EDGE

EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば!後引く辛み・コクがクセになる“驚き&やりすぎ”の強烈な一杯

EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば

EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば」を食べてみました。(2022年6月20日発売・エースコック

この商品は、大量のマヨネーズと大量のペッパーでやみつき感のある濃厚な味わいを表現したもので、別添されている“ふりかけ”にはチキンやポーク、魚介の旨味の他に食欲を掻き立てるガーリックやペッパーをたっぷりと含み、一方のマヨネーズは大量に使用したことでコク深く濃厚な味わいに際立たせ、まさに“驚き&やりすぎ”をテーマにしたシリーズらしいパンチの利いた非日常的カップ麺が登場です!

それも…最強2大調味料であるマヨネーズとペッパーの組み合わせを汁なしメニュー“まぜそば”として表現、刺激的かつ旨味の詰まった“ふりかけ”とコク深く濃厚感を引き立てるマヨネーズをたっぷりと使用したことでメリハリのある味わいに際立ち、そこに丸刃の太麺が加わったことで食欲をガツンと満たすインパクト抜群な一杯、“EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば”となっております。(値段:税別270円)

ご覧の通り、パッケージには“みんなの夢を叶えます”と記載されているように、今回のフレーバーは鬼マヨ×鬼ペッパーの最強タッグによって“EDGE”シリーズらしい“驚き&やりすぎ”なテイストに仕立て上げ、胡椒を利かせたことによる刺激的な辛さだけでなく、チキンやポーク、魚介の旨味やガーリックなどをたっぷりと凝縮したことで全体的な旨味としては非常に強く、まさにキレとコクのある食べ応え抜群な“まぜそば”が表現されているようです!

また、こちらには“驚き&やりすぎ”といったシリーズお馴染みの特徴がロゴとともに記載されているように、このシリーズはちょっとやりすぎ感のある素材の利かせ具合が最大の特徴であり、今回の一杯はベースが動物系×魚介系の旨味溢れるテイストとなっていて、そこに胡椒とマヨネーズをたっぷりと加えたことで濃厚感・刺激的なアクセントを強調、それによって全体のバランスが非常に良いやみつき感のあるテイストとなっています!…というかパッケージデザインからも強烈な一杯であることが伝わってきますね。。

一方こちらには“マヨマヨマヨネーズペパペパペッパー”といったマヨネーズと胡椒を大量に使用した“やりすぎ”なテイストであることがぱっと見で伝わってくる文言が大きく記載されており、特徴としては…上記のようにチキンやポーク、魚介やガーリックなど実に様々な旨味を利かせた間違いない美味しさがベースとなり、とにかくマヨネーズと胡椒を大量に加えた濃厚なテイストを想像させるわけですが、そこはさすが“驚き”と“やりすぎ”でお馴染みの“EDGE”シリーズらしく素材本来の旨味を存分に活かした食べ応え抜群な一杯となっています!(しっかりとした旨味、そしてマヨネーズと胡椒をたっぷりと加えたことでちょうど良い“つまみ”にもなりそうな仕上がりです!)

そして、上記の背景には…胡椒を含む旨味要素が大量に使用され、さらに大量のマヨネーズがたっぷりと盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…揚げ玉・唐辛子・“ねぎ”が使用されているようです!

基本的に“まぜそば”と言えば…濃厚な液体ダレをベースにお好みの調味料や香辛料、各種トッピングなどを思い切り混ぜて食べるイメージが強いんですが、今回は粉末仕様ということで、脂っこさといった感じはそこまでないような気がしますね!…ただ大量にマヨネーズが使用されていますから、コク深いこってり感が大量の胡椒とバランス良く調和され、パンチの強い味わいに期待したいところ!

他にも特徴として…麺は丸刃の太いフライ麺が採用されており、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた食べ応えのある仕上がりとなっていて、チキンやポーク、魚介の旨味にガーリック、さらに大量のマヨネーズと胡椒を加えたことで“鬼マヨペッパー”の文字通り汗を誘うほどの刺激とコク深さが絶妙にマッチし…シリーズらしいエッジの利いた味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

大量のマヨネーズが使用されたとのことで濃厚・こってりとした味わいをイメージしていたんですが…実際にはチキンやポーク、魚介の旨味やガーリック、そして大量のペッパーが使用されたことで全体のバランスは思いのほか非常に良く、まさにメリハリのある刺激的な味わいが印象的で、こってりとしていながらも…それに伴う旨味やキレ・アクセントがやみつき感を際立たせるパンチのある“まぜそば”に仕立て上げ、塩気といい旨味といい申し分のない美味しさがたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、“驚き&やりすぎ”でお馴染み“EDGE”シリーズが好みの方はもちろん、チキンやポーク、魚介の旨味やガーリックを利かせ、さらに大量のマヨネーズとペッパーといった相性抜群なテイストを汁なしの“まぜそば”としてボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“EDGE”シリーズの新フレーバーで、チキンやポークをベースに魚介の旨味や食欲そそるガーリックを利かせ、その上に大量のマヨネーズとペッパーを使用したことでガツンとした口当たりが際立った“EDGE”シリーズらしいやり過ぎな一杯、「EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば

今回ご紹介するカップ麺は、“驚き”と“やりすぎ”がテーマの「EDGE」シリーズの新フレーバーということで、“ふりかけ”に含まれるチキンやポーク、魚介の旨味やガーリックによって旨味溢れるテイストに仕立て上げ、そこに大量のマヨネーズとペッパーが加わったことでメリハリのあるガツンとした“まぜそば”を表現、まさにマヨネーズのコクとペッパーの刺激が絶妙にマッチした想像以上にやみつき感の強いシリーズらしいエッジの利いた一杯、“EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば パッケージ

ご覧の通り容器側面には…“マヨとペッパーをご堪能下さい”と記載されているように今回のフレーバーはマヨネーズとペッパーによるパンチの強い味わいが特徴なんですが、単純に最強2大調味料を合わせただけでなく、チキンやポーク、魚介の旨味やガーリックなど実に様々な材料を使用したことで旨味そのものの非常に強く、刺激的でコク深いテイストながらもしっかりと美味しさが楽しめる満足度の高い仕上がりとなっており、どれほどインパクトのある“まぜそば”が表現されているのか?非常に楽しみなところ!

ちなみにこの“EDGE”シリーズで言うと…“EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍”や“EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍”が2018年6月11日に同時発売され、さらに“EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍(2019年6月17日発売)”や“EDGE×わかめラーメン コムタン味 わかめ3.5倍(2021年5月31日発売)”といったコラボとしての商品が目立っていましたが、個人的には“EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン(2018年5月28日発売)”や、以下のような“驚き・やりすぎ”をコンセプトとした一杯が印象的で、“EDGE”シリーズとしてはやや久しぶりの登場となっています!

それでは、今回の“EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば”がどれほどチキンやポーク、魚介の旨味やガーリックを利かせた濃厚な“まぜそば”に仕上がっているのか?大量に使用さえたマヨネーズとペッパーならではの刺激的なアクセントとコク深い濃厚感を際立たせる最強2大調味料との兼ね合いはもちろん、なんと言っても丸刃の太麺によるもっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持ったフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り666kcalとなっております。(塩分は5.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺・ボリューム感のある濃厚な“まぜそば”ということもあって、割と高めな数値のようですが、一方で塩分はこのボリュームを考慮すると平均的といったところ。
ちなみに1食当たり138g、麺の量は100gとのこと。

また、このカロリーと塩分の数値を見てみると…ボリューム感があるのはもちろん、チキンやポークをベースに魚介の旨味やガーリックを利かせたことでしっかりとした美味しさを表現、そこに大量のマヨネーズとペッパーを加えることでシリーズらしいパンチのある“まぜそば”に仕上げているため、やはり素材の旨味を存分に活かした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

タレには、マヨネーズや胡椒をはじめ…

  • 食塩
  • チキン調味料
  • ガーリックパウダー
  • ポーク調味料
  • 粉末しょうゆ
  • ニボシパウダー
  • ホタテエキス
  • ジンジャーパウダー

といった、チキンやポークをベースに魚介の旨味やガーリックをバランス良く合わせ、そこに大量のマヨネーズとペッパーを加えたことでパンチのあるテイストながらもしっかりとした美味しさが楽しめるシリーズらしいエッジの利いた刺激的でコク深い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071208158
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、添付調味料(マヨネーズ)、かやく入り添付調味料(胡椒、食塩、揚げ玉、チキン調味料、砂糖、ガーリックパウダー、ポーク調味料、ねぎ、粉末しょうゆ、ニボシパウダー、ホタテエキス、唐辛子、酵母エキス、ジンジャーパウダー)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、微粒二酸化ケイ素、香料、甘味料(カンゾウ)、酸味料、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (138g) 当たり]
熱量666kcal
たん白質10.2g
脂質35.2g
炭水化物77.1g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
5.8g
ビタミンB10.66g
ビタミンB20.51g
カルシウム356mg

引用元:EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“ふりかけ”、マヨネーズといった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、“ふりかけ”にはチキンやポーク、魚介の旨味やガーリック、胡椒がたっぷりと含まれており、一方のマヨネーズも負けじと量が凄いですね。。特にマヨネーズのg数などは記載されていませんが、相当な量であることに間違いありません!

他にも麺は、ご覧の通り丸刃の太麺(フライ麺)が採用されており、見るからにもっちりとした弾力やほどよいコシを併せ持ち、麺量100gとボリューム感もたっぷりで、今回の“鬼マヨペッパー”といった旨味溢れる味わいとともにしっかりと食欲を満たしてくれそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:670ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

しっかりと湯戻りしたことによって先ほどまでの太麺がふっくらとした仕上がりとなり、特にほどよい弾力とコシが加わり、まだ別添されている“ふりかけ”とマヨネーズを加える前の状態ではありますが…“EDGE(エッジ)”シリーズらしい“驚き&やりすぎ”といった凝縮された旨味とコク深い濃厚感、そして刺激的なペッパーが合わさったインパクトのある一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここに先ほどのスパイスを加えていきます!
すると…一気に胡椒ならではの風味が広がっていき、それ以外にもチキンやポーク、魚介の旨味やガーリックなど申し分のない旨味成分を含む粉末がたっぷりと出てきます!

また、この“ふりかけ”には具材として使用されている揚げ玉や唐辛子、“ねぎ”なども含まれているようです!(かなり量が多いのでしっかりと入れていきましょう。)

続いてマヨネーズも加えています!
こちらはプレーンな仕様のようで、“ふりかけ”と同じくたっぷりと入っていますから、こちらも同じくしっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り“ふりかけ”・マヨネーズとも非常に量は多く、コク深くまろやかなマヨネーズによって濃厚・こってりとしたテイストが際立っているようにも見えますが、ペッパーも同じく相当な量が使用されているため、全体のバランスは思ったよりちょうど良く、旨味に関しても申し分なく、刺激的なアクセントとコクがうまく融合したことでシリーズらしいインパクトのある旨味がたっぷりと楽しめそうです!…というか後になって気付きましたが、細かいことを言うとパッケージにはこの“ふりかけ”とマヨネーズによって“ハート”の形を作っていましたね。。(しかも位置が逆でした…)

また、具材として使用されている揚げ玉によってちょうど良い香ばしさ、そして唐辛子によるピリッとした辛みが引き立っているようで、そもそも“まぜそば”には伸びにくいといったメリットもありますし、たっぷりと使用されたペッパーのおかげでマヨネーズのこってり感が調和され、さらに塩気やキレの良さが際立ったことで“つまみ”としてもぴったりだと思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…大量の“ふりかけ”とマヨネーズが使用されているため、若干の混ぜにくさはありますが、全体をひっくり返しながら混ぜていくと割とすんなりと太麺にも馴染んでいき、特に“ふりかけ”には今回の旨味成分となる粉末がたっぷりと含まれていますから、しっかりと全体に馴染ませる必要があり、そうしなければ味にムラができてしまいますので注意してください!

食べてみた感想

一口食べてみると…マヨネーズが大量に使用されているので“くどさ”を感じるほどこってりとした印象だったんですが、ペッパーが想像以上にガツンと利いたことで思いのほか脂っこい感じはなく、むしろチキンやポーク、魚介の旨味やガーリックなど様々な旨味を引き立てるちょうど良いコクとして下支えし、この塩気の強い味わいはクセになりますね!特に“つまみ”としてもぴったりなテイストで、旨味も同じく非常に強いので最後まで全く飽きることなく楽しむことができ、ペッパーによる汗を誘う刺激的なアクセントがたまりません!

ちなみにベースとなるチキンとポークに関しては粉末仕様ということもあって脂っこさといった感じは一切なく、マヨネーズがその辺りを補っているようで、この全体のバランスは絶妙です!正直ここまで美味しいとは思ってもいませんでした。。というか今回の“鬼マヨペッパー”は最高の組み合わせでハマる方も多いのではないでしょうか?(これは再販されるのでは?)そこに丸刃の太麺が食欲をガツンと満たす“驚き&やりすぎ”に相応しい仕上がりとなっています!

そのため、今回は“鬼マヨペッパー”というネーミングからは想像もつかないほどの美味しさがあり、シリーズらしい“驚き&やりすぎ”な仕上がりではありますが、旨味に関しては申し分なく“まぜそば”としてたっぷりと楽しむことができ、そもそも“まぜそば”自体お好みの香辛料や調味料、各種トッピングなどを加えて思い切り混ぜて味わうといった醍醐味がありますから…今回はそういった意味ではかなり振り切ったフレーバーとも言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の太麺が採用されており、見た通りもっちりとした弾力やほどよいコシを併せ持つエースコックらしいずしっとした印象で麺量100gとボリューム感もあり、インパクトのある味わいとともにしっかりと食欲を満たしてくれる食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな太麺には、チキンやポークをベースに魚介の旨味やガーリックを利かせ、さらにマヨネーズのコクと刺激的なペッパーのアクセントが絶妙にマッチした濃厚なタレがよく絡み、一口ずつに様々な旨味やマヨネーズとペッパーによる汗を誘う刺激とまろやかなコクなどが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる香味野菜やペッパーならではの風味が後味良く抜けていきます!…というかこの仕上がりは予想以上でしたね!個人的にはこってり感とボリューム感で飽きそうなイメージだったんですが、意外にもそのバランスは絶妙でマヨネーズのこってり感をペッパーが調和し、塩気・旨味も非常に強いせいか、“つまみ”に最適なテイストと言えるでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの揚げ玉が使用されていて、やや小さめではありますが、サクサクとした食感やほどよい香ばしさが心地良く、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”や粗挽き唐辛子が使用されていて、“ねぎ”に関しては後入れ仕様ということもあってシャキシャキ感こそないものの、ほどよい薬味にもなったことで今回の美味しさを引き立て、さらに唐辛子はピリッとしたアクセントが際立ち、マヨネーズのコク深さにキリッとした辛みをペッパーと一緒にプラスしているようです!

タレについて

タレは、先ほどもお伝えした通りチキンやポークをベースに魚介の旨味や食欲そそるガーリックをバランス良く合わせ、そこに大量のマヨネーズによるコクやこってり感、ペッパーによる刺激的な辛さやアクセントが絶妙にマッチしたことで思いのほか“くどさ”といった感じはなく、むしろ様々な旨味が凝縮されたジャンク感のある“まぜそば”ならではの旨味に旨味を重層的に重ねた贅沢仕様とも言える味わいで、まさに“驚き&やりすぎ”でお馴染み“EDGE”シリーズらしい振り切ったテイストとなっていて、最後まで飽きの来ない後味の良い仕上がりとなっています!

また、チキンやポークなど動物系の旨味に関しても脂っこさといった感じは一切なく、あくまで今回のタレを引き立てるかのようなコク・下支えとして相性良く馴染み、汁なしタイプの“まぜそば”に物足りなさを一切感じさせない濃厚感をプラス、このベースとなる旨味がしっかりとしていることで今回の“鬼マヨペッパー”がガツンと楽しめるものと思われ、単純にマヨネーズとペッパーだけを強烈に利かせても旨味がなければ飽きるだけですからね…全体のバランスは非常に良く考えられているのではないでしょうか?

これはちょっと想像以上でしたね…今回は正直あまり期待せずに味わってみたものの、意外にも相性抜群なテイストで旨味もしっかりと考えられており、お好みの調味料や香辛料、追加トッピングを加えてしっかりと混ぜて楽しむ“まぜそば”の神髄かもしれません!そもそもの旨味が非常に繊細で強く、ついつい箸が止まらなくなるような仕上がりでしたので、丸刃の太麺とともにガツンと食欲も満たされるのではないでしょうか?

このように、今回の“EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば”は、チキンやポークをベースに魚介の旨味やガーリックをバランス良く合わせ、そこに大量のマヨネーズとペッパーを加えたことによってこってり感とキレの良さが絶妙にマッチし、濃厚すぎることもなく、もちろんペッパーだけが際立っているわけでもなく、そもそも様々な材料を組み合わせたことでベースとなる旨味に関しては全く申し分なく、想像以上に旨味溢れる“まぜそば”となっていたため、お好みによってはマヨネーズ・胡椒ともに追加して、さらにインパクトのある味わいに引き立ててみても良いでしょう!

まとめ

今回「EDGE 鬼マヨペッパーまぜそば」を食べてみて、“驚き&やりすぎ”でお馴染み“EDGE”シリーズから久しぶりに登場した新フレーバーということで、チキンやポークをベースに魚介の旨味や食欲そそるガーリックを惜しみなく凝縮し、そこに大量のマヨネーズとペッパーを加えることによって濃厚・こってり感と刺激的なアクセントが絶妙にマッチし、意外にもマヨネーズのこってり感を様々な旨味やペッパーによって調和し、オイリーなコクとして全体の美味しさを引き立て、丸刃の太麺とともにガツンと食欲を満たす旨味溢れる食べ応えのある一杯となっていました!

やはりこのシリーズは“驚き&やりすぎ”といったコンセプト通りインパクトのあるフレーバーで満足度もかなり高いですね!そもそも“くどさ”を感じるようなイメージでしたが旨味やペッパーによる刺激が思ったより強かったため、思いのほかハマる方も多いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!