本気盛

本気盛(マジモリ)シビレる辛さの濃厚担々麺!コク深い担々スープに花椒の痺れを加えた刺激的な一杯

本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺

本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺」を食べてみました。(2021年12月20日発売・東洋水産)

この商品は、“大盛な麺”・“濃い系スープ”・“がっつり具材”でお馴染み“本気盛(マジモリ)”シリーズの新商品ということで、今回はポークの旨味に味噌や練り胡麻をバランス良く合わせ、唐辛子と花椒による痺れる辛さが特徴的なコク深く濃厚な担々スープに仕立て上げ、商品名にある通り痺れる辛さと濃厚感に拘り、そこに食べ応え重視の硬くてコシの強い“中太縮れ麺”と思われる独自製法による噛み応え抜群な麺が絶妙にマッチしたシリーズらしい一杯が登場です!

それも…下記の通り濃厚な胡麻の旨味とコクが特徴的な“正宗式(まさむねしき)担々麺をベースに唐辛子と花椒による痺れる辛さを利かせ、後引く辛さと旨味溢れる濃厚担々スープによってガツンとした味わいを表現し、濃厚でありながらも清々しいほどの唐辛子・花椒を利かせたスープがほどよい弾力と歯切れの良い強いコシを兼ね備えた“中太縮れ麺”に絡み、スープ・麺ともにしっかりと食欲を満たしてくれるボリューム感抜群な一杯、“本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺”となっております。(税抜き220円)
※唐辛子と花椒を使用している時点で“成都式”でもあるんですけどね。。

※「正宗式担々麺」とは … 担々麺には、「正宗式」「成都式」という造語があります。「正宗式」は、ごまの旨味とコクのあるスープが特長で、「成都式」は、麻辣のストレートな辛味とキレのあるスープが特長です。
引用元:「本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺」新発売のお知らせ | 東洋水産株式会社

ご覧の通りパッケージには、“本気盛(マジモリ)”、“シビレる辛さの濃厚担々麺”といった今回のシリーズ名や商品名が大きく掲載され、見るからに辛くて濃厚な担々スープをイメージさせるシンプルながらもインパクト重視のデザインがあしらわれ、麺類で濃厚なテイストとしては比較的定番の担々麺が表現されたシリーズらしいボリューム感のあるフレーバーのようですね!(このシリーズはガッツリ系のフレーバーがコンセプトとなっているため、担々麺と言ってもそこまで新鮮味に欠けるんですが…意外と担々麺自体は少なく、ここ数年としては“本気盛 ごま香るキムチ担々麺(2017年10月30日)”が登場している程度です。)

本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺 パッケージ

また、こちら容器側面には“花椒のシビレと唐辛子の辛味を利かせた、コクのある濃厚担々麺!!”と記載されているように、ポークをベースに味噌や練り胡麻を利かせた王道とも言える“正宗式担々麺”に痺れる辛さの唐辛子と花椒を加えた刺激的でコク深い担々スープに仕上げ、シリーズらしい濃い目のテイスト・ガッツリ系の味わいがたっぷりと楽しめそうです!

ちなみに今回の容器には“中太縮れ麺”や“がっつり太麺”といった文言が掲載されていないんですが、これまでの麺線を比較してみると恐らく“本気盛 鬼旨辛みそ(2021年8月16日発売)”や“本気盛 BLACKスパイシー醤油(2021年6月28日発売)”に使用されていた“中太縮れ麺”が採用されていると思われ、文字通りしっかりとした食感を表現したことで食欲をガツンと満たしてくれるんですよね!これは今回のフレーバーもかなり期待できるのではないでしょうか?

…というか麺に関しては他にも“新がっつり太縮れ麺”といった食べ応えのある食感や麺質に拘った仕様なんかも数多く登場していましたから、今回の“シビレる辛さの濃厚担々麺”に関しても申し分なさそうです!

また、こちら容器側面にはポークをベースに味噌や練り胡麻を利かせたコク深く濃厚な担々スープといったコク深い味わいに唐辛子や花椒をしっかりと利かせた痺れる辛さが心地良い刺激的なアクセントが絶妙にマッチし、今回の商品名の文字通り濃厚感と痺れる辛さが凝縮された仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…味付鶏挽肉・チンゲン菜・“ねぎ”が使用されているようです!これは安定感のある美味しさをイメージさせますね!

他にも特徴として…麺は上記の通り厚みもあり幅広な硬い食感のフライ仕様となっていて、もっちりとした弾力と歯切れの良い強いコシを併せ持ち、それによってポークの旨味に味噌や練り胡麻をバランス良く合わせ、唐辛子や花椒による痺れる辛さを加えたクセになる濃厚担々スープにも負けじとガツンと食欲を満たし、文字通り濃い目・痺れる辛さが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークをベースに味噌や練り胡麻を利かせた担々スープにはコクのある旨味が凝縮されたことによってこってり感もありつつも飽きの来ない濃厚な味わいがガツンと伝わり、さらに唐辛子と花椒による痺れる辛さが徐々に利いてくることでビリビリとした刺激的な辛さが濃厚感と絶妙にマッチ、まさに王道とも言える担々麺の濃厚感と痺れる辛さを突出させた刺激的なテイストに仕上がり、やみつき感のある旨味とキレの良い口当たりが全体のバランスをうまく調和したことで最後まで飽きの来ない味わいを表現、そこに“中太縮れ麺”による麺量80gの硬い麺が食欲をガツンと満たしてくれる…そんな美味くて辛い濃厚な担々スープがたっぷりと堪能できる一杯となっていました!
これは特に、担々麺が好みの方はもちろん、臭みのないポークの旨味をベースに味噌や練り胡麻を利かせ、唐辛子や花椒の痺れる辛さが後引く旨味を引き立てたビリビリと痺れる刺激的な担々スープを食べ応え抜群な硬めの中太麺とともにたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“本気盛”シリーズの新フレーバーで、ポークをベースに味噌や練り胡麻を利かせ、さらに唐辛子や花椒による痺れる辛さが絶妙にマッチしたことでガツンとした味わいを表現、そしてシリーズらしい食べ応えのある“中太縮れ麺”が絶妙にマッチした濃厚な一杯、「本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺

今回ご紹介するカップ麺は、食べ応えのある大盛り・濃い系で人気の“本気盛(マジモリ)”シリーズの新商品ということで、ポークの旨味をベースに味噌や練り胡麻を合わせ、さらに唐辛子や花椒をたっぷりと加えたことによって痺れる辛さが際立つ担々スープに仕立て上げ、まさに“シビレる辛さの濃厚担々麺”といったイメージにぴったりな濃厚感と痺れる辛さを表現、そこにもっちりとした弾力と歯切れの良い強いコシを併せ持つ硬めの中太麺が相性良く馴染み、最後までガッツリとしたテイストが飽きることなく楽しめる濃厚な一杯、“本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらには仕上がりイメージなどは一切掲載されていませんが、容器側面と同じくシリーズ名や商品名がシンプルにまとめられていて、やはり王道を行く担々麺の濃厚感と痺れる辛さを突出しているように感じられますね!それによって今回もまたシリーズらしいガツンとした味わいが楽しめそうです!!

ちなみに先ほどもお伝えした通り、今回の麺は噛み応えのある“硬めの麺”となっていて、容器には記載されていませんでしたが…恐らく“中太縮れ麺”が採用されているようで、厚みもあり幅広な“本気盛”シリーズらしい弾力と強いコシを併せ持ち、ガッツリ系のスープにも負けじと食べ応えがあって非常に合うんですよね!

また、今年発売された“本気盛”シリーズとしては…以下の通りとなっていて、今回の“シビレる辛さの濃厚担々麺”は以前ご紹介した“激辛ニボ”に続く新フレーバーであり、こちらもまた定期的に様々なフレーバーが登場しますからね!2021年はこれが最後かと思われますが、2022年もまだまだタイアップや様々な企画による名店の味わいを再現した新商品にも期待したいところ!

それでは、今回の“本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺”がどれほどポークの旨味に味噌や練り胡麻を利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?たっぷりと使用した唐辛子と花椒による痺れる辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても噛み応え抜群なコシの強い“中太縮れ麺”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り503kcal(めん・かやく368kcal / スープ135kcal)となっております。(塩分は6.1g)

カロリーは、縦型ビッグサイズ・ポークの旨味に味噌や練り胡麻をしっかりと利かせたコクのあるテイストながらもそこまで高い数値というわけではありませんが、一方で塩分はこのサイズを考慮すると平均的な数値となっています。
ちなみに1食当たり110g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで135kcalとやはり濃厚感を謳うだけあって高めな数値を占めていることからもポークの旨味や味噌・練り胡麻をしっかりと利かせたコク・厚みのある仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や“すりごま”をはじめ…

  • ねりごま
  • 香味油脂
  • 食塩
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 豚脂
  • 野菜エキス

といった、ポークをベースに味噌や練り胡麻を利かせ、唐辛子や花椒をたっぷりと加えたことによって痺れる辛さが絶妙にマッチし、濃厚ながらもガツンとしたアクセントがうまく調和したことで最後まで飽きの来ない後引く旨味・辛さがクセになる刺激的な味わいを想像させる材料が並びます。

また、販売者は東洋水産のようですが、製造に関してはグループ会社である株式会社酒悦が担っているようです!

JANコード4901990370301
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、卵白)、添付調味料(みそ、すりごま、ねりごま、香味油脂、食塩、ポークエキス、香辛料、砂糖、豚脂、野菜エキス、酵母エキス)、かやく(味付鶏挽肉、チンゲン菜、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、カラメル色素、かんすい、乳化剤、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、クチナシ色素、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (110g) 当たり]
熱量503kcal
めん・かやく: 368kcal
スープ: 135kcal
たん白質12.1g
脂質24.6g
炭水化物58.3g
食塩相当量6.1g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 3.8g
ビタミンB10.36mg
ビタミンB20.42mg
カルシウム253mg

引用元:本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通り、フタの上には“特製油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみると…恐らく唐辛子や花椒といった刺激的な辛さを含む油分が凝縮され、割とサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、かやくには…

  • 味付鶏挽肉
  • チンゲン菜
  • ねぎ

が入っています。

ご覧の通り赤みを帯びた粉末スープも豊富に使用されており、さらに味付鶏挽肉なんかも多めに使用されたことによって食べ進めていくに連れて旨味も増していき、それと同時に満足度も増していく…そんな濃厚感・痺れる辛さに拘った“シビレる辛さの濃厚担々麺”に相応しい各種具材が使用されているようです!

さらに、麺はご覧の通り粉末スープで確認しにくいんですが…厚みもあり幅広な“中太縮れ麺”が採用されており、湯戻りする以前の状態からしてすでにもっちりとした弾力や硬めの食感をイメージさせ、濃厚な担々スープとの絡みも非常に良く、麺量80gもの食べ応え抜群なボリューム感のある仕様となっているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:430ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い(…というか吸い過ぎですね。。)、それによって先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に幅広な中太麺にはほどよい弾力と強いコシが加わったことで文字通り“硬め”の強い食感が楽しむことができ、濃厚で刺激的な味わいに仕上げた担々スープにも負けじとしっかりとした食べ応えが楽しめるシリーズらしいガッツリ系の一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどの特製油を加えていきます!
すると…唐辛子や花椒を凝縮させたかのような赤みを帯びた油分がトロッとした状態で出てきます!これによってスープにビリビリと痺れる刺激的な辛さを際立たせているようですので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通りこの調味油はややトロッとした状態でしたので、スープ表面に留まった状態となっており、見るからに食欲を掻き立てる濃厚感と後引く痺れる辛さが融合されたインパクトのある担々スープに仕上がっているようです!(味も濃いめというのは言うまでもありません。。)

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…臭みのないポークの旨味に味噌や練り胡麻をバランス良く利かせ、唐辛子や花椒による痺れる辛さがちょうど良いアクセントとなり、濃厚感と辛さを突出させた担々スープに仕立て上げ、このお湯の減り方からもわかるようにかなり濃い目のテイストを表現しているようで、ポークや味噌・練り胡麻を利かせているにも関わらずドロッとしたテイストというよりも厚みのある旨味といった印象が強く、まさに濃厚で刺激的な担々麺がたっぷりと楽しめそうです!

また、豊富に使用されている味付鶏挽肉からも良い旨味が滲み出しているように感じられるんですが、なぜか豚ではなく“鶏挽肉”という点が若干気になりますね。。しかし全体をよく馴染ませながら食べ進めていくことによって恐らく旨味やコクも増していき、今回の“中太縮れ麺”といった厚みもあり幅広な中太麺とも相性良く馴染み、もっちりとした弾力だけでなく…ワシワシとした強い噛み応えによって刺激的な担々スープにも負けじとガツンとした食べ応えが楽しめる濃厚な一杯と言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークの旨味に味噌や練り胡麻をバランス良く合わせた濃厚な担々スープに仕上がり、コク深くも練り胡麻ならではのねっとりとした感じや“くどさ”は一切なく、むしろ唐辛子や花椒による痺れる辛さによってキリッとした口当たりが絶妙にマッチし、このメリハリが最後まで飽きさせることもなく、まさに濃厚感と痺れる辛さを強調した味わいがたっぷりと楽しむことができ、噛み応えのある“中太縮れ麺”との相性も非常に良く、ガツンとした味わいが縦型ビッグサイズといったボリューム感たっぷりと堪能できることでしょう!

また、気になる辛さの強さに関しては…特に辛さレベルなどは記載されていないんですが、激辛というほどではなく、唐辛子の辛さはやや控え目で花椒の痺れが特に強く、後半になるとビリビリと痺れてきますね。。とは言え、決して食べられないほど強烈な辛さというわけではなく、ポークの旨味や味噌・練り胡麻の濃厚な味わいとバランス良く融合していますから、思ったほど辛さは強く感じられないかもしれません!

他にも味噌のコクが個人的には好印象で、そもそも濃厚でこってりとした感じがあるんですが、練り胡麻特有のねっとりとした感じではなく、味噌をバランス良く合わせたことでキレ・コクが際立ち、最後まで飽きの来ないバランスの良い担々スープとなっています!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり非常に幅広な太麺が採用されており、麺硬めの“中太縮れ麺”と思われるもっちりとした弾力や強いコシを兼ね備えた噛み応え抜群な食感に際立ち、麺量80gによって食欲をガツンと満たしてくれるボリューム感のある仕上がりとなっています!

そんな中太麺には…臭みのないポークの旨味をベースに味噌や練り胡麻をバランス良く合わせ、さらに唐辛子や花椒による痺れる辛さを合わせた濃厚で刺激的な担々スープがよく絡み、一口ずつに素材の旨味を活かした濃い目の旨味、そしてビリビリとし痺れる辛さなどが口いっぱいに広がっていき、練り胡麻やフライ麺による香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこれはクセになりますね。。安定感のある担々麺なんですが、濃厚感と痺れる辛さに突出したことで全体のバランスは想像以上に良く、変なクセもありませんから…割と好評な一杯と言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまずこちらの味付鶏挽肉が入っていて、挽肉というだけあってやや小ぶりで、じっくりと味わってみると…やはり鶏というだけあって若干淡泊な旨味が滲み出てくる仕上がり具合となっていたため、スープとよく馴染ませながら食べ進め、後ほど硬めの中太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのチンゲン菜は、シャキシャキとした食感の茎の部分や葉といった異なる部位が使用され、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられる相性の良い具材として今回の一杯に対してちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、かなり小さくカットされたことによってシャキシャキとした食感こそないものの…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“シビレる辛さの濃厚担々麺”の美味しさを引き立て、さらに後味すっきりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースに味噌や練り胡麻をしっかりと利かせ、さらに唐辛子や花椒を加えたことによって旨味溢れる刺激的な担々スープを表現し、濃厚感と痺れる辛さがバランス良くマッチしたことでメリハリのあるテイストが心地良く、ベースとなる旨味が非常に強いせいか…痺れる辛さが和らいで感じられます!…実際には割としっかりとした辛さなんでしょうけど、後引く旨味をより一層際立たせているかのようで最後まで全く飽きが来ません。。(花椒の痺れがやや強く感じられます。)

そしてポークに関しては割と丁寧な利かせ具合で変な臭みなどは一切なく、濃厚感を際立たせるコクとして下支えし、まさに安定感のある美味しさ・厚みのある旨味を表現し、それによって辛さも調和されて感じられるのかもしれませんね!そのため、お好みによっては唐辛子をさらに加えてみても良いでしょう!

また、具材に使用された味付鶏挽肉からも旨味が滲み出していくことによって徐々に深み・コクも際立っていき、後味すっきりとしたテイストがどんどん濃厚なスープに変化していくため、容器底からしっかりと混ぜながら食べ進めていくと後半にはかなり濃い目のテイストが楽しめるかと思われます!これは本格感のある担々麺が好みの方ならかなりハマるのではないでしょうか?

このように、今回の“本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺”は、ポークをベースに味噌や練り胡麻をバランス良く合わせ、さらに唐辛子や花椒による痺れる辛さが全体をうまく調和したことで濃厚感と痺れる辛さが突出されたコク深い担々麺に仕上がり、コク深くも後引く辛さやキリッとした口当たりが心地良く、そこに食べ応え重視の硬くてコシの強い“中太縮れ麺”が絶妙にマッチしたボリューム感によって食欲をガツンと満たしてくれる満足度の高い一杯となっていたため、お好みによってはさらに唐辛子などの香辛料をちょい足しして刺激的な辛さをより際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「本気盛 シビレる辛さの濃厚担々麺」を食べてみて、臭みのないポークの旨味に味噌や練り胡麻をバランス良く合わせ、さらに唐辛子や花椒による痺れる辛さを加えたことによって濃厚感・痺れる辛さが特徴的なコク深い担々スープに仕立て上げ、王道とも言える濃厚な担々麺なんですが、この痺れる辛さがちょうど良いメリハリやアクセントとなったことでキリッとした口当たりはもちろん、食べ進めていくに連れてビリビリと痺れる刺激的な味わいを表現、そこに硬くコシの強い“中太縮れ麺”がガツンと食欲を満たしてくれるクオリティの高い仕上がりでしたので、本格感のある担々麺が気軽に楽しめる濃厚な一杯となっていました!

やはり“本気盛”シリーズはこういった濃いめのフレーバーが合いますね!今回は“濃厚感×痺れる辛さ”を際立たせたコク深く濃厚な担々麺となっていて、もちろんインパクトのあるスープにも負けじと噛み応え抜群な“中太縮れ麺”が絶妙にマッチしていたため、かなり幅広い層に好まれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!