どん兵衛

日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん!“特製レモンふりかけ”を加えた後味さっぱりとした夏らしい一杯

日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん

日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん」を食べてみました。(2022年7月11日発売・日清食品

この商品は、豚の旨味を利かせた塩ダレをベースに黒胡椒でアクセントを加えた“つゆ”に仕立て上げ、別添されているレモンピール(果皮)入りの“特製レモンふりかけ”を加えることによって後味さっぱりとしたレモンの酸味が広がり、シリーズらしいもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた真っ白な“うどん”が絡む夏に食べたい爽やかな一杯が登場です!

それも…“塩豚ねぎうどん”の文字通り塩ダレに豚の旨味でコクを引き立て、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせることもなく、黒胡椒やレモンの酸味がちょうど良いメリハリ・後味の良さを際立たせ、まさに豚の旨味×塩ダレ×レモンによるさっぱりとした味わいが特長的な一杯、“日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通りこちらには“塩豚ねぎうどん”といった今回の商品名が記載されており、その背景には…豚の旨味に塩ダレや黒胡椒、別添されている“特製レモンふりかけ”によるレモンのさっぱり感が加わった“つゆ”にもっちりとした“うどん”や各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…味付豚肉・揚げ玉・“ねぎ”が使用されているようです!

また、こちらには…“夏だっ! 特製レモンふりかけ付き レモンピール入り”と記載されている通り、別添されている“特製レモンふりかけ”を最後に加えることによって後味さっぱりとしたレモンの酸味・風味が加わり、それによって夏にぴったりな爽快感が楽しめるようですね!これは“ふりかけ”を加える前後で味を比べてみても面白いかもしれませんね!

そしてこの“日清のどん兵衛”シリーズらしい厚みのあるもっちりとした食感が印象的で、真っ白いストレートな太い“うどん”の仕上がりイメージなんかも掲載されていて、後味爽やかな塩ダレ・レモン特有のさっぱりとした酸味の利いた“つゆ”とともに弾力ある“うどん”が味わえる一杯となっています!…というかこれは“ぶっかけ”タイプで冷たくしても美味しそうです。。

このように今回の“塩豚ねぎうどん”は、その商品名からも想像付くように暑い夏にぴったりな爽やかなレモンの風味が豚の旨味・塩ダレと絶妙にマッチしているようで、そこに黒胡椒によるアクセントが味に締まりを加えるメリハリの付いた仕上がりとなっています!ちなみに以前も“日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん”といったフレーバーが2019年5月20日に発売されていましたが、原材料を比較すると内容は異なるようです!

他にも特徴として…麺はシリーズらしい厚みもあり幅広でもっちりとした食感が印象的な太い“うどん”が同じく採用されており、豚の旨味を利かせた塩ダレをベースに黒胡椒でアクセントを加えた味わい深い“つゆ”とともに後味さっぱり・爽やかなレモンの酸味が最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“豚塩ねぎ”ということで、豚の旨味を利かせた塩ダレベースのサラッとした“つゆ”には…後味すっきりとしたテイストに仕上がっているものの、決してあっさり・薄味というわけではなく、コク深い旨味がしっかりと感じられ、さらに別添されている“特製レモンふりかけ”を加えることによって後味さっぱりとした清涼感のあるレモンの酸味が心地良く、そこにもっちりとした食感滑らかな太い“うどん”との相性も抜群で、まさに夏に食べたい後味さっぱりとした一杯となっていました!
これは特に、食欲のない時はもちろん、豚の旨味を利かせた塩ダレといった後味の良い“つゆ”にレモンを垂らしたかのような…清涼感のある後味さっぱりとした味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は豚の旨味を利かせた塩ダレベースの“つゆ”に別添されている“特製レモンふりかけ”を加えることによって夏らしい後味さっぱりとした味わいが弾力のあるもっちりとした太い“うどん”とともにたっぷりと楽しめる爽やかな一杯、「日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清のどん兵衛”シリーズの新商品ということで、豚の旨味を利かせた塩ダレをベースにした“つゆ”に別添されている“特製レモンふりかけ”を加えることによってレモンピール(果皮)の爽やかな酸味が際立ち、シリーズらしい太くもっちりとした“うどん”が食欲をしっかりと満たしてくれる爽やかなテイストの一杯、“日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通りパッケージにはお馴染みのシリーズロゴはもちろん、夏らしさをイメージさせるハッシュタグやが並び、他にも豚や“ねぎ”、海のイラストイメージが掲載され、豚の旨味を利かせた塩ダレベースの後味の良い“つゆ”にレモンの爽やかな酸味や肉の旨味が滲み出す仕上がりイメージからは何ともさっぱりとした塩ダレを思わせる色合いで、どれほどレモンピールによる爽やかな酸味が利いているのか?非常に気になるところではないでしょうか?

日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん パッケージ

ちなみにこの“日清のどん兵衛”とは…1976年の発売以来、超人気のロングセラー商品として幅広い層に愛され続けている“和風カップ麺”のトップブランドです!

また、この“日清のどん兵衛”シリーズの“どんぶり型”・汁ありタイプとしての“うどん”は、2022年3月28日に発売された“最強どん兵衛 きつねうどん”以来の新フレーバーとなっており、最近では特に“日清のどんどん兵衛 沖縄風そば(2022年4月18日発売)”や“日清の汁なしどん兵衛 豚ニンニクまぜうどん(2022年5月9日発売)”といったガツンとしたテイストやシリーズらしい魚介出汁をうまく活かしたフレーバーなどが発売されています!
※改めて見てみると…“日清のどん兵衛”シリーズはほとんどが“うどん”のようですね。

それでは、今回の“日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん”がどれほど豚の旨味を利かせたコク深い仕上がりとなっているのか?さっぱりとした塩ダレや別添されている“特製レモンふりかけ”による爽やかな酸味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた太い“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り349kcal(めん・かやく321kcal / スープ28kcal)となっております。(塩分は5.6g)

カロリーは、豚の旨味をしっかりと利かせた割に塩ダレ・レモンの爽やかな酸味を利かせたテイストということもあってかなり低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といったところ。
ちなみに1食当たり79g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと28kcalとやはり後味さっぱりとしたテイストらしく非常に低めな数値を占め、豚の旨味を利かせた塩ダレベースに“特製レモンふりかけ”を加えたことで夏にぴったりな爽やかなレモンの酸味が広がっていき、決して物足りなさを感じさせない素材の旨味を存分に活かした軽やかな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

“つゆ”には、食塩やポーク調味料をはじめ…

  • 香辛料
  • レモンピール
  • 植物油脂

といった、豚の旨味を利かせた塩ダレをベースにした“つゆ”に別添されている“特製レモンふりかけ”を加えることによって夏にぴったりな清涼感溢れる爽やかなレモンの酸味が広がっていき、まさに商品名のイメージ通り後味さっぱりとした味わいを想像させる材料が並びます。

ちなみに以前ご紹介した“日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん”と比較してみると…麺の仕様は全く同じようで、“つゆ”の方もだいたい似たような材料が使用されているものの、今回のフレーバーには魚介系の材料が一切使用されていないため、より一層“塩豚ねぎ”ならではの味わいに際立っているようですね!

日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん
日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん
JANコード4902105274927
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、こんぶエキス、大豆食物繊維、糖類)、スープ(食塩、ポーク調味料、糖類、たん白加水分解物、香辛料、レモンピール、植物油脂)、かやく(味付豚肉、揚げ玉、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、炭酸Ca、リン酸塩(Na)、香料、酸味料、グリセリン、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、カラメル色素、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、カロチノイド色素、ビタミンB2、ビタミンB1、ベニコウジ色素、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (79g) 当たり]
熱量349kcal
めん・かやく: 321kcal
スープ: 28kcal
たんぱく質7.3g
脂質14.2g
炭水化物48.0g
食塩相当量5.6g
めん・かやく: 1.4g
スープ: 4.2g
ビタミンB10.22mg
ビタミンB20.25mg
カルシウム144mg

引用元:日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープ、かやく、“特製レモンふりかけ”といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、“つゆ”は粉末仕様ということもあって調理中には特に温める必要はありません。

また、麺はご覧の通りシリーズらしい厚みもあり幅広な太い“うどん”が採用されており、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力やつるっと滑らかな食感を思わせる仕様となっています!

さらに、その太い“うどん”の下には…具材として使用されている“ねぎ”がすでに入っています。特に今回は“ねぎ”のさっぱり感もポイントのひとつですから、素材の旨味を滲み出すように全体を馴染ませながら食べ進めると良いでしょう!

調理してみた

では続いて先ほどの“かやく”と粉末スープを加え、熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:370ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“うどん”には滑らかな食感やもっちりとした弾力が加わり、まだ別添されている“特製レモンふりかけ”を加える前の状態ではありますが…豚の旨味を利かせた塩ダレベースの“つゆ”に仕上がり、後味さっぱりとした味わいがもっちりとした食感の“うどん”とともに楽しめる清涼感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして粉末スープが全体に馴染んだら、最後に“特製レモンふりかけ”を加えて完成となります!…というか粉末スープは馴染みが非常に良く、5分の調理時間ですでに全体に馴染んでおり、軽く“うどん”をほぐす程度で全体に溶け込んでいきます!

ちなみにこの“特製レモンふりかけ”は、後味さっぱりとしたレモンピールを含んでいるため、まずはデフォルトの“塩豚ねぎ”の味わいをじっくりと楽しんでから加えて味の違いを比べてみても面白いかもしれませんね!

こうして完成となるわけですが、やはり“塩豚ねぎうどん”というだけあって“つゆ”の色味は透明感があり、塩気の強いキリッとした口当たりと豚のコク、そしてレモンピールによる後味さっぱりとしたテイストが際立ち、サラッとしているんですが、豚の旨味がしっかりと利いたことで物足りなさといった感じは一切なく、何より“特製レモンふりかけ”を加えることで爽やかなレモンならではのさっぱり感が際立ち、最後まで飽きることなく塩豚ねぎ×レモンならではの味わいが楽しめそうです!

また、具材として使用されている味付豚肉や揚げ玉からも良い旨味や香ばしさが滲み出しているようにも感じられ、後味さっぱりとしたテイストながらもコク深い塩豚ならではの美味しさが今回の“つゆ”を美味しく引き立て、黒胡椒のさり気ないメリハリが付いたことでさっぱり感が際立ち、夏にぴったりな清涼感のある“つゆ”が表現されているようですね!…これは毎年恒例となりそうな予感がします。。

食べてみた感想

一口食べてみると…臭みのない豚の旨味がしっかりと利いているものの、塩ダレによって後味すっきりとした飽きの来ないテイストに仕上がり、別添されている“特製レモンふりかけ”を加えることでレモンピールの爽やかな酸味・さっぱり感が心地良く、まさに暑い夏に食べたくなる清涼感抜群な“つゆ”となっており、単純にあっさりとしているわけでもなく、しっかりと豚の旨味が利いたことによって物足りなさといった感じは一切なく、かと言って塩気が強いわけでもなく素材の旨味を存分に活かした想像以上に旨味溢れるフレーバーとして、万人受けするかのような一杯と言えるでしょう!

そのため、イメージとしては塩ダレの豚肉にレモンをちょっと垂らしたような…いくらでも食べられそうな味わいで、臨場感も非常に高く、別添されている“特製レモンふりかけ”との相性も抜群ですね!デフォルトの味わいをまずは試してみても良いかもしれませんが、今回のテイストはこの別添パックを加えた方が抜群に旨味が増して感じられます!(個人的に濃厚系が好みなんですが、こういった後味さっぱりとした“つゆ”も美味しいですね。)

そして、もっちりとしたつるみのある太い“うどん”との相性も非常に良く、後味さっぱりとしていながらも食欲を満たし、他にも“日清の汁なしどん兵衛 冷しぶっかけうどん(2022年6月27日リニューアル発売)”といった汁なしタイプのさっぱりとしたフレーバーも登場していますが、こういったレモンのさっぱり感を加えたスープタイプも非常に好印象で、嫌いな人はいないのでは?というくらい素材の旨味をうまく活かした大変好評の一杯と言えるのではないでしょうか?

また、他社メーカーでも“塩豚ねぎ”をイメージさせるフレーバーは意外にも数少なく、そういった意味でもこの商品は真新しい一杯に間違いなく、さらに“特製レモンふりかけ”が別添されていますから、なんと言ってもこのレモンの酸っぱすぎず爽やかな甘みを含む爽快感はクセになりますね!…というか豚の旨味との相性がそもそも良いのかもしれません!甘みと言うよりも豚の旨味を引き立てる相性抜群な柑橘系として全体のバランスは非常に良く、ついつい“つゆ”が止まらなくなります。。

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい厚みのある幅広な太い“うどん”となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた食感滑らかな仕上がりとなっています!

そんな“うどん”には…豚の旨味を利かせた塩ダレベースに黒胡椒でアクセントを付け、さらに別添されている“特製レモンふりかけ”によるレモンピールの爽やかな酸味・さっぱり感がクセになる“つゆ”がよく絡み、一口ずつに豚の旨味や後味さっぱりとした塩ダレの味わいなどが口いっぱいに広がっていき、暑い夏にぴったりな爽やかなレモンの風味や食欲そそる塩ダレの香りなどが後味良く抜けていきます!…というか、この“つゆ”は別添されている“特製レモンふりかけ”を加えることによって豚の旨味が引き立って感じられますね!豚肉を塩ダレ・レモンで味わっているかのような飽きの来ないテイストが実に臨場感高く表現されていて、最後まで全く飽きが来ません!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの細かくカットされた味付豚肉が使用されていて、若干チープな印象ではありますが…じっくりと味わってみると、ほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がり具合となっていたため、食べはじめは“つゆ”と馴染ませながら食べ進め、後ほど太くもっちりとした“うどん”と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのかと思われます!

また、こちらの揚げ玉はやや小ぶりながらも香ばしさやほどよい油分を滲み出し、今回のフレーバーにコク深さをプラスしているようでしたので、全体に馴染ませるように食べ進めていくことによって旨味が際立っていくため、単品で味わうというよりもスープの美味しさを引き立てる相性抜群な具材として認識しておくと良いでしょう!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、かなり小さくカットされたことによってシャキシャキ感こそないものの…ちょうど良い薬味となったことで、今回の“塩豚ねぎうどん”の美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

“つゆ”について

“つゆ”は、先ほどもお伝えした通り豚の旨味を利かせた塩ダレベースに黒胡椒でアクセントを加え、さらに別添された“特製レモンふりかけ”による後味さっぱりとしたレモンの酸味が相性良く馴染み、決してあっさりしているわけではなく、臭みのない豚の旨味をうまく活かしたコク深い味わいが喉越し良くも感じられ、さっぱりとした“つゆ”にレモンの酸味が相性良くマッチしているため、脂っこさも当然なく飽きる要素もありませんから…ついつい止まらなくなる旨味溢れるテイストとなっています!

そのため、食感滑らかな太い“うどん”や各種具材を一緒に味わった後に残った“つゆ”に追い飯は合わないかと思われますが…想像以上に旨味が強く、なんと言ってもレモンの酸味・爽やかなさっぱり感が心地良く、豚の旨味もしっかりと利いているため、物足りなさといった感じも一切なく、夏らしい後味の良いテイストが最後までじっくりと楽しめるのではないでしょうか?…というかこのフレーバーはかなり幅広い層に好まれる一杯に間違いありません!

また、具材に使用された味付豚肉や揚げ玉からも良い旨味が滲み出していき、食べ進めていくに連れて肉の旨味や香ばしさ・油分が際立ち、レモンをちょい付けした塩ダレで食べる豚肉をイメージした“つゆ”の美味しさがどんどん引き立っていきます!この辺りに関しては好みもありますから…別添されている“特製レモンふりかけ”を少しずつ加えて味の違いを比べてみても良いでしょう!

とは言え…今回の“日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん”は特別クセのあるテイストというわけでもなく、豚の旨味×塩ダレ×レモンのさっぱり感をバランス良く合わせた後味の良い仕上りとなっているため、デフォルトでも十分美味しいかもしれませんが、別添されている“特製レモンふりかけ”は加えるべきでしょう!実際に食べてみてこのさっぱり感は美味し過ぎです。。というくらい清涼感のある味わいをうまく表現されていたため、この時期恒例の一杯として再発売を期待したいところ!

このように、今回の“日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん”は、臭みのない豚の旨味を利かせた塩ダレベースの“つゆ”に仕立て上げ、そのままでも十分コク深く後味すっきりとした味わいが楽しめるわけですが、ここに別添されている“特製レモンふりかけ”を加えることでレモンピールによる爽やかな酸味・さっぱり感が際立ち、和風テイストとは若干異なるものの…素材の旨味を存分に活かした旨味溢れる“つゆ”が表現され、もっちりとした食感の太い“うどん”とも相性良く馴染み、まさに本格感のある一杯でしたので、お好みによっては相性抜群なペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「日清のどん兵衛 塩豚ねぎうどん」を食べてみて、暑い夏にぴったりなさっぱり感を強調した一杯には…豚の旨味を利かせた塩ダレベースに黒胡椒でアクセントを付け、さらに別添されている“特製レモンふりかけ”を加えることで後味さっぱりとした味わいを表現し、臭みのない豚の旨味がコクを引き立て、さっぱりとした一杯にも関わらず最後まで飽きの来ないテイストに際立ち、そこにシリーズらしい厚みのある幅広な“うどん”が相性良くマッチした想像以上にクオリティの高い仕上がりとなっていました!

やはり安定感のある“日清のどん兵衛”シリーズは間違いありませんね!今回は一風変わった夏に食べたい後味さっぱりとしたテイストではありましたが…ベースとなる旨味そのものに関しては申し分なく、ついつい箸が止まらなくなる仕上がりで、しかもレモンの酸味が絶妙で単純に酸っぱいだけでなく、豚の旨味と馴染んだことで甘みのある清涼感があり、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!