ペヤング

ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば!塩胡椒ソースが旨味を引き立てる飽きの来ない一杯

ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば

ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば」を食べてみました。(2022年9月20日ローソン先行販売/2022年10月3日一般発売・まるか食品

この商品は、塩胡椒ベースの後味すっきりとしたシンプルな焼そばソースに仕上げ、商品名の文字通り野菜など7種類もの彩り豊かな具材を豊富に使用したことによって素材の旨味がストレートにボリューム感たっぷりと楽しむことができ、さらにラードを使用した油で揚げたシリーズお馴染みの中細麺からも良い旨味・香ばしさが滲み出し、特にペヤングらしい奇抜なテイストではありませんが…幅広い層に好まれる味わいが“超大盛”シリーズとしてガツンと食欲を満たす一杯、“ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば”となっております。(値段:税別300円)

ご覧の通り、パッケージには“彩り豊かな7種の具材のやきそば”と記載され、ベースが塩胡椒ということもあって素材の美味しさを活かしたフレーバーであることに間違いなく、その背景には7種類もの具材をイメージするイラストが掲載され、特にこのフレーバーの意図はないみたいですが…とにかく文字通り彩り豊かな具材を使用したことによって見た目からも楽しめるボリューム感抜群な仕上がりで、そもそも“超大盛”シリーズとして登場したということは恐らく“まるか食品”としても自信作だと思われますのでこれはこれで期待できそうです!

また、最近で言うと2022年8月22日には…“ペヤング 超大盛合い盛りうどんそば風 天かす・七味”いったありそうでなかったインパクト抜群な商品が発売されたばかりなんですが…さすが“ペヤング”シリーズ、今年で発売47周年ということもあってまだまだ新フレーバーのラッシュは止まりませんね!しかも今回は群馬県のご当地グルメ“水沢うどん”を彷彿とさせるフレーバー“ペヤング 超大盛 伊勢崎焼うどん”も同時発売されています!(こちらはファミリーマート先行発売)

ちなみに今回の“ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば”には仕上がりイメージが掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…キャベツ・豚肉・コーン・カマボコ・エビ・人参・“しめじ”が使用されているようです!

そして、こういった豊富な具材をテーマにしたフレーバーと言えば…これまでも“ペヤング 野菜MIXやきそば(2022年4月18日発売)”や“ペヤング ベジタブルワールド やきそば(2021年2月22日発売)”、“ペヤング ソースやきそば 具材アップ(2020年3月23日発売)”といったテイストが登場しています!

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによってラードの旨味・香ばしさが彩り豊かな野菜を豊富に使用した一杯に滲み出し、塩胡椒ベースの後味すっきりとしたテイストが素材本来の美味しさを引き立て、メリハリのある味わい、さらに彩りだけでなく食感なんかも心地良く感じられるちょうど良いアクセントが絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく“超大盛”らしいボリュームとして楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

塩胡椒ベースの焼そばソースということでをイメージ通り後味すっきりとしたソースにピリッとしたペッパー系の香辛料が最後まで飽きさせることもなく、素材の旨味をストレートに活かした風味豊かな仕上がりとなり、非常にシンプルでありながらも彩り豊かな具材の美味しさを見た目だけでなく旨味や食感のアクセントとしても楽しむことができ、塩加減といいほんのり香る調理感のある香ばしさといい…全体のバランスは思っていたよりも非常に良く、豊富な具材に拘ったキレの良いフレーバーが最後までたっぷりと楽しめる“超大盛”シリーズらしい食べ応えのある一杯となっていました!
これは特に、塩胡椒といった後味すっきりとしたテイストが好みの方はもちろん、塩胡椒にポークの旨味がほどよいコク・下支えとなったことで安定感のある味わいを表現、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさと絶妙にマッチした味わいを“超大盛”らしく彩り豊かな具材とともにボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、塩胡椒ベースの焼そばソースに彩り豊かな7種類もの各種具材からも良い旨味が滲み出し、さらにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさがやみつき感のある美味しさを引き立てる“超大盛”仕様の食べ応え抜群な一杯、「ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、シリーズとしては非常に珍しく塩胡椒といったシンプルで後味すっきりとした焼そばソースに仕立て上げ、彩り豊かな7種類もの各種具材を使用したことで見た目だけでなく旨味や食感までも引き立て、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが絶妙にマッチしたことで、素材の旨味を存分に活かしたボリューム感のある一杯、“ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば”となっています。
※売っている場所:今回はドン・キホーテで購入

ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば パッケージ

上記の通り今回のフレーバーは素材の旨味を引き立てるかのような塩胡椒といったシンプルなテイストとなっており、そこにシリーズらしい麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが相性良く馴染み、何より“超大盛”シリーズからの登場ということで恐らく“まるか食品”の自信作であり、塩胡椒ベースにポークの旨味がコクを引き立て、ふんわりと香るラードの風味とともに最後まで飽きの来ない味わいがたっぷりと楽しめそうです!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も実に様々な商品が発売されましたから…2022年も期待したいところ!

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば”がどれほど塩胡椒ベースの後味すっきりとした焼そばソースに仕上がっているのか?深みのあるコクを引き立てるポークや彩り豊かな7種類もの各種具材との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしい風味との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り1,058kcalとなっております。(塩分は8.4g)

カロリーは、超大盛仕様・汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあってかなり高い数値のようで、塩分も同じくそれなりに高い数値となっています。
ちなみに1食当たり236g、麺の量は180gとのこと。(レギュラーサイズのちょうど2倍)

また、これを見る限りしっかりとした食べ応えのある一杯のようですが、この塩分から想像すると…やはり後味すっきりとした塩胡椒ベースの焼そばソースにコク深さを引き立てるポークの旨味がバランス良く馴染み、安定感のある塩テイストの“焼そば”といった味わいによって幅広い層に好まれる一杯に間違いなさそうです!

他にも今回は超大盛り仕様とのことですので、ご覧の通り必要なお湯の目安量としては820mlも必要となるため、若干注意が必要ですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、糖類や食塩をはじめ…

  • 動物油脂
  • ポークエキス
  • しょうゆ
  • 香辛料
  • 植物油脂
  • 食用風味油
  • ポークエキスパウダー

といった、塩胡椒ベースとは言え…ポークの旨味がコクを引き立てたことで後味すっきりとしてながらもちょうど良いメリハリが付き、非常にシンプルなテイストではありますが、豊富に使用された各種具材の旨味を活かし、ペッパーのアクセントが最後まで飽きさせることもなく、さらに麺から滲み出るラードの旨味や香ばしさがコク深いソースに加わったことによって調理感のある美味しさがたっぷりと楽しめる定番とも言える味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00860 6
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、たん白加水分解物、食塩、動物油脂、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、植物油脂、食用風味油、ポークエキスパウダー)、かやく(キャベツ、豚肉、コーン、カマボコ、エビ、ニンジン、しめじ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、加工デンプン、リン酸塩(Na)、カラメル色素、乳化剤、炭酸水素Na、クチナシ赤色素、ベニコウジ色素、ビタミンB₂、香辛料抽出物、(一部にえび・小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (236g) 当たり]
熱量1058kcal
たん白質21.0g
脂質53.8g
炭水化物122.5g
食塩相当量8.4g

引用元:ペヤング 超大盛彩り豊かな7種の具材のやきそば  |  まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り2種類の“かやく”、やきそばソースといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“やきそばソース”は塩胡椒ベースということもあって非常にサラッとした状態ながらも原材料にはポークなどの旨味が使用されていましたから…調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!…というか彩り豊かな7種の具材というだけあって具材だけで2パック仕様となっており、使用されている量もそれなりに多めであることが伝わってきます!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたやや細めな仕様となっていて、これによってラードの旨味と香ばしさが広がり、ソースの旨味をさり気なく際立たせているんですよね!これは今回の塩胡椒ベースの焼そばソースに彩り豊かな7種の具材を加えたフレーバーとの相性なんかも良さそうです!

さらに、今回は“超大盛”ということで麺量はレギュラーサイズのちょうど2倍となっており、お馴染みの麺がふたつ並んで梱包されています。(2つ分なのでボリューム感はありますが、“GIGAMAX”シリーズや“ペタマックス”シリーズと比べると全く問題なく食べきれる量となっています。)

調理してみた

ではまず、2種類の“かやく”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • キャベツ
  • 豚肉
  • コーン
  • カマボコ
  • エビ
  • 人参
  • しめじ

が入っています。

この辺りに関しては文字通り使用されている数量として申し分なく、野菜中心に豚肉やエビといった肉類・海鮮系の具材も含み、しっかりと全体を混ぜ合わせながら食べ進めていくことによって旨味も際立っていき、まさに彩り豊かな各種具材が豊富に取り揃えられているようです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:820ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが香り立ち、まだ別添されている“やきそばソース”を加える前の状態ではありますが、塩胡椒ベースにポークの旨味でコクを引き立て、後味すっきりとしたテイストに彩り豊かな7種類もの具材が見た目・旨味・食感として馴染んだボリューム感抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
すると…ご覧の通り塩胡椒ベースとは思えないほど濃い目の仕様となっており、ポークの旨味や香辛料としてのペッパーや塩ダレなどがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!ただ、特別こってり感・脂っこさがあるというわけではありません。

そのため、このソースは量が多くサラッとした状態ということもあって…すぐに容器底へと沈んでいき、表面にはペッパー系の香辛料の粒々が確認でき、実に様々な具材が使用されたことで素材の旨味を存分に活かしたメリハリのある塩系の焼そばソースに仕上がり、“超大盛”ながらも最後まで飽きの来ない味わいがたっぷりと楽しめそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り塩胡椒ベースのソースにポークエキス・脂が加わったことで若干トロッとしたコクがあるように見えますが、決して粘度はありませんので、すんなりと風味豊かな麺に馴染んでいきます!ただ…今回は“超大盛”シリーズということもあってボリューム的に若干の混ぜにくさはありますね。。

そして“やきそばソース”が全体に馴染むと…先ほどまでの濃いめの色味が塩胡椒らしく落ち着いた仕上がりとなり、後味すっきりとしたテイストに彩り豊かな7種類もの具材を使用したことで具材だけでも想像以上にボリューム感があり、シンプルだからこそ素材の旨味がストレートに楽しめるフレーバーで、風味豊かな香りが漂う臨場感の高い味わいが“カップ焼そば”として再現されているように感じられます!こういった誰もが好むテイストは安定感もあって非常に好印象といったところ!

また、ソースは原材料にも記載されていた通り塩胡椒に加えポークの旨味がコクを引き立て、単純に塩味のあっさりとしたテイストというわけではなく、胡椒も使用されたことでちょうど良いメリハリが加わり、繊細な旨味やコク・辛みといったアクセントをプラスした安定感のある焼そばソースに仕立て上げ、もちろん彩り豊かな7種の具材ということもあって…見た目からも楽しめる幅広い層に好まれる一杯に間違いありません!これは間違いないやつですね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…まず塩胡椒ベースの焼そばソースはしっかりとした塩気がキレの良さを表現、しょっぱすぎるわけでもなく、胡椒のアクセントが後押ししたことで後味さっぱりとしたテイストとなっており、そこにポークの旨味がほどよいコクをプラスしたことで決して薄味ではなく、素材の旨味が存分に楽しめるメリハリのある仕上がりで、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさによって臨場感の味わいがガツンと食欲を満たし、なんと言っても彩り豊かな7種の具材による見た目や食感といったアクセントが相性良く馴染み、まさに“超大盛”シリーズらしいボリューム感となっています!

また、アクセントとして使用された胡椒に関しては、辛さといった印象はほとんどなく、ポークのコクと絶妙にマッチしたことでちょうど良いメリハリが引き立っていたため、お好みによってはさらにペッパー系の香辛料を加えて刺激的なアクセントを際立たせてみても良いでしょう!そのため、塩胡椒ベースということもあってハマる方も多いのではないでしょうか?

そして、食べ進めていくに連れて彩り豊かな7種の具材も全体に混ぜ合わせていくわけですが、様々な食感が加わることで本来の焼そばソースも際立って感じられ、特別奇抜なフレーバーというわけではありませんが…定番とも言える塩胡椒で味付けした焼そばソースをボリューム感たっぷりと楽しむという非常にシンプルなテイストは正直そこまで期待していなかったんですが、“超大盛”シリーズらしいボリューム感もさることながら…安定感のある美味しさによってかなり満足できるかと思われます!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい中細の丸刃仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が塩胡椒を利かせた焼そばソースに滲み出し、本格感のある味わいにもぴったりな調理感のある風味を際立たせています!

そんな麺には、塩胡椒をベースにポークの旨味がコクを引き立て、後味すっきりとした軽やかなテイストながらも最後まで飽きの来ないメリハリのある焼そばソースがよく絡み、一口ずつにちょうど良い塩気や香辛料、さらに彩り豊かな7種の具材の旨味などが口いっぱいに広がっていき、ラードの香ばしさに加え、ほんんのり香るペッパー系の風味が後味良く抜けていきます!…というかこれはソースが絶妙な仕上がりで麺だけでも十分美味しいですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豚肉が入っていて、カップ麺でよく見かける若干チープな仕様ではありますが…じっくりと味わってみると、ほどよく味付けが施された仕上がり具合となっていたため、全体をしっかりと混ぜ合わせ、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのエビは、かなり小ぶりではありますが…じっくりと味わってみると、プリッとした食感やエビ特有の香ばしさ・旨味などが滲み出し、今回のフレーバーにも相性良くマッチしています!

さらにこちらのカマボコは、魚介練り製品らしくほんのり魚介の旨味が感じられる仕上がりとなっており、こちらも上記のエビと同じく全体をしっかりと混ぜ合わせていただくと、より一層旨味も増して楽しめることでしょう!

そして、こちらのキャベツはやや大きめにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

一方こちらの“しめじ”は、やや小ぶりではありますが…じっくりと味わってみると、素材本来の旨味なんかもしっかりと感じられ、やはり全体をしっかりと混ぜ合わせていただくと、具材の旨味も際立っていくものと思われます!

ちなみにこちらのコーンは、素材本来の甘みなんかもしっかりと感じられるものの、今回のフレーバーを損なうこともなく、彩りといった意味では非常に華やかな具材として添えられているようです!

他にもこちらの人参が使用されているんですが…こちらもやや小ぶりとなっていて、食感は割としっかりとしたもので、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられたため、やはりこちらも彩りを考慮されて加えられたことで彩り豊かな見た目を表現しているように感じられます!

ソースついて

ソースは、先ほどもお伝えした通り、塩胡椒ベースにポークの旨味を利かせたことでちょうど良いコクがプラスされ、ピリッとしたアクセントやキリッとした口当たりが心地良く、さらに彩り豊かな7種の具材をストレートに味わうにはぴったりなテイストとなっており、全体をしっかりと混ぜ合わせることで各種具材からも良い旨味がマッチし、何よりラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが調理感のある風味を際立たせているようで、シンプルながらもついつい箸が止まらなくなるようなクセになる味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

そのため、ベースは後味すっきりとした塩胡椒といったシンプルなソースではありますが…豊富に使用された各種具材や麺との相性は非常に良く、単純にあっさりとしたテイストというわけでもなく、ほどよく利かせた胡椒や塩気がちょうど良い“つまみ”にもなりそうな美味しさに際立ち、さり気なくポークの旨味を利かせたことによって深みのある味付けとなっていて、もちろんコク深くも決してこってりとしているわけではありませんので、“超大盛”仕様のボリューム感のある一杯でも最後まで全く飽きることなくキリッとした味わいがたっぷりと堪能できるのではないでしょうか?

やはり“超大盛”仕様の際は自信作というのも納得ですね!塩胡椒といったシンプルなフレーバーでありながらも想像以上に旨味が凝縮され、豊富に使用された彩り豊かな7種の具材からも良い旨味が感じられるため、メリハリのある繊細な旨味に関して申し分なく、クセになりそうな塩気の強い味わい深いテイストが好印象といったところ!

このように、今回の“ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば”は、塩胡椒ベースにポークの旨味を利かせたことで後味すっきりとした中にもほどよいコクがあり、旨味・キレ・風味が絶妙にマッチしたことによってシンプルながらも最後まで飽きの来ない焼そばソースに仕立て上げ、そこに彩り豊かな7種の具材、ラードを使用した油で揚げた麺からも良い旨味が滲み出し、当然こってり感もありませんから、最後まで飽きることもなく、なんと言っても豊富に使用された各種具材の食感が心地良く、安定感のある味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる満足度の高い一杯となっていたため、好みによってはさらにペッパー系の香辛料などを加えて刺激的なアクセントを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 超大盛 彩り豊かな7種の具材のやきそば」を食べてみて、文字通り彩り豊かな7種類の具材をふんだんに使用した一杯には…キレの良い口当たりが印象的な塩胡椒ベースにポークがほどよいコクを引き立て、さらに様々な具材が繊細なテイストへと際立たせ、コク深く味も後味すっきりとしたアクセント・メリハリとなったことで飽きの来ない味わいがボリューム感たっぷりと楽しむことができ、さらに具材に使用した豊富な具材によって想像以上に臨場感の高い味わいに仕上がり、キリッとした味わいが“超大盛”シリーズらしくガツンと食欲を満たす食べ応えのある一杯となっていました!

やはり“ペヤング”はシンプルながらも意外と手の込んだフレーバーが多く登場しますね!今回の一杯に関して言うと…彩り豊かな7種の具材だけでなく、塩胡椒にポークの旨味を加えたことであっさりし過ぎることもなく深みがあり、そこまで奇抜なテイストというわけではありませんが、想像以上に繊細な旨味が際立ち、旨味・風味ともに飽きの来ない味わいが“超大盛”らしくたっぷりと楽しめるテイストとなっていたため、思いのほか幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!