ペヤング

ペヤング ボンゴレ風やきそば!アサリの旨味をたっぷりと利かせたソースがクセになる風味豊かな一杯

ペヤング ボンゴレ風やきそば

ペヤング ボンゴレ風やきそば」を食べてみました。(2021年11月15日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回は以前ご紹介した“ナポリタン風やきそば”・“カルボナーラ風やきそば”・“ペペロンチーノ風やきそば”といった洋風焼そばに続く“ボンゴレパスタ”の味わいを再現、アサリや“にんにく”の旨味がたっぷりと利いた本格感のあるソースに隠し味としてオリーブオイルを加えるによって品のある美味しさに仕上がり、さらに“ふりかけ”に含まれるパセリ以外にも黒胡椒などの香辛料がピリッとしたアクセントをプラスし、まさにやみつき感のある旨味がたっぷりと楽しめる一杯、“ペヤング ボンゴレ風やきそば”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通り、パッケージには“あさりの旨み広がるボンゴレ風”と記載され、背景にはまさに上品なベロア調・ゴールドのテーブルクロスをイメージし、ボンゴレ発祥・イタリアの国旗の色合いを使用したリボンの上にさり気なく“Vongole”といった筆記体があしらわれ、隠し味にオリーブオイルを使用したという…見るからに上品な仕上がりを思わせるデザインが印象的です!

また、2021年11月1日には…“幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば”と“幸楽苑ペタマックス 味噌野菜うどん”といったインパクト抜群なコラボ商品が同時発売されたばかりなんですが…さすが“ペヤング”シリーズ、今年で発売46周年ということもあってまだまだ新フレーバーのラッシュは止まりませんね!

ちなみに今回の“ペヤング ボンゴレ風やきそば”にも以前ご紹介した洋風焼そば3種類と同じく仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材には…あさり・香辛料・輪切り唐辛子が使用されているようです!(原材料には特に記載されていませんでしたが、別添されている“ふりかけ”にパセリが使用されています。)

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が今回も同じく採用されていて、それによってラードの旨味・香ばしさが“ボンゴレパスタ”をイメージしたソースに加わり、具材に使用されたアサリの美味しさが魚貝系の旨味を引き立て、輪切り唐辛子のピリッとしたアクセントやオリーブオイルならではの風味豊かな香りなどが絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることなく上品な味わいが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“ボンゴレ風やきそば”ということでアサリなど魚貝出汁に香辛料やオリーブオイルがバランス良く合わさった旨味溢れる上品なソースに仕上がり、塩加減やアサリの旨味、そしてピリッとした辛みや食欲そそる“にんにく”などが正統派とも言える味わいを再現し、具材に使用されたアサリがソースの美味しさを引き立て、後引く旨味・アクセントが贅沢に使用されたことでボンゴレならではのフレーバーが最後までたっぷりと楽しめる満足度の高い安定感のある一杯となっていました!
これは特に、パスタの人気メニューのひとつ“ボンゴレ”が好みの方はもちろん、アサリの旨味や香辛料、“にんにく”や隠し味にオリーブオイルを利かせた贅沢仕様のソースを“カップ焼そば”として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとして登場したもので、アサリの美味しさを利かせたソースに“にんにく”や香辛料をバランス良く合わせ、麺から滲み出すラードの香ばしい風味が絶妙にマッチした一杯、「ペヤング ボンゴレ風やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング ボンゴレ風やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、洋風焼そばとして“ボンゴレ”の味わいを再現し、アサリの旨味をはじめ…食欲そそる“にんにく”や香辛料(黒胡椒)、さらに隠し味にオリーブオイルを加えたことによって品のある味わいに仕上がり、シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や風味が相性良くマッチした万人受けする自信作の一杯、“ペヤング ボンゴレ風やきそば”となっています。

ペヤング ボンゴレ風やきそば パッケージ

上記の通り今回のフレーバーはお馴染み“ボンゴレ”の味わいをイメージした一杯ということでアサリの旨味をはじめ…貝エキスが使用され、ワインやオリーブオイルなども使用した本格感のある仕上がりで、具材にもアサリを豊富に使用したことによって魚貝出汁が際立ち、麺から香る風味豊かな香ばしさがより一層臨場感を高めているというわけです!

ちなみに今回は“ペヤング ボンゴレ風やきそば超大盛”といったサイズ違いなんかも同時発売されており、“まるか食品”では自信作の場合、大盛りサイズとしてたっぷり楽しんでもらいたいという思いと、そこまでの量は食べられない…といった女性層にもこの美味しさを味わってもらいたいことから2種類のボリュームを発売しているようですね!(以前ご紹介した“ポテトやきそば(レギュラーサイズ・超大盛)”が発売された時にお問い合わせしてみました。)

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2021年も様々な商品が発売されていて目が離せません!

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング ボンゴレ風やきそば”がどれほどアサリの旨味や貝エキスを利かせた旨味溢れるソースに仕上がっているのか?“ボンゴレ”らしい“にんにく”やピリッとしたアクセントとなる香辛料、さらに隠し味に使用したというオリーブオイルとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り511kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)にも関わらず“ボンゴレ”といった後味さっぱりとしたフレーバーということもあって割と低めな数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり113g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーと塩分を見ると…やはりアサリなど貝エキスの旨味を存分に活かしたソースに仕上がり、食欲そそる“にんにく”やオリーブオイルをバランス良く合わせた安定感のあるフレーバーをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、食用オリーブ油や食塩をはじめ…

  • 貝エキス
  • ワイン
  • おろしにんにく
  • しょうゆ
  • 香辛料

といった、まさにパスタの“ボンゴレ”をイメージさせる魚貝出汁に“にんにく”や香辛料をバランス良く合わせ、さらにワインや隠し味にオリーブオイルを使用したことで品のある味わいに仕上がり、麺から滲み出るラードの旨味や香ばしさがソースに加わったことによってアサリの美味しさを引き立てる贅沢な味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしい“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00748 7
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(食用オリーブ油、食塩、貝エキス、ワイン、おろしにんにく、糖類、植物性たんぱく加水分解物、しょうゆ、香辛料)、かやく(あさり、香辛料、輪切り唐辛子)/調味料(アミノ酸等)、酒精、増粘多糖類、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB₂、(一部に小麦・大豆・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (113g) 当たり]
熱量511kcal
たん白質10.1g
脂質26.6g
炭水化物57.9g
食塩相当量3.6g

引用元:ペヤング ボンゴレ風やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると…ご覧の通り“かやく”、ソース、“ふりかけ”といった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“ソース”に関しては原材料にも記載されていた通り貝エキスや“にんにく”などを利かせた塩ベースとも言える割とサラッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたやや細めな仕様となっていて、これによってラードの旨味と香ばしさが広がり、ソースの旨味をさり気なく際立たせているんですよね!これは今回の“ボンゴレ”を再現したフレーバーとの相性なんかも良さそうです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

そして、かやくには…

  • あさり
  • 香辛料
  • 輪切り唐辛子

が入っています。

特にアサリは使用されている数・サイズともに申し分なく、“ボンゴレ”ならではの魚貝出汁が際立ち、他にも輪切り唐辛子がちょうど良いアクセントとなったことでメリハリの付いた飽きの来ない旨味を引き立てているようにも感じられます!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが香り立ち、具材に使用されたアサリからも良い風味が漂い、まだ別添されているソースを加えていない状態ではありますが、魚貝出汁の利いた染み渡る旨味が際立つ上品な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどのソースを加えていきます!
すると…ご覧の通りアサリなどの魚貝出汁や“おろしにんにく”、オリーブオイルなどを含む若干トロッとした状態となっていて、“ボンゴレ”ということもあって特別脂っこさといった印象はなく、食欲そそる“にんにく”の風味が一気に広がっていき、サイズ違いを発売するだけあってやみつき感のある味わいが再現されていることが伝わって来ます!!

そのため、このソースはすぐに容器底へと沈んでいき、見た目としては非常にあっさりとしたテイストを思わせるかもしれませんが、実際には魚貝出汁と“にんにく”の風味によって食欲は掻き立てられ、原材料を見ても様々な材料が使用されていましたからね!想像以上にクオリティの高い仕上がりに期待できそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り旨味が凝縮されたことで若干ドロッとした濃厚なソースに仕上がっているんですが、決して粘度はありませんので、すんなりと風味豊かな麺に馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら…最後に先ほどの“ふりかけ”を加えて完成となります!
ちなみにこの“ふりかけ”にはパセリだけが含まれているのかと思いきや、黒胡椒と思われる香辛料も豊富に使用されており、これがまたちょうど良いメリハリを際立たせ、“ボンゴレ”らしいピリッとしたアクセントを加えたクセになる味わいをイメージさせます!

こうして完成となるわけですが…“ふりかけ”に含まれているパセリは思っていた以上に多く、アサリや“にんにく”の風味にハーブやオリーブオイルの香りが加わったことで本格感のある上品な仕上がりとなり、まさにパスタの“ボンゴレ”を思わせる臨場感の高い味わいが再現されているようにも感じられますね!シンプルながらも手の込んだ一杯は非常に好印象といったところ!

また、ソースは実に様々な材料が使用されているだけあって、単純に貝エキスと“にんにく”を合わせただけでなく、ワインや隠し味にオリーブオイルによって本格的なテイストに仕立て上げ、具材にもアサリが豊富に使用されていますから…これらをしっかりと混ぜ合わせることによって魚貝の美味しさも際立って楽しめそうです!これは間違いないやつですね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…アサリなどの貝エキスや食欲そそる“にんにく”の旨味、そして輪切り唐辛子によるピリッとしたアクセントなどがバランス良くマッチしたことで、“ボンゴレ”そのものの味わいがクオリティ高く再現され、特にアサリの旨味・貝エキスによる染み渡るかのような旨味がたまりませんね!ちょうど良い塩加減と辛み・旨味が互いを引き立て、贅沢にも感じられる繊細なソースに仕上がり、豊富に使用されたアサリが旨味をより一層際立たせているように感じられます!

これは美味しいですね!ある意味シリーズらしくないかもしれませんが…笑
“ボンゴレ”ならではの味わいがうまく再現され、パセリによるさり気ない風味や貝エキスדにんにく”といったやみつき感のある味わいは、ついつい箸が止まらなくなってしまい、今回“ボンゴレ風やきそば 超大盛”が同時発売されたのも納得です!!

さらに“ふりかけ”にはパセリ以外にも黒胡椒などの香辛料が豊富に使用されているため、食べはじめは部分的に味の違いをじっくりと味わい、徐々に全体を混ぜ合わせていただくと、ちょうど良い塩気・ピリッとした辛みとしてのアクセントが際立ち、それによってさらに旨味溢れる味わいがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中太・丸刃仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が“ボンゴレ”の味わいを再現したソースに滲み出し、本格感のある味わいにもぴったりな調理感のある風味を際立たせています!

そんな麺には、アサリなど貝エキスをはじめ…“おろしにんにく”やメリハリを付ける香辛料(黒胡椒など)、さらにワインや隠し味にオリーブオイルを使用したという…拘りのソースがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような貝出汁の旨味や“にんにく”などの味わいが口いっぱいに広がっていき、ラードならではの香ばしさに加え、魚貝出汁や“にんにく”の風味が後味良く抜けていきます!これはソースがしっかりとコーティングされた麺だけでも十分美味しいですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらのアサリが豊富に入っていて、使用されている数・サイズともに全く申し分なく、素材本来の旨味なんかもしっかりと感じられ、食感も噛み応えが非常に良く、噛むほどに旨味が滲み出る“ボンゴレ”好きにはたまらない仕上がりとなっています!

また、個人的にいつも表示されている調理時間よりも短くしていただいているんですが…それでも今回のアサリは十分湯戻りされているようでしたので、麺の硬さをお好みの時間で調整してみると良いでしょう!

また、こちらの輪切り唐辛子なんかも使用されていて、じっくりと味わってみるとピリッとした辛さがしっかりと表現されていて、今回のフレーバーに対してちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にも、こちらの“ふりかけ”に含まれているパセリによる風味はもちろん、他にも黒胡椒などの香辛料がたっぷりと使用されており、これがまた旨味を引き立て、“ボンゴレ”には欠かせないアサリなどの貝エキスの旨味を最大限に引き立てているように感じられます!そのため、この香辛料を全体に馴染ませることによってやみつき感が増していくので、しっかりと混ぜて食べ進めてみてください!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り、アサリの旨味をはじめ貝エキスや“おろしにんにく”、さらに黒胡椒やちょうど良い塩加減などがバランス良く融合し、ワインや隠し味に使用したオリーブオイルによって本格感のある“ボンゴレ”の味わいを再現、そこに具材として豊富に使用されたアサリからも良い旨味が滲み出し、じんわりと染み渡るかのような美味しさが香辛料によってメリハリが付き、ついつい箸が止まらなくなるようなクセになる味わいがたっぷりと楽しめることと思われます!

そのため、アサリなどの貝エキスや“にんにく”、唐辛子や黒胡椒などの香辛料、さらに拘りの隠し味などをバランス良く合わせたことでシンプルながらも再現性の高い美味しさに際立ち、アサリそのものを美味しくいただくかのような味付けとなっていて、特に後味の良さは非常に良いので、恐らく“超大盛”でも全く飽きることなく最後までたっぷりと“ボンゴレ”ならではの味わいが堪能できるのではないでしょうか?

それによってボリューム感たっぷりと楽しんでもらいたい“超大盛”と、量的にそこまで食べられないという方にも気軽に楽しめるようにレギュラーサイズが同時発売されたというわけですね!これは本当に納得です!

このように、今回の“ペヤング ボンゴレ風やきそば”は、アサリの旨味を活かした“ボンゴレ”ならではの味わいをカップ麺に再現、貝エキスや“にんにく”の旨味、そして“ふりかけ”に含まれるパセリの風味や香辛料によるメリハリがちょうど良いアクセントとなって最後まで飽きの来ない後味すっきりとした仕上がりがクオリティ高く感じられ、そこにアサリそのものも具材として豊富に使用したことで貝出汁の旨味がより一層際立ち、シンプルながらもやみつき感のある万人受けするかのような仕上がりとなっていたため、お好みによっては“ボンゴレ”と相性の良い唐辛子やオリーブオイルなどをちょい足しして旨味・アクセントを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング ボンゴレ風やきそば」を食べてみて、洋風焼そばとして本格感のある“ボンゴレパスタ”をイメージした一杯には、アサリなどの貝エキスをたっぷりと利かせ、食欲そそる“おろしにんにく”や“ふりかけ”に含まれるパセリの風味、さらに輪切り唐辛子や黒胡椒といった香辛料がちょうど良いメリハリとなったことで想像以上に臨場感の高い味わいに仕上がり、具材として豊富に使用されたアサリからも良い旨味が滲み出すことによって満足度の高い味わいが最後までたっぷりと楽しめるクオリティの高い一杯となっていました!

やはり“ペヤング”は面白いフレーバーをよく考えますね!今回の一杯に関しても、そこまで奇抜なテイストではないものの…具材に使用されたアサリを引き立てるかのようなやみつき感のあるソースに仕立て上げ、旨味・風味ともに“ボンゴレ”ならではの美味しさが楽しめる味わいとなっていたため、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!