飲み干す一杯

飲み干す一杯 鴨だし中華そば!鴨の旨味に魚介出汁を合わせたコク深く風味豊かな一杯

飲み干す一杯 鴨だし中華そば

飲み干す一杯 鴨だし中華そば」を食べてみました。(2022年3月7日発売・エースコック)

この商品は、お馴染みエースコックの人気シリーズ“飲み干す一杯”の“ご当地シリーズ”ではなく、珍しく定番ラインアップとしての新フレーバーで、鴨や鰹、昆布をベースに食欲そそる香味野菜をバランス良く合わせ、キリッとした胡椒がちょうど良いアクセントとなった醤油ベースのスープに仕上げ、別添されている調味油を加えることによって鴨と“焦がしねぎ”の香ばしさが広がる臨場感の高い一杯が登場です!

それも…上記の通り鴨の旨味をはじめ…鰹や昆布といった魚介出汁を合わせ、さらに香味野菜や香辛料をバランス良く利かせ、“焦がしねぎ”の風味が香り立つメリハリのある醤油スープに仕立て上げ、そこに茹で上げた麺のようなモチモチとした食感の“真空仕立て麺”が絶妙にマッチした素材の旨味を存分に活かしたシンプルながらも染み渡る美味しさがたまらない…シリーズらしいついつい飲み干したくなる旨味溢れる一杯、“飲み干す一杯 鴨だし中華そば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには鴨のイラストを背景に今回の“鴨だし 中華そば”といった商品名が大きく記載されており、そもそも“鴨出汁”を使用したラーメンは珍しくも感じられますので…鴨の旨味に魚介出汁や香味野菜を合わせたコク深くじんわりと染み渡る味わいや食欲そそる風味など、品のある仕上がりに期待したいところ!

飲み干す一杯 鴨だし中華そば パッケージ

また、こちらには2020年1月20日に発売された“博多 背脂とんこつ”を機に刷新されたエースコックの人気シリーズ“飲み干す一杯”のロゴも表示されています!このシリーズ、その名の通り素材の旨味をうまく活かしたスープが特徴的でついつい飲み干してしまうんですよね。。

そして今回の“鴨だし中華そば”の気になる特徴としては…上記の通り鴨や鰹、昆布をベースに食欲そそる香味野菜を利かせ、アクセントに胡椒、鴨や“焦がしねぎ”の風味が香る醤油スープとのことで、コク深い鴨の旨味を魚介出汁が繊細な味わいとして引き立て、旨味の詰まった醤油スープに別添された液体スープを加えることによって鴨や“焦がしねぎ”の風味が加わったことで最後まで飽きることなく楽しめる…シリーズらしいついつい飲み干したくなるスープに仕上がっているようですね!

…というか、この“飲み干す一杯”シリーズは別添されている調味料を加えることで想像以上に美味しいスープが気軽に楽しめるため、個人的にも好みのシリーズであり、毎回必ずチェックしている次第です。。笑

また、そもそも“飲み干す一杯”シリーズは1食当たりの量が若干少なめということもあって、シンプルながらも染みるようなコクのある味わいは小腹を満たしたい時なんかにちょうど良いサイズ感と美味しさがあり、別添されている液体スープを加えることによる美味しさは意外と侮れなく、その仕上がりに定評のあるシリーズなんですよね!

一方こちらには、“鴨だしで仕上げるこだわりスープ”と記載され、その背景には…鴨や鰹、昆布をベースに香味野菜や胡椒をしっかりと利かせ、鴨や“焦がしねぎ”の香ばしさが香り立つ醤油スープがモチモチとした中太仕様の“真空仕立て麺”に絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆加工品・ナルト・“ねぎ”が使用されているようです!

他にも特徴として…麺は茹で上げた麺のようなモチモチとした食感の“真空仕立て麺”が採用され、ほどよい弾力とコシを併せ持ったすすり心地の良い仕上がりとなり、それによって鴨の旨味や魚介出汁がバランス良くマッチし、さらに別添された“液体スープ”によって鴨や“焦がしねぎ”の風味が加わったメリハリのある醤油スープとともに最後まで飽きることなく染み渡る美味しさが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

スープ自体は割とサラッとしているものの、鴨の上質な脂・油分によって厚みがあり、さらに鴨の旨味を引き立てるかのように鰹や昆布など魚介出汁がバランス良く融合したことで、じんわりと染み渡る風味豊かな香りが醤油スープの旨味を引き立たせ、鴨ならではのまろやかなコクとふんわりと香る風味が食欲を掻き立て、まさに最後まで飲み飽きることのないシリーズらしいスープに仕上がり、本格感のある“真空仕立て麺”とともに臨場感溢れる味わいがじっくりと楽しめる上品な一杯となっていました!
これは特に、鴨出汁の旨味を活かした後味の良いテイストが好みの方はもちろん、鴨だけでなくチキンや魚介出汁をバランス良く合わせたことで繊細な美味しさに際立たせ、鴨独特の香り高い風味がクセになる…後味すっきりとした味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は鴨出汁の旨味に鰹や昆布など魚介出汁をバランス良く合わせた醤油ベースのスープに胡椒を利かせ、別添されている調味油を加えることによって鴨と“焦がしねぎ”の香ばしい風味が香るシリーズらしい飽きの来ない一杯、「飲み干す一杯 鴨だし中華そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

飲み干す一杯 鴨だし中華そば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染みエースコックの人気シリーズのひとつ“飲み干す一杯”から新登場したもので、鴨出汁をしっかりと利かせた醤油スープに鰹や昆布などの魚介出汁や香味野菜をバランス良く合わせ、胡椒でちょうど良いアクセントをプラス、さらに別添されている調味油によって鴨や“焦がしねぎ”の香ばしさが引き立ったことで品の良い醤油スープに仕上がり、最後までつい飲み干したくなる…そんな旨味溢れる一杯、“飲み干す一杯 鴨だし中華そば”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには“こだわりスープだから、最後まで飲み干すこのウマさ”と記載され、ちょうど綺麗に飲み干した器のイメージなんかが印象的!

ちなみに今回は、“飲み干す一杯 味噌バター味ラーメン”と“飲み干す一杯 担担麺”のリニューアル品と同時発売されており、他にも“ご当地シリーズ”のラインアップとして以下のようなフレーバーが発売されています!

また、シリーズとしては2022年1月31日に発売された“飲み干す一杯 宮崎辛麺”以来の新フレーバーということで、割と久しぶりの登場であり、個人的にも好みのシリーズということもあって今回の鴨の旨味を活かしたテイストは自ずと期待値も高まります!

それでは、今回の“飲み干す一杯 鴨だし中華そば”がどれほど鴨の旨味に鰹や昆布など魚介出汁を凝縮した仕上がりとなっているのか?別添されている調味油を加えたことによる鴨や“焦がしねぎ”の香ばしい風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもモチモチ食感・丸刃仕様の“真空仕立て麺”による茹でたてのような中太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り293kcal(めん・かやく237kcal / スープ56kcal)となっております。(塩分は3.8g)

カロリーは、シリーズらしく若干少なめということもあってかなり低めな数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり72g、麺の量は55gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは56kcalとやや低めな数値のようですので、キレの良い口当たりの醤油スープに鴨出汁や鰹・昆布など魚介出汁、香味野菜をしっかりと利かせたシンプルながらもコクのある仕上がりをイメージさせます!

他にも1食当たり72g、カロリー293kcalといった数値からも…夜食やシメなんかにもぴったりなサイズ感とも言えるでしょう!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や食塩をはじめ…

  • チキンエキス
  • 香味油
  • 植物油脂
  • 鶏油
  • オニオンペースト
  • 香辛料
  • 合鴨エキス
  • カツオ調味料
  • コンブエキス

といった、鶏の旨味を丁寧に利かせた深みのある醤油スープに鰹や昆布などの魚介出汁をバランス良く利かせ、チキンの旨味も後押ししたことでコク深く繊細な味わいに際立ち、別添された調味油を加えることによって鴨や“焦がしねぎ”の香ばしさが広がる上品でメリハリのある味わいを想像させる材料が並びます。ただ…この原材料の並び順からして鴨の旨味がやや控え目な印象も若干気になりますね。。

JANコード4901071247560
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、植物性たん白、しょうゆ、たん白加水分解物)、スープ(砂糖、しょうゆ、食塩、チキンエキス、還元水飴、香味油、植物油脂、鶏油、発酵調味料、オニオンペースト、でん粉、香辛料、合鴨エキス、たん白加水分解物、カツオ調味料、コンブエキス、全卵粉)、かやく(大豆加工品、なると、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸Ca、乳化剤、かんすい、カラメル色素、香料、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (72g) 当たり]
熱量293kcal
たん白質6.3g
脂質11.6g
炭水化物40.8g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
3.8g
(1.3g/2.5g)
カルシウム166mg

引用元:タテ型 飲み干す一杯 鴨だし中華そば|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、他には液体スープがひとつ、それと先ほどもお伝えした通りフタの上には“液体スープ”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体スープの方は触った感じだと鴨の旨味エキスなどを含んだ醤油スープといったサラッとした印象でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • 大豆加工品
  • ナルト
  • ねぎ

が入っています。

このように肉類の具材は大豆加工品となっていて、若干物足りなさを感じるかもしれませんが…今回の一杯は鴨出汁を利かせたコク深く風味豊かな醤油ベースのスープとなっているため、恐らくそこまで気になるほどではないでしょう!

さらに、麺はご覧の通り中太・丸刃のもっちりとした弾力と歯切れの良いコシを兼ね備えたすすり心地の良い“真空仕立て麺”が採用されているようで、麺量55gながらもしっかりとした満足感が得られそうなエースコックらしい仕様のようですね!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

ご覧の通りしっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力やほどよいコシが加わり、鴨出汁をはじめ…鰹や昆布などの魚介出汁をバランス良く合わせた後味の良い醤油スープと絶妙にマッチしたコク深く染み渡る味わいが楽しめるシリーズらしい一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに、先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…鴨の旨味や魚介出汁、さらに食欲そそる香味野菜などの旨味が凝縮された濃い目の醤油スープがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ちなみに鴨や“焦がしねぎ”の風味はそこまでクセのあるものではなく、シンプルながらも飽きの来ないテイストにほどよい風味・アクセントが加わっているようです!

続いて調味油も加えていきます!
こちらは特にクセのある風味などはなく、今回の一杯に臨場感のあるコクや深みを際立たせる油分のようですね!

すると…醤油感の強い濃いめの液体スープは沈んでいき、表面には鴨などの上質な旨味エキス・脂が広がり、魚介出汁を合わせた後味の良い醤油スープにコク深さや風味豊かな香りが引き立ち、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない旨味溢れる味わいが楽しめる喉越しの良いスープに期待できそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…鴨やチキンベースに魚介出汁を利かせた醤油スープということもあって非常にサラッとした状態となっていて、鰹や昆布など魚介系ならではの染み渡る旨味が加わったことによって食欲そそる風味が引き立てられているようです!この辺りはさすが“飲み干す一杯”シリーズといったところで、若干少なめなところがまたついつい飲み干してしまうんですよね。。

今回もまたそういったクセになる味わいが表現されているものと思われ、ちょうど良い食べきりサイズと旨味溢れるスープによって小腹を満たしてくれる時にありがたい一杯に仕上がり、魚介の旨味はあくまで鴨出汁を引き立てる程度で、チキンの旨味や別添されている液体スープに含まれる鴨や“焦がしねぎ”の香ばしい風味とうまく調和し、鴨出汁ならではの上品な香りが印象的といったところ!

また、サラッとしているとは言え…鴨出汁やチキンの旨味によるまろやかなコクが加わっていますから、恐らく醤油ラーメンならではのキリッとした口当たりと深みのある旨味が絶妙にマッチし、物足りなさを感じさせない味わいに仕上がっているものと思われます!

そして肉類の具材は大豆加工品のみとなっているんですが、やはりそこまで気になりませんね!チープなチャーシューを使用するよりも醤油ラーメンと相性の良い具材が最低限取り揃えられていた方が潔くも感じられます!特にこのシリーズは文字通りスープの旨味に拘っていますから、素材の美味しさがしっかりと楽しめるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…濃いめな色合いにも関わらずしょっぱ過ぎず鴨出汁の利いたコク深い醤油スープには、チキンの旨味や鰹・昆布など魚介出汁が加わったことで繊細な味わいに仕上がり、別添された液体スープに含まれる鴨や“焦がしねぎ”による風味豊かな香りが心地良く、じんわりと染み渡るかのような美味しさが表現され、ベースが鴨や魚介出汁ということもあって単調なテイストというよりも思ったより全体のバランスは非常に良く、メリハリのあるコク深いスープに仕上がっています!

そして、塩気も鴨出汁やチキンの旨味によって口当たり優しく感じられ、まさに動物系×魚介系といったさり気ないWスープ仕様による繊細なテイストで、シンプルなんですが意外と奥深く染み渡る醤油スープはシリーズらしくついつい止まらなくなってしまい、ちょっと小腹を満たしたい時にちょうど良いボリューム感が好印象といったところ!

また、別添されている“液体スープ”に関しては、鴨や“焦がしねぎ”の風味がほんのりと香り立ち、鴨と鰹・昆布などの魚介出汁をベースに食欲そそる香味野菜や胡椒でメリハリを付けた醤油スープに深みや食欲そそる風味が引き立ち、今回もまた手の込んだ味わいが表現されているように感じられますね!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様で、ほどよい弾力と噛み応えのある強いコシを兼ね備え、すすり心地も非常に良く、思ったよりも密度感の高い“真空仕立て麺”によって麺量55gと若干少なめの割にしっかりとした食べ応えなんかも感じられる仕上がりとなっています!

そんな中太麺には…鴨や鰹・昆布などの魚介出汁をベースにチキンや香味野菜の旨味がたっぷりと溶け込み、胡椒で味を調えた後味の良い醤油スープがよく絡み、一口ずつにコク深くまろやかな鴨の旨味やじんわりと染み渡る魚介出汁などが口いっぱいに広がっていき、ほんのり香る鴨や“焦がしねぎ”の香ばしい風味が後味良く抜けていきます!…というかやはりこのシリーズはスープに使用している素材の旨味を存分に活かしたテイストで侮れないですね!今回もまた非常に丁寧な醤油スープでついつい飲み干してしまいそうです。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“肉そぼろ”をイメージさせる大豆加工品が入っていて、かなり小ぶりで大豆を主原料としているだけあって肉の旨味自体は感じられないものの…ほどよく味付けが施された仕上がり具合となっていたため、スープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど弾力のある中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“かまぼこ”なんかも入っていて、味付け自体は感じられないものの…今回の濃いめに仕上がった醤油スープにちょうど良い華やかな彩りがプラスされ、見た目としてのアクセントがプラスされているように感じられます!

他にも、こちらの“ねぎ”は、やや小さめにカットされたことでシャキシャキとまではいかないものの、ちょうど良い薬味として今回の醤油スープを美味しく引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鴨や鰹、昆布をベースに食欲そそる香味野菜やチキンの旨味をバランス良く利かせ、さらに胡椒で味を調えたメリハリのある醤油スープに仕上げ、鴨や“焦がしねぎ”の風味が相性良く香り立つ品の良いテイストが印象的で、決して脂っこさといった感じもありませんので最後まで飽きの来ないシリーズらしい後味すっきりとした味わいとなっています!

そしてこの味わい深い醤油スープには鴨出汁をはじめ…魚介出汁やチキンといったWスープによってコク深くも繊細な旨味が際立ち、鴨や“焦がしねぎ”によるほんのり香ばしい風味が相性良く馴染み、1食当たりのボリュームもやや少なめということもあって、ついつい飲み干してしまう…そんなシリーズらしい素材本来の旨味を存分に活かした仕上がりとなっていて夜食なんかにもぴったりです!

また、鰹や昆布の魚介出汁に関しては直接感じられるものではなく、あくまで鴨出汁の美味しさを活かしたことで繊細な味わいを表現し、非常に丁寧にも感じられる口当たりはまさに絶妙なバランスで、そこにチキンの旨味や別添されている調味油が本格感のある味わいを引き立て、醤油ならではのキレとコクも後押ししたことであっさりとした印象というよりも素材の旨味をストレートに楽しめる拘りの一杯といったところ!

やはり“飲み干す一杯”シリーズはスープが侮れないですね!ついつい飲み干したくなるのはサイズ感だけでなく、素材の旨味がバランス良く凝縮されたことが大きな理由となっていて…個人的には量的にもう少し欲しくなるほどです。。笑
とは言え、このボリューム感と旨味がこのシリーズのメリットであり売りでもありますから、好みのフレーバーを買い溜めしているという方も多いのではないでしょうか?

このように、今回の“飲み干す一杯 鴨だし中華そば”は、鴨の旨味や鰹、昆布をベースに香味野菜や胡椒を醤油ダレとバランス良く融合させたことによってキリッとした口当たりとコク深い味わいが相性良く馴染み、別添されている液体スープを加えることによって鴨や“焦がしねぎ”の香ばしい風味が香り立ち、あっさりとした中にもコク深い旨味が染み渡り、最後まで飲み飽きることのないシリーズらしくついつい飲み干してしまう仕上がりとなっていたため、お好みによっては醤油ラーメンと相性の良いペッパー系の香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「飲み干す一杯 鴨だし中華そば」を食べてみて、鴨出汁をうまく活かしたコク深くまろやかな醤油スープには…鴨の旨味はもちろん、鰹や昆布など魚介出汁をベースに繊細かつ深みのある仕上がりとなり、そこに相性の良い香味野菜や胡椒、鴨や“焦がしねぎ”の風味が香り立つ上品なテイストに仕立て上げ、喉越しの良いスープがモチモチとした“真空仕立て麺”と絶妙にマッチしたことで本格感のある鴨出汁醤油ラーメンが気軽に楽しむことができ、シンプルながらも動物系と魚介系をうまく融合させた最後まで飽きの来ない…まさにシリーズらしい飲み干したくなる一杯となっていました!

やはりこのシリーズはちょっと少なめ・クセになる味わいといったサイズ感と旨味が非常に好印象で、特に今回の鴨出汁を活かしたフレーバーは全体のバランスが非常に良く、飽きる要素も全くなく後味も非常に良いですから…夜食なんかにも常備したいところではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!