カップ麺

ローソンのカップ麺 “ローソンセレクト ごま香る担々麺” 焙煎ごまが香り立つ刺激的な一杯

ローソンセレクト ごま香る担々麺

ローソンセレクト ごま香る担々麺」を食べてみました。(2015年5月発売・日清食品)

この商品は、お馴染みローソンで取り扱っているPB商品“ローソンセレクト”から1年を通して取り扱い・発売されているもので、担々麺らしくポークや練り胡麻の旨味・コクを利かせたスープにラー油や唐辛子の辛みを加え、刺激的な味わいとともに後引く旨味と辛みがクセになるCPの高い一杯、“ローソンセレクト ごま香る担々麺”となっております。(税込138円)

ご覧の通り、パッケージには“ごま香る担々麺”といった商品名が非常にわかりやすく配置され、そもそもラー油の辛みをイメージさせる深みのある赤を基調とした統一感のある雰囲気のデザインであしらわれ、“焙煎ごまの香り豊かな旨辛スープ”といった特徴が端的に記載されています!

また、さりげなく“ローソンセレクト”のロゴなんかもしっかりと表記されているのが確認できますね!とにかくこのシリーズは余白をうまく使った品のあるパッケージデザインが印象的となっています!

ローソンセレクト ごま香る担々麺 パッケージ

ちなみにこの“ローソンセレクト”、もちろんカップ麺だけでなく様々な各種お総菜なんかも取り扱いされていて、さらにその中でも“ローソンセレクト プレミアム”シリーズといったワンランク上の商品なんかも発売されているため、カップ麺シリーズでもそのうち“プレミアム”な一杯が登場するのかもしれません!“どんぶり型”でリッチな一杯を地味に期待しています!
※“ローソンセレクト”自体は2010年からカップ麺以外の商品から順次販売開始されています!

一方こちらには、練り胡麻を利かせた担々麺らしいコク深く濃厚な味わいと刺激的な辛みがマッチした仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚ミンチ・チンゲン菜・ごま・赤唐辛子が使用されているようです!売価138円の割にチープな仕様というわけではなさそうですね!想像以上にたっぷりと具材が使用されています!

そしてこの香り立つ湯気のイメージなんかもふんわりと練り胡麻や味噌などの風味を思わせ、ストレートに担々麺らしいコク深く辛みが調和した満足度の高い一杯であることが伝わってきます!後ほど詳しくご紹介しますが、この一杯には豆板醤や花椒といった材料が使用されていないため(使用されていたとしてもごくわずか)、割と万人受けするかのような後味の良さに際立った味わいとも言えるでしょう!

さらに、このローソンセレクトのカップ麺は5種類あり、中でも“コク旨とんこつラーメン”と“ごま香る担々麺”に関しては、調味料が別添されている仕様のせいか…他の“しょうゆラーメン”や“みそラーメン”、“しおラーメン”の価格(税込120円)よりも若干ではありますが高くなっています!…とは言え税込み138円ですからね!かなりリーズナブルな一杯であることに間違いありません!

他にも特徴として…麺はやや細め・わずかながら幅広な仕様で食感滑らかな油揚げ麺が採用されていて、すすり心地の良さはもちろん、一口すするごとに練り胡麻の旨味に唐辛子による刺激的なアクセントが相性良く合わさり、ねっとりし過ぎることのない後味すっきりとしたバランスの良い担々麺が気軽に楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

年中ローソンで目にする割安なPB商品ということで仕上がりの方が気になるところではありましたが…想像以上に辛みは強く、その上担々麺らしいコク深くまろやかな旨味が味噌によって引き立ち、まさにキレとコクがバランス良く表現されたクセになる一杯となっていました!
これは特に、花椒や練り胡麻を抑えつつ…非常に食べやすい担々麺をリーズナブルかつ気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はローソンでお馴染みの“ローソンセレクト”から発売されている練り胡麻の旨味に焙煎ごまの香ばしさが食欲そそる一杯、「ローソンセレクト ごま香る担々麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

【追記】この商品は、2020年4月14日に“Lベーシック コク旨担々麺”として全面リニューアル発売されています!

Lベーシック コク旨担々麺
ローソンのカップ麺 “Lベーシック コク旨担々麺” 芝麻醤が香り立つ濃厚な一杯「Lベーシック コク旨担々麺」を食べてみました。(2020年4月14日発売・日清食品/ローソン限定) この商品は、お馴染みローソン...

ローソンセレクト ごま香る担々麺

今回ご紹介するカップ麺は、ローソンで1年を通して取り扱いされているPB商品“ローソンセレクト”のひとつで、担々麺ならではのコク深い練り胡麻の旨味がポークや味噌と相性良く溶け込み、唐辛子による割と強めに表現された辛みがちょうど良いアクセントとなったことで、ドロッとした仕上がりではなく、後味すっきりとした清々しく想像以上に本格的な味わいが表現された一杯、“ローソンセレクト ごま香る担々麺”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている“調味油”を剥がしてみると…こちらにも練り胡麻の旨味を利かせた濃厚なスープにラー油が広がり、焙煎ごまの香ばしい風味が漂う仕上がりイメージが掲載されていて、このたっぷりと使用された具材から立ち上る湯気がまた食欲そそりますね。。

ちなみに、この“ローソンセレクト”として発売されているカップ麺は、この“しょうゆラーメン”以外にも以下のような商品が取り揃えられています!この計5種類はほぼ定着してローソンに陳列されており、リーズナブルな値段からも“おにぎり”のお供としてお馴染み・ご存知の方も多いのではないでしょうか?
※“コク旨とんこつラーメン”に関しては2019年12月4日をもって生産終了となっています。

また、ローソンのカップ麺シリーズには今回ご紹介するようなPB商品“ローソンセレクト”の他にも全国の名店とのコラボによってその店舗監修を元に店の味わいをカップ麺に再現した“ローソン名店シリーズ”というシリーズも大変好評となっています!詳細はぜひこちらの記事もご覧ください!

「ローソン」カップ麺 “名店シリーズ” あの名店の味が気軽に楽しめる!!【随時更新】
“ローソン名店シリーズ” カップ麺!あの名店の味が気軽に楽しめる!!【随時更新】「“ローソン名店シリーズ”」をご存知ですか? この“ローソン名店シリーズ”とは、全国の名店と呼ぶにふさわしいラーメン店とのコラボに...

それでは、今回の“ローソンセレクト ごま香る担々麺”がどれほど練り胡麻や味噌の旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?唐辛子によるアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもすすり心地の良いやや細めの滑らかな麺との相性・バランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り350kcal(めん・かやく295kcal / スープ55kcal)となっております。(塩分は4.8g)

カロリーは、濃厚なイメージの担々麺とは思えないほど低めな数値のようで、塩分もまた同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり78g、麺の量は60gということで、手に持った感じだと他のカップ麺と比べて一回り小さな容器にも感じられるんですが…こちらを見る限り特別量が少ないというわけではないようですね!
※サイズ的にはお馴染み“カップヌードル”と同等となっています!

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで55kcalとそこまで高い数値ではないようですので、やはり担々麺らしい練り胡麻の旨味はこってりとした仕上がりというわけではなく…味噌ならではのキレとコクが美味しさを引き立て、さらに唐辛子による刺激的な辛さがちょうど良いアクセントと後味すっきりとした飽きの来ない“旨辛スープ”といったコピーにふさわしい仕上がりを連想させます!
※参考までに“ローソンセレクト しおラーメン”はスープ10kcal、同じく“みそラーメン”はスープ33kcalとなっています。

このように、この“ローソンセレクト”シリーズは割とカロリー・塩分が低めに抑えられているようで、割とヘルシーに楽しめるカップ麺と言えるでしょう!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、糖類や“ごま”をはじめ…

  • クリーミングパウダー
  • ねりごま
  • 食塩
  • ポーク調味料
  • 植物油脂
  • 豚脂
  • 香辛料
  • オニオンパウダー
  • ピーナッツバター
  • みそ調味料
  • 粉末しょうゆ

といった、練り胡麻の旨味をポークや味噌によってコク深く引き立てられ、醤油や唐辛子といったキレの良さを際立たせる材料によって後味すっきりとした飲み飽きることのない味わいを想像させる材料が並びます。

さらに麺の項目を見てみると…チキンエキスや香辛料なんかも使用されているようで、スープとの相性や味わいなんかも気になるところ。

また、この商品は日清食品が製造を行っているようで、こちらにも“(株)ローソンと日清食品(株)との共同開発商品です。”と記載されているのが確認できます!

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、チキンエキス(卵・乳成分を含む)、香辛料(小麦・乳成分を含む))、スープ(糖類、ごま、クリーミングパウダー(乳成分を含む)、ねりごま、食塩、ポーク調味料(小麦・乳性分を含む)、植物油脂(ごまを含む)、豚脂、小麦粉、香辛料(小麦・乳成分を含む)、オニオンパウダー(小麦・乳性分を含む)、ピーナッツバター、みそ調味料(小麦・大豆・豚肉を含む)、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む))、かやく(味付豚ミンチ(小麦・卵・大豆を含む)、チンゲン菜、ごま、赤唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等:大豆由来)、香料(小麦・落花生・ごま・大豆・豚肉由来)、炭酸Ca、かんすい、増粘多糖類、カロチノイド色素、カラメル色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE:乳・大豆由来)、くん液、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物

栄養成分表示 [1食 (78g) 当たり]
熱量350kcal
たんぱく質8.6g
脂質14.8g
炭水化物47.2g
糖質:44.2g
食物繊維:3.0g
食塩相当量4.8g
めん・かやく: 1.8g
スープ: 3.0g
ビタミンB10.19mg
ビタミンB20.24mg
カルシウム124mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“調味油”と記載された調味料が別添されています!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触った感じだと恐らくラー油を含んだ油分といった割とさらっとした状態のようでしたので、調理中にフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

そして、具材には…

  • 味付豚ミンチ
  • チンゲン菜
  • ごま
  • 赤唐辛子

が入っています。

特に味付豚ミンチは、パッケージの仕上がりイメージにも引けをとらないほど数多くの仕様となっているようで、PB商品のリーズナブルな値段の割に決してチープな一杯というわけではなく、しっかりと具だくさんな仕様となっているようですね!こちらもまた各種具材の食感や滲み出る旨味との相性なんかも気になるポイントとなりそうです!

また、麺はご覧の通り若干厚みがあり、ほんの少しだけ幅広にも見えるすすり心地の良さそうな油揚げ麺が採用されていて、先ほどもお伝えした通りほんのりと味付けが施されたことで、スープの旨味を引き立てるかのような仕様となっています!

ちなみにこの“ローソンセレクト”のカップ麺シリーズは、太さなどの形状はほぼ同等の麺が採用されているようですが、原材料を比較してみると若干味付けが異なるようで、そのフレーバーに合った味付けがうまく施されているようですね!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの麺や具材がふっくらとした仕上がりとなり、つるっと滑らかな麺とともに食感の良い具材が心地良いアクセントとなった濃厚感もありながらも飽きの来ない後味すっきりとした担々麺…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの調味油を注いでいきます!
すると…ご覧の通り強い辛みを思わせる赤みを帯びたラー油のような油分となっていて、刺激的なアクセントがスープ一面に広がっていきます!

ちなみに、担々麺らしい花椒の爽やかな風味はそこまで感じられませんね。。

そしてこの調味油を加えることによって、食欲そそる唐辛子やラー油による刺激的なアクセントが加わり、練り胡麻や味噌といったコクのある旨味とうまく調和したことによって後味すっきりとした飽きの来ない味わいを表現しているものと思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…想像していた担々麺よりも割とさらっとした感じで、練り胡麻や味噌ならではのコクのあるスープに仕上がり、見るからに豊潤な味わいを想像させる一杯となっています!

さらに担々麺にもぴったりなチンゲン菜なんかも豊富に使用されているようで、食感の良さとともに味付豚ミンチからも良い旨味が滲み出し、後味すっきりとした味わいと交わることでメリハリが付き、最後まで飽きることなくじっくりと楽しめそうな一杯のようですね!

このように今回の“ローソンセレクト ごま香る担々麺”は、非常に食べやすい担々麺というんでしょうか?練り胡麻によるまったりとしたこってり感といった感じは一切なく、唐辛子やラー油によるアクセントによってキレの良い後味の良さに際立っているようです!

そのため、花椒のビリビリと痺れるような辛みというよりも…唐辛子の強い辛さが印象的で、お好みによっては山椒などを追加してみると自分好みの味わいでじっくりと楽しめるかもしれませんね!

食べてみた感想

一口食べてみると…練り胡麻の旨味が味噌やポークによって引き立てられていますが、やはりこってり感といった印象は全くなく、焙煎ごまの風味豊かな後味の良いすっきりとした担々麺となっています!

そのため、味の濃さ・旨味はあるものの、担々麺でよくイメージする濃厚などろっとしたスープというわけではなく、まさに万人受けするかのようなキレの良い口当たりが好印象といったところ!

そして気になる辛さについてですが、こちらは意外にもしっかりとした強い辛さが表現されていますね!特に唐辛子の辛さとなるんですが…こちらもやはり花椒の痺れる辛さが強調されているわけではありませんので、幅広い層に好まれるテイストであり、後引く辛さが旨味を引き立てる…そんな旨味溢れる担々麺をうまく際立たせているようにも感じられます!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みのある若干幅広な麺となっていて、ほどよく味付けが施されたことでスープとの相性なんかも考慮されており、つるっと滑らかな食感とすすり心地の良さが印象的な麺に仕上がっています!

そんな麺には、ポークや味噌、そして練り胡麻の旨味がバランス良く合わさったコク深いスープがよく絡み、一口ずつに存在感のある担々麺らしい刺激的で濃い目の味わいが口いっぱいに広がっていき、焙煎ごまの香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

ただ…他の“ローソンセレクト”と同じく、若干柔らかくなりがちな仕上がりとなっていたため、調理時間を少し短くしてみたり、具材よりも先に麺から早めに食べ進めていくと良いかもしれませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚ミンチが入っていて、使用されている数やサイズには申し分なく、じっくりと噛んで味わってみると…ほどよい味付けとともに肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、やはり食べはじめはスープ底に沈めておき、先に麺を中心に食べ進めて行くと良いでしょう!

そして後ほど麺や他の具材と一緒に絡めて食べてみると…より一層担々麺の旨味を引き立てて楽しめるかと思われます!

また、こちらのチンゲン菜は、思っていたよりもたっぷりと使用されていて、シャキシャキとした食感はもちろん、素材本来の旨味・風味なんかもしっかりと感じ取ることができる担々麺には欠かせない具材のひとつとして彩り良く添えられています!

さらに、こちらの“ごま”や唐辛子なんかもさりげなく使用されていて、焙煎ごまならではの香ばしい風味が担々麺に非常に相性良くマッチし、さらにこの唐辛子がピリッとした辛みを際立たせる手の込んだ仕様となり、リーズナブルな一杯とは思えない旨味・風味が表現されているようです!

そして、これら具材を麺と一緒に絡めて食べてみると…実に様々な旨味や食感が加わり、より一層担々麺ならではの旨味を際立たせて楽しめるでしょう!担々麺には肉の旨味やチンゲン菜が合うんですよね!まさに辛旨な仕上がり!

スープについて

スープは、ポークをベースに味噌や練り胡麻の旨味やコクが相性良く溶け込み、しっかりとした味が表現されているんですが、スープ自体は割とさらっとした仕上がりとなっていて、キレのある口当たりとともに唐辛子やラー油による強めの辛みが後味すっきりと感じさせる清々しい味わいが表現されています!

また、味付けが施された麺やたっぷりと使用された味付豚ミンチなどからも良い味が少しずつ滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していき、さらに汗を誘う刺激的な辛さがクセになったことで最後まで飽きることなく旨味・コクのある担々麺を堪能することができるでしょう!

このように、今回の“ローソンセレクト ごま香る担々麺”は、練り胡麻の旨味をポークや味噌によってコク深く引き立てられ、豆板醤や花椒などが抑えられたことによって割とさらっとしたスープに仕上がり、担々麺特有の痺れなどもなかったため、後味の良さに際立った一杯でしたので、お好みによって豆板醤や山椒などを加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ローソンセレクト ごま香る担々麺」を食べてみて、1年を通してローソンのカップ麺コーナーに陳列されている“ローソンセレクト”のカップ麺のひとつ“ごま香る担々麺”は、焙煎ごまの風味豊かなキレの良い口当たりやすっきりとした後味の良さが際立ったことで、後引く辛さ・旨味がたまらない…最後まで飽きの来ない一杯となっていました!

これはリーズナブルな商品とは思えない想像以上にクオリティの高い仕上がりで、さらに自分好みの香辛料などを加えてアレンジなんかも楽しめることを考慮すると…ある程度常備しておいても十分価値ある一杯と言えるでしょう!

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!