EDGE

EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン!“とろみ”のある塩スープに胡椒を加えた刺激的な一杯

edge-kosho-sio-tanmen

EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン」を食べてみました。(2021年11月8日発売・エースコック)

この商品は、“驚き”と“やりすぎ”がテーマの「EDGE(エッジ)」シリーズの新商品ということで、今回はポークをベースにガーリックなど香味野菜を利かせた塩スープに別添スパイスを加えることによって辛さを感じるほど強烈な胡椒の刺激がクセになる一杯で、後味すっきりとした塩ベースのスープにほんのり“とろみ”を加えたことによってタンメンとは思えないほど濃厚とも言えるコクが際立ち、まさしくシリーズらしいやり過ぎ感のあるエッジの利いた一杯が登場です!

それも…後味すっきりとした塩タンメンスープには、ポークをベースに香味野菜で繊細さを引き立て、野菜の旨味を利かせたことでさっぱりとした印象に仕上がっているものの、別添されているスパイスを加えることによって強烈とも言える胡椒の辛さが突き抜け、汗を誘う後引く辛みがシリーズらしい驚きを楽しませてくれるレギュラーサイズの一杯、“EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには今回の商品名“コショウききすぎとろみ塩タンメン”という名に相応しくびっしりと敷き詰められた胡椒の種子が印象的で、“EDGE”シリーズらしい胡椒を利かせ過ぎたことによる刺激的な辛さだけでなく、ポークの旨味に香味野菜を利かせ、コク深い“とろみ”を付けたことでインパクトのあるメリハリが際立ち、ガツンと食欲を満たしてくれる濃厚な塩タンメンスープが表現されているように感じられます!

また、こちらには“驚き&やりすぎ”といったシリーズお馴染みの特徴がロゴとともに記載されているように、このシリーズはちょっとやりすぎ感のある素材の利かせ具合が最大の特徴であり、今回の一杯はベースが後味さっぱりとした“塩タンメン”となっているんですが、単純に胡椒をたっぷりと利かせただけでなく、“とろみ”を加えることで濃厚感・コク深さを強調、それによって全体のバランスが非常に良いやみつき感のあるテイストのようです!!…というかパッケージデザインが凄いことになっていますね。。

その気になる特徴としては…上記のようにポークを利かせた濃厚仕立ての“塩タンメンスープ”がベースで、すでに野菜の旨味を活かした後味の良い濃厚なテイストを想像させるわけですが、そこはさすが“驚き”と“やりすぎ”でお馴染みの“EDGE”シリーズらしく後入れのスパイスを加えることで、容器側面にも記載されている通り“パンチのあるキレと辛み”を楽しむことができ、食べ進めていくに連れて汗を誘うような体温まる刺激的な一杯となっています!(割と辛みが強いので気になる方は少しずつ加えてみても良いかもしれません。)

一方こちらには、“コショウききすぎとろみ塩タンメン”といった今回の商品名が大きく掲載され、その背景にはポークや香味野菜を利かせたコク深くまろやかな“塩タンメンスープ”に胡椒とともにたっぷりと具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…キャベツ・人参・コーン・“ねぎ”が使用されているようです!

基本的にタンメンと言えば…鶏ガラなどをベースに野菜の旨味をたっぷりと利かせた後味の良いテイストをイメージさせますが、今回のフレーバーに関してはポークをベースに“とろみ”を付けた“塩タンメンスープ”に仕上げているとのことで、あっさりとした中にもコクのあるスープそのものの美味しさにも期待したいところ!

他にも特徴として…麺は厚みもあり若干幅広な中太仕様の味付けされたフライ麺が採用されており、つるっと滑らかな食感とほどよい弾力やコシを兼ね備えた食べ応えのある仕上がりとなっていて、ポークを利かせた“とろみ”のある“塩タンメンスープ”にたっぷりと胡椒を加えたことで後引く辛さがクセになる…刺激的でコク深く濃厚にも感じられるエッジの利いた味わいが最後までじっくりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークの旨味はちょうど良い脂とともに後味すっきりとした“塩タンメンスープ”をコク深くまろやかに引き立て、しっかりと混ぜることによって想像以上にトロッとしたスープに際立ち、塩味ならではのキレの良さと濃厚とも言えるコクが絶妙にマッチし、そこに“EDGE”シリーズらしく胡椒をたっぷりと加えたことで辛さを伴う刺激的なアクセントが汗が止まらなくなるほど体の中からポカポカと温まるシリーズらしいやり過ぎ感のある一杯となっていました!
これは特に、“驚き&やりすぎ”でお馴染み“EDGE”シリーズが好みの方はもちろん、ポークを利かせた濃厚な“塩タンメンスープ”と相性抜群な野菜の旨味を利かせ、さらにたっぷりと胡椒を加えたやりすぎ感のある味わいをレギュラーサイズとして気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“EDGE”シリーズの新フレーバーで、ポークをベースにガーリックなど香味野菜をバランス良く合わせ、ほんのり“とろみ”を付けたことで濃厚とも言える“塩タンメンスープ”に仕上げ、そこにたっぷりと胡椒を加えたことによってガツンとした口当たりを際立たせた“EDGE”シリーズらしいやり過ぎな一杯、「EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン

今回ご紹介するカップ麺は、“驚き”と“やりすぎ”がテーマの「EDGE」シリーズの新商品ということで、ポークをベースに香味野菜をバランス良く利かせた後味の良い“塩タンメンスープ”に仕上げ、そこに別添されているスパイスに含まれる胡椒を加えることによって後引く辛さがクセになる想像以上に辛みの強いシリーズらしいエッジの利いた一杯、“EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン”となっています。

ご覧の通り容器側面には…“辛い味わいにつき、小さなお子様や辛いものが苦手なお客様の飲食はご注意ください。”といった辛いテイストのカップ麺でよく見かける注意書きなんかも記載されていて、胡椒も大量に加えると他の香辛料とはまた異なる辛さが際立ちますからね!どれほど強烈な辛さが表現されているのか?非常に楽しみなところ!

ちなみに今回はチーズのコクとチリの辛さを利かせた“EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン”も同時発売されており、この“EDGE”シリーズで言うと…“EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍”や“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍”が2018年6月11日に同時発売され、さらに“EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍(2019年6月17日発売)”や“EDGE×わかめラーメン コムタン味 わかめ3.5倍(2021年5月31日発売)”といったコラボとしての商品が目立っていましたが、個人的には“EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン(2018年5月28日発売)”や、以下のような“驚き・やりすぎ”をコンセプトとした一杯が印象的で、“EDGE”シリーズとしてはやや久しぶりの登場となっています!

それでは、今回の“EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン”がどれほどポークの旨味を利かせた濃厚な“塩タンメンスープ”に仕上がっているのか?相性抜群な香味野菜はもちろん、“EDGE”シリーズらしい“驚き&やりすぎ”をコンセプトとした胡椒ならではの刺激的な辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもありやや幅広なフライ仕様の食感滑らかなフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り271kcal(めん・かやく234kcal / スープ37kcal)となっております。(塩分は4.5g)

カロリーは、ポークを利かせたコク深く“とろみ”を付けた“塩タンメンスープ”の割にレギュラーサイズということもあって、かなり低めとも言える数値となっていて、塩分もまた同じくやや低めな数値のようです!
ちなみに1食当たり62g、麺の量は50gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと37kcalと、やはりベースはポークを利かせた“塩タンメンスープ”ということで“とろみ”を付けたコク深い仕上がりとは言え、後味さっぱりとしたテイストに刺激的な胡椒の辛みが加わった最後まで飽きの来ないメリハリのある仕上がりをイメージさせます!(このサイズ感・カロリーは夜食にも食べたくなりますね。。)

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や香辛料をはじめ…

  • 乳化油脂
  • ごまパウダー
  • ポークエキス
  • でん粉
  • 香味調味料
  • チキン調味料
  • オニオンパウダー

といった、ポークをベースに相性抜群な香味野菜をバランス良く合わせた“塩タンメンスープ”に仕上げ、ほんのり“とろみ”を付けたことでコクもあり喉越しも良く、さらにたっぷりと利いた胡椒による刺激的な辛さが後味の良さを引き立て、最後まで飽きの来ない旨味溢れる味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071247416
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、チキンエキス)、スープ(食塩、香辛料、乳化油脂、デキストリン、ごまパウダー、ポークエキス、でん粉、ぶどう糖、香味調味料、たん白加水分解物、チキン調味料、オニオンパウダー、酵母エキス、全卵粉)、かやく(キャベツ、人参、コーン、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸Ca、重曹、かんすい、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (62g) 当たり]
熱量271kcal
たん白質6.1g
脂質10.2g
炭水化物38.6g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
4.5g
(1.9g/2.6g)
ビタミンB10.25g
ビタミンB20.28g
カルシウム208mg

引用元:タテ型 EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、“スパイス”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、文字通り胡椒による刺激的な辛さが“塩タンメンスープ”と相性良く馴染み、“とろみ”を付けた“塩タンメンスープ”にシリーズらしい“やりすぎ&驚き”のある刺激の強い辛さが清々しいほど加わっているようです!

また、このスパイスに関しては、こちら容器側面に“スパイスはお好みの辛さになるよう少しずつ入れてください”と記載されているように、デフォルトでもすでに胡椒が加わっているようでしたので、味を確かめながら調整してみると良いでしょう!

さらに、かやくには…

  • キャベツ
  • 人参
  • コーン
  • ねぎ

が入っています。

やはりタンメンというだけあって野菜の旨味も活かしたコク深くまろやかな仕上がりとなっているようですね!これら各種具材からも良い旨味が滲み出し、しっかりと混ぜ合わせることによって旨味も増していく…そんな申し分のない美味しさなんかも楽しめそうです!

他にも麺は、ご覧の通り厚みもあり若干幅広にも見える中太仕様のフライ麺が採用されており、もっちりとした弾力や強いコシを併せ持ち、麺量50gと夜食にもぴったりなサイズ感にも関わらずしっかりと食欲を満たしてくれそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力とコシが加わり、まだ別添されているスパイスを加える前の状態ではありますが…物足りなさを感じさせないコク深い“塩タンメンスープ”に刺激的な辛さが加わり、あっさありとした中にもコク深い“とろみ”が付き、旨味・辛みが絶妙にマッチしたインパクトのある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどのスパイスを加えていきます!
容器側面には少しずつ加えてください…と記載されていましたが、今回は一気に全部入れてみましょう!笑
すると…一気に胡椒ならではの風味が広がっていき、ポークの旨味を利かせたコク深くまろやかな“塩タンメンスープ”にぴったりなメリハリが加わり、後味すっきりとしたフレーバーに刺激的な辛さが際立っていきます!!

ご覧の通りスパイスはそこまで多くはないようにも見えますが…胡椒だけでなく黒胡椒なんかも含まれているようで細かく挽いた黒い粒々なんかも確認でき、この時点ではまだ胡椒ならではの風味が広がっていくだけで、どれほどの辛さが表現されているのかは定かではないものの…シリーズらしい強烈な辛さが楽しめる“EDGE”シリーズらしい一杯のようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ポークや“でん粉”がしっかりと利いたことで後味すっきりとした“塩タンメンスープ”にはコク深い“とろみ”が付き、それによって濃厚にも感じられる旨味溢れる味わいが刺激的な辛さとともにじっくりと楽しめそうです!!この“とろみ”・コクは思っていた以上ですね!

また、具材として使用されている相性抜群な野菜とも相性良く馴染み、シャキシャキとした食感や彩りの良い具材が物足りなさを感じさせることもなく、タンメンとしては非常に珍しい“とろみ”を付けたコク深くまろやかなテイストのようで、思っていたよりも旨味が凝縮されているようにも感じられます!

食べてみた感想

一口食べてみると…この“とろみ”を付けた“塩タンメンスープ”の仕上がりはポークの旨味をベースに相性抜群なガーリックなど香味野菜をバランス良く合わせ、さらに別添されているスパイスに含まれる胡椒ならではの風味豊かな刺激がちょうど良いメリハリとなって最後まで全く飽きさせません!そしてその気になる辛さについては…割と強烈です。。食べ進めていくに連れて旨味・辛さが増していくんですが、後半にもなるとかなり辛いですね!美味しくいただくなら半分くらいでも良かったかもしれません!

ちなみにベースとなる“塩タンメンスープ”はポークをベースに野菜の旨味がたっぷりと利いているため、当然タンメンらしさもありつつ…“とろみ”を付けたことで寒くなるこれからの季節にもぴったりな体の中から温まる胡椒の辛さが心地良く、まさにキレとコクのあるスープがちょうど良いボリューム感として気軽に楽しめるレギュラーサイズの一杯となっています!…ただ、このやみつき感のあるスープは止まらなくなりますね。。

そのため、今回は別添されているスパイスを最初から全て入れましたが、しっかりと混ぜながら味や辛さを確認しながら足していくことによって自分好みの辛さで味わえるかと思われますので、少量とは言え徐々に加えていっても良いでしょう!もちろん全て加えてもポークや野菜の旨味が強めに利いていますから…全体のバランスとしては非常に良く、非常に満足度の高い後味すっきりとした仕上がりに間違いありません!(後は辛さの調整ですね。)

麺について

麺は、ご覧の通り厚みのあるやや幅広なフライ麺が採用されており、見た通りもっちりとした弾力や強いコシを併せ持つ密度感の高い仕上がりとなっていて、麺量50gと若干少なめの一杯ではありますが、思いのほかしっかりと食欲を満たしてくれる食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークをベースに相性の良い野菜の旨味を利かせ、コク深さを引き立てる“とろみ”を加えた濃厚とも言えるテイストに別添された胡椒によるガツンとした辛みを加えた“塩タンメンスープ”がよく絡み、一口ずつにコク深くまろやかな味わいや突き抜けるほどの胡椒らしい強い辛さなどが口いっぱいに広がっていき、胡椒特有の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが使用されていて、やや小さめにカットされてはいたものの…思ったよりもシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

また、こちらのコーンなんかも使用されており、じっくりと味わってみると…素材本来の甘みなんかも感じられ、今回のポークを利かせたコク深い“塩タンメンスープ”の味わいを損なうこともなく、むしろ見た目としてのワンポイントとして使用されているようにも感じられます!

さらにこちらの人参は、じっくりと味わってみると…素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、今回のポークを利かせたコク深い“塩タンメンスープ”の味わいを損なうこともなく、上記のコーンと同じく見た目としてのアクセントがプラスされているようにも感じられます!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、先ほどのキャベツと同じくほどよいシャキシャキ感があり、さらにちょうど良い薬味にもなったことで、ポーク・香味野菜を利かせたコク深い“塩タンメンスープ”の美味しさをより一層引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースに食欲そそるガーリックなどの香味野菜をバランス良く合わせ、さらに“とろみ”を付けたことでコク深い旨味が際立ち、別添されているスパイスを加えることで“驚き&やりすぎ”でお馴染み“EDGE”シリーズらしい刺激的な胡椒の強い辛さが際立ち、トロッとしたスープにメリハリを付けるかのように後引く辛さがクセになる…やみつき感抜群な“塩タンメンスープ”がたっぷりと楽しめる後味の良い仕上がりとなっています!

また、ポークの利かせ具合に関しても絶妙なバランスといったところで特に変な脂っこさもなく、あくまでコク深さ・まろやかさを引き立てるちょうど良い下支えとなったことで喉越しの良いスープを引き立て、塩味というところがまた良いですね!最後まで飽きの来ない後味の良さはこういった“塩タンメンスープ”ならではといったところではないでしょうか?

そしてなんと言っても別添されているスパイスを全て加えると、最初は良いんですが…徐々に全体に馴染むことで汗が滲み出るほどの刺激的な辛さが際立っていき、個人的にも想像以上に辛く感じられましたので、少しずつ加えて自分好みの辛さで味わってみると良いでしょう!もちろん全て加えても食べられないほど強烈な辛さというわけではなく、ポークや野菜の旨味がしっかりと利いているため、濃厚な“塩タンメンスープ”との相性は抜群です!

これはちょっと想像以上でしたね…今回はスパイスを全て入れて味を確かめてみましたが、お好みに合わせて量を調整してみると…“EDGE”シリーズらしい“やりすぎ”な味わいがちょうど良い“塩タンメンスープ”として楽しめるので、ぜひ調整しながら少しずつ加えてみてください。(そもそも後半にもなると徐々に辛さも増していきます。)

このように、今回の“EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン”は、ポークの旨味や香味野菜をバランス良く合わせ、“とろみ”と付けたことでコク深い“塩タンメンスープ”に仕上げ、そこに別添されているスパイスを加えることでシリーズらしい強烈な辛さがプラスされ、寒さ吹き飛ぶパンチのあるキレと辛みがたっぷりと楽しめる濃厚とも言える味わいを表現、そこにもっちりとした弾力やコシの強い食感を併せ持つフライ麺が食欲をしっかりと満たしてくれるインパクト抜群な一杯となっていたため、スパイスの量を調整してお好みの辛さでコク深い“塩タンメンスープ”を堪能してみると良いでしょう!

まとめ

今回「EDGE コショウききすぎとろみ塩タンメン」を食べてみて、ポークの旨味をベースにによってコク深く厚みのある仕上がりとなったコク深い“塩タンメンスープ”には、相性抜群とも言えるガーリックの旨味が食欲を掻き立て、さらに“とろみ”を付けたことでコク深く濃厚な喉越しを表現し、レギュラーサイズにも関わらず物足りなさを一切感じさせることもなく、そこにシリーズらしい胡椒たっぷりの刺激的な辛さがクセになるインパクト抜群な一杯となっていました!

やはりこのシリーズは“驚き&やりすぎ”といったコンセプト通りインパクトのあるフレーバーで満足度もかなり高いですね!そもそも“とろみ”を付けたコク深い“塩タンメンスープ”にもしっかりと旨味が凝縮されているため、別添されているスパイスはお好みに合わせて調整してみると、自分好みの辛さで味わえる後味さっぱり・濃厚な一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!