クッタ

クッタ(QTTA)裏 チリペッパーとんこつ味!ピリッとした辛みが加わったクセになる裏メニュー

クッタ(QTTA)裏 チリペッパーとんこつ味

クッタ 裏 チリペッパーとんこつ味」を食べてみました。(2020年7月6日発売・東洋水産)

この商品は、“はぁ~、くった~”でお馴染み“クッタ”シリーズの新商品ということで、第1弾(2017年3月27日発売)から通年取り扱いされているレギュラー商品“クッタ とんこつ(TONKOTSUラーメン)”の裏メニューとして楽しめるコク深い味わいにピリッとした辛みを加えた一杯が登場です!

それも…ポークの旨味をしっかりと利かせたコク深くまろやかな豚骨スープにガーリックや生姜を加え、そこにチリペッパーならではのピリっとした辛みをプラスしたことによって辛口豚骨に仕立て上げた裏メニューらしい一杯、“クッタ 裏 チリペッパーとんこつ味”となっております。(税抜き193円)

また、今回“裏メニュー”ということもあって、お馴染みの“QTTA”のロゴが裏返った状態で掲載されていますね!こういったいつものメニューとはひと味違ったテイストが期間限定で楽しめるワクワク感なんかもあって自然と期待値もかなり高まります!

クッタ(QTTA)裏 チリペッパーとんこつ味 パッケージ

そしてご覧の通り、パッケージには“クッタ”シリーズお馴染みの統一されたデザインが今回も同じくあしらわれ、文字通り白濁とした豚骨スープにチリペッパーによる赤みのあるピリッとした辛みが相性良くマッチした仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・ねぎ・キクラゲが使用されているようです!この具材に関してはお馴染み“とんこつ”と同じ仕様となっています!(ただ、今回の裏メニューには紅生姜の代わりに粗挽き唐辛子がプラスされているのが見て取れます。)

一方こちらには、今回の裏メニュー“裏 チリペッパーとんこつ味”についての簡単な説明が記載されていて、こちらによると…“ラードのうまみ・あまみが特徴のMARUCHAN QTTA TONKOTSUラーメンのやみつきスープに、チリペッパー(とうがらし)を利かせてやみつきになる辛さに仕上げた、期間限定の裏メニューです。”と記載されているように、ベースは臭みのない豚骨の旨味を利かせたお馴染み“とんこつ(TONKOTSUラーメン)”の味わいのようですが、そこに食欲そそるピリッとしたアクセントを合わせ、ただでさえラードを使用した油で揚げた麺から香ばしさが香り立つ“クッタ”シリーズですが、今回はさらにチリペッパーによるメリハリが際立つ仕上がりとなっているようですね!

他にも特徴として…この“クッタ”シリーズはこれまでも様々なフレーバーが登場してきたんですが、各テイストに合わせた麺を採用しており、今回の“裏 チリペッパーとんこつ味”は…東洋水産独自技術の“ノンスチーム製法”による豚骨スープにぴったりな細麺仕様となっていて、ほどよい弾力・滑らかな食感に仕上がり、“クッタ”らしいラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしさが印象的なコク深い豚骨スープに食欲そそるチリペッパーを加えたことで後味すっきりとした辛みと絶妙にマッチし、最後まで飽きることなく後引く旨味・辛みのあるフレーバーをじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

チリペッパーとは言ってもそこまで強い辛さが利いているわけではなく、お馴染み“とんこつ”のキレとコクのある味わいに食欲そそるアクセントが加わり、それによってやみつき感が際立ち、すすり心地抜群な豚骨ラーメンにぴったりな細麺と相性良く馴染んだことによって裏メニューらしい通常のレギュラーメニューとはひと味違った美味しさが楽しめる一杯となっていました!
これは特に、コク深くクリーミーな豚骨スープが好みの方はもちろん、乳化感のある白濁とした豚骨スープに相性抜群なチリペッパー(唐辛子)をプラスしたクセになるテイストをじっくりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は期間限定で楽しめるお馴染み“とんこつ(TONKOTSUラーメン)”の裏メニューで、コク深い豚骨スープにラードの香ばしさが後押しする風味豊かでピリッとしたアクセントが利いたメリハリのある一杯、「クッタ 裏 チリペッパーとんこつ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

クッタ 裏 チリペッパーとんこつ味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“クッタ”シリーズの新商品ということで、通年取り扱いされているお馴染み“とんこつ(TONKOTSUラーメン)”らしく豚骨の旨味にガーリックや生姜を合わせ、さらにピリッとした辛みであるチリペッパーをプラスしたことによって…まさに裏メニューにふさわしいやみつき感のあるテイストが楽しめる一杯、“クッタ 裏 チリペッパーとんこつ味”となっています。

ちなみにこの“クッタ”シリーズは、よく2品ずつ新商品やリニューアル商品が登場しているんですが、今回は恐らくシリーズ3周年第3弾ということで、お馴染みの“CURRYラーメン”も同じくチリペッパーによってピリッとした辛みを加え、“裏 チリペッパーカレー味”として同時発売されています!

ということで今回の期間限定商品“裏 チリペッパーとんこつ味”と“裏 チリペッパーカレー味”の2商品が新発売されたことで、今現在この“クッタ”シリーズのラインナップは今回の2商品に加え以下のようになっています!

今度は以前ラインアップに含まれていた“MARUCHAN QTTA 裏 焦がししょうゆ味”や“MARUCHAN QTTA 裏 シーフードクリーム味”が外されているようです!

また、個人的に“クッタ”シリーズと言えば…“クッタ サワークリームオニオン味(2019年2月4日発売/2020年1月6日再発売)”をはじめとする“超スナック系”なんかも好みで大変気になるところなんですが…一番新しいところ言うと、以前ご紹介した“クッタ わさび&ビーフ味(2019年1月28日発売)”以来登場していません。。さすがにそろそろかな?とちょっといつも期待しているんですが…なかなか登場しませんね!それどころか最近では“裏メニュー”シリーズが目立っている様子です。。

それでは、今回の“クッタ 裏 チリペッパーとんこつ味”がどれほど豚骨の旨味をコク深く凝縮した仕上がりとなっているのか?裏メニューらしいチリペッパー(唐辛子)を加えた病みつき感のあるアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても東洋水産独自技術“ノンスチーム製法”による歯切れの良いコシや滑らかさが表現された細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り343kcal(めん・かやく283kcal / スープ60kcal)となっております。(塩分は4.4g)

カロリーは、レギュラーメニューと比較して若干低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり77g、麺の量は61gとのこと。
※“とんこつ(TONKOTSUラーメン)”は…1食当たりり76g(麺量61g)、カロリー347kcal(めん・かやく238kcal / スープ64kcal)塩分4.5g

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで60kcalとしっかりと豚骨の旨味が利いているものの、そこまで濃厚な仕上がりではなく後味すっきりとしたお馴染みのテイストが踏襲されているようですね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポークエキスや食塩をはじめ…

  • 香辛料
  • ごま
  • しょうゆ
  • 粉末野菜
  • 豚脂
  • 植物油

といった、豚骨の旨味をベースに後味すっきりとしたキレのある仕上がりとなり、そこに豚骨との相性抜群なガーリックや生姜を合わせたことで旨味がより一層引き立ち、さらに裏メニューらしくチリペッパー(唐辛子)がプラスされたことによってちょうど良いアクセントとがクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

また、“油揚げめん”と記載された項目には、しっかりと“精製ラード”といった文字が確認できますね!これによって“クッタ”らしい香ばしさが加わり、豚骨の旨味がより一層風味豊かに楽しめるものと思われます!

JANコード4901990366250
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、植物性たん白、食塩、たん白加水分解物、卵粉、しょうゆ、粉末野菜、香辛料)、添付調味料(ポークエキス、食塩、香辛料、ごま、しょうゆ、砂糖、粉末野菜、豚脂、酵母エキス、乳等を主要原料とする食品、植物油)、かやく(味付豚肉、ねぎ、きくらげ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、トレハロース、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、pH調整剤、パプリカ色素、クチナシ色素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (77g) 当たり]
熱量343kcal
めん・かやく: 283kcal
スープ: 60kcal
たん白質9.4g
脂質15.2g
炭水化物42.1g
食塩相当量4.4g
めん・かやく: 1.4g
スープ: 3.0g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム139mg

引用元:MARUCHAN QTTA裏 チリペッパーとんこつ味 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • 味付豚肉
  • ねぎ
  • キクラゲ

が入っています。

この辺りに関しても“とんこつ”同様、豚骨ラーメンには欠かせない具材が最低限取り揃えられているようですね!ただ…チリペッパー(唐辛子)が加わったことで赤みを帯びた粉末がまた見るからに食欲そそります。。(豚骨らしい風味も同じく確認できます!)

そして、麺はご覧の通り豚骨スープにもぴったりなやや細麺仕様となっていて、“クッタ”ならではのラードを使用した油で揚げた“ノンスチーム製法”によって滑らかでありながらも歯切れの良いコシなんかが楽しめる麺が採用されているようです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:280ml)
そして出来上がりがこちら!

お馴染み豚骨の旨味がしっかりと利き、先ほどまでの豚骨臭さがうまくスープに旨味として溶け込んでいるようで、“クッタ”シリーズらしいラードを使用して揚げられた麺からの香ばしい風味やピリッとした辛みも合わさったことによってまさにやみつき感のある味わいに際立ち、香ばしい豚骨スープにチリペッパーによるメリハリが加わったクセになる一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…キレの良いシャープな飲み口を思わせる割とさらっとした仕上がりで、白濁とした豚骨ならではのコク深くまろやかなテイストはそのままに、ピリッとした辛みをチリペッパー(唐辛子)によってプラスしたやみつき感のある一杯となっています!

しかし、原材料に“加工でん粉”といった記載なんかもあったように、恐らく食べ進めていくに連れてほんのりと“とろみ”なんかも増していき、コク深くも味わい豊かな豚骨スープが楽しめるものと思われます!そこに辛みが加わっているわけですから…最後まで飽きの来ない仕上がりに間違いなさそうですね!

そしてなんと言っても“クッタ”シリーズはラードを使用した油で揚げた独自技術によるフライ麺が最大の特徴でもあり、食べ進めていくに連れて麺からもスープにラードの香ばしさや旨味が滲み出してくるものと思われ、それによって濃厚な豚骨スープの美味しさがより一層引き立ち、満足度も増していくやみつき感に期待できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…これは間違いないやつですね!レギュラー商品の“とんこつ”にチリペッパー(唐辛子)を加えただけと言えばそれまでんですが…豚骨ならではのコク深くまろやかでキレの良い口当たりに裏メニューらしいチリペッパーが加わったことによって、より一層やみつき感が際立ち、後引く旨味を引き立てているようにも感じられます!

さらに、この豚骨スープからは独特の臭みなども一切なく、むしろシリーズならではのラードの香ばしさが印象的で、今回の後味すっきりとした裏メニューにも相性良くマッチしているように感じられ、“くどさ”のない旨味・キレの良い口当たり・香ばしさやピリッとした辛みそれぞれの要素が非常にバランス良く、王道ながらもかなり好評な一杯といったところではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り東洋水産の独自製法によるすすり心地抜群な細麺に仕上がり、細いながらも密度感のある割とずしっとした食感で、思いのほかしっかりとした食べ応えなんかも感じられるラードの旨味・香りが滲み出す風味豊かな仕様となっています!

そんな細麺には、豚骨の旨味に相性抜群なガーリックや生姜を合わせ、さらに裏メニューということでチリペッパー(唐辛子)を加えたことによるやみつき感のある豚骨スープがよく絡み、一口ずつに旨味溢れるコク深い豚骨の味わいが口いっぱいに広がっていき、ラードによる香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、じっくりと味わってみると…噛み応えのある肉質がしっかりと感じられる仕上がりで、思ったよりも十分過ぎる味付けが施され、豚肉ならではの旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい具材となっていましたので、食べはじめはスープ底に沈めておき、旨味を引き出してもらった後、麺と一緒にいただくとより一層豚骨の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのキクラゲは、若干柔らかめな仕上がり具合ではありましたが、こちらもまた豚骨スープにぴったりな具材のひとつで、これによってちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、割と小さめにカットされていたため、そこまでシャキシャキとした食感とまではいきませんが…ちょうど良い薬味にもなったことで、より一層豚骨スープの美味しさを引き立て、後味さっぱりと感じさせてくれます!

スープについて

スープは、臭みのない豚骨の旨味がしっかりと利いた品のあるテイストにも感じられ、コク深くも割とさらっとした仕上がりによってキレ・後味ともに心地良く、濃厚な美味しさとシャープな飲み口を兼ね備えたメリハリのあるテイストが非常に印象的といったところ!

また、やはり食べ進めていくに連れてほんのわずかながらも“とろみ”というか…厚みのある旨味へと際立っていき、豚骨ならではのコク深さなんかも増して満足感のある味わいが楽しめるでしょう!しかもさりげなく“ごま”なんかも使用されたことで香ばしさもより引き立って感じられますね!

そしてなんと言っても今回はレギュラー商品である“とんこつ(TONKOTSUラーメン)”の裏メニューということで、やみつき感を演出するチリペッパー(唐辛子)が加わっていますから、このピリッとした辛みによってさらにメリハリが付き、ついついスープが止まらなくなってしまいますね。。

他にも粗挽き唐辛子がチリペッパーの辛みをさらに引き立て、辛口豚骨とは言ってもそこまで強い辛さではなく…このほどよい辛みがちょうど良いアクセントになったことで豚骨スープを最後まで飽きさせない豚骨スープに仕上がっているようです!

このように、今回の“クッタ 裏 チリペッパーとんこつ味”は、臭みのない豚骨の旨味がこれまで通り凝縮され、キレとコクのある豚骨スープに裏メニューらしくチリペッパー(唐辛子)を利かせたことによってやみつき感のあるピリッとした辛みがクセになる旨味溢れる仕上がりとなっていたため、お好みによっては“おろしにんにく”をちょい足ししてみても良いかもしれません!

まとめ

今回「クッタ 裏 チリペッパーとんこつ味」を食べてみて、臭みや脂っこさのない後味すっきりとした豚骨スープをベースに相性抜群なガーリックや生姜を加え、さらに裏メニューらしくチリペッパーを加えたことによってやみつき感のある辛さが心地良く、スープ全体としては非常にメリハリの付いた一杯となっていました!

このシリーズの“とんこつ”はただでさえ飽きの来ないコク深くまろやかな味わいが表現されているんですが、そこにチリペッパーの辛みがより一層旨味を増し、さらにラードを使用した麺から滲み出る旨味や香ばしさによって豚骨好きにはたまらない…満足感の高い味わいが楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!