カップ麺

「麺処てぃあんだー」監修カップ麺 “肉そば” 鰹出汁に煮干しを利かせた塩スープが染み渡る上品な一杯

麺処てぃあんだー 肉そば

麺処てぃあんだー 肉そば」を食べてみました。(2021年8月10日発売・東洋水産/ローソン限定)

この商品は、沖縄県那覇市に位置する“沖縄そば”の人気店“麺処てぃあんだー”の味わいを同店監修によって縦型ビッグサイズのカップ麺に再現したもので、鰹出汁をしっかりと利かせ、さらに煮干しの旨味をバランス良く合わせた染み渡る塩スープが厚みもあり幅広な太麺と絶妙にマッチし、あっさりとした中にもじんわりと染み渡る魚介の旨味を存分に活かした最後まで飽きの来ない一杯が登場です!

それも…鰹や昆布、煮干しなど魚介出汁を丁寧に利かせたあっさりとした塩スープにはポークの旨味がほどよくコクを引き立て、後味さっぱりとした上に物足りなさを感じさせない素材の美味しさがたっぷりと楽しめる安定感のある一杯、“麺処てぃあんだー 肉そば”となっております。(税込232円)

ご覧の通りパッケージには“麺処てぃあんだー”といった店舗名が大きく記載されており、意外とこの“沖縄そば”を再現したカップ麺は定期的に発売されていることから…割と多くのシェアを誇るテイストであることがわかります!今回は名店“てぃあんだー”の味わいを再現したもので、その定番メニューである“沖縄そば”や“そーきそば”のベースとなる味わいがたっぷりと楽しめるものと思われます!

麺処てぃあんだー 肉そば パッケージ

一方こちら容器側面には…豚の旨味に鰹出汁を利かせ、さらに昆布や煮干しなどを丁寧に合わせたじんわりと染み渡る透明度の高い塩スープに様々な具材が盛り付けられた仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・ねぎ・紅生姜が使用されているようです!

特に今回は“沖縄そば”ということでベーシックな三枚肉をイメージさせる味付豚肉が豊富に使用されています!(他にも豚肉のスペアリブを使用した“ソーキそば”と呼ばれるメニューもあるんですが…さすがにカップ麺には再現できないので、他メーカーから発売されているほとんどが“沖縄そば”をイメージしたテイストとなっています。)

また、こちらには…“沖縄そばの名店!”、“鰹と煮干しの旨味を利かせたコクのある塩味スープ!”と記載されているように、ここ“てぃあんだー”の“沖縄そば”は定番とも言える魚介出汁に豚の旨味を合わせた後味の良い塩ベースのスープとなっており、店主は“沖縄そば”を独学で作り続け、試行錯誤しながら新メニューを考案しているようで、他にも“琉球海老そば(海老つけ麺)”といった“沖縄そば”を提供する店舗としては非常に珍しい一品も人気とのこと!

他にも特徴として…麺は厚みもあり幅の広いフライ麺が採用されており、もっちりとした弾力としっかりとした強いコシを兼ね備えた食べ応えのある仕様となっていて、ほどよく“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも非常に良く、それによって鰹や煮干しなど魚介出汁をポークの旨味とバランス良く合わせ、あっさりとした中にも繊細な旨味やコクが表現された塩スープが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“沖縄そば”らしく非常にシンプルなんですが、あっさりとした中にも鰹ならではの染み渡る旨味がポークによって深みのある美味しさに引き立てられ、魚介出汁に関してはやや控え目で優しい味わいに仕上がり、決して何かに突出したテイストというわけではないものの…何度食べても飽きの来ない塩スープが縦型ビッグサイズとしてたっぷりと楽しむことができ、もっちりとした幅広な太麺とともに想像以上に食欲を満たしてくれる食べ応え抜群な一杯となっていました!
これは特に、沖縄のご当地グルメのひとつ“沖縄そば”が好みの方はもちろん、鰹や煮干しなど魚介出汁をポークの旨味とバランス良く合わせたシンプルながらも繊細な塩味のスープをもっちりとした幅広な太麺とともにボリューム感たっぷりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は沖縄の定番グルメのひとつ“沖縄そば”の名店“麺処てぃあんだー”の味わいを縦型ビッグサイズのカップ麺に再現した出汁・旨味を丁寧に利かせた塩スープに太麺が絡む食べ応え抜群な一杯、「麺処てぃあんだー 肉そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

麺処てぃあんだー 肉そば

今回ご紹介するカップ麺は、沖縄のご当地グルメのひとつ“沖縄そば”の名店“麺処てぃあんだー”の味わいを再現したもので、鰹や煮干しなど魚介出汁にポークをバランス良く合わせたことによって、じんわりと染み渡る塩スープながらも繊細な旨味やコクがあり、そこに厚く幅広な太麺がよく絡み、縦型ビッグサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめる…あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない素材の旨味を存分に活かした風味豊かな一杯、“麺処てぃあんだー 肉そば”となっています。

ご覧の通りフタの上に別添されている調味料を剥がしてみると…こちらにも容器側面と同じく“麺ところてぃあんだー”、“沖縄そばの名店!”といった文言がシンプルに掲載され、琉球模様をイメージさせるデザインにあしらわれ、沖縄ならではのゆったりとした雰囲気を彷彿とさせますね!

ちなみにここ“麺処てぃあんだー”の創業は2002年2月、店主である“平田 吉治”氏が首里当蔵町にオープンさせたのがはじまり、その後2004年9月には現在の新都心(沖縄県那覇市天久)へ移転しています。

そして実店舗は、ご覧の通り“沖縄そば”を提供している店舗でよく見かける古民家を改装した佇まいとは一風変わって、ガラス張りの外観となっているんですが…内装は気の温もりをうまく活かした落ち着いた雰囲気のようですね!

また、店舗名の“てぃあんだー”とは…以下のページを参考にすると、“手の油”、“心を込めて丁寧に作る”といった意味合いを持たせているようです!(実店舗では麺も自家製とのこと。)

てぃあんだーとは、沖縄の方言で直訳すると、『手の油』と言います。
心を込める・愛情を込めて丁寧に作ることです。
引用元:自家製麺の沖縄そば「てぃあんだー」|てぃあんだーのご紹介

他にも以前、セブンイレブンの期間限定で開催された「沖縄フェア」にて発売された沖縄県定番のメニューのひとつ“沖縄そば”をカップ麺に商品化し、鰹や昆布などの魚介出汁を利かせた“沖縄そば もずく天入り”といった商品が2018年7月17日に登場していましたね!(覚えている方も多いのではないでしょうか?)

沖縄そば もずく天入り 食べてみました!魚介ダシが美味しく利いた沖縄そば!
沖縄そば もずく天入り 食べてみました!魚介ダシが美味しく利いた沖縄そば!「マルちゃん 縦型ビック沖縄そば もずく天入り」を食べてみました。(2018年7月17日発売・東洋水産) この商品は、セブンイレブ...

そして、こういった“沖縄そば”の味わいを再現したカップ麺と言えば他にも下記の通り名店監修の商品などが定期的に発売されているように一定のシェアがあることがわかります!

それでは、今回の“麺処てぃあんだー 肉そば”がどれほど鰹や煮干しの旨味を利かせた染み渡る味わいに仕上がっているのか?具材に使用された味付豚肉から滲み出す旨味やピリッとしたアクセントを加える紅生姜との兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり幅広な太い麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り410kcal(めん・かやく359kcal / スープ51kcal)となっております。(塩分は5.5g)

カロリーは、あっさり系の“沖縄そば”らしく縦型ビッグサイズながらも割と低めな数値のようですが、一方で塩分も同じく平均的な数値となっています。
ちなみに1食当たり92g、麺の量は70gとのこと!

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと51kcalとやはり“沖縄そば”ということもあって…淡口醤油を使用したかのような透明感のある塩スープに魚介出汁やポークといった素材の旨味をうまく活かしたことで、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない風味豊かな仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や“かつおエキス”をはじめ…

  • しょうゆ
  • 魚介エキス
  • ポークエキス
  • 植物油
  • こんぶエキス

といった、鰹出汁を強く利かせた塩スープに昆布や煮干しなど魚介の旨味をバランス良く合わせ、ポークの旨味がほどよくコクを引き立てたことで、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない品のあるテイストに仕上がり、“沖縄そば”らしい何度食べても飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901990369442
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、卵白)、添付調味料(乳糖、食塩、かつおエキス、砂糖、しょうゆ、魚介エキス、ポークエキス、植物油、たん白加水分解物、こんぶエキス)、かやく(味付豚肉、ねぎ、紅生姜)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、レシチン、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、酸味料、香料、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (92g) 当たり]
熱量410kcal
たんぱく質9.9g
脂質18.7g
炭水化物50.5g
食塩相当量5.5g
めん・かやく: 2.2g
スープ: 3.3g
ビタミンB10.35mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム147mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製スープ”と記載された調味料が別添されています!

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触ってみたところ…醤油の旨味などを凝縮させた非常にサラッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます。

また、具材には…

  • 味付豚肉
  • ねぎ
  • 紅生姜

が入っています。

特に味付豚肉は若干小ぶりではありますが…割と豊富に使用されているようで、食べ進めていくに連れて旨味も増していく…そんなやみつき感のある美味しさに期待できそうです!

そして麺は、ご覧の通り厚みもありかなり幅広な太いフライ麺が採用されており、湯戻りする以前からすでにもっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた食べ応え抜群なボリューム感をイメージさせ、縦型ビッグサイズということもあってしっかりと食欲も満たしてくれそうです!

調理してみた

では熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:450ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力とほどよいコシが加わったことで“沖縄そば”ならではの染み渡る旨味と食欲を満たす食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製スープ”を加えていきます!
すると…醤油感の強い濃いめのスープとなっていて、魚介出汁やポークの旨味などが凝縮されたサラッとした状態で全体との馴染みも非常に良さそうです!

ご覧の通りこの“特製スープ”を加えるとすぐに容器底へと沈んでいき、見た目としてはそこまで変化はなく、同じく風味としても特に魚介出汁ならではの香りが突出しているわけではないようですね!そのため、非常に品の良い塩スープといった印象の仕上がりとなっています!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…先ほどよりもふんわりと鰹出汁の風味がほんのりと香り立ち、動物系の旨味はあくまで鰹や昆布など魚介系の美味しさを引き立てるためのものであって、じんわりと染み渡る“沖縄そば”の美味しさが臨場感高く再現され、原材料にも記載されていた通り香辛料が味に締まりを加えたメリハリのある一杯といったところ!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなやみつき感のあるテイストに期待できるため、こういった各種具材はスープにしっかりと馴染ませながら食べ進め、後ほど食べ応えのある平打ち仕様の太麺とともに絡めていただくと良いでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…非常にあっさりとしているんですが、鰹や煮干し、ポークの旨味などがしっかりと利いているため、薄味というわけでもなく安定感があって良いですね!しかも塩ベースですから…旨味がストレートに伝わる仕上がりは“沖縄そば”ならではの美味しさがしっかりと味わえるのではないでしょうか?

また、“沖縄そば”と言えば…口の中に魚介系の粉末といったざらつきが感じられる場合もあるんですが、今回の“麺処てぃあんだー 肉そば”に関しては、しっかりとスープに旨味として溶け込んでいるようで、キレの良さはやや控え目でどことなく優しい口当たりにも感じられ、この軽やかなスープと全く飽きの来ない美味しさはかなり幅広い層に好まれる一杯に間違いありません。

ちなみにたっぷりと使用された具材の中でも味付豚肉から滲み出す旨味はもちろん、特に紅生姜のアクセントが心地良く、ただでさえキレ・後味の良さが際立って感じられるんですが、この具材によってより一層メリハリが加わり、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり・かなり幅広な太麺仕様で、見た通りもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、すすり心地も大変良く、つるっと滑らかな食感が表現された食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな平打ち仕様のフライ麺には、鰹や煮干しをベースにポークの旨味をバランス良く利かせた塩スープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡るかのような魚介系の旨味が口いっぱいに広がっていき、ふんわり香る鰹節ならではの風味が後味良く抜けていきます!…というかこの塩味ならではのあっさりとしたテイストがまた最後まで飽きさせませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が使用されていて、若干小さめにカットされた仕様ではありますが、決してチープな仕様ではなく、肉質もしっかりと感じられる噛み応えもあり、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出て来る美味しい具材となっていたため、スープと馴染ませながら食べ進め、後ほど幅広な太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの紅生姜は、非常に小さくカットされた状態ではありますが…想像以上に素材本来のピリッとしたアクセントが心地良く、スープにもその味が馴染んだことで、ちょうど良いメリハリの付いたスープに引き立ち、今回の一杯には欠かせない具材としてさり気なく散りばめられています!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されており、サイズはマチマチではありますが…割と大きめにカットされているものもあり、シャキシャキとした食感が心地良く、何よりちょうど良い薬味にもなったことで今回の“沖縄そば”ならではの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鰹出汁を強めに利かせ、昆布や煮干しの旨味をポークとともにバランス良く利かせた後味の良い塩スープに仕立て上げ、あっさりとした中にも物足りなさを感じさせない“沖縄そば”ならではの何度食べても飽きの来ない素材本来の旨味がしっかりと感じられ、まさに気分は沖縄のようなゆったりとした時間が流れる優しい味わいが口いっぱいに広がっていきます!

そしてこの“沖縄そば”というジャンルは決して単純・単調なテイストというわけではなく、動物系・魚介系をうまく合わせたWスープによって奥深い味わいを再現し、後味さっぱりとした飽きの来ないシンプルな美味しさがたまらなく、満足度の高い染み渡る美味しさが特徴的ですから…定期的に食べたくなるのも納得です!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出していき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなさり気ない旨味を活かした塩ベースのスープだからこそ最後まで飽きることなく堪能でき、魚介出汁の染み渡る美味しさをポークがコク深く引き立て、塩味ということもあって非常にあっさりとした仕上がりなんですが、ついつい箸もスープも止まらなくなるような安定感・やみつき感があり、“沖縄そば”が好みの方なら誰もが納得の一杯と言えるのではないでしょうか?

このように、今回の“麺処てぃあんだー 肉そば”は、鰹出汁を強めに利かせた塩スープに昆布や煮干しを丁寧に合わせ、さらにポークの旨味がコクを引き立てたことで、じんわりと染み渡るあっさりとした中にも物足りなさを感じさせない味わいを再現、まさに“沖縄そば”ならではのシンプル・あっさりながらも定期的に食べたくなるテイストが特徴的で、縦型ビッグサイズのカップ麺らしくボリューム感もあって食欲もしっかりと満たすのはもちろん、割と透明度の高いキリッとしたシャープな飲み口が心地良く、脂っこさといった“くどさ”は一切ありませんので、お好みによっては相性抜群な“コーレーグス(沖縄の調味料)”といった唐辛子などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「麺処てぃあんだー 肉そば」を食べてみて、沖縄を代表とするご当地グルメのひとつ“沖縄そば”の名店“麺処てぃあんだー”の味わいをカップ麺に再現した一杯には…鰹出汁をはじめ、昆布や煮干しなどの魚介出汁をポークとともにバランス良く塩スープに溶け込ませたことによってメリハリのあるバランスが心地良く、さらに具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出していき、紅生姜なんかもピリッとしたちょうど良いアクセントとなったことでシンプルながらも最後まで飽きの来ない…じんわりと染み渡る美味しさがたっぷりと楽しめるボリューム感のある一杯となっていました!

やはり“沖縄そば”は定期的に食べたくなりますね!このあっさりとしたテイストの中に素材本来の旨味を凝縮させた仕上がりは想像以上にやみつき感があり、非常にシンプルであっさりとしているんですが…動物系×魚介系が互いに引き立て合う深みのある一杯は他にはない美味しさとしてたっぷりと堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!