日清食品

あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード!ピリッとした辛みを加えた食べやすい味と量の一杯

あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード」を食べてみました。(2023年6月5日発売・日清食品

この商品は、“食べやすい味と量”の“カップヌードル”シリーズ初のピリッと辛いフレーバーということで、上品な旨味の昆布出汁をベースにポークと魚介の風味、ピリッと辛い唐辛子などをバランス良く合わせたことによってシーフードのような旨味が染み渡る奥深い味わいに仕上げ、そこにシリーズらしいつるっと滑らかで幅広なフライ麺が絡むちょうど良いサイズの一杯が登場です!

それも…これまでに3品発売されているこのシリーズは現在もなお通年発売されている好評のフレーバーであり、今回ご紹介するのは…昆布出汁にポークと魚介の風味を合わせ、唐辛子によるピリ辛なアクセントを付けた旨辛なスープが特徴的で、そこにつるっと滑らかなフライ麺が絶妙にマッチし、あっさり・少なめ、しかも大変リーズナブルな価格設定として楽しめる一杯、“あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード”となっております。(値段:税別153円)

ご覧の通り、パッケージには“あっさりおいしい”、“旨辛シーフード”といった今回の商品名が記載されており、“シーフードヌードル”のロゴを使いながらも赤を基調にすることで“ピリッとした旨辛さ”を表現し、そもそも全体量が若干少なく・味も若干あっさりとしたテイストが2018年4月9日に3種類同時発売されていますから…申し分のない旨味に食欲そそるピリッとしたアクセントを合わせたテイストは、ちょっと小腹が空いた時や夜食にもちょうど良いのかもしれませんね!
※当初“あっさり少なめカップヌードル”といったシリーズ名でしたが、2018年7月より“あっさりおいしいカップヌードル”に変更されています。

あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード パッケージ

一方こちらには“旨味引き立つ昆布だし”、“カップヌードルに比べてめん約8割”と記載されているように…あっさりとした中にも昆布の出汁をしっかりと利かせ、レギュラーサイズだとちょっと多い…でもミニだと物足りない…といった味と量を考慮したちょうど良いミドルサイズで楽しむことができ、恐らくあっさりとは言っても決して薄味ではない美味しさが表現されているものと思われます!(これまで発売されてきた同シリーズの3品も同じく若干あっさりとしていながら物足りなさを一切感じさせないテイストでしたから、今回のフレーバーに関しても恐らく素材の旨味を存分に活かした一杯に間違いありません!)

また、こちらにはあっさりとした中にも昆布出汁をベースにポークや魚介の風味を利かせ、ピリッとした唐辛子の辛さをバランス良く合わせた旨辛なスープに各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…イカ・卵・キャベツ・カニ風味かまぼこ・ニラが使用されているようです!今回は“旨辛シーフード”ということもあってじんわりと染み渡るスープを引き立てる具材が印象的といったところ!

さらにこちらには辛さレベルが記載されていて、今回は5段階中「2」ということで、唐辛子を利かせたとは言っても恐らくピリッとしたアクセント程度と思われますから、食べやすい味を考慮して辛さの方も控えめに表現されているものと思われ、じんわりと染み渡る出汁の旨味や食欲そそる魚介の風味が相性良くマッチし、幅広い層に好まれる味わいがちょうど良いサイズで楽しめることと思われます!

他にも特徴として…“カップヌードル”シリーズでは各種フレーバーによって麺の仕様や味付けを若干変更しており、今回はつるっとした食感はそのままに、若干幅の狭くしたことですすり心地は非常に良く、食塩や“しょうゆ”、香辛料や香味調味料で味付けを施し、昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味、ピリッとした唐辛子の辛さで味を調えた旨辛スープがよく絡み、最後までクセになる風味豊かなテイストがちょうど良いサイズで堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

確かにあっさりとしているのかもしれませんが、実際には昆布出汁をベースにしている時点でキレの良いスープに仕上がり、ポークや魚介の風味だけでなく動物系の旨味エキスや鰹節粉末、魚醤などを豊富に使用したことによって物足りなさといった感じは一切なく、“あっさりおいしいカップヌードル”らしく素材の旨味を存分に活かした染み渡る美味しさが凝縮されており、そこにピリッとした唐辛子の辛さで味を調え、つるっと滑らかな食感の幅広なフライ麺が通常の8割ながらも食欲をしっかりと満たすちょうど良いサイズの一杯となっていました!
これは特に、ピリッとした辛みを利かせたシーフード系のテイストが好みの方はもちろん、昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味をバランス良く合わせ、他にも様々な材料が使用されたことで、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせることもなく、シリーズらしいつるっと滑らかな幅広なフライ麺を“食べやすい味と量”でじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“食べやすい味と量”でお馴染み“あっさりおいしいカップヌードル”シリーズから久しぶりに登場した出汁染みるピリ辛なフレーバーで、昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味を合わせ、ピリッとした唐辛子の辛さで味を調えた旨辛シーフードスープがレギュラー商品の8割程度の麺量で楽しめる“食べやすい味と量”の一杯、「あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード

今回ご紹介するカップ麺は、“食べやすい味と量”の“あっさりおいしいカップヌードル”から初のピリ辛なフレーバーということで、昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味をバランス良く合わせ、ピリッとした唐辛子の辛さが味を調えた旨辛なテイストに仕上がり、具材に使用されているイカや“カニ風味かまぼこ”からも良い旨味が滲み出し、シリーズらしい若干幅広なフライ麺がちょうど良いサイズで楽しめる一杯、“あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通りフタの方には、赤を基調にしたことで今回の特徴でもあるピリッとした辛さを表現し、“シーフードヌードル”のロゴを使用していますし、豊富な具材からしても染み渡る美味しさが踏襲されていることに間違いなく、そこにピリッとした唐辛子の辛さを加えたことでやみつき感のある味わいが“食べやすい味と量”で楽しめますから、夜食にもぴったりなフレーバーと言えるのではないでしょうか?(ちなみに麺量は50gです。)

ちなみにこのシリーズは“食べやすい味と量”の“カップヌードル”シリーズということで2018年4月9日に3種類同時発売されて以来音沙汰もなかったんですが、ここに来て今回ご紹介する“旨辛シーフード”が発売ですから、大人気の“カップヌードル レッドシーフードヌードル(2022年7月18日再発売)”の“あっさりおいしいカップヌードル”版とも言えるフレーバーは恐らく間違いない美味しさが表現されていることでしょう!

そういったコンセプトによる新フレーバーがロングセラーブランド“カップヌードル”から登場し、量が若干少なめな代わりに豊富に使用された具材なんかも嬉しい一品は、あっさりとしていながら物足りなさといった感じもありませんので意外と評価も高く、こちらもまた通年扱いされそうですね!他にも商品価格が希望小売価格で税抜153円ですから…夜食なんかにもぴったりなので安売りされている時に買い溜めしておきたいところ!

それでは、今回の“あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード”がどれほど昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味を利かせたクセになる味わいとなっているのか?ピリッとした唐辛子の辛みを加えたメリハリとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいつるみのある食感滑らかな幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り275kcal(めん・かやく238kcal / スープ37kcal)となっております。(塩分は3.7g)

カロリーは、食べやすい味・あっさりめなテイストが特徴的・量も若干少なめというだけあって非常に低めな数値のようで、塩分もかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり58g、麺の量は50gとのこと。(参考までに“カップヌードル(レギュラー)”は麺量65g、“カップヌードル シーフードヌードル”は麺量60g、“カップヌードル カレー”は麺量60gなので60gに対して約8割となっているようです。)

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと37kcalとやはり昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味を合わせ、唐辛子によるピリッとした辛さで味を調えたというだけあって後味すっきりとしたじんわりと染み渡る仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポーク調味料や香辛料をはじめ…

  • チキン調味料
  • 豚脂
  • 魚介調味料
  • 香味調味料
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 粉末しょうゆ
  • こんぶ粉末
  • 食塩
  • かつおぶし粉末
  • 魚醤

といった、昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味を合わせ、唐辛子でピリッとしたアクセントを付けた食べやすい味に仕上げているようですが、実際にはポークやチキンの旨味、魚介系の旨味なんかもしっかりと使用されているようで、思っていたほどあっさりとしているわけではなく、物足りなさを感じさせない旨味が凝縮されたことで万人受けするかのような飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4902105279885
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料、香味調味料)、スープ(ポーク調味料、香辛料、チキン調味料、豚脂、魚介調味料、糖類、香味調味料、乳等を主要原料とする食品、粉末しょうゆ、こんぶ粉末、食塩、かつおぶし粉末、魚醤)、かやく(キャベツ、いか、味付卵、魚肉練り製品、にら)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、増粘多糖類、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、乳化剤、香料、香辛料抽出物、酸味料、炭酸Mg、ビタミンB2、チャ抽出物、ビタミンB1、(一部にかに・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (58g) 当たり]
熱量275kcal
めん・かやく: 238kcal
スープ: 37kcal
たんぱく質6.7g
脂質12.3g
炭水化物34.4g
食塩相当量3.7g
めん・かやく: 1.7g
スープ: 2.0g
ビタミンB10.54mg
ビタミンB20.18mg
カルシウム75mg

引用元:あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、今回は特に別添されている調味料などはありません。

そして、具材には…

  • イカ
  • キャベツ
  • カニ風味かまぼこ
  • ニラ

が入っています。

ご覧の通り具材の種類は豊富で、まさに“シーフードヌードル”をイメージさせ、特にイカや“カニ風味かまぼこ”からも良い旨味が滲み出すことで食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなやみつき感のあるピリ辛なスープに期待できそうです!

また、麺はご覧の通りシリーズらしいつるっと滑らかな食感が踏襲され、若干薄く幅も狭めな仕様となっており、醤油や香辛料、香味調味料などで味を付けたことでスープとの馴染みも非常に良く、混ぜるほどに香ばしさや旨味が広がっていき、“食べやすい味と量”とは言っても決して物足りなさを感じさせない仕上がりをイメージさせます!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと熱湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力とコシが加わり、昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味をバランス良く合わせ、まだ全体を混ぜ合わせる前の状態ではありますが、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない旨辛なテイストがたまらなく、まさに素材の旨味を存分に活かしたバランスの良い一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして全体にスープが馴染むと…やはり昆布出汁をベースにポークや魚介の風味を利かせただけでなく、動物系・魚介系の旨味もそれぞれ豊富に使用されたことでWスープならではのコクが際立ち、もちろん“食べやすい味と量”の“カップヌードル”というだけあって濃厚感はありませんが、物足りなさといった印象もなく、“あっさりおいしいカップヌードル”シリーズの文字通りあっさりとした中にも申し分のない美味しさがぎゅっと閉じ込められ、後味すっきりとした満足度の高い一杯が表現されているようです!

また、具材に使用されたイカや“カニ風味かまぼこ”からも良い旨味が滲み出しているように感じられ、しっかりとスープと馴染ませながらいただくと、より一層旨味が際立って楽しむことができ、あっさりとは言ってもポークやチキン、鰹節粉末や魚醤などが使用された旨辛なテイストとなっているため、お好みによっては相性抜群な“おろしにんにく”辺りを加えてみても良いでしょう!香味野菜としてのニラが使用されていますから、恐らく合うと思います!

食べてみた感想

一口食べてみると…“旨辛シーフード”のイメージ通り昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味をバランス良く合わせ、唐辛子のよるピリッとした辛みが心地良く、なんと言っても豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、まさに“シーフードヌードル”を彷彿とさせる染み渡るかのような美味しさが特徴的で、そもそもスープだけだと37kcalですからね!濃厚感こそないものの…繊細な味わいが広がっていき、後引く辛みがクセになる…そんな“旨辛スープ”に仕上がり、幅広で食感滑らかなフライ麺との相性も抜群です!

しかも少なめとは言っても麺量は通常の60gと比べて50gと若干少ない(約8割)程度ですから…意外と食欲もしっかりと満たされるかと思われます!そのため、税別153円はかなり魅力的ですね!このシリーズはコンビニではなく、特にスーパーなどで度々見かけますから、希望小売価格よりお求めになりやすい価格で購入できるかと思います!そもそもターゲットが“食べやすい味と量”なので流通も考えられているのかもしれません!

また、最初の口当たりにはまずあっさりとした昆布の出汁が広がっていき、そこに動物系・魚介系の旨味が物足りなさを感じさせることもなく、ピリッとした辛みが味を調えたことで後味すっきりとした印象が強いものの、シリーズらしくそこまで旨味も強くはなく、品良く馴染んだことによってスープが止まらなくなります。。ただ、この辺りに関してはもう少し唐辛子の辛さを控えめにした方が素材の旨味も際立っていたように感じられますね!

そしてその気になる辛さに関しては、唐辛子による辛さがしっかりと利いているものの、あくまでピリッとしたアクセント程度となっており、辛さレベル「2」ということもあってそこまで気にするほどではありません!ただ、今回のフレーバーが“食べやすい味と量”でお馴染みのシリーズですから、全体のバランスが難しいのは確かで、そもそもあっさりとした美味しさを表現しているため、少しでも辛さの主張が強いと旨味が伝わらないので、まずはデフォルトの味をしっかりと混ぜながら堪能し、お好みで唐辛子を加えて調整してみても良いでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り若干薄めで幅も狭いせいか…すすり心地が非常に良く、つるっと滑らかな食感はもちろん、シリーズらしい仕上がりとなっており、麺量50gながらも思いのほか食欲を満たしてくれます!

そんな麺には…昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味を利かせ、唐辛子で味を調えたシーフード系の旨辛なスープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る出汁の旨味やピリッとした辛さなどが口いっぱいに広がっていき、魚介ならではの風味やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこの一杯は“食べやすい味と量”の“カップヌードル”シリーズとは言え、素材の旨味をうまく組み合わせたことによって全く物足りなさを感じることもありませんので、幅広い層に好まれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“カニ風味かまぼこ”が入っていて、若干小さめにカットされているものの、使用されている数に関しては全く申し分なく、じっくりと味わってみると…今回の“旨辛シーフード”の美味しさを引き立てる仕上がり具合となっていたため、まずはしっかりと全体を馴染ませながら食べ進め、後ほどすすり心地抜群なフライ麺と一緒に絡めていただくと、より一層魚介の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのイカも同じく噛むほどに良い旨味が滲み出す相性抜群な具材となっていたため、やはりこちらもスープとよく馴染ませて旨味を引き立ててもらい、後ほど麺と一緒に味わってみると良いでしょう!…というかそもそもこのヌードルタイプの麺は伸びやすいというか、柔らかくなりやすいんですよね。。

さらにこちらのニラは、食感こそ柔らかいものの…香味野菜として良い旨味を滲み出していたため、やはり今回のフレーバーはしっかりと混ぜながらいただくことが重要と言えるでしょう!そして旨辛なテイストにはこういった香味野菜が合いますから、お好みによっては“おろしにんにく”をちょい足ししても良さそうです!

一方こちらの卵は、“カップヌードル”としては割とお馴染みの具材のひとつで、そこまで味付け自体は感じられないものの…ふんわりと柔らかな食感となっており、今回の“あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード”に華やかな彩りといった見た目としてのアクセントがプラスされているように感じられます!

他にもこちらのキャベツが使用されており、ほどよいサイズにカットされたことでシャキシャキとした食感を残した仕上がりで、じっくりと味わってみると…素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、さらにちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味を合わせ、唐辛子で味を調えたじんわりと染み渡るかのようなシーフード系のテイストとなっており、あっさりとは言え、他にもポークやチキン、鰹節粉末や魚醤など様々な旨味が凝縮されたことで物足りなさといった感じは一切なく、魚介出汁が引き立ったことで、まさに“レッドシーフードヌードル”を彷彿とさせる旨辛なフレーバーとなっています!

そのため、それぞれの旨味が丁寧に溶け込んだことによって、“食べやすい味と量”の“カップヌードル”とは思えないほど深みのある味わいが心地良く、決して“あっさり”だからと言って薄味というわけではなく、具材に使用されたイカや“カニ風味かまぼこ”からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなクセになる旨辛なフレーバーであることに間違いなく、想像以上に手の込んだ繊細な一杯ということもあって、意外と評価も高いのではないでしょうか?

また、非常にサラッとした旨辛スープには…昆布の出汁だけでなく動物系の旨味がコクを引き立て、そこにピリッとした辛さや食欲そそる香味野菜などがバランス良く加わっているので、シーフード系の旨味が際立っていき、唐辛子がちょうど良いメリハリとなったことで最後まで飽きることもなく、そもそも脂っこさや“くどさ”もありませんから、旨辛なスープがちょうど良いボリューム感としてじっくりと堪能できることと思われます!

さらに昆布や魚介、ポークやチキンに関してはある意味…動物系×魚介系のWスープでもありますから、複雑で繊細な旨味が染み渡り、後味すっきりとした旨辛スープは最後まで飽きることもありませんし、何より食べ進めていくに連れて辛さも利いていくため、後半にもなると汗ばむほどの清々しさが印象的といったところ!(ちょっと濃いめで味わいたい方は調理時の熱湯を少なめにしてみても良いかもしれません。)

このように、今回の“あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード”は、昆布の出汁をベースにポークや魚介の風味を利かせ、ピリッとした唐辛子の辛さを加えたことで…あっさりとしていながらも素材の旨味や出汁を存分に活かしたことでちょうど良いサイズ感と美味しさが表現され、決して薄味というわけではなく、具材に使用されたイカや“カニ風味かまぼこ”からも良い旨味が滲み出すことによってじんわりと染み渡る出汁の旨味がさらに際立ち、最後まで飽きの来ないクセになる旨辛スープがしっかりと楽しめる仕上がりとなっていたため、お好みによっては相性抜群な“おろしにんにく”や唐辛子などをさらに足してみても良いでしょう!

まとめ

今回「あっさりおいしいカップヌードル 旨辛シーフード」を食べてみて、“食べやすい味と量”の“カップヌードル”シリーズ初のピリッと辛いフレーバーということで、あっさりとした味わいといい、ちょっと少なめな量といい、ミニではちょっと足りない…といった時にちょうど良いサイズ感ですが…上記の通り決して薄味というわけではなく、昆布の出汁にポークや魚介の風味を合わせ、ピリッとした唐辛子の辛さがちょうど良いアクセントとなったことでクセになるシーフード系の旨辛スープに仕上げ、そこにシリーズらしいつるっと滑らかで幅広なフライ麺が絶妙にマッチしていたため、夜食にもおすすめの旨味引き立つ一杯となっていました!

やはり出汁の利いた“旨辛シーフード”は間違いないですね!今回の一杯は特にあっさりとしたテイストが売りなんですが、素材の旨味をしっかりと活かしたことで物足りなさといった感じもありませんし、昆布をベースに魚介系・動物系の旨味が互いに引き立てたことによって、シンプルながらも最後まで飽きの来ない旨辛な味わいがちょうど良いボリューム感としてじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

POSTED COMMENT

  1. より:

    安かったので購入、ちょっと足りないので生卵1個入れて食べました
    旨辛を名乗るのは酸っぱいだけの物が多い中、日清らしい出汁は確かに効いてる
    スープがもったいないですね、貧乏くさいけど雑炊に使えそう

    • ゆうき より:

      窯 さん

      ご覧いただきましてありがとうございます。
      コンセプトがあっさり系ですからね…お好みのアレンジで楽しんで良いと思いますよ(^^)!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です