グルメ

【セブン】蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼!“麻婆餡”と“中華餡”が同時に楽しめる濃厚な一杯

蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼

セブン-イレブン「蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼」を食べてみました。(2021年11月16日発売・セブン-イレブン限定)

この商品は、東京・板橋区に本店を置く激辛フリークに大変人気のラーメン店“蒙古タンメン中本”の“ご飯”メニューとして好評の“蒙古丼(辛5)”の味わいを同店監修によってセブン-イレブンオリジナルとして商品化したもので、中華スープをベースに海鮮具材や野菜を加えたコクのある“中華餡”と特製の肉味噌を使用したコクと辛味のある“麻婆餡”といった2種類の餡を盛り付け、さらに別添されている特製ダレ“激からー油”を加えることによって中本らしい辛旨な味わいが麺ではなく“ご飯”として楽しめるボリューム感のある一杯が登場です!!

それも…中華スープをベースにした辛みのない“中華餡”に海鮮や野菜の具合を豊富に使用し、もう一方では臭みのない豚骨の旨味をベースに中本の辛味噌ダレをうまく活かしたお馴染みの味わいに“とろみ”を付けた“麻婆餡”に仕立て上げ、豆腐や味付豚肉など豊富な具材を使用したことで2種類の旨味が同時に楽しむことができ、別添されている“激からー油”でお好みの辛さに調整することでふっくらとした“ご飯”とともに旨味溢れる味わいがたっぷりと楽しめる中本としては初のライスメニューとなった一杯、“蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼(なかもとどん)”となっております。(税別510円)

ご覧の通り今回は電子レンジ専用によって激辛でお馴染み“蒙古タンメン中本”で麺類と同じく好評だという…“蒙古丼”の味わいをセブン-イレブンオリジナルレシピとして商品化し、店内でもポップ付きでアピールしていましたね!これによると特徴としては…以下の3点が大きなポイントと言えるでしょう!

  • 海鮮や中華の旨味で仕立て、数種類の野菜を使用した中華餡
  • 豆腐や味付豚肉などを使用したピリッと旨辛な麻婆餡
  • 別添された“激からー油”で辛さの調整が可能

これは考えましたね!麻婆餡以外にも海鮮の旨味・具材を豊富に使用した“中華餡”を合わせるとは…しかも辛さの耐性がそこまでない方でも十分美味しくいただけるように“激からー油”が別添仕様となっていますから、かなり幅広い層に好まれるライスメニューと言えるのではないでしょうか?

そして今や“蒙古タンメン中本”の知名度はもはや全国レベルとも言っても過言ではない人気ラーメン店であり、“北極ラーメン”をはじめ激辛フリークの間では見逃せない一杯で多くのシェア・人気を誇り、中本らしい“辛さの中にも旨味あり”といったコンセプト通り豚骨の旨味を利かせた辛旨な“麻婆餡”、そして中華スープをベースにした“中華餡”をたっぷりと使用したことで2種類もの美味しさを1度に味わうことのできる初のライスメニューということで期待値も高まります!

他にも特徴として…“ご飯”はふっくらとした食感が印象的な食べ慣れた仕様となっていて、1食当たりの総重量やライスのグラム数などは表示されていなかったものの…思ったよりもボリューム感のある仕上がりとなり、それによって豚の旨味をベースに肉味噌や辛味噌ダレをバランス良く合わせた“麻婆餡”と中華スープをベースに海鮮系や野菜の具材を豊富に使用した“中華餡”に凝縮された旨味溢れる2種類もの美味しさがたっぷりと楽しむことができ、さらに別添されている“激からー油”をお好みで加えることによって中本らしい辛旨な味わいがガツンと食欲を満たしてくれる麺とはまたひと味違った美味しさが最後までたっぷりと堪能できるというわけです!

実際に食べてみて…

辛味噌ダレを合わせた“麻婆餡”と中華スープをベースに海鮮系や野菜の具材を合わせた“中華餡”ともに物凄い旨味が凝縮され、“とろみ”を付けた餡によって味わい深さ・コクが際立ち、両方の餡がどちらとも甲乙付けがたいほどの美味しさが表現され、さらにデフォルトではほぼ辛さはなく、別添されている“激からー油”を全て加えてみても激辛というよりも旨味が凝縮された餡にちょうど良いアクセントがプラスされたことによって全体のバランスは非常に良く、そこにふっくらとした食感の“ご飯”が馴染むことでボリューム感のあるライスメニューが最後までじっくりと楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“蒙古タンメン中本”ファンはもちろん、実店舗でも人気のライスメニューをセブン-イレブンオリジナルとして商品化したトロットロな“中華餡”と“麻婆餡”といった2種類の美味しさが贅沢に味わえる“どんぶり”をたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は全国の激辛ファンを魅了する名店“蒙古タンメン中本”の人気ライスメニューをセブン-イレブンだけのオリジナルレシピとして商品化、豚骨の旨味や中本らしい辛味噌ダレを合わせた“麻婆餡”と中華スープをベースに海鮮系や野菜の具材を合わせた“中華餡”といった2種類もの美味しさが1度に楽しめるインパクト抜群な一杯、「蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼

今回ご紹介する商品は、お馴染み“セブン-イレブン”から新発売されたもので、激辛好きには見逃せない“蒙古タンメン中本”の店主“白根 誠”氏監修による同店人気ライスメニューをセブン-イレブンだけのオリジナルレシピとして商品化し、豚骨の旨味に辛味噌をバランス良く合わせた辛旨な“麻婆餡”と中華スープをベースに海鮮や野菜の具材を合わせた“中華餡”といった2種類もの美味しさがふっくらとした“ご飯”とともにたっぷりと楽しむことができ、さらに別添されている“激からー油”を自分好みの量で辛さを調整し、麺とはまた異なる食べ応え抜群な“どんぶり”仕様の一杯、“蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼”となっています。

そして上記の通り…同店店主監修の“中本丼”と言っても「辛さの中に旨みあり!」の辛旨ラーメンを提供しているここ“蒙古タンメン中本”の味わいには豚の旨味がしっかりと利いているため、単純に辛いだけでなく旨味もしっかりと楽しめる刺激的な味わいが人気を呼ぶ言わずと知れた激辛ラーメンの大御所とも言える人気店であり、今回のライスメニューで言うと商品化としては初かと思われ、実店舗でも提供されている“蒙古丼”に“中華餡”が加わったような1度で2度美味しいボリューム感のある一杯は非常に気になるところ。。

ちなみにこの“蒙古タンメン中本”のカップ麺シリーズとしては、以前ご紹介した“北極ブラック(2019年2月23日発売)”や“極豚(ゴットン)(2020年2月22発売)”、“蒙古タンメン中本 チーズの直撃(2021年11月15日リニューアル発売)”なんかも美味しかったんですが、やはり個人的には豚の旨味を利かせた濃厚とも言える味噌ベースにたっぷりと使用された唐辛子によって非常にキレも良く、口に入れた瞬間から舌を切るようなアタックの強い辛さが楽しめる毎年恒例の“北極ラーメン”が好みなんですが…今回は実店舗でも大変人気だというライスメニューをオリジナルレシピとして商品化した一杯にはかなり期待したいところ!

そもそもここ“蒙古タンメン中本”とは…創業者“中本 正”氏によって“中国料理中本”といった屋号で板橋区にオープンしたのがはじまりで、一時閉店したものの…創業はなんと1968年9月と実に半世紀を超す老舗ラーメン店でもあり、2000年に現在の店名“蒙古タンメン中本”となって再開し、今では2代目として“白根 誠”氏が同店修行の後その味を引き継ぎ、激辛フリークからの絶大な支持を獲得し、全国区でトップレベルの激辛ラーメンとして君臨する人気ラーメン店です!

他にも“蒙古タンメン中本”と言えば…上記のカップ麺シリーズだけでなく、“蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺(2018年6月12日発売/2021年10月18日リニューアル発売)”や“蒙古タンメン中本 汁なしカレー誠炸羅麺(2020年10月5日発売)”といった冷凍麺なんかも発売されており、実店舗では味わえないオリジナルメニューが登場しているため、ここ最近では実店舗にも引けを取らない美味しさが気軽に楽しめるとあってコンビニでも並ぶ機会も多く、もはや全国区の知名度を誇る激辛ラーメン店としてご存知の方も多いのではないでしょうか?

また、ここ“蒙古タンメン中本”の実店舗について詳しくは、ぜひこちらの記事もご覧ください!

蒙古タンメン中本
「蒙古タンメン中本」に行ってきました!激辛の聖地で楽しむ本格的一杯激辛ラーメンの代名詞「蒙古タンメン中本」に行ってきました! このラーメン店は、もはやメディアやカップ麺シリーズでも多くの方が一度は...

それでは、今回の“蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼”がどれほど豚骨や辛味噌ダレをバランス良く合わせた“麻婆餡”や中華スープをベースに海鮮や野菜の具材を合わせた旨味溢れる“中華餡”に仕上がっているのか?別添されている“激からー油”を加えることによる刺激的な辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもふっくらとした食感が心地良い“ご飯”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り614kcalとなっております。(塩分は4.4g)

カロリーは、旨味溢れる濃厚な“麻婆餡”と“中華餡”、そして麺ではなくふっくらとした“ご飯”が使用されていることもあって割と高めな数値のようですが、一方で塩分はやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たりのg数や麺量は特に記載されていませんが、持った感じだと…かなりずしっとした重量感があり、調理前からしっかりとした食べ応えが表現されていることが伺い知ることができるでしょう!

また、調理方法はレンジ麺ということで当然電子レンジを使用するわけですが、目安としては…

  • 1500W 1分20秒
  • 500W 4分00秒

となっており、特に別添されている“激からー油”を剥がしてからレンチンするだけの簡単調理で本格的な“中本丼”が楽しめるというわけですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

餡には、“中華だし”や“味噌だれ”をはじめ…

  • 調製ラード
  • 豆板醤
  • つゆ
  • 植物油脂
  • にんにく
  • 香味油
  • 粉末調味酢
  • 中華風調味料
  • ガラスープ
  • 唐辛子粉末
  • 甜麺醤
  • 醤油
  • 赤唐辛子
  • ポークエキス
  • ラー油
  • ガーリックパウダー
  • 青花椒

といった豚骨をベースに辛味噌ダレを合わせ、さらに唐辛子や花椒を利かせた濃厚な“麻婆餡”や中華スープをベースに海鮮や野菜の具材を合わせた“中華餡”に仕上げ、実に様々な旨味が使用され、濃厚ながらも旨味溢れるやみつき感のある2種類もの美味しさが楽しむことができ、別添されている“激からー油”を加えることによって刺激的なアクセントが加わり、“蒙古タンメン中本”ならではの濃厚かつ辛さの中にも旨味をしっかりと感じられるインパクト抜群な味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード2041023200129
原材料名

うるち米(国産)、豆腐、白菜、キャベツ、中華だし、ほたて、味付豚肉、竹の子、玉葱、味噌だれ、調製ラード、ねぎ、豆板醤、人参、塩、つゆ、きくらげ、植物油脂、砂糖、にんにく、ほたてエキス、香味油、発酵調味料、にら、ピーマン、粉末調味酢、調味酢、中華風調味料、オリゴ糖混合異性化液糖、ガラスープ、唐辛子粉末、甜麺醤、ゼラチン、醤油/増粘剤(加工澱粉)、調味料(アミノ酸等)、凝固剤、唐辛子色素、(一部に乳成分・小麦・牛肉・ゼラチン・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)、【添付辛味調味料】還元水あめ、赤唐辛子、食塩、ポークエキス、にんにく加工品、ラー油、醸造酢、でん粉、ガーリックパウダー、酵母エキス、青花椒/酒精、香辛料抽出物、(一部に大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1包装当たり]
熱量614kcal
蛋白質22.0g
脂質15.1g
炭水化物100.5g
糖質:94.5g
食物繊維:6.0g
食塩相当量4.4g

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“ご飯”と餡を仕切るプラスチックがあり、さらに“麻婆餡”と“中華餡”にも区切られており、電子レンジで温めるだけで本格的な“中本丼”が出来上がるようで、各種具材などがすでに盛り付けられている状態となっています。(別添されている“激からー油”だけは調理前に剥がしておきましょう。)

…というか、この時点ですでに満足度の高い味わいがたっぷりと楽しめそうですね!特にこの2種類の餡に使用されている各種具材に関しては全く申し分なく、豊富に使用された具材からも良い旨味が滲み出し、実店舗にも劣らず満足度の高い味わいがたっぷりと楽しめそうです!これは一気に期待値が上がりますね!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、“激からー油”と記載されているんですが、実店舗の“蒙古丼”は“辛5”なので想像しているよりも辛さ自体は控え目かと思われます。(ちなみに実店舗で提供されている“蒙古タンメン”は“辛5”、“北極ラーメン”は“辛9”です。)

そして、具材には…

  • 豆腐
  • 白菜
  • キャベツ
  • ほたて
  • 味付豚肉
  • 竹の子
  • 玉葱
  • ねぎ
  • 人参
  • きくらげ
  • にら
  • ピーマン

といった非常に豊富な具材が各種使用されています!

また、辛さの耐性がない方でもこの状態だと十分美味しくいただけるかと思われますので、“激からー油”も別添仕様となっていることから、かなり幅広い層に好まれる一杯に間違いありません。

そして、この容器は二重構造となっていて、下の段にはご覧の通りふっくらとした“ご飯”がすでに入っています。

調理してみた

では再度フタを閉めて500W・4分で加熱したところがこちら!
見た目としてはほとんど変化ありませんが…食欲そそる風味が一気に広がっていき、想像以上に本格感のある“中本丼”が気軽に楽しめるのはもちろん、ずしっとしたボリューム感もあることから、かなり満足度・クオリティの高い一杯…といった印象の出来上がりです。(調理後は熱々なので“やけど”に注意です。)

その後、2種類の餡が添えられている中皿を手前に引いて“ご飯”に乗せていきます!
意外とするっと落ちていくので非常に簡単です!

ではここに別添されている“激からー油”を加えていきます!
個人的に激辛好きなので全て絞り込んで入れていきましょう!すると…割とドロッとした状態で、見るからに強い辛さをイメージさせる赤黒い仕様となっており、激辛というほどのものではないかもしれませんが…物足りなさを感じさせない辛さに期待できそうです!

そして軽く馴染ませたところがこちら!
これで税別510円ですからね!2種類もの拘りの餡(“麻婆餡”・“中華餡”)、そして惜しげもなく豊富に使用された各種具材を考慮すると…むしろリーズナブルにも感じられます!(ただし、上記の“激からー油”は“麻婆餡”の方だけに加えた方が良かったのかもしれません。。)

ご覧の通り…右半分は豚骨の旨味に辛味噌ダレをバランス良く合わせたコク深くも刺激的な“麻婆餡”に仕上がり、一方で左半分には中華スープをベースに海鮮や野菜の具材を豊富に合わせた“中華餡”がたっぷりと盛り付けられ、まさに“辛さの中に旨味あり!”といった強烈な旨味がたっぷりと楽しむことができ、特に“中華餡”の方には海鮮や野菜の具材が豊富に使用され、ふっくらとした“ご飯”と合わせることによって食べ応え抜群なボリューム感やしっかりとした旨味に期待でき、2種類の餡の美味しさを交互に食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなクオリティの高い仕上がりとなっているようです!

また、“蒙古タンメン中本”と言えば…やはり強い辛さが印象強く、中華スープをベースに海鮮の旨味を加えたコクのある“中華餡”は非常に珍しくも感じられるかもしれませんが、この辛さのない普通に美味しい餡が楽しめる辺りが今回の特徴であり、セブン-イレブンだけのオリジナルレシピというわけですね!個人的にも“麻婆餡”だけのテイストよりもこういった2種類の味が楽しめた方が満足度も高いと思います!!

食べてみた感想

一口食べてみると…これはかなり美味しいですね!!まず“麻婆餡”の方に関しては豚骨の旨味に中本の辛味噌ダレや肉味噌をバランス良く合わせたことでコク深く濃厚な仕上がりなんですが、決して脂っこさといった印象は全くなく、具材に使用された味付豚肉や豆腐、その他様々な具材が旨味を引き立てたことでかなり満足できます!しかも別添されている“激からー油”を全て加えても激辛というほどのものではなく、それよりも想像以上に旨味が凝縮されていますので、ちょうど良いアクセントに感じられるかもしれません!

一方で“中華餡”に関しては、パッケージに“Vegetables & Chicken Bone Broth”と記載されていましたし、原材料にも“ガラスープ”といった材料が確認できたため、恐らく鶏ガラなどから旨味を抽出した中華スープをベースに海鮮や野菜の具材を豊富に使用したことでコク深い美味しさがこちらもまた強烈で“麻婆餡”とはひと味違った味わいが楽しめるかと思われます!これはちょっと予想外でクオリティ高すぎですね。。

しかも“ご飯”は、ふっくらとした炊きたてのような食感が心地良く、コクのある2種類の餡との相性も抜群です!…というか麺とは違って思ったよりもガツンと食欲を満たしてくれます!!個人的にはむしろ多すぎるくらいでしたので、やはり今回のクオリティと価格設定を考慮するとかなりお得感がありますね!これはリピートする方も多いのではないでしょうか?

ただ、あくまで“餡”の乗せたライスメニューとなっているため、スープなどが欲しくなります!そのため、お好みによっては“蒙古タンメン中本 辛旨豆腐スープ”辺りと一緒に味わってみると良いかもしれませんね!…とは言え基本的に2種類の餡の仕上がりが非常に秀逸なので、お店レベルとも言える味わいが楽しめることに間違いありません!

ライスについて

ライスは、ご覧の通りふっくらとした仕様で、ほどよい弾力・もっちりとした炊きたてかのような仕上がりとなっていて、なんと言っても今回はスープではなく餡が使用されているため、食べ進めていっても食感はそのままに保たれ、最後までじっくりと旨味溢れる2種類の餡が楽しめるかと思われます!

そんなふっくらとした“ご飯”には、臭みのない豚骨の旨味に中本らしい辛味噌ダレや肉味噌をバランス良く合わせたコク深く濃厚な“麻婆餡”がたっぷりと絡み、一口ずつにしっかりとした辛さとそれに負けじと強い旨味が口いっぱいに広がっていき、唐辛子や花椒ならではの刺激的な風味や“麻婆餡”特有の食欲そそる香りが後味良く抜けていきます!…これは美味しいですね!餡がしっかりと絡むことで一口ずつに感じられる満足度は一際大きく感じられることでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豆腐が入っていて、使用されている数・サイズ感に関しては全く申し分なく、今回の“麻婆餡”には欠かせないプリッとした食感が表現され、“ご飯”とともに食欲をしっかりと満たしてくれます!…というかこの餡には様々な具材が絡んでいるため、想像以上に旨味が強く、それぞれが“麻婆餡”そのものの美味しさを引き立てているようにも感じられますね!

また、こちらの“竹の子”は、ほどよい食感が心地良く、素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられる相性抜群な具材として今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされ、旨味としても申し分ありません!他にも食感の良い具合は豊富に使用されているんですが、これはこれで独特の食感がありますから、“麻婆餡”を美味しく味わえる具材として旨味を引き立てているものと思われます!

さらにこちら…“中華餡”に使用されているホタテは、見た通り非常にサイズが大きく、じっくりと味わってみると…海鮮系の旨味を引き立てる美味しい具材となっていて、使用されているのはひとつだけでしたが、かなり満足できますね!この一杯で採算取れているのか心配になるくらいです。。

そして、こちらの“中華餡”にはキャベツや人参、ニラなどの野菜が豊富に使用されており、シャキシャキとした食感はもちろん、素材を存分に活かした旨味溢れる味わいがたまらなく、“麻婆餡”とはひと味違った美味しさとして相性良く馴染んでいます!

他にもこちらのキクラゲが豊富に使用されており、こちらもまた数・サイズともに申し分なく、コリコリとした食感が心地良く“中華餡”との相性抜群な具材となっているようです!

餡について

餡は、先ほどもお伝えした通り臭みのない豚骨の旨味をベースに中本の辛味噌ダレをバランス良く合わせ、ほどよい香辛料や“とろみ”を付けたことで濃厚かつコク深い“麻婆餡”に仕上がり、唐辛子や花椒による刺激的なアクセントが食欲を掻き立て、そこにたっぷりと具材が使用されたことで、お店さながらの味わいが存分に楽しめることと思われます!

というかもはや餡にたっぷりと具材が絡んでいますから、“ご飯”と合わせていただくとちょうど良いですね!やや濃い目に仕上げたことでメリハリのある味わいがボリューム感たっぷりと楽しむことができ、しかも2種類もの餡が同時に味わえるわけですから…かなりハマる方も多いのではないでしょうか?

一方で“中華餡”の方は…中華スープをベースにしたコクのある味わいがすでに味濃く仕上がっていて、そこに海鮮や野菜の旨味が加わったことで海鮮系の旨味がじんわりと滲み出し、これがまた非常に良い出汁の旨味が楽しめる満足度の高い仕上がりとなっています!そのため、ひと味違った“麻婆餡”と交互に味わってみると良いでしょう!(気軽にこの味が自宅で楽しめるのは嬉しい限りですね。)

このように、今回のセブン-イレブン限定の“蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼”は、臭みのない豚骨の旨味をベースに中本の辛味噌ダレや肉味噌をバランス良く合わせた“麻婆餡”と中華スープをベースに海鮮や野菜の具材を豊富に合わせた“中華餡”といった2種類もの美味しさが1度で楽しむことができ、さらに別添された“激からー油”によって辛さが調整できる贅沢仕様のライスメニューとなっていましたが、激辛というほどの強い辛さというわけではありませんでしたので、お好みによっては“おろしにんにく”や唐辛子などを加えて刺激的な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「蒙古タンメン中本 白根誠監修 中本丼」を食べてみて、激辛ラーメンで大変人気を博する“蒙古タンメン中本”で好評だというライスメニューをセブン-イレブンだけのオリジナルレシピとして商品化した一杯は、中本らしい濃厚な味わいを表現した“麻婆餡”と中華スープをベースに海鮮や野菜の具材をたっぷりと使用した“中華餡”といった2種類の味わいが楽しめる非常に満足度の高い仕上がりで、そこにふっくらとした“ご飯”が絶妙にマッチしたことで、食欲もガツンと満たされ、別添されている“激からー油”を加えることで刺激的な後引く辛さ・旨味がクセになる美味しさを引き立て、最後まで全く飽きの来ないボリューム感抜群な一杯となっていました!!

やはり“蒙古タンメン中本”監修による商品は美味しいですね!しかも今回は簡単レンジ調理で全く異なる2種類の餡が同時に楽しめるとあって麺とは違ったライスならではの食べ応えがあり、辛さに関してもほどよい程度でしたので、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!