カップ麺

【マルちゃん】縦型ビッグ ラー油入り肉そば!刺激的なラー油の辛さ際立つガッツリ系の一杯

縦型ビッグ ラー油入り肉そば

縦型ビッグ ラー油入り肉そば」を食べてみました。(2021年7月19日発売・東洋水産)

この商品は、マルちゃんこと東洋水産お馴染みの“和風丼カップ麺シリーズ”の新商品ということで、鰹と昆布など魚介の旨味を利かせた和風出汁をベースに最近増えているラー油を加えたパンチのあるテイストに仕上げ、それに負けじと噛み応えのある太蕎麦との相性も非常に良く、お好みによって別途温泉玉子を追加トッピングすることによってまろやかさが増し、デフォルトでも十分過ぎるほどの食べ応えが楽しめるやみつき感のある一杯が登場です!

それも…“ラー油入り肉そば”といった商品名の通り、和風出汁に椎茸の旨味を利かせた染み渡る“つゆ”にピリッとした辛みやパンチの強い口当たりを引き立てるラー油を加えたことによって染み渡る“和風つゆ”と絶妙にマッチし、“そば粉”をしっかり練り込んだ風味豊かな太蕎麦とともにガツンとしたテイストが食欲を満たす大盛り仕様の一杯、“縦型ビッグ ラー油入り肉そば”となっております。(税抜き220円)

ご覧の通りパッケージには…ラー油による辛さを強調するかのような赤い文字で“肉そば”といった商品名が大きく掲載され、魚介出汁に椎茸の旨味を利かせた染み渡る“つゆ”にピリッとした辛みを利かせたことによって…見るからにパンチのある蕎麦が表現された一杯であることがよーく伝わってきますね!これはまさに夏の暑い時期にも食べたくなるやみつき感のあるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

縦型ビッグ ラー油入り肉そば パッケージ

一方こちらには…鰹や昆布など魚介出汁と椎茸の旨味を利かせた染み渡る濃いめの“和風つゆ”にラー油を合わせたパンチのある醤油ベースのスープが“そば粉”を練り込んだ噛み応え抜群な太蕎麦に絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・オニオン揚玉・“ねぎ”が使用されているようです!…というかシズル感半端ないですね!見ているだけで食欲を掻き立てられます。。

これは具材に使用されている味付豚肉からも良い旨味が滲み出すことで食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな“和風つゆ”×ラー油といったガッツリ系で最近よく見かける王道的な味わいによって食欲が満たされる…そんな幅広い層に好まれるテイストとも言えるでしょう!

また、こちら容器側面には…“太そば使用!ピリッとラー油を利かせたやみつきになるそば!”と記載されているように、今回の一杯には魚介出汁や椎茸の旨味を利かせたベーシックな“和風つゆ”に“そば粉”をしっかりと練り込んだ太蕎麦が採用され、噛み応えのある食感はもちろん、アクセントとしてラー油を加えたことでピリッとしたテイストが表現され、温かい蕎麦ではありますが…かの有名な港屋インスパイアを彷彿とさせるインパクトのある味わいに期待できそうです!(このテイスト…ハマるとクセになるんですよね。。)

他にも特徴として…麺は“そば粉”をしっかりと練り込んだ厚みもあり幅広な噛み応えのある太蕎麦が採用されており、それによって鰹や昆布など魚介出汁に椎茸の旨味を利かせた“和風つゆ”にラー油を加えた染み渡る旨味とインパクトのある味わいが風味豊かな蕎麦とともに最後まで飽きることなくじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

魚介出汁や椎茸の旨味を利かせた染み渡る“和風つゆ”には申し分のない安定感のある美味しさが表現され、そこにパンチのある口当たりを加えるラー油の辛みが絶妙にマッチし、汗を誘うほどの旨味溢れるテイストが噛み応え抜群な太蕎麦とともにガツンと食欲を満たしてくれるインパクトのある一杯に仕上がり、後引く辛さをプラスしたことによって暑い日にも食べたくなるガッツリ系の味わいがたっぷりと堪能できる一品となっていました!
これは特に、“和風つゆ”にラー油を利かせた港屋インスパイア系が好みの方はもちろん、魚介出汁に後引く辛さを加えたことで、ガツンとしたテイストのスープを風味豊かな太蕎麦とともにたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東洋水産から縦型ビッグサイズとして登場となった魚介出汁や椎茸などを丁寧に利かせた“和風つゆ”にガツンとした辛みを加えるラー油を加え、“そば粉”をしっかりと練り込んだ厚みのある幅広な太蕎麦が絶妙にマッチした食べ応え抜群な一杯、「縦型ビッグ ラー油入り肉そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

縦型ビッグ ラー油入り肉そば

今回ご紹介するカップ麺は、東洋水産お馴染みの“和風丼カップ麺シリーズ”として新発売されたもので、魚介出汁に椎茸の旨味を利かせたじんわりと染み渡る“魚介つゆ”に噛み応え抜群な太蕎麦が絶妙にマッチし、さらに具材に使用された味付豚肉やオニオン揚げ玉からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していくボリューム感のある一杯、“縦型ビッグ ラー油入り肉そば”となっています。

ちなみにこういった“和風つゆ”にラー油を加えたガッツリ系のフレーバーとしては“汁なしラー油肉そば”といった汁なしタイプの一杯が2020年1月20日に発売されており、スープタイプとしては東洋水産の人気シリーズから“本気盛 ラー油肉そば”が2018年8月20日に登場し、最近は特にこういったガッツリ系の蕎麦が人気を博していますから…“和風丼シリーズ”からもついに登場!といった感じでしょうか?ご覧の通りフタに別添されている調味料を剥がしてみると、こちらにも容器側面と同じく商品名が大半を占めるほどインパクトのあるデザインがあしらわれています!

また、こちら容器側面には…“温泉玉子でまろやかに!”と記載されているように、今回の一杯には別途温泉玉子を加えるとコク深くまろやかな味わいが楽しめるとのことでしたので、濃厚とも言える旨味・辛みが調和された“和風つゆ”をより一層楽しむためにも予め用意しておいても良いでしょう!(もちろん温泉玉子は別売りです。)

他にも東洋水産では“和風丼シリーズ”として数多くのフレーバーを発売してきているんですが、2021年8月現在では以下のようなラインアップとなっているようです!
※“和風丼シリーズ”は今回のような縦型ビッグサイズもありますが、主に“どんぶり型”で統一されています。

さらにこれ以外にも季節限定の定番メニューも数多くありますから、“和風丼シリーズ”もけっこうフレーバーが豊富で様々なテイストが楽しめるシリーズと言えるでしょう!

それでは、今回の“縦型ビッグ ラー油入り肉そば”がどれほど魚介出汁に椎茸の旨味を利かせた染み渡る“和風つゆ”に仕上がっているのか?具材に使用された味付豚肉やオニオン揚げ玉から滲み出す旨味、そしてガツンとした旨味を引き立てるラー油との兼ね合いはもちろん、何と言っても“そば粉”をしっかりと練り込んだ厚みもあり幅広な太蕎麦との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り462kcal(めん・かやく342kcal / スープ120kcal)となっております。(塩分は6.5g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・ガッツリ系のテイストではありますが、やはりベースは魚介出汁を利かせた蕎麦ということもあってなのか?意外と低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり97g、麺の量は70gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで120kcalとやはり高い数値を占めているようですので、鰹や昆布などの魚介出汁にラー油を加えたことによって“肉そば”らしさを際立たせ、素材の旨味を存分に活かした深みのある仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ラー油や食塩をはじめ…

  • 魚介エキス
  • しょうゆ
  • ラード
  • 香辛料
  • ごま
  • しいたけエキス
  • こんぶエキス

といった、鰹や昆布などの魚介出汁に椎茸の旨味を合わせた染み渡る“和風つゆ”にラー油などのピリッとした辛みを加えたことでガツンとしたテイストに仕上がり、ラードによるコクもありつつ…後味すっきりとしたキレの良さ・後引く辛さが心地良い“ラー油入り肉そば”という名に相応しいクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901990369152
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、そば粉、植物油脂、植物性たん白、食塩、とろろ芋、卵白)、添付調味料(ラー油、食塩、魚介エキス、しょうゆ、砂糖、ラード、香辛料、ごま、しいたけエキス、酵母エキス、たん白加水分解物、こんぶエキス)、かやく(味付豚肉、オニオン揚玉、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、リン酸塩(Na)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・そば・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・やまいも・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (97g) 当たり]
熱量462kcal
めん・かやく: 342kcal
スープ: 120kcal
たん白質12.8g
脂質23.6g
炭水化物49.5g
食塩相当量6.5g
めん・かやく: 2.0g
スープ: 4.5g
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム175mg

引用元:縦型ビッグ ラー油入り肉そば | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製油”と記載された調味料が別添されています!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…恐らくラー油などの油分を含むサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、具材には…

  • 味付豚肉
  • オニオン揚玉
  • ねぎ

が入っています。

このように今回の一杯は“肉そば”ということもあって肉の旨味を引き立てる味付豚肉が豊富に使用されているようで、ラー油を加えた後引く辛みだけでなくコク深い美味しさをうまく調和させ、オニオン揚げ玉による風味豊かな香ばしさとともにガツンとしたクセになる味わいを表現しているものと思われます!

さらに麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広なフライ仕様となっていて、しっかりと“そば粉”を練り込んだことで蕎麦ならではの風味豊かな香りなんかも楽しむことができ、噛み応えのある強いコシが表現された“太蕎麦”が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:440ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に“太蕎麦”にはほどよい弾力や強いコシが加わり、それによって魚介出汁にラー油を加えたガッツリ系の“和風つゆ”とも相性抜群な食べ応え・ボリューム感が存分に楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製油”を加えていきます!
すると…やはりラー油を含む赤みを帯びた油分がたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そしてその“特製油”はすぐにスープと馴染み、見た目としてはそこまで変化はないものの…ラー油ならではの風味が広がっていき、フライ麺特有の香ばしさなんかもちょうど良い調理感としてクオリティ高く表現、それによって魚介系の旨味を利かせた“和風つゆ”にラー油を加えたパンチのある味わいがたっぷりと楽しめそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして“和風つゆ”が全体に馴染むと…非常にサラッとしているものの、肉の旨味やラー油の辛みが物足りなさを感じさせることもなく、魚介出汁を利かせた醤油ベースの“つゆ”にラー油を加えたスープが風味豊かな太蕎麦とともにたっぷりと楽しめるインパクト・食べ応えのある味わいに期待できそうです!個人的にもこういったガッツリ系の蕎麦は好みのジャンルなので、縦型ビッグサイズということもあってかなり食欲も満たしてくれそうです!

また、具材に使用されている味付豚肉やオニオン揚げ玉からも良い旨味や香ばしい風味などが滲み出し、しっかりと“和風つゆ”と馴染ませながら食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなガッツリ系の蕎麦が存分に楽しめるものと思われます!…というか、この濃いめの色合いがまた食欲を掻き立てますね。。

食べてみた感想

一口食べてみると…鰹や昆布など魚介出汁がしっかりと利いた“和風つゆ”には、キリッとしたシャープな飲み口とじんわりと染み渡るかのような素材の旨味が凝縮されたことで味としては非常に濃いめで強く、そこにラー油ならではの刺激的な辛さが加わったことによってガツンとしたアクセントをプラス、そして“肉そば”という割に脂っこさといった“くどさ”は一切なく、あくまで蕎麦特有の美味しさとラー油を合わせたやみつき感のある美味しさが際立ち、最後まで飽きの来ない後引く旨味・辛みがが好印象といったところ!

そして、気になる辛さはというと…最近よく見かけるガッツリ系の蕎麦らしく魚介出汁を活かした醤油ベースの“和風つゆ”を損なうこともなく、食べ進めていくに連れてピリッとした汗を誘う程度のちょうど良いアクセントとなり、まさにクセになるような清々しさは暑い日にこそ食べたくなるテイストとも言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広なフライ仕様の蕎麦が採用されており、見てわかるほど“そば粉”がしっかりと練り込まれたことで風味も非常に良く、ガシガシとした歯切れの良い強いコシが表現された食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな太蕎麦には、鰹や昆布など魚介出汁や椎茸の旨味を利かせ、さらにガツンとしたパンチを引き立てるラー油を加えた“和風つゆ”がよく絡み、一口ずつに染み渡るかのような旨味や肉の旨味などが口いっぱいに広がっていき、蕎麦やラー油など様々な風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!…というか、レギュラー化してほしいくらいのクオリティで想像以上に美味しいですね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、やや小さめにカットされてはいるものの…じっくりと味わってみると、濃いめの味付けがしっかりと施され、豚肉ならではの旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていたため、スープとしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど噛み応えのある太蕎麦と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのオニオン揚げ玉は、先入れタイプということもあってサクサクとした食感はありませんが…今回のスープにほどよい“玉ねぎ”の旨味・甘味、そして風味豊かな香ばしさを引き立てる相性抜群な具材となっていたため、こちらも上記の味付豚肉と同じく単品で味わうというよりも、“和風つゆ”を美味しく引き立てるつもりで馴染ませていくと良いでしょう!

さらに、こちらの“ねぎ”は、非常ほどよいサイズにカットされたことによってシャキシャキとした食感に仕上がり、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“和風つゆ”の旨味を際立たせ、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

“和風つゆ”について

“和風つゆ”は、先ほどもお伝えした通り鰹や昆布などの魚介出汁に椎茸の旨味をバランス良く利かせたことによってじんわりと染み渡るかのような味わいに仕上がり、そこにガッツリ系の刺激を引き立てるラー油が絶妙にマッチ、それによって素材の旨味を活かした新感覚の蕎麦がたっぷりと楽しむことができ、キリッとしたシャープな飲み口ながらも様々な旨味がバランス良く凝縮されたことで厚みのある美味しさが心地良く、最後まで飽きの来ないパンチのあるスープとなっています!

そして、物足りなさを一切感じさせないガッツリ系のテイストらしく肉の旨味も利いているんですが、決してギトギトとした感じはなく、魚介出汁の旨味をコク深く引き立てる絶妙なバランスとしてスープに溶け込み、後引く旨味・辛みがクセになる“ラー油入り肉そば”に仕上がり、食べ進めていくに連れて汗が止まらなくなってきます。。やはり魚介出汁とラー油を合わせたガッツリ系の蕎麦は美味しいですね!個人的にはここに“刻みねぎ”をたっぷりと加えて楽しみたいところ!

また、具材に使用された味付豚肉やオニオン揚げ玉からも良い旨味・風味が滲み出していき、食べ進めていくに連れて濃厚感・コク深さがより一層際立ち、それにいよって満足度の高いテイストが思う存分たっぷりと楽しめるのはもちろん、これだけ味が濃くて素材の旨味を活かし、さらにラー油もしっかりと利いた本格感のある“和風つゆ”なら幅広い層にも好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“縦型ビッグ ラー油入り肉そば”は、鰹や昆布などの魚介出汁に椎茸の旨味を利かせた染み渡る“和風つゆ”に仕上げ、そこにラー油を加えたことでガツンとした旨味溢れるガッツリ系の蕎麦がたっぷりと楽しめるボリューム感のある味わいを表現、さらに具材として味付豚肉やオニオン揚げ玉からも良い旨味が滲み出したことで想像以上に後引く辛さ・旨味が引き立ち、なんと言っても“そば粉”をしっかりと練り込んだコシの強い太蕎麦が絶妙にマッチした食べ応え抜群な一杯となっていたため、お好みによっては温泉卵を別途加えてマイルドな美味しさを引き立ててみても良いでしょう!

まとめ

今回「縦型ビッグ ラー油入り肉そば」を食べてみて、魚介出汁をベースにラードなど肉の旨味を利かせた濃厚とも言える“和風つゆ”に仕上がり、そこにラー油の辛みをバランス良く合わせたことでガツンとしたパンチの強い味わいを表現、最近カップ麺でも増えつつあるガッツリ系の蕎麦をたっぷりと楽しむことができ、蕎麦の方も“そば粉”を練り込んだ風味豊かな太蕎麦が採用されたことで、縦型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと刺激的な“肉そば”が堪能できる満足度の高い一杯となっていました!

やはりこういった魚介出汁にラー油を合わせたガッツリ系のテイストはクセになりますね!しかも蕎麦ならではの風味や“和風つゆ”にも本格感のある美味しさが感じられたため、後引く旨味・辛みがたまらない…ガッツリ系のテイストが好みの方も納得の一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!