ラーメン

「夢を語れ 札幌」に行ってきました!ガツンとした豚骨醤油に極太麺が絡む人気行列店

夢を語れ 札幌

夢を語れ 札幌」に行ってきました!

このラーメン店は、札幌でもじわじわと増えている二郎インスパイア系の中でも人気急上昇のひとつで、そもそも関西を中心に海外にまで店舗展開する人気店であり、食べ応え抜群なガッツリ系のテイストが札幌オープン当初から話題を呼び、すぐに客足の絶えない行列店へとなったSNSなどでも話題沸騰の注目店、“夢を語れ 札幌”となっております!

その特徴としては…当然デフォルトで麺量300gものボリュームがあり、さらにチャーシューが凄いことになっています。。ぶ厚い大判ロールチャーシューに加え、何gあるの?と聞きたくなるほどボリューム感抜群なホロホロチャーシューがデフォルトでたっぷりと添えられ、ニンニク・ヤサイ・アブラ・カラメのそれぞれを増すことができる王道とも言える二郎系のラーメン店です!
※通常のラーメン店では麺量が150g前後となっています。

ただし、ここ“ユメカタ”こと“夢を語れ 札幌”では変に殺伐とした雰囲気は全くなく、食べきった後の“グッジョブ!”や、帰り際の“いってらっしゃい!”といった店主“リッキー”氏の元気な声が心地良く、非常に対応の良いラーメン店なので気軽にガツ盛り系が楽しめると思われます!(麺量も半分の150gに減らすことも可能です。)

そしてこういったガッツリ系の豚骨醤油って…食べた直後は物凄い満足感に満たされるんですが…数日経つとまた食べたくなるんですよね。。最近も個人的に“手稲ラーメン 肉玉”や“らーめん 勝三”、“らー麺 シャカリキ”といったインスパイア系ばかり訪問している状態です。。

あの豚骨をガツンと利かせているのにもかかわらず、敢えて乳化感のないキレの良さ・後味の良さが非常にバランス良く、濃厚ながらもしょっぱいくらいの口当たりがちょうど良い味わいを表現していて中毒性があるんですよね!そういったガツ盛り系のテイストは最近女性客も多く、幅広い層に認知されつつあるラーメンジャンルとも言え、ハマっている方も多いのではないでしょうか?

そんな中、2019年11月にオープンした“夢を語れ 札幌”の存在は個人的にも当然知っていましたから、いつ行こうかタイミングを見計らってやっと行けたというわけです!!しかし偶然にもイベント開催中にぶつかり…オープン20分前に到着したのにもかかわらず20人程度の待ちができている状態でした。。
※このように“夢を語れ 札幌”では度々イベントを開催しているようなので公式Twitterをチェックしてみると良いでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は札幌の二郎インスパイア系で人気急上昇の行列店、「夢を語れ 札幌」について実際に食べてみた感想などを詳しくレビューしてみたいと思います!

夢を語れ札幌

今回ご紹介するラーメン店は、札幌の二郎インスパイア系としてオープン当初から話題となり瞬く間に有名店へと広く認知されるようになったガツ盛り好き御用達の人気店、“夢を語れ札幌”となっています。

ちなみに創業は2006年10月、二郎赤羽店やラーメン富士丸での修行経験を経た後、創業者である“西岡 津世志”氏によって京都一乗寺に“ラーメン荘 夢を語れ”をオープンさせたのがはじまり。

その後アメリカのボストンにも出店、そのボストン店で修業を積んだ元プロ野球選手“小林 公太”氏が2016年11月に“夢を語れ 東京”をオープンさせたように、各店長が経営者となる一風変わった経営方針となっています。
※現在は店舗名を“俺の生きる道”としてリニューアルオープンしています。

こちらは「宅麺.com 」でも取り扱いされているため、ご存知の方も多いのかもしれません!詳細は下記の記事をご覧ください!

宅麺で「夢を語れ 東京 夢のラーメン(味付脂付き)」を注文してみました!人気の二郎インスパイア系が自宅で楽しめます!
宅麺で「夢を語れ 東京 夢のラーメン(味付脂付き)」を注文してみました!人気の二郎インスパイア系が自宅で楽しめます!宅麺で取り扱いされている「夢を語れ東京 夢のラーメン(味付脂付き)」を食べてみました。 この商品は、東京都文京区のインスパイア系で...

そしてそのひとつ“夢を語れ 札幌”の店主リッキーこと“中村 吏希(りき)”氏もまた創業者である“西岡 津世志”氏の元で修行経験の後、2019年11月札幌に独立オープン。なんと3年後の2022年11月27日に閉店することがすでに決まっており、次はニュージーランドにラーメン店をオープンさせることが目標なんだとか?凄い行動力。。

そんな“夢を語れ札幌”は、2019年11月のグランドオープン前の期間限定プレオープンを札幌市手稲区の二郎インスパイア系で人気の“手稲ラーメン 肉玉”の店主である“櫻木”氏こと通称“ラギ”氏との偶然の出会いによって間借りさせてもらい、大変話題となって行列となっていました!

その出会いというのも下記のようにホントもの凄い偶然的出会いによるもので、個人的にもなぜ“肉玉”で“夢を語れ 札幌”のプレオープンが行われたのか不思議でしたが、そういうことだったとは。。まさに縁です!

それでは、今回はこの“夢を語れ札幌”がどれほど豚骨の旨味を凝縮させた旨味溢れるガッツリ系に仕上がっているのか?インスパイア系ならではのガツ盛り仕様のボリューム感抜群な一杯に使用されるニンニクやアブラ、ヤサイやカラメとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもがっつりとした食べ応えを表現するもっちりとした極太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

店舗に到着

今回はオープン11時の20分くらい前に到着したんですが…冒頭でもお伝えした通りイベント開催中(“札幌医科大学生”限定で3日間食べ放題)ということもあって、すでに20人弱の並びが。。事前のチェック大事ですね…

そして場所は東区北15条東2丁目辺り、環状通沿いとなっていて、この目立つ看板が目印なので非常にわかりやすいかと思われます!(近くには北大などもあり、比較的若い方の客層が多いように感じられますね。)

ただし、ここ“夢を語れ 札幌”には駐輪場はあっても駐車場はありませんので、近くのコインパーキングを利用すると良いでしょう。(少し離れたところに60分200円の比較的安いパーキングがあります。)

メニューについて

そしてメニューはこちら!
これ以上ないシンプルなメニューとなっています!!

  • ラーメン
  • 汁なし
  • 豚丼

※豚丼は日曜日限定

他にも以下の追加トッピングなどがあり、“持ち帰り豚(1,000円)”も提供しているようです!

  • 豚マシ(250円)
  • 麺マシ(150円)
  • チーズ(100円)
  • 生タマゴ(50円)

この券売機は外に設置されており、まずは食券を購入して列に並びます。
そして、列に並んでいると店員さんに食券を渡すタイミングで麺の量を聞かれます(デフォルト300g・少なめ200g・半分150g)ので、今回は麺半分でお願いしました。
※小中学生の場合、食後に夢を語ってくれたら無料とのこと。

ちなみに券売機にある“麺マシ”を注文すると…麺+200gとなり合計500gもの凄いボリュームとなります。。(器からスープが溢れるので下皿が付きます。)

そして今回は運良く2順目で入店することができ、店内は厨房をL字に囲むようにカウンター12席のみとなっていて、最初のロッドが回りはじめるまで若干時間がかかりましたが、2順目からは次から次へと着丼までの時間が早い印象でしたね!(そのため、並びから着丼まで40分くらいかかりました…)

また、こちら壁一面にも看板メニューが手書きで描かれており、写真を撮っていると“リキ”氏に“あっ!ありがとうございます!!”と気さくに話しかけてもらい、こちらは店主自ら書いたとのことです!

  • 夢を語る0円
  • ラーメン900円
  • 豚マシ250円

…というか、店主“リッキー”氏はかなり人当たりの良い方で非常に好印象といったところ!!“ガタガタになっちゃいました〜笑”とおっしゃっていましたが、こういうのがまた雰囲気あって良かったりするんですよね!

このようにここ“夢を語れ”系列のラーメン店は、夢を語る場でもあるわけです。(特に強要されないのでご安心ください。)

しかも後ほど知りましたが、店主の“リッキー”氏は京都出身で、なんと1998年3月23日生まれとのことで、今回訪問した歳は若干22歳の若さ!!
参考:中村吏希|note

また、麺が茹で上がった時点でお一人ずつ“ニンニク入れますか?”と聞かれますので、“はい”か“いいえ”で答え、そのタイミングでニンニク・ヤサイ・アブラ・カラメの増しを伝えます!(今回はニンニクあり・ヤサイ少なめ・カラメでお願いしました。)
※ここ“夢を語れ 札幌”ではアブラを別皿にしてもらうことも可能です。

さらに、カウンターから厨房がちょうど見える席に案内されたため、今回はラーメンが出来上がるまでの工程を見て楽しむことができ、あっという間に着丼です!!

ここ“夢を語れ 札幌”では水・箸・おしぼりがセルフサービスとなっているため、席に案内されたタイミングで用意しておきます。(入り口近くにまとめられています。)
※テーブル調味料などは一切なく、レンゲもありませんので器ごとグイグイ行きましょう!!

食べてみた感想

こうして注文した“ラーメン”が運ばれてきます!
すると…デフォルトではニンニクが若干少なめなようですが、背脂を意味するアブラは想像以上にたっぷりと盛り付けられていますね!!

…というかチャーシューどれだけ入ってるの?というくらいのボリューム感で、麺半分・ヤサイ少なめにしたものの…それでも十分食欲を満たしてくれるガッツリ系の味わいが楽しめそうです!!

さらには、こちらの非常に厚みのある大判ロールチャーシューが添えられ、部位は同じく豚バラでしょうか?胃にガツンと来るような脂身を含んだことで、こってり感を強調しているようにも感じられます!これ、“豚マシ”も見てみたいものです。。

このように、インスパイア系では通常だとデフォルト麺量300gのボリューム感なんですが…その麺自体を半分に減らすことで通常のラーメン店と同等の量となり、食べ切れるかどうか不安という方でもさらにヤサイ少なめにすることで、こってりとした豚骨醤油ならではの味わいを十二分に楽しむことができるのでおすすめです!

そしてさっそく一口食べてみると…キレッキレの醤油(かえし)にアブラが絶妙にマッチし、非常にパンチの強い口当たりに仕上がっています!これはインパクト絶大ですね!

インスパイア系として王道でありながらも背脂がたっぷりと盛られていますから、食べ進めていくうちに若干こってりにも感じられるかもしれませんが、カラメによる味の濃さによってそこまで“くどさ”といった印象はありません!

また、こちらが嫁注文の麺150g・ヤサイマシ・ニンニク少なめです!ヤサイマシにするだけでけっこうなボリュームになりますね!ただ…今回もペロリでした!笑

麺について

麺は、ご覧の通り自家製麺で作っているという非常に幅の広いもっちりとした弾力やガシガシ・ワシワシとした噛み応えのある食感が印象的な仕上がりとなっていて、よく“うどん”と比喩されるもっちり感もあるんですが、ここ“夢を語れ 札幌”の麺は非常にコシも強く、インスパイア系の醍醐味とも言えるがっつりとした食べ応えを十二分に楽しむことができます!

そんな極太麺には…豚骨醤油にアブラやチャーシュからも滲み出る旨味溢れるこってり感が絶妙にマッチした喉越し抜群な濃厚スープがよく絡み、一口ずつに豚骨の旨味溢れるパンチの強い味わいが口いっぱいに広がっていき、食欲そそるニンニクの風味が後味良く抜けていきます!このがっつり感はクセになりますね!

そしてどうもこういった麺は無性に頬張りたくなりますね!150gだと通常のラーメン店と同等のボリューム感ですが、他の具材の量がなかなか侮れませんから…全体を考慮すると十分満足できます!

また、通常だとヤサイが多いので、麺に辿り着くまでにまずは茹で野菜を食べ進める必要があるんですが、今回はヤサイ少なめにしてもらったので、いわゆる“天地返し”をすぐに行うことができます!(というかヤサイが少ないので必要ないかもしれません…笑)

これによって麺を先に食べ進め、ヤサイをしっかりとスープに浸しておくことができるので、より一層美味しくいただくことができるでしょう!…というかヤサイと麺を絡めて食べるのもシャキシャキ感が加わり最高です!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの大判ロールチャーシューが入っていて、厚みもさることながらサイズ感が半端ないです!!!しかもしっかりと味付けされていて美味い!先ほど券売機に“お持ち帰り豚(500gで1,000円)”が用意されていましたが、これを自宅で楽しむとは…かなり贅沢な“つまみ”になりますね!

そしてその仕上がり具合はというと…この見た目通りホロホロと崩れていくほどの柔らかさとなっていて、じっくりと味わってみると豚の旨味がじゅわっと滲み出てくる非常に美味しい具材となっています!

さらにチャーシューは上記のロールチャーシューだけでなく、他にもご覧の通り大きなサイズ感の豚肉がこんなにも使用されています!これだけでお腹いっぱいになりそうなこのボリューム感は稀に見るインパクト!

しかもなかなか胃にガツンと来る良い感じの脂っこさがありますから、そういった意味でもアブラは少なめ・もしくは別皿にしてもらうと良いかと思われます!(こちらのチャーシューにはそこまで脂身は含まれていません。)

また、ヤサイはほとんどが“もやし”となっているんですが、キャベツなんかも含まれていて、濃厚な豚骨醤油スープをたっぷりと浸していただくと、シャキシャキ感とカラメによる味の濃さが加わってやたらと美味い!!(ヤサイの量も少なめにできるので、心配な方はコールの際に伝えましょう。)

このカラメを加えたスープに浸したヤサイがまた美味しいんですよね!
むしろ麺を減らしてヤサイマシにすることでヘルシーにも感じられるかもしれません!実際のカロリーは定かではありませんが…笑

そしてこちらのアブラには大粒の背脂がデフォルトでたっぷりと含まれていて、これがまたガツンとした味わいを表現し、濃厚感はもちろんキレの良い豚骨醤油スープに深みを際立たせています!

これによってキレの良さとこってり感が絶妙にマッチし、がっつり系としての味わいが表現されているわけですね!さらにこのアブラを混ぜれば混ぜるほど濃厚感が増していくようにも感じられ、同時に食欲もがっつりと満たされいく…そんな数あるインスパイア系のラーメン店の中でも群を抜いてインパクトのある一杯です!

他にもこちらインスパイア系としては欠かせないニンニクも具材として使用されていて、個人的にはデフォルトでは若干少なく感じられたため、場合によってはニンニクマシにしても良いかもしれませんね!これがまた生の“にんにく”らしい食感はもちろん、食欲そそる旨味をしっかりとプラスしています!そして“にんにく”臭さはここまで来ればもうどうでも良いです!笑

そのため、こういった各種具材をしっかりと混ぜていただくためにもやはり“天地返し”は必要ですね!豚骨醤油スープの旨味そのものが増して楽しむことでき、がっつりと満足感も満たされていくことでしょう!

スープについて

スープはインスパイア系ということもあって当然豚骨醤油スープとなっていて、豚骨臭さはまるでなく、乳化感もないためカラメも後押ししたことでキリッとしたシャープな飲み口が印象的!(そう言えば…店内も全く“にんにく”や豚骨臭さはありませんでした。)

そしてそこにアブラに含まれる背脂がコク深く濃厚・こってり感を際立たせ、全体的なバランスとしては非常にパンチの強い仕上がりとなっています!王道でありながらも非の打ち所がなく、ストレートに旨味が押し寄せて来ますね!

ただ、強いて言うなら…デフォルトでもけっこうラードの層やアブラが使用されているので、気になる方は少なめ、もしくは別皿でもらうと良いでしょう!

というのも…チャーシューのボリュームが凄いことになっていますから…後々のことを考慮してアブラの量を調整すると最後まで飽きることなくたっぷりと濃厚な豚骨醤油スープが楽しめるかと思われます!

そして、この大粒な背脂がコク深く濃厚・こってり感を際立たせ、キレの良い豚骨醤油スープをまろやかに仕上げ、全体のバランスをうまく調和させているように感じられます!

この辺りはメリハリが利いていて良いですね!

そして、こういったインスパイア系のラーメン店ではいつも量を減らしていただいても若干スープを残すんですが…ここ“夢を語れ 札幌”のスープはキレの良さと濃厚感が絶妙でぐいぐい行けちゃいますね!!気付けば完飲です!麺量150g・ヤサイ少なめとは言ってもボリューム感はけっこうありますから、個人的には相当満足です!

また、ここ“夢を語れ 札幌”では、最後にカウンターの上に器などを片付けるタイミングで通常は“グッジョーブ!”と“リキ”氏から言われるんですが、今回は完飲ということで“パーフェクト!”と他とは異なる掛け声!!

さらに帰り際には“ありがとうございました”ではなく、“いってらっしゃーい!”とのお声がけもまた独特で元気がもらえますね!“夢を語れ”といった店舗名にもぴったりです!

まとめ

今回「夢を語れ 札幌」の“ラーメン”を食べてみて、臭みのない豚骨の旨味をしっかりと利かせたキレの良いスープには背脂やニンニクがたっぷりと利いたことでガツンとした口当たりを表現し、自家製麺である幅広な極太麺ならではのもっちり感とガシガシとした噛み応え抜群な強いコシが茹で野菜やボリュームの凄いチャーシューとともにがっつりと食欲を満たしてくれる…そんなインスパイア系の王道とも言える一杯に仕上がり、食欲旺盛な学生を中心にリピーターの多い大変人気のラーメン店となっていました!

こうして今回は2順目に入店することができたわけですが、店を後にする頃にはご覧の行列!この日はたまたま札幌でも強烈に暑い日でしたから…待っているのも大変かと思います。。(冬は寒さで大変なんですけどね…)

そのため、営業時間などを事前にチェックしてオープン前や空いている時間帯を狙って訪問した方が良いかもしれません!

また、ここ“夢を語れ 札幌”は冒頭でもお伝えしたと通りすでに2022年11月27日での閉店が決まっていますから、気になる方は頻繁にリピートしておいた方が良いでしょうね!(こちらで修行した方が札幌で独立してくれたら良いんですが…)

そして、札幌でインスパイア系が好みの方ならすでにご存知かもしれませんが、パンチの強い豚骨醤油に自家製麺のもっちり感とコシの強いガシガシ系の極太麺は強烈に食欲を満たしてくれるのではないでしょうか?

ということで気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

夢を語れ 札幌 店舗情報

札幌市東区北15条東2-1-40

営業時間:17:00~21:00(火・木・土 11:00~14:00 / 17:00~21:00)
定休日:日曜日

「札幌ラーメン」のおすすめ店についてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!