カップ麺

【マルちゃん】緑の天ぷらうどん!新たに“あおさふりかけ”を追加した出汁染みる風味豊かな一杯

【マルちゃん】緑の天ぷらうどん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

緑の天ぷらうどん」を食べてみました。(2023年11月6日発売・東洋水産

この商品は、昨年も登場した“緑のたぬき”を彷彿とさせつつも変わり種の天ぷらを添えたフレーバーで、鰹節や昆布、煮干しの出汁をベースにしたじんわりと染み渡る“つゆ”に仕上げ、具材には“あおさ天ぷら”や“あおさ揚げ玉”を使用したことによって磯の風味豊かな“天ぷらうどん”を表現、魚介出汁染みるキリッとした味わいを引き立てる磯の風味が絶妙にマッチし、そこにもっちりとした“うどん”を合わせた風味豊かな一杯、“緑の天ぷらうどん”となっております。(値段:税別236円)

ご覧の通り、パッケージには東洋水産の“和風丼カップ麺”シリーズお馴染みの商品名が大半を占めるデザインとなっていて、通常の“緑のたぬき天そば”とは違い、もっちりとした“うどん”や“あおさ天ぷら”を合わせており、今年は“あおさふりかけ”を追加、さらに今回は紅生姜揚げ玉をトッピングした“紅生姜天ぷら”を使用した一杯、“赤い天ぷらそば”も同時発売されています!(“あおさ天ぷら”と“紅生姜天ぷら”それぞれの色合いを合わせ、さらに“そば”と“うどん”が入れ替わっているわけですね…ややこしい。)

一方、こちらには鰹節や昆布、煮干しなど魚介出汁を利かせた染み渡る透明度の高い“つゆ”に“緑のたぬき”の大きな“天ぷら”ではなく緑色の“あおさ天ぷら”が添えられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…あおさ天ぷら・あおさ揚玉・“かまぼこ”が使用されているようです!…やはり緑な“天ぷら”はインパクトありますね!
※“ふりかけ”には新たにアオサが使用されています。

また、こちらには…“あおさ天ぷら×あおさふりかけ”と記載されているように、“緑のたぬき”を彷彿とさせる魚介出汁を利かせたじんわりと染み渡る“つゆ”の美味しさはそのままに、“あおさ天ぷら”や“あおさ揚玉”、さらに“あおさふりかけ”からも良い旨味や磯の風味が広がっていき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなシンプルながらも素材の旨味を活かした安定感のある味わいが楽しめそうです!(この辺りに関しては恐らく間違いないでしょう。)

その他にも特徴として…麺はシリーズならではの厚みもあり幅広な“うどん”が採用されており、もっちりとした弾力やコシのあるつるっと滑らかな食感を表現、そこに鰹節や昆布、煮干しなどの魚介出汁をしっかりと利かせた染み渡る“和風つゆ”に“あおさ天ぷら”や“あおさ揚げ玉”、“あおさふりかけ”から滲み出す磯の風味が旨味を引き立てる満足度の高い味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

まず安定感のあるテイストで間違いなく、緑の“あおさ天ぷら”や“あおさ揚玉”から滲み出す磯の風味が今回の特徴でもありますので、サクサク食感の“天ぷら”として楽しむというよりもじんわりと染み渡る“つゆ”とよく馴染ませながら食べ進めていくことによって魚介出汁を利かせた“つゆ”の旨味が引き立ち、“天ぷら”ならではのほどよい油分なんかも臨場感をプラス、そこにもっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持つ太い“うどん”が絶妙にマッチしたことで食欲をしっかりと満たしてくれる香り高い仕上がりとなっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2023年11月6日に東洋水産株式会社から発売された「緑の天ぷらうどん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

緑の天ぷらうどん

今回ご紹介するカップ麺は、東洋水産のお馴染み“和風丼カップ麺”シリーズの新商品ということで、鰹節や昆布、煮干しなど魚介出汁を利かせた醤油ベースの“和風つゆ”に変わり種となる“あおさ天ぷら”を使用し、他にも“あおさ揚玉”や“あおさふりかけ”からも磯の風味やほどよい油分が滲み出す安定感のある味わいを表現、そこにシリーズらしいもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた太い“うどん”が食欲を満たす風味豊かな一杯、“緑の天ぷらうどん”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ご覧の通りパッケージは“緑のたぬき”を彷彿とさせる緑を基調にフタの大半を占める商品名が印象的で、今回は“あおさ天ぷら”・“うどん”使用ということで、いつもとはひと味違った旨味や風味、そして弾力のある麺が楽しめる仕様となっており、特に“あおさ”を加えた“天ぷら”に拘った一杯のようですね!(一方では紅生姜揚げ玉をトッピングした“紅生姜天ぷら”・“そば”を使用した“赤い天ぷらそば”も同時発売されています。)

ちなみにこのシリーズとしては、“赤いきつね(2018年で40周年)”と“緑のたぬき(2020年で40周年)”の周年記念としてこれまでも様々なフレーバーが登場し、各種具材を取り替えたりまとめてみたりと…ひと味違ったテイストがいくつか発売されており、今回発売された2商品は“きつね”や“たぬき”の文字が使用されていないものの、“あおさ”を加えた“あおさ天ぷら”と紅生姜を加えた“紅生姜天ぷら”がそれぞれメインの具材として使用されており、今後の商品展開なんかも気になるところ!(ちょっとややこしい点が若干微妙ではありますね。。大差ないような…)

それでは、今回の“緑の天ぷらうどん”がどれほど鰹節や昆布、煮干しなどの出汁を利かせた染み渡る旨味を凝縮した仕上がりとなっているのか?今回新たに“あおさふりかけ”を加え、“あおさ天ぷら”や“あおさ揚玉”から滲み出る磯の風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしい太くもっちりとした弾力のある“うどん”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り448kcal(めん・かやく418kcal / スープ30kcal)となっております。(塩分は4.1g)

カロリーは、大きな“あおさ天ぷら”や“あおさ揚玉”が使用されているにも関わらず…魚介出汁をうまく活かした後味の良い“和風つゆ”ということもあってレギュラー商品と同等の数値のようで、塩分もやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり90g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと30kcalとシリーズらしく鰹節や昆布、煮干しなど魚介出汁の旨味を存分に活かしたことであっさりとした中にも物足りなさを感じさせない味わい深い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

“つゆ”には、食塩や“しょうゆ”をはじめ…

  • 粉末かつおぶし
  • 粉末こんぶ
  • 粉末煮干し
  • 香辛料
  • 植物油

といった、シリーズらしい鰹節や昆布、煮干しなど魚介出汁の旨味をしっかりと利かせた深みのある“和風つゆ”に仕上がり、そこに今回新たに使用された“あおさふりかけ”から滲み出す旨味や磯の風味豊かな香りが絶妙にマッチしたじんわりと染み渡る味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:伊万里東洋株式会社(佐賀県)

JANコード4901990376259
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、かやく(あおさてんぷら、あおさ揚玉、かまぼこ)、添付調味料及びふりかけ(食塩、しょうゆ、砂糖、粉末かつおぶし、粉末こんぶ、粉末煮干し、たん白加水分解物、あおさ、香辛料、植物油)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、カラメル色素、レシチン、増粘多糖類、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、カロチン色素、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・大豆・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (90g) 当たり]
熱量448kcal
めん・かやく: 418kcal
スープ: 30kcal
たんぱく質6.3g
脂質24.4g
炭水化物50.9g
食塩相当量4.1g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 2.1g
ビタミンB10.25mg
ビタミンB20.24mg
カルシウム153mg

引用元:緑の天ぷらうどん | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りすでに具材などが入っていて、粉末スープと“ふりかけ”が一緒になった調味料がひとつ入っています。やはり“あおさ天ぷら”や“あおさ揚げ玉”が非常に印象的といったところ!

そして、こちらが今回使用されている調味料となっていて、先入れ仕様の粉末スープということで、シンプルながらも魚介出汁の旨味を活かした物足りなさを感じさせない後味すっきりとした“和風つゆ”に期待できそうです!(“あおさふりかけ”は今回新たに追加されています。)

また、具材には…

  • あおさ天ぷら
  • あおさ揚玉
  • かまぼこ

が入っていて、容器底にはお馴染みの“かまぼこ”なんかも隠れています!
そしてなんと言っても一際目を惹くのがこの“あおさ天ぷら”で、サイズもさることながら、“あおさ”を使用しているとだけあって緑色の“天ぷら”が奇抜ですね…!

他にも“あおさ揚玉”が使用されたことで魚介出汁を利かせた“つゆ”の旨味や風味を引き立てるかのように相性抜群な香りをプラスしているように感じられます!

また、麺はご覧の通りシリーズらしい厚みのある幅広な“うどん”が採用されていて、見るからにもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えたつるみのある食感が楽しめそうです!

調理してみた

ではまず、粉末スープを入れてみます。
すると…粉末ながらも魚介出汁の染み渡るような風味が香り立ち、今回は“あおさふりかけ”が追加された代わりに“わかめ”が使用されていません。

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:350ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの“うどん”や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“うどん”にはもっちりとした弾力が加わり、さらに“あおさ天ぷら”がしっかりと湯戻りしたことで、食べ進めていくに連れて旨味が滲み出し、“あおさ”特有の旨味や風味が際立つ味わい深い一杯…といった印象の出来上がりです。(サクサク感を楽しむために後入れ仕様にしても良さそうですが…)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして全体が馴染んだら最後に“あおさふりかけ”を加えて完成となります!
すると…イメージ通り魚介出汁をうまく利かせた後味の良い“和風つゆ”に仕上がり、大きな“あおさ天ぷら”が良い感じで湯戻りしたことでまだ若干のサクサクとした食感もあり、しっかりと“和風つゆ”に馴染ませ・旨味として溶け込ませることによって味わい深いテイストに磯の風味が際立って楽しめそうです!

特に今回の“あおさ天ぷら”は、サクサク食感も楽しみたいところではありますが…出汁の利いた“和風つゆ”に旨味を滲み出してもらうことによって、じんわりと染み渡る“和風つゆ”の旨味に“あおさ”の旨味・風味が際立ち、結果“つゆ”の旨味も増すんですよね!(個人的には半分“天ぷら”として楽しみ、残りはしっかりと“つゆ”に溶け込ませ、旨味として馴染むくらいがちょうど良いような気がします。)

食べてみた感想

一口食べてみると…やはりこのシリーズのフレーバーは安定感がありますね!醤油をベースにした“和風つゆ”に鰹節や昆布、煮干しなど魚介出汁の旨味がしっかりと利いていて、動物系の旨味を使用していない“純和風つゆ”にも関わらず物足りなさといった感じは一切なく、ほんのり香る“あおさ”の風味が臨場感の高い味わいを引き立て、想像以上に品のある絶妙な仕上がりとなっています!

というのも…具材として使用されている“あおさ天ぷら”や“あおさ揚玉”から滲み出す“あおさ”ならではの磯の風味が“つゆ”に滲み出すからであって、やはりこれらの具材はサクサクとした食感として味わうのではなく、旨味として馴染ませた方が美味しいですね!そもそも“あおさ”は魚介出汁との相性も抜群ですから、魚介出汁の旨味を利かせた“和風つゆ”はじんわりと染み渡り、緑の“天ぷら”といった見た目としても印象的といったところ!

また、この“あおさ天ぷら”からは“あおさ”の旨味や磯の風味だけでなく“天ぷら”ならではの油分なんかも滲み出していくため、しっかりと“つゆ”と馴染ませることによって香ばしい風味なんかも際立ち、食べ進めていくに連れてホロホロと崩れていくのと同時に満足度も増していく…そんな安定感のある味わいが表現され、魚介出汁を利かせた“和風つゆ”が好みの方なら誰もが好む間違いない一杯と言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもある幅広なシリーズらしい太い“うどん”となっていて、もっちりとした弾力やつるっと滑らかな食感が心地良く、ほどよいコシを兼ね備えた食べ応えのある仕上がりとなっていて、この辺りに関しては申し分ありません!

そんな“うどん”には…鰹節や昆布、煮干しなど魚介出汁の旨味をバランス良く利かせ、具材として使用された“あおさ天ぷら”や“あおさ揚げ玉”、“あおさふりかけ”から滲み出す磯の風味や香ばしさを引き立てた“和風つゆ”がよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る出汁の旨味が口いっぱいに広がっていき、魚介出汁だけでなく…ほんのり香る“あおさ”ならではの磯の風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらの大きな“あおさ天ぷら”が使用されており、ボリューム感や緑色のインパクトはもちろん、仕上がり自体はほんのり“あおさ”の風味が香り立つ程度のアクセントとなっていて、磯の風味だけでなく“天ぷら”ならではの香ばしさやほどよい油分が“和風つゆ”の美味しさを引き立てる相性抜群な具材となっているため、食べはじめはしっかりと“つゆ”に沈めておき、後ほど太い“うどん”と一緒に絡めていただくと、より一層“あおさ”の旨味・風味も増して楽しめるかと思われます!

また、こちらの“あおさ揚玉”は…ご覧の通り食べはじめからすでにふんわりとした仕上がりとなっていて、揚玉としてサクサク食感を楽しむというよりも、今回の魚介出汁染みる“和風つゆ”に磯の風味を引き立てる相性抜群な具材として数多く使用されているようです!(このホロホロと崩れる揚玉が“和風つゆ”と馴染む仕上がりがまた美味しいんですよね。)

さらに、こちらの“かまぼこ”なんかも使用されているんですが、数は非常に少なく、もちろん味付け自体も感じられないものの…華やかな彩りをプラスし、今回の一杯に見た目としてのアクセントを引き立てているようです!

他にも、こちらの“あおさふりかけ”は、今回新たに追加されたもので、上記の“あおさ天ぷら”や“あおさ揚玉”よりも遙かに磯の風味が際立ち、やはり今回のフレーバーにぴったりな具材として絶妙にマッチしています!(“あおさ”そのものを“ふりかけ”に加えた方が良いと前作のレビュー記事に書いたんですが、やっぱりそうなりましたね。)

“つゆ”について

“つゆ”は、鰹節や昆布、煮干しなど魚介出汁を利かせた醤油ベースの“和風つゆ”に仕上げ、そこに具材として使用された“あおさ天ぷら”をはじめ…“あおさ揚げ玉”や“あおさふりかけ”から滲み出す磯の風味や油分によってどんどん旨味が増していき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな旨味が詰め込まれた臨場感の高いテイストとなっています!

そして、肝心の醤油も変に塩気が強いわけではなく、キリッとしたシャープな飲み口が心地良く、それを引き立てる魚介出汁がじんわりと染み渡り、さらに各種具材からも旨味が滲み出すことでコク深さが際立ち、メリハリの付いた“和風つゆ”として安定感のある味わいがたまらなく、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。というかシンプルながらも“あおさ”の旨味・風味が加わったことで繊細な旨味がより一層際立って感じられます!

また、食べ進めいていくに連れてホロホロと崩れていく“あおさ天ぷら”からも“あおさ”ならではの良い旨味や風味が滲み出し、食べはじめは比較的シンプルでキリッとした“和風つゆ”となっているんですが、徐々にコク深さが際立っていき、喉越しの良いスープに変化していくため、お好みによっては七味などの香辛料を加えてキレの良さをプラスしてみても良いでしょう!

さらに、そもそもベースとなる“和風つゆ”がクオリティ高い仕上がりとなっているため、幅広い層に好まれるフレーバーであることに間違いなく、“あおさ”をはじめ…“わかめ”とともに魚介系の旨味が際立つことで満足度もまた増していき、“和風丼カップ麺”シリーズならではの複雑で繊細な旨味が染み渡り、最後まで飽きることなく出汁の美味しさが楽しむことができ、しかも価格は“緑のたぬき”などのレギュラー商品と同じ税別236円なので割とリーズナブルに感じられます!

まとめ

今回「緑の天ぷらうどん」を食べてみて、昨年も発売されていた“あおさ天ぷら”と“うどん”を組み合わせた一杯には…鰹節や昆布、煮干しなど魚介出汁がバランス良く溶け込み、見た目としてのインパクトが強い“あおさ天ぷら”や“あおさ揚玉”、“あおさふりかけ”が印象的で、食べ進めていくに連れて色味だけでなく“あおさ”ならではの磯の風味が“天ぷら”の油分とともに滲み出し、唐辛子と思われるアクセントが加わったことで最後まで飽きることなく、なんと言ってももっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えたつるっと滑らかな太い“うどん”が喉越し良く楽しめる…そんな満足度の高い一杯となっていました!

やはりこの“和風丼カップ麺”シリーズは素材の旨味をうまく活かしたテイストが美味しいですね!特に奇抜なフレーバーではないものの…安定感のある出汁の旨味や“あおさ天ぷら”を使用したことで磯の風味が魚介出汁と絶妙にマッチした間違いない“和風つゆ”は全体の旨味としてのバランスがしっかりと考慮されており、“あおさ”の風味が相性良く溶け込む香り高い仕上がりとなり、万人受けするかのような味わいが最後までじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です