カップ麺

クッタ(QTTA)裏 焦がししょうゆ味!定番の味わいにロースト感が加わった裏メニュー

クッタ 裏 焦がししょうゆ味

クッタ 裏 焦がししょうゆ味」を食べてみました。(2020年3月23日発売・東洋水産)

この商品は、“はぁ~、くった~”でお馴染み“クッタ”シリーズの新商品ということで、今回はシリーズ発売3周年として第1弾から通年取り扱いされている“SHO-YUラーメン”に使用されている肉の具材(味付豚肉・味付挽肉)を増量して期間限定で発売し、それと同時に裏メニューとして楽しめる焦がし風味を利かせた香ばしい一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をしっかりと利かせた深みのあるスープに食欲そそるロースト醤油による香ばしさを利かせ、シリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味と香ばしさがより一層旨味・風味を際立たせ、さらに黒胡椒を加えたことによってキリッとした口当たりが心地良く感じられる一杯、“クッタ 裏 焦がししょうゆ味”となっております。(税抜き193円)

裏メニューということもあって、お馴染みの“QTTA”のロゴが裏返った状態で掲載されていますね!いつものメニューとはひと味違ったテイストが期間限定で楽しめるワクワク感なんかもあって期待値もかなり高まります!

クッタ 裏 焦がししょうゆ味 パッケージ

そしてご覧の通り、パッケージには“クッタ”シリーズお馴染みの統一されたデザインがあしらわれ、ロースト感のある色の濃い醤油スープに香ばしい焦がし風味が香り立つ仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・えび・たまねぎ・ねぎが使用されているようです!“とろみ”のある濃厚感がまた良いですね!

一方こちらには、今回の裏メニュー“裏 焦がししょうゆ味”についての簡単な説明が記載されていて、こちらによると…“ラードの香ばしい風味がする麺に、香ばしい幸がし醤油味スープを合わせました。いつものMARUCHAN QTTA SHO-YUラーメンを更に香ばしく濃厚に仕上げた期間限定の裏メニューです。”と記載されているように、ベースはお馴染み“SHO-YUラーメン”の味わいのようですが、そこに焦がし醤油を合わせ、ただでさえラードを使用した油で揚げた麺から香ばしさが香り立つ“クッタ”シリーズですが、今回はさらに風味豊かな仕上がりとなっているようですね!

他にも特徴として…この“クッタ”シリーズはこれまでも様々なフレーバーが登場してきたんですが、各テイストに合わせた麺を採用しており、今回の“裏 焦がししょうゆ味”には…“つやもち製法”による中太・弾力のある食感に仕上がり、“クッタ”らしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしさがコク深く食欲そそる焦がし風味が加わった濃厚な醤油スープと絶妙にマッチし、最後まで飽きることなく後引く旨味・ロースト感のある焦がし醤油の香ばしさをじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

焦がし醤油の感じは、ラードならではの香ばしさとはまた異なる風味として絶妙にマッチし、まさにコク深い醤油スープに裏メニューらしいひと味違った深みのある仕上がりとなっていて、シリーズならではのラードを使用した油で揚げた麺から滲みでる旨味によって、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなクセになる良い意味でほんのり焦がし醤油の苦味が美味い一杯となっていました!
これは特に、レギュラー商品の“SHO-YUラーメン”が好みの方はもちろん、安定感のある美味しさに香ばしい風味が食欲を刺激する醤油味とはひと味違った味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は発売3周年を記念して登場となった期間限定で楽しめるお馴染み“SHO-YUラーメン”の裏メニューで、焦がし醤油がラードの香ばしさを後押しする風味豊かな一杯、「クッタ 裏 焦がししょうゆ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

クッタ 裏 焦がししょうゆ味

今回ご紹介するカップ麺は、“クッタ”発売3周年の感謝を込めて期間限定で発売されたもので、通年取り扱いされているお馴染み“SHO-YUラーメン”のポークを利かせた味わいをベースに焦がし醤油を合わせ、さらに黒胡椒を加えたことでキリッとした口当たりに仕上がり、まさに裏メニューにふさわしい味わいが楽しめる一杯、“クッタ 裏 焦がししょうゆ味”となっています。

ちなみにこの“クッタ”シリーズは、よく2品ずつ新商品やリニューアル商品が登場しているんですが、今回はシリーズ3周年ということで、お馴染みの“SHO-YUラーメン”が肉の具材を増量した“SHO-YUラーメン肉増量”として期間限定で発売され、同時に裏メニューとして焦がし醤油による香ばしい一杯“裏 焦がししょうゆ味”が登場となり、期間限定で食べ比べてみても面白いのではないでしょうか?

ということで今回の期間限定商品“裏 焦がししょうゆ味”が新発売されたことで、今現在この“クッタ”シリーズのラインナップは以下のようになっています!

今度は以前ラインアップに含まれていた“MARUCHAN QTTA エクストラホット ラーメン”や“MARUCHAN QTTA エクストラホット チーズ味”が外されているようです!

また、個人的に“クッタ”シリーズと言えば…“クッタ サワークリームオニオン味(2019年2月4日発売/2020年1月6日再発売)”をはじめとする“超スナック系”なんかも気になるところなんですが…新商品としては以前ご紹介した“クッタ わさび&ビーフ味(2019年1月28日発売)”以来登場していません。。さすがにそろそろかな?とちょっと期待しているんですが…なかなか登場しませんね!

それでは、今回の“クッタ 焦がししょうゆ味”がどれほどポークの旨味を利かせた濃厚な仕上がりとなっているのか?焦がし風味を利かせたロースト感のある醤油との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げたシリーズらしい“つやもち製法”による麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り351kcal(めん・かやく297kcal / スープ54kcal)となっております。(塩分は4.1g)
※参考までに“SHO-YUラーメン”はカロリー346kcal・塩分4.1g

カロリーは、レギュラー商品とほぼ同等のやや低めな数値のようで、塩分も同じく低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり80g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは54kcalと濃厚な一杯の割にやや低めにも感じられる数値のようですので、お馴染み“SHO-YUラーメン”の味わいに焦がし風味を加えたことで、まさに裏メニューとしてのひと味違った味わいが楽しめる仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや“しょうゆ”をはじめ…

  • でん粉
  • 砂糖
  • 香辛料

といった、ポークの旨味を利かせたコク深く濃厚な醤油スープにラードの旨味・香ばしさが香り立ち、さらに焦がし醤油を加えたことによる裏メニューならではのひと味違った味わいを想像させる材料がシンプルに並びます。

ちなみに個人的には“SHO-YUラーメン”とほぼ同等の内容かと思っていましたが、麺の仕様は同じとなっているものの…スープの方は全く異なるようですね!これは単純に香ばしさを加えただけではないフレーバーに仕上がっているようで期待値も高まります!

JANコード4901990365604
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、でん粉、食塩、植物性たん白、チキンエキス、しょうゆ、卵白)、添付調味料(ポークエキス、しょうゆ、でん粉、砂糖、香辛料、酵母エキス、発酵調味料、たん白加水分解物)、かやく(味付豚肉、えび、たまねぎ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、クチナシ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、pH調整剤、香料、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (80g) 当たり]
熱量351kcal
めん・かやく: 297kcal
スープ: 54kcal
たんぱく質9.7g
脂質13.8g
炭水化物46.9g
食塩相当量4.1g
めん・かやく: 1.9g
スープ: 2.2g
ビタミンB10.35mg
ビタミンB20.31mg
カルシウム144mg

引用元:MARUCHAN QTTA裏 焦がししょうゆ味 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 味付豚肉
  • えび
  • たまねぎ
  • ねぎ

が入っています。
“SHO-YUラーメン”との違いとしては…卵の代わりに“玉ねぎ”が使用されているようです!

また、“クッタ”シリーズらしい相変わらず粉末スープが多い印象の見た目となっています!これがまたジャンク感というか…香ばしさを引き立てることでクセになるんですよね!

さらに、麺は粉末スープでちょっと確認しにくいんですが…東洋水産の独自技術“つやもち製法”によって中太仕様のもっちりとした弾力と噛み応えのある食感が表現され、ラードを使用した油で揚げたことによるラードの旨味・香ばしさがスープの旨味を際立たせる相性抜群な仕上がりを思わせます!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:280ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、この粉末スープの色の濃さからも焦がし醤油の香ばしさが伝わって来るようで、ロースト感溢れる濃厚な醤油スープに相性抜群な風味が加わった香しい一杯…といった印象の出来上がりです。粉末が多いという点も“クッタ”シリーズらしいですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…スープにはほんのりと“とろみ”というわけではありませんが、ポークを利かせたことによる厚みのある旨味が表現されているようで、濃厚かつ風味豊かな裏メニューが楽しめるようで、なんだかプレミア感なんかもありますね!
※“クッタ”シリーズは容器底にも粉末スープが溜まっているので、底からもしっかりと混ぜましょう。

また、具材に使用された海老や味付豚肉からも良い旨味が滲み出ているようにも見えますね!これは…原材料にも記載されていた通り、ポークを利かせた濃いめの焦がし醤油に具材が合わさったことで、お馴染み“SHO-YUラーメン”とはひと味違う濃厚な味わいと香ばしさが楽しめそうな一杯です!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはり裏メニューというだけあって、単純に“SHO-YUラーメン”の味わいに香ばしさを加えただけではなさそうですね!脂っこさのないポークがしっかりと利いたことで、コクのある旨味が表現され、苦味とまではいきませんが…ロースト感のある焦がし醤油が絶妙にマッチし、レギュラーメニューでもいけそうなフレーバーに仕上がっています!

しかも…食べ進めていくに連れてラードを使用した油で揚げた麺からもラードの旨味・香ばしさが広がっていき、シリーズらしい満足感はそのままに、今回の裏メニューの方向性にもぴったりなテイストと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいフレーバーごとに仕様を変更しているとのことで、今回はその内のひとつ“つやもち製法”による中太麺が採用され、もっちりとした弾力とほどよいコシはもちろん、思ったよりもしっかりとした食べ応えが心地良い密度感のある仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークの旨味を焦がし醤油にバランス良く合わせた濃厚かつ深みのあるスープがよく絡み、一口ずつに香ばしい大人の雰囲気漂う風味豊かな味わいが口いっぱいに広がっていき、まさに香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、サイズ感に申し分なく、さらにしっかりと味付けが施されたことによって、じっくりと噛んで味わってみると…その味付けと肉の旨味がじゅわっと滲み出て来る美味しい具材となっていたため、食べはじめはスープ底に沈めておき、少しでも旨味を引き立ててもらうと良いでしょう!焦がし醤油ならではの香ばしい濃厚スープにもぴったりです!

また、こちらの海老は、歯応えも非常に良く、海老らしい旨味としっかりとした香ばしさが感じられ、今回の裏メニュー“裏 焦がししょうゆ味”の旨味・風味をより引き立てる相性抜群な具材となっています!

さらに、“SHO-YUラーメン”に使用されている卵の代わりとなった“玉ねぎ”は、シャキシャキとした食感はもちろん、素材本来のほどよい甘みなんかも感じられ、こちらもまた焦がし醤油の濃厚なスープにちょうど良い旨味を引き立てる具材となっていて、今回のフレーバーに合うように具材までもが調整されているようですね!

確かに今回の香ばしさが際立つ濃厚なスープには、卵よりもこういった食感の良い具材の方が合うのかもしれません!それによって、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にも、こちら割と大きめにカットされた“ねぎ”が入っていて、上記の“玉ねぎ”同様シャキシャキ感が心地良く、ちょうど良い薬味にもなったことで後味の良さを引き立て、さらに濃厚な焦がし醤油の味わいも際立たせているように感じられます!

スープについて

スープは、ロースト感のある醤油スープにポークの旨味を利かせたことによってコク深い旨みや香ばしさが際立ち、レギュラー商品であるお馴染み“SHO-YUラーメン”とは全く異なると言っても過言ではないほどの裏メニューとしてふさわしい味わいに仕上がっています!

というのも…原材料を見ても全く仕様が異なるように、単純に香ばしさを加えただけではなく、焦がし醤油とうまくマッチする味わいを想定してのスープが改めて開発されているかのようで、レギュラー化しても良いくらいのポテンシャルを秘めていますね!これが期間限定とはもったいないほどです!

また、食べ進めて行くに連れて具材に使用されている味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、それによってロースト感のある醤油スープの美味しさもますます引き立って感じられ、同時に満足度も増していく…そんなクセになる香ばしさと旨味が交差するコク深い仕上がりとなっているため、ついついスープが止まらなくなりますね。。シリーズらしいジャンク感もあって個人的にも好みのテイストです!

このように、今回の“クッタ 焦がししょうゆ味”は、ポークの旨味をしっかりと利かせた濃厚な味わいがベースとなり、そこにロースト感のある醤油を合わせたことによって食欲そそる香ばしさが心地良い…まさに裏メニューにふさわしい特別感のあるテイストに仕上がっていたため、お好みによっては醤油スープと相性の良いペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「クッタ 焦がししょうゆ味」を食べてみて、ポークの旨味をバランス良くロースト感のある醤油に合わせたことによってコク深くも香ばしい…定番メニューとはひと味違った裏メニューならではの美味しさが表現され、さらに黒胡椒を加えることでキリッと味が締まり、濃厚でありながらも最後まで飽きの来ない旨味溢れる風味豊かな一杯となっていました!

そしてなんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から香り立つ香ばしさやラードの旨味がポークを利かせた焦がし醤油味をより一層美味しく引き立てたことによって、今回のフレーバーにぴったりな“クッタ”ならではの味わいが思う存分楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!