スーパーカップ

スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった!本家超え!?定番の味を“焼そば”にした一杯

スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった

スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった」を食べてみました。(2022年4月18日発売・エースコック)

この商品は、お馴染み“スーパーカップ”シリーズの“しょうゆラーメン”が“焼そば”になって登場したもので、今回は選び抜いた醤油をベースに“スーパーカップしょうゆラーメン”の鶏油・風味・コクをうまく踏襲しつつチキンや野菜の旨味を加えた醤油ダレに仕立て上げ、そこに焼そばタイプでは初となる絶妙な弾力や喉越しの良さを兼ね備えた“THE のどごし麺”を採用することによって食べ応えのある一杯に転生した“スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、“パッケージはほぼ同じまま!?”、“転生”といった文言が記載されているように、今回の一杯は“転生”の文字が使用されているため、若干伝わりにくいかもしれませんが…要はお馴染み“しょうゆラーメン”を“焼そば”にアレンジしたもので、ポイントとしては従来使用されている“THE のどごし麺”をスープなしでもしっかりと味が楽しめるよう醤油の味付けを濃くしており、他にもオリジナル商品対比で1.5倍の鶏油を使用するなど全体のバランスが考慮されています!(パッケージがほぼ同じなので“焼そば”の文字が大きく掲載されています。)

一方こちらには2020年8月に刷新されたボリューム感・迫力のある“THE のどごし麺”が思い切り麺リフトされたイメージ写真なんかも掲載されており、見るからに豪快な大盛り仕様のボリューム感が伝わってきます!

しかも従来通りチキンの旨味にキレ・コクを引き立てる香味野菜を合わせた深みのある後味すっきりとしたスープを踏襲し、滑らかさをさらに改良した食べ応えのある“THEのどごし麺”を存分に楽しむことができ、もちろんシリーズらしいボリューム感によって食欲もしっかりと満たされる一杯のようですね!

そして、今回の一杯は“バケツ型”の大盛り仕様でお馴染み“スーパーカップ”シリーズではありますが、“カップ焼そば”にアレンジしたフレーバーということで、ご覧の通りお馴染みのロゴに“汁なし”といった文言が追加され、いつもの食べ応え抜群なスープありのテイストとはひと味違った美味しさが楽しめることに間違いありません!(今後の商品展開が気になるところ。。)

このように今回は…ボリューム抜群・大盛りカップ麺のパイオニアとして広く認知されている人気シリーズの中でもレギュラー商品として通年扱いされている“しょうゆラーメン”を“焼そば”へと転生し、チキンの旨味や食欲そそる香味野菜、1.5倍もの鶏油を加えたことでコク深く後味の良い味わいがたっぷりと堪能でき、まさに“しょうゆラーメン”から派生した(転生した)一杯となっています!

ちなみにこのシリーズは2018年9月に“体感セヨ!100の衝撃!”をコンセプトに“1.5倍”から“MAX”へ進化し、これによって麺の量を90gから100gに増量、さらに2019年8月にはフレーバーによって麺の番手(太さ)を変更、食べ応え・美味しさをさらに追求、そして現在は弾力感と喉越しの良さを併せ持つ“THE のどごし麺”へリニューアルし、今もなお税抜210円といったボリューム感の割にリーズナブルな価格設定ということもあってリピートしている方も多いのではないでしょうか?
※この商品は麺量90gとなっています。

また、今回転生したフレーバーは…ボリューム抜群・大盛りカップ麺のパイオニアとして広く認知されているロングセラーブランドのレギュラー商品であり、さらに醤油テイストにぴったりな鶏ガラの旨味や香味野菜、ペッパーなどの香辛料が旨味を引き立て、キレ・後味の良い風味豊かな醤油ラーメンが“焼そば”へとアレンジされています!

他にも特徴として…麺は上記の通り2020年8月に開発された“THE のどごし麺”によって、これまで以上に滑らかな喉越しが楽しめる絶妙な弾力とコシを併せ持つ食感に仕上がり、汁なしタイプでもしっかりと味が楽しめるように醤油の味付けを強化、そこに鶏ガラの旨味をバランス良く合わせたコク深い醤油ダレがしっかりと絡むことでガツンと食欲も満たされる…そんな食べ応え抜群な味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

丁寧に抽出した鶏ガラの旨味が後味の良い醤油ダレに溶け込み、さらにお馴染み“しょうゆラーメン”と同じくオニオンやガーリックなどの香味野菜を加えたことによって深みのある味わいに際立ち、キレ・後味の良さによって最後まで飽きることもなく、醤油味を強化した麺も劇的な変化ではないものの…全体のバランスを考慮したことによって物足りなさといった感じは一切なく、麺量90gもの大盛り仕様の中太麺“THE のどごし麺”がガツンと食欲を満たす満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“スーパーカップMAX しょうゆラーメン”が好みの方はもちろん、鶏ガラの旨味や香味野菜などがバランス良く融合された飽きの来ない醤油ダレを“スーパーカップ”シリーズらしい大盛り仕様ならではのボリュームで楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“スーパーカップ”シリーズの中でも定番と言えるフレーバー“しょうゆラーメン”を“焼そば”へと転生し、鶏ガラの旨味を活かしたコクのある醤油ダレが味付けを強化した“THE のどごし麺”に絡むボリューム感抜群な一杯、「スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“スーパーカップ”シリーズの中でも人気のレギュラー商品“スーパーカップMAX しょうゆラーメン”を“焼そば”に転生したもので、チキンの旨味をベースに香味野菜を合わせ、さらに鶏油を通常の1.5倍使用し、ペッパーなどの香辛料を利かせたことでキリッとした口当たりと飽きの来ない絶妙なバランスに仕上げた醤油ダレが食べ応えのある“THE のどごし麺”に絡む食べ応え抜群な一杯、“スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった”となっています。

ご覧の通り容器側面には…“鶏油量1.5倍?本家(オリジナル)を超えてしまったな…”と記載されているように、今回のフレーバーには通常の“しょうゆラーメン”と対比して1.5倍の鶏油(ちーゆ)を使用し、汁なしタイプでありながらも物足りなさを感じさせないしっかりとした味わいを表現しているようですね!

ちなみにこのシリーズは発売30周年を迎えた2018年8月に“圧倒的満足感”をテーマとして1.5倍からMAX(麺量100gの特盛バージョン)へ進化し、2019年9月には各スープに合わせた“切刃番手(麺の太さ)”を使用したことでリニューアル発売され、さらに2020年8月には以下の通年扱いされている“スーパーカップMAX”シリーズの麺を新開発された“THE のどごし麺”にリニューアルし、今回は人気商品“豚キムチラーメン”を“焼そば”にアレンジ(転生)した一杯、“スーパーカップ豚キムチラーメンが転生したら焼そばになった”も同時発売されています!
※その他、“スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン”や“スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン”も“THE のどごし麺”が採用されています!

そしてこれら“スーパーカップMAX”シリーズは麺量100gの“大盛り”ならぬ“特盛”仕様となっており、“スーパーカップ1.5倍”シリーズでも麺量90gのボリューム感のある仕上がりなんですが…さらにその上を行くがっつりと食欲を満たしてくれるシリーズとなっています!

また、お馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズとしては最近でいうと…以下のような商品展開となっていて、割とテーマに沿ったフレーバーが2種同時発売されたりと…話題性のあるフレーバーが多い傾向にあります!

他にも、このシリーズに関してはコンビニ限定の“超スーパーカップ1.5倍”やボリューム感がさらにアップした“スーパーカップMAX”、そして汁なしタイプの“スーパーカップ大盛り”など数多くのシリーズ・フレーバーが定期的に発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「スーパーカップ」シリーズ一覧

それでは、今回の“スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった”がどれほど丁寧に鶏ガラの旨味を凝縮させた旨味の強い醤油ダレに仕上がりとなっているのか?オニオンやガーリックなどの香味野菜、1.5倍に増量した鶏油の風味との兼ね合いはもちろん、なんと言っても醤油の味付けを強化したという食べ応え抜群な“THEのどごし麺”との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り494kcalとなっております。(塩分は4.4g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)・“バケツ型”の大盛り仕様の割にやや低めの数値のようで、塩分も同じく低めの数値となっています。
ちなみに1食当たり113g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーと塩分の数値を見てみると…鶏ガラの旨味や香味野菜を利かせたことでコク深い醤油ダレが表現されているものの…キリッとした口当たりと絶妙にマッチしたことで最後まで飽きることもなく、このボリューム感を考慮すると割と低めな数値のようでしたので、風味豊かな鶏油が香る後味の良い仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“しょうゆ”や植物油脂をはじめ…

  • 豚脂
  • 鶏油
  • チキンエキス
  • 香辛料
  • 食塩
  • オニオンエキス
  • 魚介調味料

といった、パッケージにも“鶏ガラ醤油ラーメンが転生したら…”と記載されていた通り、チキンの旨味をベースにオニオンやガーリックなどの香味野菜を合わせたことによって深み・コクもありつつも後味すっきりとした醤油ダレに仕上げ、ペッパーを利かせたシャープな飲み口が最後まで飽きさせない安定感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、今回使用されている“THE のどごし麺”は形状など同等の仕様ながらも汁なしタイプでもしっかりと味が楽しめるように醤油を濃い目にしており、これを見る限り特にベースとなる味付けに変更はないようですね!

JANコード4901071235666
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、たれ(しょうゆ、植物油脂、豚脂、鶏油、糖類、チキンエキス、発酵調味料、香辛料、食塩、オニオンエキス、酵母エキス、魚介調味料)、かやく(味付豚肉、コーン、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、酒精、カラメル色素、香料、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、増粘剤(キサンタンガム)、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (113g) 当たり]
熱量494kcal
たん白質8.7g
脂質20.7g
炭水化物68.3g
食塩相当量4.4g
ビタミンB10.38mg
ビタミンB20.43mg
カルシウム322mg

引用元:スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、“調味たれ”といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に“調味たれ”はチキンの旨味をベースにしているせいか…非常にサラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、麺はご覧の通り“スーパーカップ”シリーズらしい中太・丸刃仕様となっていて、現在他のフレーバーにも使用されている“THE のどごし麺”によって滑らかさが加わった食感や弾力のあるコシを兼ね備えた麺量90gの食べ応え抜群なボリューム感となっています!いつも通りの容器とは言え…底まで幅広な“バケツ型”だとかなりの量に見えますね。。

調理してみた

ではまず、“かやく”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • 味付豚肉
  • コーン
  • ねぎ

が入っています。

このように“しょうゆラーメン”と比較してみるとメンマだけが使用されていないようで、“焼そば”に転生した後もさほど具材の変更はないようです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:500ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

しっかりと湯戻りしたことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺量90gの“THE のどごし麺”にはもっちりとした弾力や強いコシ、そして滑らかな食感が加わり、ボリューム感だけでなくガツンと食欲を満たしてくれる喉越し抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“調味たれ”を加えていきます!
すると…チキンの旨味を利かせた醤油ダレがサラッとした状態で出てきて、スープタイプの“しょうゆラーメン”と同じく特に濃厚な脂などは含まれていないようでしたが、しっかりと絞り込んで入れましょう!

そして、サラッとした“調味たれ”ということもあってすぐに容器底へと沈んでいき、風味としては鶏油を1.5倍増量したとのことでしたが、そこまで特徴的・クセのある香りはなく、万人受けするかのような安定感のある仕上がりとなっているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り“調味たれ”には鶏ガラの旨味や香味野菜、香辛料や鶏油などをバランス良く合わせた醤油ダレで非常にサラッとした状態でしたので、すんなりと中太麺にも馴染んでいきます!(ただし容器がスープタイプと同じ形状なので若干の混ぜにくさはあります…)

そして“調味たれ”が全体に馴染むと…鶏ガラの旨味を利かせた醤油ダレということもあって芳醇な香りが広がっていき、まさに“しょうゆラーメン”を“焼そば”に転生したことで汁なしタイプの分、醤油ダレに旨味が凝縮されているようにも感じられ、もちろん脂っこさといった印象もありませんから、暑い時にもちょうど良いお馴染みの味わいがたっぷりと堪能できるのものと思われます!(ただ…汁なしになるとかなりボリューム的に少なく見えますね。。)

他にも具材には少量ながらも味付豚肉が使用されており、もっちりとした中太麺と一緒にいただくと旨味が引き立つことに間違いなく、それによって食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなシリーズらしい一杯がガツンと楽しめそうです!というかこの“バケツ型”の容器ですが、スープなしだとこれくらいに収まるんですね。。(これなら“焼そば”用でよく使用されている四角型の容器にした方が良かったような気がします…)

食べてみた感想

一口食べてみると…あの“しょうゆラーメン”の味を踏襲しつつうまく汁なしタイプとして芳醇な鶏の旨味を表現しています!そのため後味すっきりとした最後まで飽きさせない仕上がりとなっていて、チキンをベースに相性の良い香味野菜を合わせ、キリッとした口当たりをペッパーによって際立たせる繊細な味わいが印象的で、ほんのり香る鶏油の香りが汁なしながらも物足りなさを感じさせることもなく、当然脂っこさなどもありませんから…安定感のある定番のフレーバーがボリューム感たっぷりと楽しめることと思われます!

この辺りに関しては“スーパーカップ ”シリーズのレギュラー商品を汁なしタイプに転生してみたということもあって王道とも言えるテイストとなっていて、特に鶏ガラの旨味をしっかりと利かせた本格感のある醤油ダレにはペッパーによるキレの良さがちょうど良いアクセントとなり、まさにボリューム感がありながらも最後まで飽きの来ない味わいを表現しているようです!

また、オニオンやガーリックなど香味野菜の旨味が利いたことで深みのある味わいが引き立ち、なんと言っても麺量90gものボリューム感たっぷりな“THE のどごし麺”がガツンと食欲を満たし、このボリューム感・美味しさで税別210円ですからね…この仕上がりを考慮するとかなりリーズナブルな一杯と言えるのではないでしょうか?

ただ、強いて言えば“焼そば”は“焼そば”でも決してソースが加わっているわけではなく、あくまでお馴染みの“しょうゆラーメン”を汁なしタイプにアレンジした一杯となっており、個人的にはもう少し濃厚感・こってり感といったオイリーな仕上がりの方が良かったような気はしますね。。(若干パサついた感じや麺がくっついてしまう辺りが気になるところ…)

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしい中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感はもちろん、ほどよい弾力のあるもっちり感と強いコシを兼ね備えた喉越しの良い仕上がりとなっています!

そんな麺には、チキンをベースに相性抜群なオニオンやガーリックなどの香味野菜を合わせ、さらにペッパーによるキリッとした口当たりがバランス良く仕上がった醤油ダレがよく絡み、一口ずつに鶏ガラならではのあっさりとした中にも深みのある味わい・旨味などが口いっぱいに広がっていき、芳醇とも言える風味が後味良く抜けていきます!…というか、この麺に関しては現行の“THE のどごし麺”に汁なし用として醤油の味付けを濃い目にしており、ほどよいコシと弾力のある麺に滑らかさを合わせ、極端に以前までの麺と大きな違いは感じられないものの…改良を加えたことによって醤油ダレとの相性が考慮されているのでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、よくカップ麺で見かけるチープな仕様となっており、じっくりと味わってみると…ほどよい味付けが施された仕上がり具合でしたので、単品で味わうというよりも全体をしっかりと混ぜ合わせ、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのコーンは“しょうゆラーメン”と同じくそこまで醤油ダレと合わないような気もしましたが…鶏ガラの旨味をベースにしたコク深い美味しさを損なうこともなく、彩りの良い具材のひとつとしてさり気なく添えられているようです!

他にもこちらの“ねぎ”は割と小さめにカットされたことでシャキシャキとした食感とまではいきませんが…ちょうど良い薬味になったことで鶏ガラの旨味をしっかりと利かせた後味の良い醤油ダレを美味しく際立たせ、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りチキンの旨味をベースにオニオンやガーリックなどの香味野菜を合わせたことで後味すっきりとしたテイストに仕上がり、鶏ガラらしく脂っこさといった“くどさ”は一切なく、ほどよいコク深さと後味すっきりとした美味しさがバランス良く調和した風味豊かな醤油ダレを表現、そこにペッパーを利かせたことによってキリッとしたシャープな口当たりが印象的な最後まで飽きの来ない味わいとなっています!

この辺りに関しては、がっつり系のイメージが強い“スーパーカップ”シリーズではありますが、素材の旨味を存分に活かしたことでボリューム感のある一杯を最後まで飽きさせない仕上がりにも感じられ、決して大味ではない繊細とも言えるテイストとして手の込んだ醤油ダレをうまく表現しているようですね!この辺りはさすがレギュラー商品・定番のフレーバーを“焼そば”に転生しただけあって申し分のない一杯といったところ!これなら暑い日でもさっぱりと楽しめるのではないでしょうか?

そのため、思ったよりもあっさりとした仕上がりに感じられるかもしれませんが、全体のボリューム感などを考慮するとちょうど良い味わいとも言え、がっつり濃厚な醤油ダレだと恐らく飽きが来ますからね、そういった意味では何度食べても飽きの来ないフレーバーとも言えるでしょう!

とは言え…単純にあっさりとしたテイストというわけではなく、鶏ガラの旨味を丁寧に利かせたことによってコク深くも後味の良さが際立ち、素材の旨味を活かした繊細で深みのある味わいに仕上がっているようです!

このように、今回の“スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった”は、鶏ガラの旨味をベースに相性抜群なオニオンやガーリックといった香味野菜の旨味を溶け込ませ、シンプルながらも深みのあるテイストに仕上げ、そこに風味豊かな鶏油やペッパーを利かせたことによって最後まで飽きさせないキリッとした口当たりや後味の良い醤油ダレを表現、そしてお馴染み“THE のどごし麺”が90gものボリュームで楽しめる満足度の高い一杯となっていたため、お好みによっては醤油系のテイストと相性の良いペッパー系の香辛料をもう少し足してみても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップしょうゆラーメンが転生したら焼そばになった」を食べてみて、選び抜いた醤油をベースに鶏ガラや香味野菜の旨味、さらにペッパーといった香辛料などを合わせたお馴染み“しょうゆラーメン”を汁なしタイプとして転生した一杯は、スープタイプと同じく鶏ガラをはじめ様々な材料を融合させたことによって、汁なしタイプらしく後味すっきりとしたテイストが印象的で、ボリューム感・メリハリともにバランス良く仕上がった飽きの来ない一杯となっていました!

ただ…“焼そば”に転生したことで“オリジナル商品を超える!?”と記載されていたものの…麺の味付けを強化・鶏油を1.5倍増量しても、やはり“スーパーカップMAX しょうゆラーメン”の方が遙かにボリューム感や満足度は高く感じられたため、定番の味が暑い日にも楽しめるテイストで満足度・食欲をガツンと満たしてくれる安定感抜群なフレーバーと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!