きさせないメリハリがあり、特に麺の仕様もフレーバーによって変更し、今回はレギュラーサイズでよく見かけるすすり心地抜群な“中太ストレート麺”が採用され…そもそも“ガーリックシュリンプ”自体、個人的にかなり好みのテイストなので最後までじっくりと楽しめそうです!

それでは、今回の“日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”がどれほどバター醤油にガーリックの旨味をしっかりと利かせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどをバランス良く合わせた濃厚なソースに仕上がっているのか?さり気なく利かせた魚介調味料や具材に使用された“味付えび”との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよい弾力とコシを兼ね備えたシリーズらしい“中太ストレート麺(フライ麺)”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り658kcalとなっております。(塩分は6.2g)

カロリーは、大盛り仕様・汁なしカップ麺で、バター醤油にガーリックをしっかりと利かせた濃厚なソースということもあってかなり高い数値のようで、塩分も同じくこのボリュームを考慮するとやや高めな数値となっています!
ちなみに1食当たり146g、麺の量は120gとのこと。

また、このカロリーと塩分の数値を見てみると…今回の“ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”は、バター醤油にガーリックを利かせたことでパンチがありながらも染み渡る“えび”の旨味が心地良く、濃厚でインパクトのある味わいが“カップ焼そば”としてアレンジ・再現されているものと思われ…素材の旨味や各種香辛料などをうまく活かした雰囲気のある仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • 香辛料(にんにく)
  • 食塩
  • 魚介調味料
  • 香味油
  • えび調味油
  • えび粉末
  • バターオイル

といった、バター醤油に食欲そそるガーリックを利かせ、“えび”の旨味に焼いた殻の香ばしさをバランス良く合わせたことでガーリックシュリンプならではのクセになる濃厚なソースに仕立て上げ、大盛り仕様のボリュームでありながらも最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”、香辛料といった材料が使用されているようで、他のフレーバーと同じくほどよく味付けが施されていることが確認できます!

JANコード4902105280614
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、ソース(植物油脂、しょうゆ、糖類、香辛料(にんにく)、たん白加水分解物、食塩、魚介調味料、香味油、えび調味油、えび粉末、酵母エキス、バターオイル)、かやく(キャベツ、味付えび)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、酒精、炭酸Ca、増粘剤(加工でん粉)、かんすい、カラメル色素、酸味料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、炭酸Mg、ビタミンB1、カロチノイド色素、(一部にえび・小麦・乳成分・ごま・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (146g) 当たり]
熱量658kcal
たんぱく質11.1g
脂質30.0g
炭水化物86.0g
食塩相当量6.2g
ビタミンB10.52mg
ビタミンB20.73mg
カルシウム207mg

引用元:日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば | 日清食品グループ

開封してみた

では、まずパッケージを開けてみると、液体ソース、“かやく”といった調味料などの2パックが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体ソースに関しては…濃厚とは言ってもこってり系のテイストではありませんが、そもそも量も多く若干トロッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!…というか“味付えび”のみが入った“かやく”が寂しいですね。。

さらに、麺はご覧の通り丸刃の“中太ストレート麺”が採用されており、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力や歯切れの良いコシ・張りのある食感をイメージさせ、そこにバター醤油にガーリックを合わせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどを利かせた濃厚なソースが絡むことによってインパクトのある味わいがたっぷりと楽しめそうです!

また、麺の裏には…具材のひとつとして使用されているキャベツがすでに入っています!このように今回のフレーバーはこのボリュームからするとかなり少なめではありますが…“ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”としてバター醤油にガーリックを合わせ、“えび”の旨味や香ばしさなどがバランス良く融合した濃厚なソースが十分過ぎるほどインパクトありますので、恐らく物足りなさといった感じは特にありません!

調理してみた

では、先ほどの“かやく”を加えてみます!
すると…小ぶりな“味付えび”が6個使用されており、このボリュームからするとかなり少なく感じられますが、ガーリックシュリンプならではの雰囲気を見た目からも引き立てる具材となっているようです!(湯切りすることで旨味も一緒に流れていくような気が。。)

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:700ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの“中太ストレート麺”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力や強いコシが加わり、まだ別添されている液体ソースを加える前の状態ではありますが、濃いめのバター醤油にガーリックを合わせ、ガーリックシュリンプの主役となる“えび”の旨味や香ばしさをバランス良く合わせたソースがしっかりと絡むことでクセになる味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる臨場感の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…バター醤油にガーリックを合わせた濃厚なソースがトロッとした状態でたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ただ、粘度のある状態ではないので、恐らく麺との馴染みに関しては問題なさそうです!

ご覧の通り使用されている液体ソースは割とドロッとした状態でしたので、すぐに容器底へと沈みつつも表面にも留まった状態で、風味としてはやはりガーリックシュリンプならではの“えび”の香ばしさが際立ち、バターも特に変な“くどさ”を感じさせるものではなく、バランスの良いバター醤油によって幅広い層に好まれるテイストとなっており、“えび”をはじめ魚介調味料によって染み渡るかのような旨味が凝縮され、濃厚で食べ応えのある味わいが臨場感高く“カップ焼そば”としてアレンジされているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りバター醤油ということで若干トロッとした状態ではありますが、香味油仕立てによる旨味エキスや油分なんかも含まれているようでしたので、思ったよりすんなりと“中太ストレート麺”にも濃厚なソースが馴染んでいきます!

そして液体ソースが全体に馴染むと…色味はだいぶ落ち着いたものの、決して薄味というわけではなく、バター醤油やガーリック、さらに“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどがバランス良く融合したことによってハワイの大人気グルメ“ガーリックシュリンプ”ならではの味わいを“カップ焼そば”にアレンジ、決して物足りなさを感じさせない雰囲気のあるテイストが印象的で、噛み応え抜群な丸刃の“中太ストレート麺”がしっかりと絡み、濃厚とは言え特に脂っこさといった感じではありませんので最後までたっぷりと楽しめそうです!

また、具材として使用されている“味付えび”にも今回の濃厚なソースがしっかりと絡んでいますから、最初は噛み応えのある麺を中心に食べ進め、徐々に全体を混ぜ合わせていただくと香ばしい“えび”の旨味がより一層際立って感じられ、夏に食べたいハワイの大人気グルメ“ガーリックシュリンプ”ならではの味わいがガツンと堪能できることと思われます!

食べてみた感想

一口食べてみると…バター醤油にガーリックを利かせたソースがベースとなっているんですが、バター醤油というよりも塩気やコクをプラスし、そこに食欲そそる“にんにく”の旨味がバランス良くマッチし、それによって“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさが臨場感を際立たせ、ついつい箸が止まらなくなるような後味すっきり・旨味溢れる味わいが表現されているようです!これは申し分のない美味しさで幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

そして、ガーリックの利かせ具合も強烈というわけでもなく、あくまで“えび”の美味しさを引き立てる香味野菜として相性良くマッチし、大盛り仕様ながらも全く飽きの来ない後味の良さが印象的で、塩気もちょうど良く後味すっきりと楽しめるため、ちょっとした“つまみ”にもぴったりです!ただ、食べ進めていくに連れて麺がソースを吸ってしまいますし、特別脂っこさが突出しているわけでもないので、麺のパサつきが若干気になるところではありますね!

そのため、夏に食べたいハワイアングルメの味わいとのことで、ボリューム感たっぷりと楽しんでもらいたいんでしょうけど、個人的には敢えてレギュラーサイズでも良かったような気もしますね。。味・風味ともに非常に良いんですが、どうしても麺がパサついてしまうと旨味も損なわれてしまいますから、ソースの配合や麺に関してもう少し工夫した方が良かったかな?といったところ!ただ、この辺りは強いて言えばといったところなので、お好みによっては相性抜群なオリーブオイルを一回し加えると解消されるのかもしれません!

また、主役である“えび”の美味しさがたまらなく、ベースのバター醤油と相性良く馴染み、焼いた殻の香ばしさなんかも臨場感を際立たせ、ついつい箸が止まらなくなるような“ガーリックシュリンプ”らしい旨味と後味の良さがうまく調和され、特に動物系の旨味・脂も一切使用していませんから、最後まで飽きることなく本格感のある味わいがじっくりと楽しめるフレーバーと言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り“日清焼そばU.F.O.”シリーズらしく丸刃の“中太ストレート麺”が採用されており、ほどよい弾力と歯切れの良いコシを兼ね備えた食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんなフライ麺には…バター醤油に食欲そそるガーリックを合わせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどがバランス良く融合した濃厚なソースがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような“えび”の旨味やメリハリの付いたちょうど良い塩気などが口いっぱいに広がっていき、焼いた殻の香ばしさやガーリックの風味が後味良く抜けていきます!…というか今回の一杯はまさに“ガーリックシュリンプ”の特徴をうまく“カップ焼そば”にアレンジ・再現していて美味しいですね!まさに夏に食べたい後味すっきりとしたテイストでボリューム感たっぷりと楽しめることでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの若干小ぶりな“味付えび”が使用されていて、小さいながらも“えび”ならではのプリッとした食感が心地良く、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けが施された上に今回の濃厚なソースも絡んだことで素材本来の旨味も際立って感じられ、当然相性抜群な具材でしたので、単品で味わうというよりも、しっかりと全体を混ぜ合わせ、後ほど“中太ストレート麺”と絡めていただくと、より一層“えび”の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツは、ほどよいサイズにカットされたことでシャキシャキとした食感が印象的で、数的に物足りなさは若干感じられるものの…今回の一杯に対してちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

ソースについて

ソースは先ほどもお伝えした通り、バター醤油にガーリックを合わせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどをバランス良く利かせた濃厚な味わいが特徴的で、イメージさせるバター醤油とは若干異なり、“えび”の美味しさをキリッとした口当たりや後味の良さで引き立たせ、香ばしい風味が加わったことによってハワイの大人気グルメである“ガーリックシュリンプ”の味わいがしっかりと感じられ、ボリューム感のある中太ストレート麺とともにガツンと食欲を満たす満足度の高いフレーバーとなっています!

また、味が濃い目ということもあって“えび”の旨味や食欲そそるガーリック、そしてちょうど良い醤油の旨味やキレが口いっぱいに広がっていき、“ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”の文字通り“ハワイアンU.F.O.”が存分に楽しめることと思われ、脂っこさといった“くどさ”も一切なく、とにかく“えび”の旨味と香ばしさを活かしたやみつき感のある仕上がりが印象的で、雰囲気ある本格的な味が堪能できることに間違いありません!

このように、今回の“日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば”は、バター醤油にガーリックをたっぷりと合わせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどがバランス良く融合したことで、旨味溢れる濃厚なソースに仕上がり、濃厚とは言ってもこってりとしているわけではなく、キリッとした口当たりによって最後まで飽きの来ない雰囲気あるテイストが際立ち、ぜひ夏に食べたい後味すっきりとしたフレーバーで、臭みのない“えび”本来の美味しさを引き立てた濃いめのテイストがたまらなく、そこに噛み応えのある丸刃の“中太ストレート麺”が食欲をガツンと満たすボリューム感抜群な一杯となっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”やオリーブオイルなど、ガーリックシュリンプと相性の良い調味料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清焼そばU.F.O.大盛 ハワイアンガーリックシュリンプ味焼そば」を食べてみて、ハワイの大人気グルメである“ガーリックシュリンプ”を“日清焼そばU.F.O.”流にアレンジした一杯には…バター醤油にガーリックを合わせ、“えび”の旨味や焼いた殻の香ばしさなどをバランス良く合わせたことで濃厚なソースに仕上がり、具材に使用した“味付えび”からも良い旨味や香ばしさが広がっていき、後味すっきり・飽きの来ないテイストが心地良く、シリーズらしい丸刃の“中太ストレート麺”が食欲をしっかりと満たす食べ応えのある一杯となっていました!

というかこのフレーバーはまさに夏に食べたいハワイアングルメということで、やみつき感のある美味しさがうまく“カップ焼そば”としてアレンジ・再現され、濃厚ながらも後味の良さを考慮した香辛料(にんにく)が相性良く馴染み、そもそもベースのバター醤油のバランスも非常に良く、“えび”の美味しさを存分に引き立てるかのような香ばしさが食欲そそる仕上がりでしたので、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です