webproduct-lab-blog

ラーメン・カップ麺を中心とした食べ歩き雑記ブログです。

一風堂のカップ麺「赤丸新味 博多とんこつ」の評価・感想について

スポンサーリンク

一風堂のカップ麺「赤丸新味 博多とんこつ」の評価・感想について

今回は、一風堂の「赤丸新味 博多とんこつ」というカップ麺の評価や感想などについてです。

こちらもかなり前から発売されていて、未だに店頭に並ぶ人気商品のひとつですよね。
セブンイレブンなどで、一度は目にしたことのある方も多いと思います。

そして、この味は商品名を見ての通りとんこつです。
「一風堂」は札幌にも実際の店舗はありますが、個人的に味噌が好きということもあり、あまり好みの味じゃないな。。と思っていて敬遠していました。いつもすみれに目が行ってしまいます。

というか、一風堂はかなり前に一度食べてはみたものの…やっぱり濃厚味噌が好きな私にとっては少し物足りなさを感じてしまいました。

しかし、以前ご紹介したジョブチューンのカップ麺ベスト10に6位にランクインしていたので、また気になってしまい…改めて食べてみることにしました。

blog.webproduct-lab.com

その時のラーメン評論家の話だと、再現性がかなり高いということで高評価を集めていましたね!一風堂の特徴の「黒香油」が特に良いとのことでした。

パッケージにある「この味、まさに店味。」というコピーも気になるところですね。

私も以前食べたことがある、といっても10年以上も前の話ですからね。。とんこつスープの好みも変わっているかもしれません。

ということで、今回は一風堂のカップ麺ついて感想など評価をまとめてみたいと思います。

一風堂 赤丸新味 博多とんこつ

開封してみた

では、フタを開けてみます。
すると、中にはご覧の通り5つもの小袋が入っています。

f:id:yuki53:20170226175051j:plain

「辛みそ」と「黒香油」に関しては同じパッケージに見えますが、袋自体はわかれていますから、実質6種類もの調味料などの具材が入っていることになります。多いですねー!

調理してみます

最初に「かやく」と「チャーシュー」だけを入れて熱湯を注ぎます。
そして、待っている間に他の調味料などの小袋はフタの上に置いて温めておきましょう。

ちなみにこの一風堂のカップ麺は調理時間3分です。山頭火は4分だったんですけどね、多少麺の仕様が異なるのでしょうか?

そして、最初に麺を軽くほぐしてから残りの調味料を入れていきます。入れる調味料が多いですからね…よーくかき混ぜてください。

出来上がりがこちら!スープの仕上がりが良い感じです。

f:id:yuki53:20170226213535j:plain

ぱっと見の印象はやはりスープですね!黒香油を入れると、油に黒い色が付くのでこってりとした感じがよりいっそう食欲をそそりますね!

やっぱり、とんこつと言ってもこれくらい濃い色の方が見た目も良いです。

スポンサーリンク

食べてみた感想

一口食べてみます…んー、見た目と比べてちょっとインパクトに欠けるかな?といった印象ですが、とんこつスープは確かに美味しいですねー!かなりマイルドです。辛みそ感はあまり感じられないかな?

麺について

博多ラーメンということもあって細麺です。

しかし、カップ麺の細麺で強いコシを表現するのってかなり難しいですよね?ちょっと麺に関しては、美味しさの特徴は見られませんでした。。

f:id:yuki53:20170226220128j:plain

スープの再現性がかなり高評価だっただけにちょっと惜しいですね。

しかし、下記の写真のように“きくらげ”が入っています。
このきくらげが食感よく食べられて、こってりとしたスープの中にも歯ごたえを感じることができます。

f:id:yuki53:20170226223840j:plain

この辺りはバランス良いのではないでしょうか?

チャーシューが良い感じ

バラ肉を使用したという、実際の店舗のものを再現した厚めのチャーシューで、味の方も意外としっかりと付いていてカップ麺ということを考慮するとかなり美味しい方ではないでしょうか?

f:id:yuki53:20170226223222j:plain

しかも、ごらんの通り箸で持っただけで崩れてしまいそうな柔らかさです!

スープについて

先ほどもお伝えした通り、見た目よりもかなりあっさりとした感じで、とてもマイルドです。個人的にはできれば、もっと「辛みそ」が主張してほしかったところです。。

f:id:yuki53:20170226224429j:plain

私は、とんこつラーメンのカップ麺を数多く食べてきたわけではないので、その他と比較してどうなのかはわかりませんが、濃厚なスープはやっぱり私好みではあります。

豚骨特有の臭みなんかもまるでありませんし、良くも悪くも上品なスープといった感じでしょうか?

なので、少し物足りなさを感じる方は食べながら香辛料を入れたり、紅しょうがなんかも追加してみても良いかもしれませんね。

感想まとめ

全体的に他のカップ麺と比較して、かなり美味しい部類に入る今回の一風堂「赤丸新味 博多とんこつ」はラーメン評論家の評価も高いことにも納得の一品でした。

これ、どんぶりを移し替えて食べてみるとさらに美味しく感じられるかもしれません。
それくらい再現性も高く、特にスープの仕上がりがとても良いです。

未だに店頭に並んでいるくらいですからね!臭みのない濃厚とんこつスープが食べたくなったらぜひこちらを選んでみてください!

また、セブンプレミアム10周年記念に発売された「一風堂 とんこつまぜそば」もチェックしてみてください!

最後に、一風堂の「赤丸新味 博多とんこつ」は豚骨ラーメンでしたが、また少し違った印象の豚骨ラーメンの塩ではこちらの山頭火の「旭川とんこつ塩」もおすすめですので、ぜひ下記の記事も参考にしてみてくださいね!それでは!

blog.webproduct-lab.com

Copyright © webproduct-lab-blog ALL RIGHTS RESERVED.