クッタ

クッタ(QTTA)猛烈激辛味!“にんにく”の風味をアップさせた食欲そそる激辛テイストの一杯

クッタ 猛烈激辛味

クッタ 猛烈激辛味」を食べてみました。(2022年3月14日発売・東洋水産)

この商品は、“はぁ~、くった~”でお馴染み“クッタ”シリーズの新商品ということで、今回は以前ご紹介した“東洋水産”史上最も辛い“クッタ エクストラホット味”から商品名を変更し、ポークを利かせたコク深い味噌スープに唐辛子などの香辛料をたっぷりと使用したことによって激辛なテイストに仕上げ、辛さと旨味を兼ね備えた濃厚なスープが“クッタ”ならではのラードによる香ばしい風味と美味しくマッチした一杯が登場です!

それも…これまでも幾度となく再発売・リニューアルを繰り返してきた人気の“エクストラホット”を以前よりも“にんにく”の風味をアップさせたことでやみつき感が際立ち、ラードの香ばしい風味の“しっかり麺”に食欲そそる刺激的なコク深い味噌スープがしっかりと絡む食べ応え抜群な一杯、“クッタ 猛烈激辛味”となっております。(税抜き193円)

クッタ 猛烈激辛味 パッケージ

そして、ご覧の通りパッケージには“クッタ”シリーズお馴染みの統一されたデザインが今回も同じくあしらわれ、容器側面には“しっかり麺”と記載されているように独自製法の“つやもち製法”によるラードを使った油で揚げた食べ応えのあるリフト写真なんかも掲載されており、弾力のあるもっちりとした食感だけでなく、ずしっと重みのあるボリューム感なんかもあり、食べ進めていくに連れてラードの旨味・香ばしさがスープに滲み出すことで満足度も増していく…そんなやみつき感のある麺が採用され、フレーバーによって麺線(麺の種類)を変えているというシリーズらしい仕様となっています!

また、今回リニューアルされた“クッタ 猛烈激辛味”は文字通り辛みの強い激辛なフレーバーですが、辛みの中にもしっかりとした旨味のある濃厚感がバランス良く、ポークを利かせた味噌スープと相性の良い唐辛子がたっぷりと使用された赤みを帯びた濃厚な仕上がりイメージを見る限り具材には…キャベツ・味付挽肉・いんげんが使用されているようです!(基本的な仕様はスープ・具材ともに同等のものとなっています。)

他にも特徴として…この“クッタ”シリーズはこれまでも様々なフレーバーが登場してきたんですが、上記の通り各テイストに合わせた麺を採用しており、今回の“猛烈激辛味”に関しては…東洋水産独自技術の“つやもち製法”によるもっちりとした厚みのある若干幅広な仕様となっていて、ほどよい弾力と噛み応えのあるコシを兼ね備え、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが加わったことでポークを利かせたコク深い激辛味噌スープとも相性良く馴染み、まさに最後まで飽きることなく後引く旨味・刺激的な味わいが楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

基本的に以前の“エクストラホット”と同等の旨味・辛さが表現されているものの…今回は“にんにく”の風味をアップさせたというだけあって、唐辛子の強い辛さだけでなく食欲そそる香味野菜の旨味が際立って感じられ、しっかりとした辛みとともにポークを利かせた濃厚かつコク深い味噌スープが絶妙にマッチし、麺から滲み出すラードと相性抜群な仕上がりで、まさしく辛さの中にも納得の旨味がボリューム感たっぷりと楽しめる後引く辛さがたまらない味わい深い一杯となっていました!
これは特に、ポークを利かせたコク深く濃厚な味噌スープを激辛テイストでたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はポークをベースにキレとコクのある味噌や“にんにく”の風味などをバランス良く合わせ、唐辛子による強い辛さがちょうど良いメリハリを付与、それによってまろやかでありながらも後味すっきりとした飽きの来ない激辛テイストに仕立て上げ、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた“つやもち製法”によるフライ麺と絶妙にマッチした食べ応えのある一杯、「クッタ 猛烈激辛味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

クッタ 猛烈激辛味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“クッタ”シリーズの新商品ということで、以前発売されていた“エクストラホット”の商品名を変更し、ポークの旨味を利かせた濃厚な味噌スープに刺激的な唐辛子の辛みを加え、リニューアルによって“にんにく”の風味をアップさせたことでやみつき感が際立ち、そこに独自技術の“つやもち製法”によるフライ麺から滲み出すラードの旨味・香ばしさがバランス良く馴染んだことで…まさに辛いもの好きにはたまらないコク深く濃厚な味わいが楽しめる一杯、“クッタ 猛烈激辛味”となっています。

ご覧の通り、パッケージには“辛いものが苦手な方や小さいお子様はご注意ください”といった激辛なカップ麺にお馴染みの注意書きなんかもしっかりと記載されており、今回の“猛烈激辛味”の元となる“エクストラホット”が登場した時は、まさか“クッタ”シリーズに激辛に際立った一杯が登場するとは思ってもいませんでしたから…新たに“にんにく”の風味をアップさせたという濃厚な味噌スープの仕上がりには期待できそうです!!

他にも容器側面には“しっかり麺”と記載されているように、今回の“つやもち製法”には…弾力のあるもっちりとした食感だけでなく、食べ応えのあるコシの強い食感を兼ね備えており、文字通りしっかりとした麺に仕上がり、それによってシリーズらしい“食べた感”を表現しているものと思われます!この辺りに関してはもはや安心感があります!

ちなみにこの“クッタ”シリーズは、よく2品ずつ新商品やリニューアル商品が登場しているんですが、今回はこの1品のみの登場となっていて、現在この“クッタ”シリーズのラインナップは今回の“猛烈激辛味”を含めて計6商品となっています!

このように以前ラインアップに含まれていた“MARUCHAN QTTA ガーリックチーズクリーム味”が外されているようです!

また、個人的に“クッタ”シリーズと言えば…大人気の“クッタ サワークリームオニオン味(2019年2月4日発売/2020年1月6日再発売/2021年9月13日リニューアル発売)”をはじめとする“超スナック系”なんかも好みで大変気になるところなんですが…一番新しいところ言うと、以前ご紹介した“クッタ わさび&ビーフ味(2019年1月28日発売)”以来登場していません。。さすがにそろそろかな?とちょっといつも期待しているんですが…なかなか登場しませんね!

それでは、今回の“クッタ 猛烈激辛味”がどれほどポークをベースに激辛なテイストに仕上がっているのか?リニューアルによって“にんにく”の風味をアップさせたことによるやみつき感、麺から染み出たラードの旨味・風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げた“つやもち製法”によるもっちりとした弾力やコシの強い麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り369kcal(めん・かやく304kcal / スープ65kcal)となっております。(塩分は4.1g)

カロリーは、ポークを利かせた濃厚な味噌スープという割にレギュラーサイズということもあって割と低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めの数値となっています。
ちなみに1食当たり85g、麺の量は66gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと65kcalとコク深い味噌スープにも関わらずそこまで高い数値というわけではなく、ポークをベースに後味すっきりとしたコクのある味噌をバランス良く合わせたスープに“つやもち製法”による麺から滲み出すラードの旨味・香ばしさが滲み出し、後引く辛さがクセになる最後まで飽きの来ない仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、香辛料や“みそ”をはじめ…

  • 乳糖
  • 豚脂
  • ポークエキス
  • 食塩
  • 香味油脂

といった、ポークをベースにキレとコクのある味噌をバランス良く合わせ、後味の良さを引き立てる“にんにく”の風味が食欲を掻き立て、濃厚なテイストながらもシャープな口当たりや唐辛子によるキリッとした後味がバランス良く合わさったことでメリハリのある味わいを想像させる材料が並びます。

他にも“油揚げめん”と記載された項目には、しっかりと“精製ラード”といった文字が確認できますね!これによって“クッタ”らしい香ばしさが加わり、“猛烈激辛味”ならではの旨味がより一層風味豊かに楽しめるものと思われます!

JANコード4901990371087
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、でん粉、食塩、植物性たん白、砂糖、しょうゆ、チキンエキス、卵白)、添付調味料(香辛料、みそ、乳糖、豚脂、ポークエキス、食塩、たん白加水分解物、発酵調味料、香味油脂)、かやく(キャベツ、味付挽肉、いんげん)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、増粘多糖類、かんすい、クチナシ色素、カラメル色素、パプリカ色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、ベニコウジ色素、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (85g) 当たり]
熱量369kcal
めん・かやく: 304kcal
スープ: 65kcal
たん白質9.0g
脂質14.0g
炭水化物51.8g
食塩相当量4.1g
めん・かやく: 1.9g
スープ: 2.2g
ビタミンB10.31mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム162mg

引用元:MARUCHAN QTTA 猛烈激辛味 | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りシリーズらしく粉末スープがたっぷりと使用されており、特に調味料などは別添されていません。

そして、かやくには…

  • キャベツ
  • 味付挽肉
  • いんげん

が入っています!

この辺りに関しては以前の“エクストラホット”と同等の具材が各種取り揃えられているようで…特に味付挽肉からは良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく、そんな強い辛さの中にもしっかりと旨味が感じられる仕上がりに期待できそうです!そしてこの時点ですでに唐辛子を含む味噌ならではのキレ・旨味…といった食欲そそる風味が確認できます!

そして、麺はご覧の通り粉末スープで確認できない状態となっているんですが…実際には東洋水産の独自技術“つやもち製法”による厚みのある幅広な仕様となっていて、“クッタ”シリーズならではのラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさがポークをベースにコク深い味噌や唐辛子をたっぷりと使用した激辛スープと相性良く馴染み、もっちりとした弾力やほどよいコシが楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、濃厚な味噌スープにはポークやラードの旨味がしっかりと利いているのでしょうか?食欲そそる香ばしい風味が漂い、今回は“猛烈激辛味”といった辛さに際立ったフレーバーではありますが、そもそもベースとなる味噌スープが非常に美味しく仕上がり、シリーズらしい麺から滲み出す風味やラードの旨味によって濃厚ながらも飽きの来ない刺激的な一杯…といった印象の出来上がりです。

また、粉末スープがスープ表面や容器端にダマとなって残っているところも“クッタ”ならではといったところで、まだ完全に溶けきっていない様子を見ると…なかなかなの濃厚なスープに仕上がっているものと思われます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして全体に粉末スープが馴染むと…まだこの時点では“とろみ”自体はそこまで付いていないようですが、ポークの旨味によって厚みのあるスープに仕上がっていて、何より“猛烈激辛味”という文字通り強い辛みが表現されたと思われる真っ赤なスープが広がっていますね!これは激辛好きには食欲そそられる仕上がり。。
※このシリーズは粉末スープが豊富に使用されていますので、容器底からしっかりと混ぜてください。

このように今回はポークを利かせたコク深い味噌スープに唐辛子などの香辛料をたっぷりと使用したことによって激辛系の仕上がりとなっているものの、単純に辛いだけでなくコク深い味噌や香味野菜を利かせたキレ・後味の良いテイストで、麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさが滲み出していくことによって食べ進めていくに連れて満足度も増していき、商品名に相応しい後引く辛さがクセになる風味豊かな仕上がりに間違いなさそうです!

また、具材に使用されている味付豚肉からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、食べ進めていくに連れて旨味も増していき、それと同時に深み・コクも増していくテイストがシリーズらしく表現されているようですね!…というか容器底にたっぷりと粉末スープが溜まっていたため、よーく混ぜながら食べ進めいていくと良いでしょう。

食べてみた感想

一口食べてみると…以前発売されていた“エクストラホット”と同じく痛みを伴うほど強烈な激辛というわけではありませんが、思ったよりしっかりとした辛さが心地良く、食べ進めていくに連れて汗を誘う香味野菜や強い辛さが際立っていき、ポークを利かせた濃厚な味噌スープとのバランスが非常に良く、今回新たに“にんにく”の風味をアップしたというだけあって食欲そそる香りがたまらない満足度の高い仕上がりとなっています!

そしてなんと言っても今回の一杯は味噌×香味野菜×唐辛子といった王道とも言える激辛味噌スープとなっていますから、辛いもの好きにはたまらないフレーバーであり、濃厚とも言える厚みのある味噌スープには相性抜群な香味野菜が加わっているため、辛さが多少強くても旨味も同じく強いせいか体感的にはそこまで辛く感じられないかもしれません!

とは言え…この“猛烈激辛味”は東洋水産史上最も辛いフレーバーで激辛の部類にカテゴライズしてもおかしくないほどの辛さが表現されていますから、香味野菜も後押しして後半にもなると汗は止まらなくなり、刺激的な香辛料が清々しくも感じられ、濃厚ながらも後味すっきりとした印象で、ついついスープが止まらなくなってしまいます。。

麺について

麺は、ご覧の通り“つやもち製法”による厚みもあり若干幅広な仕様(油揚げ麺)となっていて、もっちりとしていながらも歯切れの良いコシがあり、ずしっとした仕上がりによってしっかりとした食べ応えなんかもあります!そしてなんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味・香ばしさによる風味などが今回のフレーバーとも相性良く馴染んでいるようです!

そんな麺には、“猛烈激辛味”の名に相応しいしっかりとした激辛なテイストが表現された濃厚な味噌スープがよく絡み、一口ずつにポークの旨味や食欲そそる香味野菜の味わい、そして刺激的な唐辛子による強い辛みなどが口いっぱいに広がっていき、クッタらしいラードの香ばしい風味が後味良く抜けていきます!…というか今回のリニューアルによって“にんにく”の風味をアップさせたことによってやみつき感が際立って感じられますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付挽肉が入っていて、使用されているサイズ・数に関しては全く申し分なく、じっくりと味わってみると…しっかりと味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出てくる美味しい仕上がりとなっていたため、スープと馴染ませながら食べ進め、後ほど食べ応えのある麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの大きめにカットされたキャベツは、シャキシャキ感とまではいかないものの…ほどよい食感を残した仕上がり具合となっていて、今回の一杯にちょうど良いアクセントをプラスしているようです!

他にもこちらの“いんげん”が使用されており、じっくりと味わってみると…素材本来の旨味がしっかりと感じられ、今回の辛さに際立った濃厚な味噌スープを損なうこともなく、上記のキャベツとともに食感の良い具材として彩り良く添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークを利かせたコク深い味噌スープに唐辛子などの香辛料をたっぷりと使用したことによって東洋水産史上最も辛いテイストに仕上げ、辛さと旨味を兼ね備えた濃厚なスープが“クッタ”ならではの麺から滲み出すラードによる香ばしい風味と絶妙にマッチし、このキリッとした口当たりとコクのある旨味によって最後まで飽きることもなく、まさに王道とも言える濃厚な激辛味噌スープが表現された美味くて辛い安定感のある味わいとなっています!

そして、食べ進めていくに連れてラードの旨味や香ばしさが滲み出し、それによって濃厚感が引き立っているものの…後引く辛さやキレの良さが加わったことで“くどさ”を感じさせることもなく、“にんにく”の風味もアップしたことでスープが止まらなくなってしまいます。。というか非常にさり気ないんですが…“にんにく”の風味はけっこうアップしていますね!個人的に正直そこまで期待していなかったんですが、“猛烈激辛味”へとリニューアルしたことで辛さの中にもしっかりと旨味が楽しめる仕上がりでクセになるやつです!

また、スープは濃厚ながらも粒子の細かい唐辛子が粉っぽく感じるほどにたっぷりと使用されたことで思いのほか辛さは強く、食べ進めていくと同時に汗も止まらなくなるわけですが、上記の通り“にんにく”の風味がアップしたことで食欲そそる旨味・やみつき感が増し、喉越しの良いコク深いテイストでハマる方も多いかもしれません!(実際個人的にかなりハマる味わいでした。)

しかもベースとなるポークの旨味に関しては全く脂っこさといった感じを思わせることなく厚みのある旨味やコク深さを引き立て、喉越しの良い刺激的な味噌スープに仕上がっているため、レギュラー化しても良いくらいのポテンシャルを秘めています!…というか通年扱いするためにリニューアルされたのかもしれません!

このように、今回の“クッタ 猛烈激辛味”は、ポークの旨味をベースに唐辛子の辛さをバランス良く合わせたことでキリッとした味噌スープにキレとコクが加わり、たっぷりと使用された唐辛子による後引く辛さが香味野菜の風味とともに相性良くマッチしていたため、デフォルトでも十分美味しく、さらに食べ進めていくに連れてラードを使用した油で揚げた麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさがよく馴染み、まさにシリーズらしい安定感のある一杯となっていたため、お好みによっては相性抜群な“おろしにんにく”や“おろし生姜”などをちょい足しして香味野菜の旨味を際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「クッタ 猛烈激辛味」を食べてみて、以前発売されていた大変好評の“エクストラホット”の商品名を“猛烈激辛味”としてリニューアルした一杯には…ベースとなる味噌スープは同じものの、食欲そそる“にんにく”の風味がアップされ、まろやかなポークの旨味がしっかりと利いたことでコク深く濃厚な味わいに際立ち、そこに独自技術の“つやもち製法”によるラードを使用した油で揚げた麺から滲み出す旨味や香ばしさが相性良くマッチし、辛さも強烈なものではありませんでしたので、想像以上に満足度の高い一杯となっていました!

やはりこういった辛さと旨味を融合させたフレーバーは間違いないですね!まろやかでありながらも後引く辛さがクセになるメリハリが加わり、さらに食欲そそる“にんにく”の風味が食欲を引き立て、シリーズらしい麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさがスープに馴染むことで最後まで飽きの来ない味わいがたっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!