ペヤング PR

ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば!タバスコ特有の辛さと酸味が利いた大人の味わい

ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば

ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば」を食べてみました。(2023年9月18日発売・まるか食品

この商品は、トマトの旨味に“玉ねぎ”やポークを利かせたことでナポリ料理のひとつ“アッラ・ナポレターナ”の味わいを“ペヤング”流に再現、そこに別添されているタバスコを加えることによってピリッとした辛みと後からくる酸味が際立ち、さらに麺から香るラードの旨味や香ばしさが相性良くマッチした大人の味が楽しめる一杯が登場です!

それも…トマトならではの旨味や酸味がメインのソースに仕上げたことでスパゲッティでも非常にシンプルなテイストで、別添されているタバスコはお好みの量を加えることによって辛さを調整することも可能、さらに“玉ねぎ”やポークの旨味をさり気なく利かせ、洋風のフレーバーを“焼そば”でいただくという…若干違和感はあるものの、タバスコの辛みと酸味が後味さっぱりと感じさせ、あっさりとしていながらもトマトソースを活かした味わいが香ばしい麺とともに最後まで楽しめる一杯、“ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば”となっております。(値段:税別220円)

ご覧の通り、パッケージにはイタリアの国旗(緑・白・赤)の三色旗を背景に“アッラ・ナポレターナ”といった今回の商品名が大きく掲載されており、トマトの旨味・酸味をうまく活かしたトマトソースのような味わいがシリーズらしい麺とバランス良くマッチし、別添されたタバスコでピリッとした辛みと酸味がプラスされたことで、シンプルながらもいつもとはひと味違った洋風テイストが楽しめることがよーく伝わってきますね!

…というか“ペヤング”シリーズから登場した洋風のフレーバーと言えば、下記の3種をはじめ、“ペヤング チーズMAXやきそば(2019年8月26日発売)”や“ペヤング ボンゴレ風やきそば(2021年11月15日発売)”くらいで、“ペヤング ペペロンチーノ風やきそば”に関しては2017年2月20日にも発売されており、これまでの和風テイストとは異なる大変珍しい洋風な味わいが楽しめる一杯と言えるのではないでしょうか?(遡ると…“ペヤング ナポリやんやきそば”といったフレーバーも2014年5月26日に発売されています。)

一方こちらには…トマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークを利かせ、タバスコを加えたことで後引く辛さと強めの酸味が際立つトマトソースが風味豊かな麺に馴染み、各種具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…豚肉・レッドベルペッパー(パプリカ)が使用されているようです!…というか基本トマトソースなのである程度の味の予想は付くものの、実際“アッラ・ナポレターナ”を食べ慣れているわけではありませんので、正直どんな仕上がりなのか?非常に気になるところ!

また、こちらには…“後がけTABASCO BRAND ソースでお好みの辛さに!”と記載されているように、馴染み深い“TABASCO brand”の“タバスコ ペパーソースミニパウチ”が掲載されており、これを別途お好みの量を加えることによって辛さが調整できるとのことで、タバスコ自体しっかりとした辛みと独特の酸っぱさがありますから、気になる方は少しずつ加えてみても良いでしょう!

他にも特徴として…麺はシリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺が採用されており、今回の“アッラ・ナポレターナやきそば”といったトマトソースに別添されているタバスコを加えることによってしっかりとした辛さと酸っぱさが絶妙にマッチし、具材に使用された豚肉からも良い旨味が滲み出し、想像以上に本格感のある味わいが存分に楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“アッラ・ナポレターナ”には欠かせないトマトの旨味や酸味は確かに感じられたものの…その他の旨味が極端に物足りなく、コクがないというか非常にシンプルで後味さっぱりとしたソースに仕上がり、そこに別添されているタバスコを加えてみると、ソース自体がタバスコの味になってしまうほど存在感が強く、“ペヤング”ならではのラードの旨味や香ばしい風味が相性良く馴染んだことによって単純に“アッラ・ナポレターナ”の味を“ペヤング”流にアレンジ・再現した仕上がりというわけではなく、個人的なイメージとしては“タバスコソース トマト風”のような素っ気ない味わいとなっていました!
ただ…強いて言うなら、このトマトをベースとしたソースは原材料に記載されていた“玉ねぎ”やポークのが足りていないせいか、食べ進めていくに連れてパサついた印象となっていたため、お好みによっては洋風パスタにぴったりなトマトケチャップを足して味を調整してみても良いかもしれません!
これは特に、後味すっきりとした“アッラ・ナポレターナ”が好みの方はもちろん、トマトの旨味・酸味をベースに“玉ねぎ”やポークを合わせ、別添されているタバスコで辛さ・酸味が調整できるシンプルな味わいを“焼そば”として気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新フレーバーとしてはかなり珍しい洋風のフレーバーであり、ナポリ料理のひとつ“アッラ・ナポレターナ”の味わいをシリーズらしく再現、トマトの旨味や酸味をベースに“玉ねぎ”やポークを合わせ、別添されているタバスコを加えることによってタバスコ特有の辛さと酸っぱさが際立ち、シンプルながらもトマト本来の美味しさや刺激的なタバスコのアクセントがストレートに感じられ、そこにシリーズらしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味・香ばしい風味と相性良く馴染んだひと癖ある一杯、「ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、ナポリ料理でシンプルなスパゲッティのひとつ“アッラ・ナポレターナ”の味わいを“ペヤング”流にアレンジ、トマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークを合わせ、別添されているタバスコを適量加えることで辛さの調節もでき、そこにシリーズらしいフライ麺から滲み出すラードの旨味・風味が相性良く馴染み、“ペヤング”としては大変珍しい洋風テイストの一杯、“ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通り今回のフレーバーに関しては定番の和風フレーバーとは打って変わって洋食の中でもシンプルな“アッラ・ナポレターナ”をイメージしたテイストとなっていて、珍しく今回はパッケージ背景に仕上がりイメージが掲載されており、もはや“焼そば”なのかパスタなのかわからなくなってしまいますが…シリーズらしい麺と相性良く馴染んだ雰囲気ある仕上がりをイメージさせ、シンプルながらも刺激的なタバスコがちょうど良いアクセントとなったメリハリのある一杯といったところ!

ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば パッケージ

ちなみに“ペヤング”シリーズとしては、2023年4月24日に発売された“ペヤング 炎のネギ辛やきそば”から約2ヶ月半も新商品が発売されていませんでしたが…ここ最近になって“ペヤング 麻婆やきそば(2023年9月4日発売)”や“ペヤング 超大盛たこ焼き風やきそば どろソース付き(2023年9月11日発売)”など頻繁に発売されるようになっています!

ちなみに“アッラ”とは、洋食で使用される表現で“〜風”といった料理のテイストを意味し、“アッラ・ナポレターナ”はトマトソースを用いたスパゲッティとして最もシンプルなナポリ料理のひとつです!

このように“ペヤング”シリーズにはレギュラーサイズとして激辛なテイストから突拍子もない企業・メーカーとのコラボだったりと様々なフレーバーが発売されており、他にもボリューム感のある“超大盛”シリーズや“GIGAMAX”・“ペタマックス”シリーズなど…その種類は非常に多岐に渡り、2022年も様々なフレーバーが登場したように発売48年を迎える2023年にも期待したいところ!
※“ペヤング ソースやきそば”は1975年(昭和50年)3月に発売されました。

他にも、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見ると多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いです!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば”がどれほどトマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークを利かせた“アッラ・ナポレターナ”ならではのシンプルな美味しさに仕上がっているのか?具材に使用された豚肉や別添されているタバスコの旨味・酸味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出るラードの旨味・香ばしさが印象的なすすり心地の良い麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り536kcalとなっております。(塩分は3.3g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)の割にそこまで高い数値というわけではなく、塩分も同じくかなり低めの数値となっています。
ちなみに1食当たり121g、麺の量は90gとこちらは他のレギュラー商品と同じボリューム感のようです!

このように、今回のフレーバーはシンプルな“アッラ・ナポレターナ”を再現しているだけでなく、シリーズらしい風味豊かな麺との相性も考慮されており、そこに具材として使用された豚肉による旨味が引き立つあっさりとしたテイストで、別添されているタバスコで辛さを調整でき、まさにトマトの酸味と後引く辛さと酸味がちょうど良いアクセントとなった仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、トマトペーストやトマトケチャップをはじめ…

  • ペパーソース
  • 醸造酢
  • 食塩
  • 植物油脂
  • たまねぎ
  • ポークエキス
  • 香辛料

といった、トマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークを合わせたスパゲッティの中でも非常にシプンルな“アッラ・ナポレターナ”を“ペヤング”流にアレンジ、具材として使用された豚肉からも良い旨味が滲み出し、別添されているタバスコを適量加えることでピリッとした辛みや強めの酸味が際立ち、ストレートに素材の旨味を活かした味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:まるか食品 赤堀工場(群馬県)

また、麺の項目を見てみると…ラードや“しょうゆ”、食塩や香辛料といった材料が確認でき、今回もまたしっかりと味付けが施された香ばしい麺が採用されているようです!…というかこの麺だけはブレませんね。。せめてフレーバーに合わせたパスタっぽい仕様だと面白かったんですが…

JANコード49 02885 01000 5
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、トマトペースト、トマトケチャップ、ペパーソース、醸造酢、食塩、植物油脂、たん白加水分解物、たまねぎ、ポークエキス、香辛料)、かやく(豚肉、レッドベルペッパー)/増粘剤(グァーガム)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、かんすい、リン酸塩(Na)、パプリカ色素、ビタミンB₂、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (121g) 当たり]
熱量536kcal
たんぱく質9.0g
脂質27.6g
炭水化物63.0g
食塩相当量3.3g

引用元:ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば|まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、やきそばソース、タバスコといった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に“やきそばソース”に関してはトマトの旨味をたっぷりと含んだトロッとした状態ではありましたが、決して粘度の高い仕様というわけではありませんので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通りシリーズお馴染みのやや細めのフライ仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、ラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味や香ばしい風味が“アッラ・ナポレターナ”をイメージしたソースにも相性良く馴染み、調理感のある香りに引き立った味わいがしっかりと楽しめそうです!

調理してみた

ではまず先ほどの“かやく”を入れてみます。

そして、“かやく”には…

  • 豚肉
  • レッドベルペッパー

が入っています!

中でも特に豚肉が割と多めに入っているのが印象的で、他にはレッドベルペッパー(パプリカ)が少々といった組み合わせで、決して豊富ではありませんが、言うほど物足りなさといった感じもありません!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には細めながらも歯切れの良いコシが加わり、まだ“やきそばソース”を加える前の状態ではありますが…トマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークを合わせ、別添されているタバスコを適量加えることによって後引く辛さとしっかりとした酸味が際立ち、シンプルながらも本格感のある味わいが再現され、そこに麺から滲み出すラードの旨味・香ばしい風味が加わった調理感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“やきそばソース”を加えていきます!
すると…トマトペーストやトマトケチャップなどを含んだトロッとしたソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

そして重みのある“やきそばソース”は、表面に留まった状態となり、“玉ねぎ”やポークの旨味なんかも利いているようですが、見た通りトマトペーストがベースとなっていて、想像以上に深みのある“アッラ・ナポレターナ”ならではの美味しさが再現されているようにも感じられますね!…というかこの時点ではほとんどトマトケチャップです。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
すると…ペーストならではの“とろみ”は若干あるものの、特別粘度の高い仕様というわけではありませんので、思ったよりもすんなりと麺に馴染んでいきます!(“つゆ跳ね”にご注意ください。)

そしてソースが全体に馴染むと…パッケージの仕上がりイメージよりも若干色味は薄く、ポークの旨味・脂といった油分が足りないせいか、もしくは麺がソースを吸ったことで若干パサついた印象となっているようです。。また、風味としてもそこまでトマトの香りは強くはなく、比較的あっさりとした“アッラ・ナポレターナ”といったところでしたので、デフォルトの味とタバスコを加えた味にどれほどの変化があるのか?非常に気になるところ!

他にも、上記の通りトマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークを利かせたことで“アッラ・ナポレターナ”ならではのあっさりとした中にも旨味が引き立ち、そこに豚肉やレッドベルペッパーが具材として使用されたことによって臨場感の高い仕上がりとなり、後ほどタバスコを加えることで後引く辛さと酸味が際立つシリーズらしい風味豊かな一杯であることが伝わってきます!!

食べてみた感想

一口食べてみると…見た目からして若干薄味ということが伝わっているように、実際の味も非常に薄く、トマトの旨味を引き立てるだけの“玉ねぎ”やポークの旨味が物足りなく感じられ、あっさりとした特徴とは言えこれはちょっと“まずい…”と感じられる方も多いのではないでしょうか?正直手抜きすぎですね。。“アッラ・ナポレターナ”がシンプルなテイストだからといってそのままシンプルにしても旨味そのものがほぼ感じられず、久しぶりのボツネタと言えるでしょう!

また、塩気も物足りなく、まさに旨味のないトマトソースを味わっているかのような仕上がりで、何度味を確かめてみても何か調味料入れ忘れたのかと思うほど肩透かしを食らうフレーバーとなっており、トマトケチャップを大量に加えたくなりますね!恐らくそれでだいぶ美味しさが際立つかと思われます!…というか原材料を以前発売されていた“ペヤング ナポリタン風やきそば(2021年6月14日発売)”と比較してみると、違いはほぼタバスコの有無だけでした。。

そのため、味そのものは想像以上に物足りなく、やはり“玉ねぎ”やポークの旨味・脂などの油分がどうしても足りなく感じられ、それによって麺がパサついている点に関しても残念です!とは言え、“ペヤング”シリーズらしいラードの旨味・香ばしさは感じられ、トマトの酸味はほどよい程度で非常にシンプルな“アッラ・ナポレターナ”が楽しめることと思われます!

他にも一応ペヤングらしさもあって、“アッラ・ナポレターナ”ならではのシンプルな美味しさと香ばしい麺が相性良く馴染み、それによって風味豊かなテイストに仕上がり、敢えて薄味にしたことでシンプルさを際立たせたこの味に関して物足りなさを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんので、場合によってはトマトケチャップで味を調整してみても良いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズお馴染みのやや細めのフライ仕様で、ほどよい弾力と細めながらも歯切れの良いコシを兼ね備え、すすり心地も非常に良い風味豊かな仕上がりとなっています!

そんな麺には、トマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークの旨味を利かせた“アッラ・ナポレターナ”ならではのシンプルなトマトソースがよく絡み、一口ずつにトマトの旨味や酸味が口いっぱいに広がっていき、シリーズらしいラードの香ばしい風味が後味良く抜けていきます!…これは旨味・塩気が弱いせいか個人的にはトマトケチャップを加えたくなる仕上がりといった印象で、ちょっと物足りなく感じられますね。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豚肉が入っていて、やや小さめにカットされてはいたものの…じっくりと味わってみると、想像以上にしっかりとした肉の旨味が感じられる仕上がりとなっていたため、まずは全体に馴染ませながら食べ進め、後ほど麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのレッドベルペッパーは、じっくりと味わってみると…素材ならではの苦味なんかがしっかりと感じられ、洋食の“アッラ・ナポレターナ”の味わいをイメージしたソースに対してちょうど良いアクセントとなり、見た目としても彩りの良い具材としてさり気なく添えられています!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りトマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークの旨味を合わせたことでナポリ料理のひとつ“アッラ・ナポレターナ”ならではのシンプルなトマトソースを再現、しかし旨味がすっぽ抜けたかのようなシンプル過ぎるテイストで、どうしても麺のパサついた印象が強く、個人的にはもう少し良い意味での脂・油分が加わっていた方がクオリティ高かったような気がしますね。。そもそも旨味が物足りないんですが…

ちなみに今回のソースは“アッラ・ナポレターナ”ということでトマトソースがメインとなっていて、そこに本来なら野菜や動物系の旨味を利かせたことであっさりとした中にも深みのある味わいとなっているはずなんですが、今回のフレーバーに関しては物足りなさといった感じが強かったため、お好みによってはトマトケチャップを加えて味を調整してみても良いでしょう!

ではここに別添されているタバスコを加えてみます!
すると少しパックを切っただけで勢い良くサラッとしたタバスコが出てきますので、飛び散らないようにご注意ください!結局今回は全て加えてみました!

ご覧の通りタバスコはサラッとした状態で細かい香辛料なども確認できますね!そして一気に酸味のある風味が広がっていき、先ほどまでのテイストから一変します!

そしてじっくりと味わってみると、今度はタバスコのみの味となってしまいます…笑
というか今回のフレーバーは全体的にダメですね!バランスが悪すぎてタバスコの辛み・酸味も活かされていませんし、そもそもデフォルトでの旨味が弱い点が致命的とも言えるでしょう!

これがもし、しっかりとしたコクや旨味が伴っていればタバスコもちょうど良いアクセントとなっていたんでしょうけど、ソース全体がタバスコ味になってしまうので、加えるならちょっとで十分かもしれません!そもそもタバスコくらいなら常備しているので、わざわざ別添しなくても良かったような気もします!

このように、今回の“ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば”は、トマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークを利かせたことでナポリ料理のひとつ“アッラ・ナポレターナ”といったあまり聞き慣れないシンプルな味わいをシリーズらしく再現、後味さっぱりとしたテイストに仕上がり、旨味そのものが弱い点が非常に気になったところではありますが、ラードを使用した油で揚げた麺とも相性良く馴染み、別添されているタバスコを加えることによってピリッとした辛みや強めの酸味が大人の味を際立たせていたため、お好みによってはトマトケチャップを加えて味を調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング アッラ・ナポレターナやきそば」を食べてみて、ナポリ料理のひとつでトマトソースを用いたシンプルなスパゲッティ“アッラ・ナポレターナ”の味わいを“ペヤング”流にアレンジした一杯には…トマトの旨味をベースに“玉ねぎ”やポークを合わせたことで後味すっきりとしたトマトソースに仕上がり、全体的に旨味が弱い点が気になりましたが、別添されているタバスコを加えることでピリッとした辛みと強めの酸味が大人な味を際立たせ、シリーズらしい麺から滲み出す香ばしいラードの旨味・風味が相性良くマッチし、全体的にトマトケチャップを追加したくなるような物足りなさを感じさせる一杯となっていました!

また、今回は“アッラ・ナポレターナ”といった聞き慣れない洋風パスタをアレンジしたフレーバーということで、実際味わってみるとトマトソースがベースであることはわかるんですが、シンプルと旨味がないは決して同じではありませんので、デフォルトのソースがすでに物足りなく感じられる方も多く、正直賛否分かれるテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です