カップ麺

AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん!名店の新ブランドを再現した激辛なのに爽やかな一杯

日清 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん

AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」を食べてみました。(2020年6月29日発売・日清食品)

この商品は、洗練された独自の世界観を持つ東京の人気ラーメン店“AFURI(アフリ)”の新ブランド“AFURI kara kurenai(辛紅)”の看板メニュー“柚子kara kurenaiらーめん”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現したもので、チキンや魚介の旨味を利かせた鶏清湯をベースにした激辛な一杯が登場です!

それも…風味豊かな鶏清湯をベースにした激辛スープには、“AFURI”ならではのチキンや魚介の旨味を品良く利かせ、さらに別添されている目が覚めるような辛さを利かせた“覚醒香油”を加えることによって柚子の爽やかな風味と激辛な味わいがたっぷりと楽しめる一杯、“AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん”となっております。(税抜き220円)

日清 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん パッケージ

ご覧の通り、パッケージには今回の商品名である“覚醒 激辛柚子塩らーめん”と記載され、その背景には、“辛紅”の文字通り真っ赤に染まる強い辛みを想像させる刺激的な仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…蒸し鶏・柚子皮・ねぎ・赤唐辛子が使用されているようです!

そしてなんと言っても今回の“AFURI 柚子塩らーめん”の最辛作(さいしんさく)は、公式ページにも“辛党に捧げる “激辛” × “柚子塩” の新境地!”と記載されているように、パッケージがいつもの爽やかなイメージとは一変、店舗名の由来にもなった“阿夫利山”が真っ赤に染まり、まさに激辛に際立った味わいが伝わってくるようで…辛党には見逃せない一杯となっています!
参考:「日清 東京NOODLES AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」(6月29日発売) | 日清食品グループ

また、こちらには辛さレベルが記載されており、レベル5段階中の最大「5」と表示されているように、今回の“AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん”は想像以上に強い辛さが表現されているものと思われます!これは激辛好きにとってかなり期待したいところ!!
※実店舗では1丁目〜10丁目(激辛)まで選ぶことができます。

そもそもこの“AFURI kara kurenai”とは…こちら容器側面にも記載されているように、“自慢の鶏清湯(とりちんたん)に、柚子を効かせ、数種のスパイスをブレンドした、爽やかに覚醒する和の旨辛な一杯です。”とのことで、世界中の唐辛子や山椒などのスパイスをブレンドしたことで、ベースとなる旨味はお馴染みAFURIらしさをそのままに、2019年9月に登場した辛さにも拘る新ブランドのようですね!これは面白い店舗展開!

他にも特徴として…麺は極細・ストレート仕様となっていて、さらに従来と同じく全粒粉を練り込んだことによってほんのりと小麦の風味が香り、細麺ながらもコシがあり、すすった際に香り立つ爽やかな柚子の風味なんかも楽しめ、それによって“AFURI”らしい染み渡る塩スープに数種類ものスパイスをブレンドした“和”の旨辛がたっぷりと味わえる…名店らしい品の良い一杯が最後まで飽きることなく堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

ベースは名店“AFURI”ならではのチキンや魚介の旨味が利いた後味の良い塩スープとなっていて、そこに唐辛子の刺激的な辛さをたっぷりと合わせたことで、刺激的な辛さの中にもしっかりとした旨味があり、さらに柚子の爽やかな香りがアクセントとなったことで、まさに激辛” × “柚子塩” の新境地と呼ぶにふさわしい満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“AFURI”ファンはもちろん、チキンや魚介を丁寧に利かせた名店ならではの柚子香る塩スープに刺激的な辛みを加えた味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東京のオシャレ系人気ラーメン店“AFURI”の新ブランド“AFURI kara kurenai”の看板メニュー“柚子kara kurenaiらーめん”を同店監修によってカップ麺に再現した旨味溢れる刺激的な一杯、「AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん

今回ご紹介するカップ麺は、東京の人気ラーメン店“AFURI(アフリ)”の新ブランド“AFURI kara kurenai”の看板メニュー“柚子kara kurenaiらーめん”の味わいをカップ麺に再現したもので、チキンの旨味に魚介出汁をバランス良く合わせた後味の良い塩スープに柚子が香り、唐辛子や山椒など数種類ものスパイスをブレンドした刺激的な一杯、“AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている“覚醒香油”を剥がしてみると…“AFURI kara kurenai”の店内の様子や外観などの写真が数多く掲載され、いつもの雰囲気とは一風変わって辛さに拘った赤をアクセントカラーにしているようですね!シンプルながらもシックな作りはセンスの光る“AFURI”ならでは!

一方こちらフタの裏側には、今回再現となった“AFURI kara kurenai”に関する簡単な説明文が記載されていて、これによると…“AFURI kara kurenaiは、世界中にファンを持つ柚子塩らーめんを激辛にした一杯です。唐辛子や山椒など、幾つものスパイスをブレンドして創り出したオリジナルの辛味。自慢の鶏清湯と重ね合わせることで、「和」を感じさせる、心地よい味わいを表現しています。”とのことで、東京の名店“AFURI”代表の“中村 比呂人(ひろと)”氏監修のカップ麺でも不動の人気を誇る“柚子塩らーめん”に数種類ものスパイスをブレンドした辛みを利かせた刺激的な一杯というわけです!

ちなみにここ“AFURI”監修のカップ麺シリーズとしては…リニューアル発売されたものもありますが、以下のようにこれまで計6種類の商品が発売されており、特に“柚子塩らーめん”は何度かリニューアル発売されたりミニサイズも通年取り扱いされ、さらに実店舗でも選べる“まろ味”や“淡麗”なんかも期間限定で登場しており、特に人気のフレーバーだということがわかりますね!

他にも、日清食品とのコラボカップ麺としては今年で発売5周年を迎え、先日ご紹介した“AFURI ゆず塩阿夫利メシ オシャンティ”が5周年記念商品として2020年3月23日に期間限定で発売されています!

ご覧の通り日清食品とのコラボ5周年を意味する2つのロゴとともに“5th anniversary”といた文言が記載されているのが確認できます!

それでは、今回の“AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん”がどれほどチキンや魚介の旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?ベースとなる柚子の風味が香り立つあっさりとした塩スープに利かせた数種類ものスパイスをブレンドした辛みとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても全粒粉を練り込んだ小麦の風味が心地良い細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り423kcal(めん・かやく374kcal / スープ49kcal)となっております。(塩分は5.6g)

カロリーは、あっさりとした“柚子塩らーめん”がベースとなっていることから、タテ型ビッグサイズにもかかわらず割と低めな数値のようですが、塩分は平均的といったところでしょうか?
ちなみに1食当たり93g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは49kcalとかなり低めな数値となっていることからも素材の旨味を存分に活かした名店“AFURI”らしい染み渡る美味しさにしっかりとした辛みを加えた刺激的な仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、魚粉や香辛料をはじめ…

  • チキン調味料
  • 植物油脂
  • 香味調味料
  • 香味油
  • 豚脂
  • 食塩
  • かつおぶし調味料
  • 粉末しょうゆ
  • 魚醤

といった、名店“AFURI”らしいチキンや魚介の旨味を丁寧に利かせたあっさり塩スープに品のある柚子が香り立ち、そこに唐辛子や山椒など数種類ものスパイスをブレンドしたオリジナルの辛みを利かせたことで、辛い中にもしっかりと旨味が染み渡る味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105263334
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、 小麦全粒粉、食塩、香辛料)、スープ(魚粉、香辛料、糖類、チキン調味料、植物油脂、香味調味料、香味油、豚脂、食塩、かつおぶし調味料、粉末しょうゆ、魚醤)、かやく(味付鶏肉、ねぎ、赤唐辛子、ゆず皮)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、酸味料、かんすい、カロチノイド色素、増粘多糖類、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (93g) 当たり]
熱量423kcal
たんぱく質11.4g
脂質16.6g
炭水化物56.9g
食塩相当量5.6g
めん・かやく: 2.2g
スープ: 3.4g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.34mg
カルシウム132mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り辛みを思わせる赤みを帯びた粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“覚醒香油(かくせいかおりあぶら)”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、実店舗の1〜10丁目までのどの段階の辛さが表現されているのかは定かではありませんが…唐辛子や山椒など数種類ものスパイスをブレンドしたオリジナルの辛みを利かせた油分となっていて、触ってみた感じだとさらっとした状態となっていましたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、具材には…

  • 蒸し鶏
  • 柚子皮
  • ねぎ
  • 赤唐辛子

が入っています。

今回は以前のようなチャーシューは使用されていないようですね!その代わりに肉質のしっかりとした鶏肉が採用されています!

さらに、麺はご覧の通り極細・ストレートのフライ麺となっていて、細麺ながらも歯切れの良いしっかりとしたコシが表現され、さらに全粒粉が練り込まれたことによって小麦の風味が香り立つ“AFURI”らしい品のある食感と風味が楽しめそうです!

とにかくこの赤みを帯びた粉末が気になりますね。。

調理してみた

では熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの極細麺に歯切れの良い強いコシやわずかながらも弾力が加わり、旨味溢れる風味豊かな淡麗塩スープに強い辛みが加わった食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“覚醒香油”を加えていきます!
すると…非常にさらっとした状態の赤みを帯びた油分となっていて、量はそこまで多くはありませんが、むしろそれが強い辛さを凝縮してあることを想像させますね!

そしてこちらを加えることによって食欲そそる赤みが強まり、風味としては“AFURI”らしい柚子の香りがほんのりと感じられる程度となっていて、これまでの“柚子塩らーめん”の美味しさはそのまま踏襲されているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…先ほどの赤みを帯びた粉末スープと別添されていた“覚醒香油”によってまさに“辛紅”の字のごとく真っ赤なスープが一面に広がり、これまでの“AFURI”の印象とは極端に異なる仕上がりにも見えますが、これはあくまでスープ表面に浮かぶ辛み成分であって、その下にはこれまで同様のチキンや魚介を利かせたあっさり塩スープが仕上がっています!

そのため、名店“AFURI”の良さであるチキンと魚介の旨味をバランス良く塩スープに融合させた上品な味わいとともに拘りの刺激的な辛みも同時に楽しむことができ、後味に香る魚介や爽やかな柚子の風味がカップ麺の域を超えた逸品とも言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…チキンの旨味を利かせたあっさり系の淡麗塩スープには、じんわりと染み渡るような美味しさがこれまでと同様に再現されており、そこに数種類ものスパイスをブレンドしたという“辛さレベル5”というだけあってしっかりとした辛さが加わり、“AFURI”らしい旨味と後引く辛みがクセになる仕上がり!これは箱買いする方もいるかもしれませんね!

そして気になる辛さの強さについてですが…激辛フリークとしては若干物足りなさを感じさせる辛さではありますが、今回の“柚子塩らーめん”の味わいを考慮するとちょうど良いアクセントにも感じられますね!バランスとしてはかなり良いんじゃないでしょうか?

これらを考慮すると…“柚子塩らーめん”と激辛なテイストはかなり相性良く、個人的にもこういった発想はありませんでしたから、斬新で真新しい一杯はかなりの話題となることに間違いありません!

麺について

麺は、ご覧の通り品のある極細ストレート仕様(油揚げ麺)となっていて、細麺ながらもコシがあり、全粒粉が練り込まれた小麦の風味がふんわりと香り立つすすり心地の良い仕上がりとなっています!
※ただ、粒子の細かな香辛料がしっかりとスープに馴染んでいるので思い切りすするのはちょっと危険です。

そんな細麺には、チキンと魚介を利かせた淡麗塩スープに唐辛子をはじめ数種類ものスパイスをブレンドした激辛テイストの刺激的な辛みが加わった旨辛スープがよく絡み、一口ずつにあっさりとした中にじんわりと染み渡るような旨味や刺激的な辛みが口いっぱいに広がっていき、爽やかな柚子の風味が後味良く抜けていきます!“AFURI”のカップ麺は麺までもが美味しいのでクセになりますね!

また、この極細麺には目視できるほど全粒粉が練り込まれていることが確認でき、チキンや魚介を丁寧に抽出した塩味のスープにも相性良く馴染み、小麦の風味が柚子の香りと合わさったことで、品の良さをより一層高めているように感じられます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付鶏肉が入っていて、しっかりとしたサイズ感で肉質も感じられる噛み応え抜群な仕上がりとなっており、味付け自体は今回のスープがしっかりと染み込んでるため、そこまで感じられませんが…チキンを利かせた塩スープとも相性良く馴染み、かなり満足度の高い具材となっています!

またこちらの赤唐辛子なんかも想像以上に数多く使用されており、こちらもじっくりと味わってみると…しっかりとした強い辛みが表現されていて、今回のオリジナルブレンドによる辛みをより際立たせるちょうど良いアクセントにもなっているようです!

さらに、こちらの“ねぎ”は、ほどよいサイズ感と使用されている数も比較的多く、シャキシャキとまではいきませんが、ちょうど良い薬味にもなったことで、今回の“覚醒 激辛柚子塩らーめん”の美味しさを引き立て、後味すっきりとした具材として赤みを帯びたスープにさりげなく添えられています!

他にも、こちら細かいんですが…柚子皮が使用されており、これによって爽やかな風味が香り立ち、チキンと魚介を利かせた塩味のスープにも相性良く馴染み、“AFURI”らしい品の良さを際立たせているんですよね!美味くて辛くて風味も良いと来ればかなり幅広い層に支持されるのも納得の一杯と言えるでしょう!

スープについて

スープはご覧の通り、激辛テイストの油分が浮かぶその下にはチキンや魚介の旨味をバランス良く合わせたあっさりとした中にも深みのある染み渡るような味わいが表現されていて、特にこの魚介出汁の利かせ具合が秀逸に感じられ、カップ麺とは思えないほどの美味しさに仕上がっています!

しかも今回の一杯には唐辛子や山椒など数種類ものスパイスをブレンドした辛みがしっかりと利いているため、後引く旨味・辛みが心地良く、“柚子塩らーめん”とこの激辛スパイスが異常なほど相性が良く、個人的にもこの馴染み具合は驚かされるほど!

そのため、刺激的な辛さが加わっても…これまで同様“AFURI”ならではの旨味はそのまま楽しむことができ、“辛さレベル5”のひと味違った旨辛スープはかなりの満足感が得られるのではないでしょうか?

ちなみにこの魚介出汁には苦味・“えぐみ”など一切なく、非常に丁寧に抽出したかのような旨味となっていて、鶏ガラのまろやかさとバランス良く塩スープに溶け込んでいます!

そして、ここ“AFURI”は…“元祖おしゃれ系ラーメン店”としても広く知られているんですが、カップ麺ですら人気・実力を兼ね備えたラーメン店であることがしっかりと伝わり、以前発売された商品では、スタッフも驚いたほどの仕上がりとのことでしたから、今回の“覚醒 激辛柚子塩らーめん”もかなり再現性の高い一杯かと思われます!

このように、今回の“AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん”は、名店“AFURI”の新ブランド“AFURI kara kurenai”の看板メニュー“柚子kara kurenaiらーめん”の味わいカップ麺に再現し、チキンや魚介の旨味を丁寧に利かせた塩味のスープに柚子香る品の良い味わいはそのままに、唐辛子や山椒など数種類ものスパイスをブレンドした辛みを相性良く加え、目の覚めるような刺激的な辛さの中にもしっかりとした旨味が楽しめる風味豊かな一杯となっていたため、お好みによっては別添されている“覚醒香油”の量を調整してみても良いかもしれません!

まとめ

今回「AFURI 覚醒 激辛柚子塩らーめん」を食べてみて、チキンや魚介の旨味を利かせた鶏清湯スープをベースに激辛なブレンドスパイスを加えたことで、“AFURI”らしい柚子の風味が香り立つ品のある味わいを踏襲しつつ…後引く辛みがクセになる丁寧な作り込みが伝わってくる名店らしいクオリティの高い一杯となっていました!

個人的には、味に定評のある“柚子塩らーめん”に激辛テイストを加えた味わいはどうなんだろう…?と思っていましたが、これがまた非常に相性良く旨味×辛みが溶け込み、“AFURI”らしい味わいを全く損なうことなく刺激的ながらも爽やかな仕上がりとなり、想像以上に美味しいスープはかなり好評となるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

おすすめの激辛カップ麺についてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!