ラーメン

らーめん つけ麺 NOFUJI(ノフジ)に行ってきました!豚骨魚介の醤油スープが大好評の人気行列店

らーめん つけ麺 NOFUJI(ノフジ)

らーめん つけ麺 NOFUJI(のふじ)」に行ってきました!

このラーメン店は、鰹や煮干し、昆布など魚介の旨味を丁寧に抽出し、臭みのない豚骨とバランス良く融合させた濃厚なWスープによってシャープな飲み口とコク深い味わいがじんわりと染み渡り、まさに素材本来の旨味を存分に活かした魚介醤油の“つけ麺”とラーメンが大変好評な行列必至の人気店“らーめん つけ麺 NOFUJI”となっております!

その特徴としては…上記の通り魚介の良い出汁が醤油感の強いキレと絶妙にマッチしたことで、キリッとした口当たりと最後まで飽きさせないすっきりとした後味が印象的で、さり気なく豚骨の旨味も合わせたことで深みのあるまろやかなスープが多くのリピーターからの支持を得る札幌の人気ラーメン店です!

しかもここ“NOFUJI”は、札幌市豊平区の地下鉄南北線・南平岸駅から徒歩1分の場所にあるんですが、マックスバリューの真裏に位置することから大通りに面していないため、中央区や繁華街から離れていたり、少しわかりにくかったりと…決して良い場所とは言えないんですが、実際訪問してみると驚きの行列ができているため、常連・リピーターが非常に多い超人気であることが予想されます!(札幌の名店と呼ばれるラーメン店の多くは総じて良い場所とは言えない傾向にあります。)

そして特筆すべき点はとにかく店員さん(ご夫婦)の対応が非常に心地良く、某レビューサイトでも多くの方が接客に対してコメントしているように、人気店にも関わらず決して奢ることのない姿勢が印象良く、味の方も唸るほどの美味しさが表現されていますから…次から次へとリピーターを呼ぶんでしょうね!

そのため今回訪問させていただいた際もかなり多くの常連客が来店していて、店主である“野藤(のふじ )正英”氏もお客さんを覚えている様子で一人一人丁寧に顔を見て挨拶するところがまた好印象といったところ!
※このように店舗名は店主のお名前のようですね。

他にもここ“らーめん つけ麺 NOFUJI”は、上記の通り魚介の旨味と豚骨をバランス良く合わせたWスープの看板メニュー“魚介醤油つけ麺”と“魚介醤油らーめん”が人気のラーメン店となっているんですが、他にも“味噌つけ麺”や“魚介味噌らーめん”もあり、特に限定メニューが定期的に提供されており、定番以外にもひと味違った“NOFUJI”ならではの味わいが堪能できるというわけです!

ゆうき
ゆうき
では、今回は魚介系の旨味と豚骨をうまく合わせたWスープによる濃厚な魚介醤油の“つけ麺”・ラーメンや、定期的に限定メニューが登場する行列必至の人気のラーメン店、「らーめん つけ麺 NOFUJI」について実際に食べてみた感想などを詳しくレビューしてみたいと思います!

らーめん つけ麺 NOFUJI

今回ご紹介するラーメン店は、鰹や煮干しなど実に様々な魚介出汁を丁寧に抽出し、豚骨の旨味とバランス良く合わせたことによってコク深くもじんわりと染み渡る味わいが多くのラーメンファンを魅了する人気・実力ともに兼ね備えている行列必至のラーメン店、“らーめん つけ麺 NOFUJI”となっています。

ちなみに創業は2017年11月、“つけ麺”の名店“あらとん”での修行経験を持つという店主“野藤 正英”氏によってオープンさせたのがはじまり、その影響・口コミもあってなのか瞬く間に人気店へとなり、今もなお客足の絶えない行列店となっています。(行列必至と聞いていましたので、今回はオープン30分前に訪問したんですがすでに20組以上の待ちができていました。。)

そのため、訪問する際はぜひ公式Twitter(@nofuji0101)のチェックをおすすめします!実際見てみると…レギュラーメニュー・限定メニューともに完売のオンパレードですので。。営業時間(11:00~15:00 / 17:00~21:00)も考慮した上で行く時間を決めると良いかもしれません!

また、ここ“NOFUJI”では店の雰囲気作りにも拘っていて、これまではレンガ調の喫茶店のような落ち着いた感じが印象的だったんですが、2020年11月1日〜18日まで内装工事が入ったことで、より快適にラーメンが堪能できるようになるそうです!こちらもどんな雰囲気になるのか気になるところ。。

今回はその最終日となる2020年10月31日に訪問し、さらに限定メニューの提供最終日でもあったので、そういった理由もあっていつもより来店する方が多かったのかもしれません。。とは言え…店を出た時も入店する時と同じくらいの行列ができていましたから、やはり人気・実力を兼ね備えた名店とも言えるラーメン店であることに間違いないでしょう!

それでは、今回はこの“らーめん つけ麺 NOFUJI”の看板メニューがどれほど魚介の旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?コク深さを引き立てる豚骨との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもそういった濃厚なスープにも負けじと噛み応え抜群な極太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

店舗に到着

今回は行列必至のラーメン店との事前情報がありましたから、オープン11:00よりも30分早く到着したんですが…この通り軽くすでに20組の行列ができているではありませんか!!!!ちなみに場所は地下鉄南北線の南平岸駅すぐそばにあるマックスバリューの真裏に位置し、駐車場はないものの…真隣にはコインパーキングがあるので、そちらを利用すると良いでしょう!
※このパーキングもこの行列ですから…入れたらラッキーです。(25分200円)

そして、限定ラーメンの用意もあるようで、並んでいる最中に通常メニューか限定メニューのどちらかだけを店員さんが一人ずつ確認してくれます。

こうしてオープンしたわけですが、やはり多くの方が看板メニューの“つけ麺”を注文するせいか…麺の茹で時間の関係で回転は若干遅い感じはありますね。。

しかも上記の通り人気行列店ということもあって、よく見かける“代表待ち”によるトラブルがあるようで、店前にも張り紙してあったにもかかわらず今回も割り込みしてきた方がいて…怒鳴っているお客さんもいましたね。。(寒い時期でも我慢してちゃんと並びましょう。)

その後、ようやく店舗前まで進んだ時点ですでに12:00です。。
そして暖簾には製麺所である“小林製麺”の文字が確認できますね!ちなみにここ“小林製麺”を使用している札幌のラーメン店と言えば…「らーめん 信玄」や「麺や けせらせら」、「らーめん ほっぺ家」や「ラギちゃんラーメン」など、数多くの名店が挙げられます!

また、ここ“らーめん つけ麺 NOFUJI”の営業時間は以下の通り2部制となっていて…

  • 昼の部 11:00〜15:00
  • 夜の部 17:00〜21:00

オープン前でこの並びですからね、長時間並びたくない方は平日または少し時間をずらして訪問してみると良いかもしれません!(その場合は完売の可能性もありますので、公式Twitterもチェックしてみてください。)

メニューについて

こうしてようやく入店すると…店内すぐ右手に券売機がありますので、まずはこちらで食券を購入しましょう!店員さんが逐一案内してくれますので何かと安心です。

そしてその気になるメニューはこちら!
※今回、内装工事のタイミングで価格改定されています。

まずは下記2種類の看板メニューを元に…

  • 魚介醤油つけ麺(800円→850円)
  • 魚介醤油らーめん(750円→800円)

各種異なる味わいが用意されており、

  • 味噌つけ麺(800円→850円)
  • 辛つけ麺(850円)→辛い醤油つけ麺(900円)
  • 魚介塩らーめん(750円→780円)
  • 魚介味噌らーめん(800円)→終了
  • コク味噌カレーつけ麺(850円→900円)

さらに“限定麺(1,300円)”なんかもありますね!

ちなみに“特製”と記載されているメニューに関してはチャーシュー2枚・味玉1個が付いているかどうかの違いとなっているんですが、ここ“NOFUJI”は濃厚な豚骨魚介ベースのスープだけでなくチャーシューの仕上がりも絶品ですからね!ぜひ特製で注文したいところ!!

他にも“のり(50円→100円)”や“特製(チャーシュー2枚・味玉1個、250円→260円)”といったかなりリーズナブルな追加トッピングも別で用意されています!

また、“つけ麺”に関しては以下の麺量から無料で選ぶことが可能で、“ひやもり”と“あつもり”から選ぶこともできるので、食べられる量を注文しましょう!
※“らーめん”に関しては+100円で大盛りにすることができます。

  • 並(1玉 200g)
  • 中(1.5玉 300g)
  • 大(2玉 400g)

…というかこの券売機を見た瞬間からしてどれが看板メニューなのかがわかりますね!笑
そして今回は最初から“つけ麺”狙いで訪問しましたので、“特製魚介醤油つけ麺(200g・ひやもり)”を注文しました!
※現在は“特製魚介醤油つけ麺”が1,110円、“特製魚介醤油らーめん”が1,060円となっています。

店内について

店内については冒頭でもお伝えした通り2020年11月1日〜18日まで内装工事が入ったため、現在は雰囲気ががらりと変わっているかもしれませんが…今回訪問した際は、ご覧の通り壁はレンガ調でゆったりとした落ち着いた印象で、厨房を囲むように9席のL字カウンターがあり、他にもテーブル(2人用ひとつ・4人用ひとつ)席が用意された割とこぢんまりとした感じとなっています。

また、券売機の横には、ご覧の通り紙エプロンも用意されていますので、濃厚な“つけ麺”をいただく際は適宜利用すると良いでしょう!“つけ麺”って割とドロッとした濃厚なスープなので“つゆ跳ね”注意なんですよね。

そして、こちらにも記載されている通り“おろしにんにく”が必要であれば店員さんに伝えるといただけますので、こちらも適宜伝えてみてください。

ちなみにこちらには“らーめん つけ麺 NOFUJI”の拘りが記載されており、これによると…

らーめん、つけ麺と二種類の麺を使い分け、試行錯誤を繰り返し完成しました。
麺の味を楽しめ、スープに良く絡むもちもちとした食感の麺にこだわりました。
※北海道産小麦100%使用
スープ豚骨 魚介によるダブルスープ豚骨の下処理、灰汁(アク)取りを念入りにし、コトコト16時間炊いたスープは豚骨特有の臭みがなく叉焼、背脂の旨みと魚介の旨みが重なり、深みのあるスープに仕上がっています。
タレベースとなるタレに、数種類の食材を加え一晩以上寝かしています。具材において、一つ一つ手間をかけています。
味わいを楽しんで頂ければ幸いです。

とのことで、ここ“NOFUJI”と言えば魚介の旨味が大変人気のラーメン店といった印象ですが、これを見ると豚骨の旨味に関してもかなりの拘りがあるようですね!(※“つけ麺”には煮干し・昆布・鰹を使用、“らーめん”には煮干し・昆布・鰹・鯵・飛び魚を使用しているとのこと。)

さらに、こちらには“麺が太いため茹で時間がかかります。らーめん・つけ麺の提供が前後する場合がございます。”と記載されているように、やはり食べ応え・噛み応え抜群な極太麺を使用しているということもあって茹で時間がどうしてもかかってしまうわけですね!

他にもテーブル調味料としては…

  • お酢
  • タバスコ
  • 一味
  • 黒胡椒

といった割とシンプルなものが取り揃えられています。

食べてみた感想

こうしてしばらくすると注文した“特製魚介豚骨つけ麺”が運ばれてきます!
すると…濃厚な豚骨魚介醤油スープにはフライドオニオンが盛り付けられ、ほどよい香ばしさと素材本来の甘味が旨味を引き立て、豊富に使用された大きくカットされている“ねぎ”が後味の良さを際立たせているように感じられますね!
※後ほど割りスープをいただくとレンゲが付いてきます。

らーめん つけ麺 NOFUJI(ノフジ)

そして“特製”にしたことで、チャーシューが2枚・味玉が1つ追加されており、チャーシューに関しては非常に厚くカットされたボリューム感のある仕様で、味玉はちょうど良い半熟に仕上がり、なんと言ってもこの瑞々しくも感じられる極太麺からは、もっちりとした弾力や小麦の風味が香り立つ噛み応え抜群な食感が楽しめそうです!

さらにこちら!丁寧・じっくりと炊き込んだことで豚骨特有の臭みは全くなく、鰹や昆布など魚介の旨味が凝縮されたWスープに仕上がり、フライドオニオンが味のアクセントにもなったことで、奥深くまろやかな素材の旨味を活かした極上の味わいが楽しめそうです!

…というか、よく見てみるとさり気なく背脂なんかも散りばめられていますね!これによってコク深さが際立ち、魚介出汁特有のキリッとした旨味に厚みをプラスしているようにも感じられます1

ということでさっそく一口食べてみると…魚介のバランスが非常に良いですね!これは名店“あらとん”を受け継いだ味わいというのも納得で、煮干しも使用しているようですが変な苦味や“えぐみ”は一切なく、むしろ丁寧に合わせた豚骨によってコク深くまろやかな口当たりに感じられ、フライドオニオンの甘味がまた絶妙にマッチしています!

そして、豚骨の旨味はあくまで魚介出汁を引き立てるためのもので、濃厚感というよりも魚介出汁を厚みのある旨味として際立たせ、じんわりと染み渡るスープがたまりませんね!これは早く割スープをもらってじっくりと味わいたいところ。。

麺について

麺はご覧の通り、今回“ひやもり”にしてもらったため、表面の張りはかなりのもので、もっちりとした弾力もありつつ…極太・角刃仕様によるコシの強い食感が心地良い仕上がりとなっています!

そんな麺には、豚骨を利かせたキレ・後味の良い魚介醤油スープがよく絡み、一口ずつに煮干しや昆布、鰹など魚介出汁を丁寧に抽出した旨味をじっくりと炊き込んだことによる豚骨によって深みが際立った味わいが口いっぱいに広がってき、フライドオニオンによるほんのり香ばしい風味が後味良く抜けています!

これはまさに絶品と言うべき味わいで、今回は“ひやもり”にしたため、麺のコシはもの凄いことになっていましたが、どうしてもスープが冷めやすいというデメリットがあるものの…それ以上の満足度が得られる食感はたまりません!(“あつもり”の良さもあるんですけどね、個人的にはこのコシの強い食感だけは譲れません。。)

そして、しっかりとスープと絡めていただくことによって強烈に美味い魚介醤油スープが広がり、思い切りすすりたいところではありますが…“つゆ跳ね”に注意しながらいただくようにしましょう。(気になる方は先ほどのエプロンを利用してください。)
※豚骨の旨味がしっかりと溶け込んでいますが、思ったよりもドロッとした感じではありません。

…というか創業2017年11月、“あらとん”で修行した店主がオープンしたラーメン店ということで当初大変話題となり、ひっきりなしに客足の絶えることがなかったようですが、それが未だに行列必至の人気店として確立したのも納得の味わいで、魚介出汁を利かせたテイストが好みの方ならぜひ味わっておくべきラーメン店と言えるでしょう!(これは…“特製魚介醤油らーめん”も気になるところ。。)

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが2枚添えられていて、見た通り非常に厚みのある仕様で食感は想像以上にホロホロと崩れていくほどの柔らかな仕上がり具合で、じっくりと低温調理されたかのような肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる非常に手の込んだ具材となっていたため、しっかりとスープに付けていただくと、より一層旨味溢れる味わいがじっくりと楽しめるかと思われます!

上記の通りスープをしっかりと浸して食べてみるともう…絶品・贅沢な具材となっているため、スープに沈めて味を染み込ませておきたいところ。。(ちょっとスープが冷めてしまうかもしれませんので、後ほど割スープをいただいてからでも良いかもしれませんね。)

他にもトッピングとして提供されている“特製(250円)”でまずは一杯飲んでから…というのも良いですね!!

また、こちらの味玉の味付けはそこまでしっかりと染み込んでいるようではありませんでしたが、濃厚な豚骨魚介醤油スープを付けていただくと…全く物足りなさを感じさせることもないため、敢えて味付けはほどほどに抑えているのかもしれません!

さらに、こちらのメンマは使用されている数・サイズ感ともに申し分なく、メンマ特有の味付けはもちろん、すでにスープの旨味を吸っているため非常に美味しい具材であり、コリコリとした食感が心地良く、素材本来の味わいなんかも感じられる仕上がりとなっています!

そしてこちら!フライドオニオンが使用されており、これによってほどよい香ばしさや素材本来の甘味なんかがスープに滲み出し、キレの良い醤油ベースのスープを豚骨の旨味とともに丸みを帯びた厚みのある味わいへと引き立ててくれます!この組み合わせがまた絶品で、たまりませんね!

他にもスープの方にはすでに厚みのある大判チャーシューが1枚入っていて、“特製”にすることによってチャーシューは計3枚ありますから…けっこうなボリューム感があり、こちらはしっかりと豚骨魚介醤油スープが染み込んでいるため、食感・旨味ともに言うまでもなく絶品な具材に仕上がっております!箸で持ち上げるとホロホロと崩れていくほどの柔らかさ…!!

スープについて

スープは“魚介醤油つけ麺”の文字通り魚介出汁の主張が強く、煮干しや鰹、昆布などの魚介出汁を丁寧に抽出した旨味が豚骨によってさり気なく厚みのある味わいに引き立てられ、じっくりと丁寧に炊き出したことによって臭みなどは一切なく、“つけ麺”らしくやや濃いめに仕立て上げています!(…というかはじめて食べた方なら豚骨を利かせたことに気付かない方もいらっしゃるかもしれません。)

そして、その魚介の旨味を存分に引き立てたスープには上記の通りじっくりと炊き込んだ豚骨の旨味や背脂、さらにフライドオニオンから滲み出す旨味のバランスが非常に秀逸で、噛み応え抜群な極太麺をちょい付けする程度でも充分濃厚な味わいを楽しむことができ、さらに北海道産小麦100%使用したという麺の美味しさなんかも同時に堪能できる手の込んだ仕上がりで、ついつい唸るほどの美味しさが印象的といったところ!

その後、店員さんに声をかけると(すでにわかったかのように)“割スープですね〜”と言って器を取りに来てくれますので、少々待つとじっくりと素材の旨味を最後まで楽しめるほどの味わいに仕立て上げたスープがレンゲ付きで、運ばれてきます!(この時点でまた熱々のスープとなりますので、麺やチャーシューなどは残しておいても良いかもしれませんね。)

こうして割スープをいただくと…先ほどまでの魚介出汁や醤油感の強いキリッとした口当たりに豚骨などの旨味が交わったことによって角の取れた丸みを帯びたコク深い味わいへと変化し、これはこれで強烈に美味いです!

なんと言うか…普通に“つけ麺”としてのスープも非常に美味しい仕上がりでしたが、ここ“NOFUJI”の“つけ麺”に関しては最初のガツンと来る魚介出汁の旨味、そして後半に割りスープを加えた状態が楽しめるとあって段階的に素晴らしい美味しさが楽しめますね!

しかも“ひやもり”にすることでスープが冷めてしまっても、この割りスープを加えることによってまた熱々のスープになりますから、ここに残った麺や具材を加えてじっくりと堪能してみても良いでしょう!

そうこうしているうちに完食です!
気付けば水を飲むのも忘れて一気に食べ進めてしまうほどここ“NOFUJI”の“つけ麺”はのめり込んでしまいますね。。

麺量は大・中・小とそれぞれ200〜400gまで選ぶことができるんですが、恐らく麺量300gでもするっと入ってしまうほどのクセになる味わいで、豚骨自体も魚介出汁を引き立てる絶妙なバランスで利いていますから、リピーターになるのも納得の一杯と言えるのではないでしょうか?並んだ甲斐あって札幌でトップクラスの“つけ麺”と言っても過言ではありません!!!

まとめ

今回「らーめん つけ麺 NOFUJI」の“特製魚介醤油つけ麺”を食べてみて、煮干しや鰹、昆布などの魚介出汁にじっくりと炊き出した豚骨の旨味が加わったことによってコク深く厚みのあるスープへと引き立て、醤油感の強いテイストと絶妙にマッチしたことで、じんわりと染み渡る美味しさがもっちりとした弾力とコシの強い極太仕様の麺とともに最後までたっぷりと楽しめる至極の一杯となっていました!

そしてなんと言っても豚骨の利かせ具合が秀逸で、魚介の旨味を損なうことなくコク深さや喉越しの良さを際立たせ、さらに全く臭み・クセのない手の込んだ丁寧な下処理を思わせる仕上がりですので、創業当初から常に客足の絶えない人気店であることも納得です!!

…というかこれはかなりの満足感ですね!個人的にも正直想像以上の仕上がりで、魚介系が好みの方ならほとんどの方が唸るほどの美味しさが堪能できるのではないでしょうか?

ということで気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

らーめん つけ麺 NOFUJI 店舗情報

札幌市豊平区平岸3条13-7-12
※駐車場はありませんが隣にパーキングがあります。

TEL:011-815-0101
営業時間:11:00~15:00 / 17:00~21:00
定休日:月曜日

「札幌ラーメン」のおすすめ店についてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!