カップ麺

にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン!大量の“刻みにんにく”が美味いパンチのある一杯

にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン

にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン」を食べてみました。(2021年9月6日発売・日清食品/ドン・キホーテ限定・数量限定)

この商品は、驚安(きょうやす)の殿堂でお馴染み全国展開する総合ディスカウントストア“ドン・キホーテ”と日清食品とのコラボによって発売されたドン・キホーテ限定カップ麺ということで、豚の旨味をしっかりと利かせた醤油ベースのスープに“刻みにんにく”を大量に追加したことによって黄色い看板でイメージさせる濃厚でパンチのある豚骨醤油スープを表現、まさにインスパイア系ならではの食べ応え抜群な一杯が登場です!

それも…インスパイア系らしくポークの旨味をガッツリと利かせた豚骨醤油スープには乳化感のあるコクと醤油感の強いキレの良さがバランス良く仕上がり、たっぷりと使用した“刻みにんにく”によってガツンとした口当たりを表現したやみつき感のある縦型ビッグサイズの一杯、“にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン”となっております。(税別198円)

ご覧の通り、パッケージは“驚安の殿堂”に寄せた“にんにくの殿堂”といった文言に加え、“濃厚どトンコツ”、“スタミナにんにくラーメン”といった商品名や特徴などがインパクトある“にんにく”のイラストイメージとともに掲載されており、日清食品と言えば…“どん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク”といったインスパイア系を彷彿とさせるシリーズが色々と発売されていますからね!まさしくこってり感とキレの良さがうまく融合された二郎系ならではの味わいに期待でき、しかもドン・キホーテ限定(数量限定)といった希少価値の高い一杯となっています!!

にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン パッケージ

一方こちらには…“刻みにんにくしか勝たん!”と記載されているように、このドン・キホーテ限定カップ麺には細かくカットされた大量の“にんにく”が入っており、それによって濃厚な豚骨醤油スープにガツンとした強いパンチ・キレをプラス、まさに“濃厚どトンコツ”といったテイストが好みの方にはたまらない一杯と言えるのではないでしょうか?(実際のところ…かなり美味しいです!!)

また、こちらには“角切りチャーシュー入り”と記載され、上記の大量に使用された“刻みにんにく”に加え、やや小ぶりではありますが…角切りチャーシューがこちらもまた数多く使用されており、よくカップ麺で見かけるような薄くカットされたチープな仕様とは異なり、この角切りチャーシューからも良い旨味が滲み出し、旨味溢れる豚骨醤油スープの美味しさを食べ進めるに連れて引き立てる…そんな相性抜群な具材がたっぷりと含まれているようで仕上がりはもちろん、後半に連れて旨味が増す味の違いなんかも気になるところ。。

そしてこちら容器側面には濃厚な豚骨醤油スープに大量の“刻みにんにく”や角切りチャーシューが盛り付けられ、もっちりとした弾力と強いコシを兼ね備えた太く若干幅広な太麺がスープに絡む仕上がりイメージが掲載されており、まさにインスパイア系らしいガツンとした味わいが表現されているようで、これを見る限り具材には…味付豚肉・にんにく・キャベツが使用されているようです!

ちなみに今回の“にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン”は“ドン・キホーテ”と日清食品とのコラボ商品ということもあって通販での取り扱いはもちろん、どこにも詳細が掲載されていません。。ただ、パッケージの色使いやテイスト、何より豚骨や“刻みにんにく”といった旨味・具材を豊富に使用されていることからインスパイア系の味わいをイメージ・再現した一杯であることに間違いなく、当然ガッツリ系が好みの方には見逃せない一杯となっています!(個人的にもこういったフレーバーはかなり好みです。)

他にも特徴として…麺は“二郎”でよく「まるで“うどん”のような麺」と例えられるように、コシの強い太くもっちりとした若干幅広な太麺が採用されており、それによって醤油ベースに豚の旨味、そして“にんにく”をガツンと利かせた力強い豚骨醤油スープといったインパクトのある味わいを縦型ビッグサイズのボリューム感でたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

豚の旨味はばっちりですね!しっかりとコクがあって“濃厚どトンコツ”といった文言に相応しい喉越しも非常に良く、醤油感も強くややしょっぱいくらい(このくらいがちょうど良いんです!)なんですが、“刻みにんにく”や角切りチャーシューが豊富に使用されたことでスープ全体のバランスとしてはメリハリがあって個人的にはかなり秀逸で、二郎ならではのギトギト・こってりとした脂の感じとまではいかないものの…決して物足りなさを感じさせるわけではなく、満足度の高いパンチのあるインスパイア系ならではの味わいが表現され、恐らくこういったフレーバーが好みの方でも納得できる一杯となっていました!
これは特に、豚の旨味をしっかりと利かせたコク深い豚骨醤油スープに“刻みにんにく”や角切りチャーシューをたっぷりと加えたことでインスパイア系ならではのガッツリとした味わいを縦型ビッグサイズのカップ麺として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は豚の旨味をしっかりと利かせた醤油感の強い豚骨醤油スープに“刻みにんにく”を大量に使用したことでパンチのある口当たりを際立たせ、さらに角切りチャーシューも数多く使用したことでこちらからも良い旨味が滲み出し、それによってインスパイア系をイメージさせるガッツリ系の味わいがボリューム感たっぷりと楽しめるパンチのある一杯、「にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、驚安の殿堂でお馴染み“ドン・キホーテ”とのコラボ商品ということで、豚の旨味をしっかりと利かせたコク深く濃厚な豚骨醤油スープに具材として“刻みにんにく”や角切りチャーシューをたっぷりと使用したことによって黄色い看板でお馴染み二郎系を彷彿とさせるガツンとした味わいを表現、そこに厚みもあり若干幅広なコシの強い太麺がしっかり絡む食べ応え抜群な一杯、“にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン”となっています。

ご覧の通りフタの方にも容器側面と同じく黄色を基調に“にんにくの殿堂”、“濃厚どトンコツ!”、“スタミナにんにくラーメン”といった今回の商品名や特徴などがインパクトのある“にんにく”のイラストとともに掲載されており、なんと言ってもこの仕上がりイメージによる濃厚な豚骨醤油スープに噛み応え抜群な太麺が絡む様子は見るからに食欲を掻き立てられますね!

そしてこちら、“驚安の殿堂 ドン・キホーテ”とのコラボ商品らしく“にんにくの殿堂”と記載されており、今回は唐辛子や花椒、香味野菜などをたっぷりと利かせた刺激的な麻辣味の火鍋をイメージさせる“激辛の殿堂 麻辣火鍋ラーメン”も同時発売されており、数量限定ではありますが…この辺りに関しては今後の商品展開なんかも気になるところ。。(ぜひ、“○○の殿堂”シリーズとして様々なフレーバーが登場してほしいですね。)

それでは、今回の“にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン”がどれほど豚の旨味をしっかりと利かせた濃厚な豚骨醤油スープに仕上がっているのか?たっぷりと使用された“刻みにんにく”や角切りチャーシューによる旨味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってももっちりとした弾力や強いコシを併せ持つ厚く若干幅広な太麺との相性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り460kcal(めん・かやく405kcal / スープ55kcal)となっております。(塩分は7.7g)

カロリーは、濃厚・パンチのあるインスパイア系にしてはかなり低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高めな数値のようです。
ちなみに1食当たり105g、麺の量は80gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと55kcalとこちらもやや低めな数値となっていることから豚の旨味に関しては若干不安に感じられますが…ギトギトとしたスープというわけではなくコクもあり、“刻みにんにく”のマシマシ仕様によるガツンとした口当たりによる食べ応え抜群な仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポーク調味料や豚脂をはじめ…

  • 食塩
  • でん粉
  • クリーミングパウダー
  • ポークパウダー

といった、豚の旨味を利かせた上に醤油感の強いコク深く濃厚な豚骨醤油スープをベースに具材として使用された“刻みにんにく”や角切りチャーシューを豊富に使用したことでガツンとしたインスパイア系らしい味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、たん白加水分解物、チキンエキス、香味調味料、香辛料)、スープ(ポーク調味料、豚脂、食塩、でん粉、糖類、クリーミングパウダー、小麦粉、ポークパウダー、たん白加水分解物、酵母エキス)、かやく(味付豚肉、にんにく、キャベツ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類、炭酸Ca、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、フラボノイド色素、クチナシ色素、炭酸Mg、ビタミンB2、ビタミンB1、クオ診療抽出物、くん液、(一部に小麦・卵、乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (105g) 当たり]
熱量460kcal
たんぱく質12.1g
脂質16.8g
炭水化物65.2g
食塩相当量7.7g
めん・かやく: 3.3g
スープ: 4.4g
ビタミンB11.31mg
ビタミンB20.61mg
カルシウム128mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、今回は特に調味料などは別添されていません。

そして、具材には…

  • 味付豚肉
  • にんにく
  • キャベツ

が入っています。

こちら見た感じだと“刻みにんにく”は細かくカットされているせいか…容器底に溜まっているものと思われます!…というか開けた瞬間から食欲そそる“にんにく”の良い香りが一気に広がっていきます!後は粉末仕様ということもあってどれほど濃厚なのか気になるところではないでしょうか?

そして、麺はご覧の通り厚みもあり若干幅広な太麺(フライ麺)が採用されており、もっちりとした弾力や強いコシを兼ね備え、インスパイア系にもぴったりなガツンとした食感が楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどまでの太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、食べ応えのある太麺が確認できないほど豊富に具材が使用されているようですが…麺にはもっちりとした弾力や強いコシが加わり、“刻みにんにく”や角切りチャーシューがマシマシ仕様となったことでインスパイア系らしいパンチのある濃厚な一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…表面にはやはり豚の脂などギトギトとしたこってり感はありませんが、思ったよりも白濁とした乳化感があり、それによってコク深く濃厚なテイストが表現され、醤油感の強いキレの良さ、そして“刻みにんにく”によるガツンとした味わいが楽しめそうです!

ただ…“にんにく”の風味はなかなか強烈なものがありますね!!これは以前ご紹介した“どん兵衛 マシマシ篇ガチ豚ニンニク”よりも遙かに濃厚感が際立ち、“刻みにんにく”をたっぷりと使用したことでキレ・後味の良さを押し出した満足度の高いインスパイア系が楽しめるのではないでしょうか?

また、具材に使用された味付豚肉からもほどよく肉の旨味が滲み出しているようで、カップ麺でよく見かける薄くカットされたチープな具材よりも肉の旨味が引き立つため、こちらはスープとよく馴染ませながら食べ進めていくと良いでしょう!

ちなみに“刻みにんにく”はかなり細かくカットされたものが大量に使用されており、そのほとんどが容器底に溜まっているため、しっかりと混ぜながらいただくと、より一層パンチの強い旨味がガツンと感じられ、インスパイア系特有の旨味溢れるテイストがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

食べてみた感想

一口食べてみると…使用されているスープは粉末仕様だったので濃厚感がどれほどなのかが気になるところではありましたが、実際には全く申し分ないほどコクもあって喉越しの良い豚骨醤油スープが表現されています!これは良いですね!もちろん“刻みにんにく”がたっぷりと加わったことでスタミナ感はもちろんパンチのある旨味が際立ち、醤油感の強いキリッとした口当たりとも絶妙にマッチし、まさにインスパイア系らしいガツンとした味わいとなっています!これは良い意味で臭くて美味いっ!笑

ただ、どうしても豚の旨味に関してはコク深く濃厚ではありますが…ギトギトとした脂っこさとまではいきませんので、よりギットリとした脂を楽しみたい方は別途豚肉などを焼いて脂ごと加えてみても良いかもしれません!(ただしデフォルトでも十分な美味しさが楽しめるかと思われます。)

とは言え、今回の一杯には具材に角切りチャーシューが豊富に使用されており、そちらからも良い旨味が滲み出すことで食べ進めていくに連れて肉の旨味・コク深さが際立っていくため、まずは食べ応えのある麺を優先にしっかりと混ぜながら食べ進めると旨味が徐々に際立っていきます!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広なインスパイア系でよく“うどん”と比喩されるような…もっちりとした弾力や強いコシを兼ね備えた太麺(フライ麺)が採用されていて、期待を裏切らずガシガシとした食感が心地良い濃厚なスープにも負けじと噛み応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな太麺には…豚の旨味に食欲そそる“にんにく”がしっかりと利いたメリハリのある豚骨醤油スープがよく絡み、一口ずつに豚の旨味やパンチの強いガツンとした“にんにく”の味わいが口いっぱいに広がっていき、この食欲そそる“にんにく”の香りが後味良く抜けていきます!…これはついつい箸が止まらなくなり、思い切り麺を頬張りたくなりますね!!縦型ビッグサイズにして正解です!!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの角切チャーシューが入っていて、やや小ぶりではありますが…使用されている数に関しては全く申し分なく、じっくりと味わってみると、ほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい仕上がり具合となっていたため、食べはじめはスープとよく馴染ませながら食べ進め、後半にコシの強い太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツはシャキシャキとした食感というよりも…まさにインスパイア系にもぴったりな茹で野菜らしい若干柔らかな仕上がり具合となっていて、量的にも全く物足りなを感じさせることもなく、これはこれで今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントを加えているようです!

他にも非常に細かくカットされた“刻みにんにく”が容器底に大量に使用されており、しっかりと混ぜれば混ぜるほど食欲そそる旨味が際立っていき、後ほど麺やスープと一緒にいただくと…こんなにも小さな具材にも関わらずシャキシャキとした食感が心地良く、今回味の決め手であることに間違いありませんが、もっと“刻みにんにく”を加えたくなりますね!これは旨味をスープに広げるには理にかなっていて、食感も良いためもっと多く使用されていても良かったような気もします。。(実際“にんにく”臭はかなり強烈ですが…笑)

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り粉末仕様ということもあって脂っこさといったギトギト感とまではいかないものの豚の旨味がしっかりと利いたことでコクもあり、喉越し抜群・濃厚な豚骨醤油スープとなっていて、まさにキレ・コクそして具材として刻みにんにくがたっぷりと加わったことでパンチのある味わいに仕上がっています!これは想像以上に良いですね!ドン・キホーテで通年扱いしてほしいくらいです

そして上記の通り豚の旨味には変な臭みや脂っこさがなく(個人的にあっても良いんですが)、今回の豚骨醤油スープを下支えしたことで味に深みが際立ち、具材に使用された角切りチャーシューからも良い旨味が滲み出していくことで、食べ進めるに連れてガツンとした旨味が広がっていきます!これが液体・粉末のWスープだったらもっと臨場感の高い味が表現されていたような気がします。。

また、刻みにんにくに関してはかなり細かくカットされてはいるものの、思ったよりも大量に使用されたことでインスパイア系らしい味わいが際立ち、さらに意外とシャキシャキとした食感が心地良く感じられ、しっかりとスープに馴染ませながら食べ進めることによって満足度も増していくことに間違いありません!(この“刻みにんにく”は容器底に溜まっているため、しっかりと底から麺を馴染ませていくと良いでしょう。)

というか、この仕上がりで税別198円ですからね!ボリューム感や美味しさなどを考慮するとかなりリーズナブルな一品とも言え、カップ麺として気軽にインスパイア系の味わいを楽しむにはちょうど良いですね!しかも基本的にスープの味が割と濃い目なので残ったスープに追い飯したくなります。。

このように、今回の“にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン”は、カップ麺としては非常に珍しいドン・キホーテとのコラボ商品ということで、インスパイア系を彷彿とさせる豚骨醤油スープに仕上げ、そこに具材としてたっぷりと刻みにんにくや角切りチャーシューが盛り付けられ、さらに食感の良いキャベツによるシャキシャキ感が心地良いガツ盛り仕様のテイストが気軽に楽しむことができ、何といってもほどよい弾力と強いコシを兼ね備えた幅広な太麺がガツンと食欲を満たしてくれるそんな満足度の高い仕上がりでしたので、お好みによっては今話題のS&B にんにく背脂といった脂を加えて濃厚感を際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回、ドン・キホーテとのコラボによる「にんにくの殿堂 スタミナにんにくラーメン」を食べてみて、豚の旨味にキレの良いしょっぱさ、そして食欲そそる刻みにんにくを大量に加えた濃厚な豚骨醤油スープには、インスパイア系ならではのガツンとした口当たりが想像以上にクオリティ高く表現され、他にも角切りチャーシューからも肉の旨味がスープに滲み出すことによってメリハリのある味わいが際立ち、厚みのある幅広な太麺とともにガッツリとした味わいがたっぷりと楽しめる非の打ち所がない一杯となっていました!

やはり濃いめに仕上がった豚骨醤油スープにガツンとにんにくの旨味を利かせたテイストは美味しいですね!特に今回は脂っこさこそありませんでしたが…豚の旨味がしっかりとしたコク・濃厚感を引き立てていたため、インスパイア系が好みの方でも納得の一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!