スーパーカップ

スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン!香味野菜や赤唐辛子を利かせたパンチのある一杯

スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン

スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン」を食べてみました。(2021年7月12日発売・エースコック)

この商品は、1988年発売のロングセラーブランドでお馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズの新商品ということで、今回は2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味をバランス良く合わせたことによって本家“豚キムチ”を彷彿とさせるガッツリ系のチゲスープに仕上げ、ボリューム感のある麺と絶妙にマッチした食べ応えのある一杯が登場です!

それも…今回は“スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン”からの派生品ということもあって“豚キムチ”の特徴をうまく取り入れ、上記の通り味噌やチキン、魚介の旨味を利かせたチゲスープといったガッツリ系のテイストにガーリックやジンジャーなど香味野菜や赤唐辛子のアクセントが力強さを際立たせ、本家“豚キムチ”とはひと味違った味わいがたっぷりと楽しめる一杯、“スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“鶏キムチ”といった今回の商品名を略した文字が大きく記載され、“豚キムチ”をモチーフとした派生商品ということが何となく伝わってきますね!(今回は他にも“豚ヤサイ塩味ラーメン”といったフレーバーが同時発売されています。)

そしてその背景には…2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味を加えたガツンとしたチゲスープがシリーズらしい弾力のある中太麺によく絡む仕上がりイメージがさり気なく掲載されており、これを見る限り具材には、味付鶏肉そぼろ・白菜キムチ・ねぎ・唐辛子が使用されているようです!

そして、今回の一杯は“バケツ型”容器の大盛り仕様でお馴染み“スーパーカップ1.5倍”ということで、ご覧の通りお馴染みのロゴが掲載され、いつもの食べ応え抜群な一杯が表現されていることがよーく伝わってきます!

このように今回は…ボリューム抜群・大盛りカップ麺のパイオニアとして広く認知されている人気シリーズの中でも特に好評の“豚キムチラーメン”とはひと味違ったパンチのあるテイストに仕上がり、2種類の味噌にチキンや魚介の旨味を加えたことでチゲスープならではの力強い味わいがたっぷりと堪能できる“豚キムチ”から派生した一杯となっています!

他にも特徴として…麺は中太・丸刃仕様となっていて、つるっと滑らかな食感に仕上がり、シリーズらしいもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味、さらにガーリックやジンジャー、赤唐辛子を加えたガッツリ系のチゲスープとともにガツンと食欲も満たされる…そんな食べ応え抜群な味わいが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

2種類の味噌やチキン・魚介の旨味がしっかりと利いたガッツリ系のチゲスープには、食欲そそる香味野菜や赤唐辛子を加えたことによってガツンとした“豚キムチ”らしい味わいを表現、さらに具材に使用された“味付鶏肉そぼろ”や白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、ピリッとした赤唐辛子とともに後味すっきりとした飽きの来ないガッツリ系のテイストが際立ち、脂っこさや“くどさ”といった感じは一切ないものの…キリッとしたシャープな飲み口が心地良く、濃厚こってりとした“豚キムチ”とはひと味違ったメリハリの利いたパンチのある美味しさがたっぷりと楽しめる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、お馴染み“豚キムチ”が好みの方はもちろん、2種類の味噌やチキン・魚介の旨味を加えたことでキリッとしたチゲスープにガツンとした口当たりを表現した食べ応え抜群な味わいをボリュームたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズの中でも特に好評の“豚キムチ”から派生した2商品のうちのひとつ、2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味を加えたガッツリ系のチゲスープにシリーズらしいボリューム感のある中太・丸刃仕様のフライ麺が絶妙にマッチした食べ応えのある一杯、「スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、食べ応え抜群な大盛り仕様・がっつり系の味わいでお馴染み“スーパーカップ1.5倍”シリーズの新商品ということで、2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味を利かせたチゲスープに相性抜群なガーリックやジンジャーなどの香味野菜、そしてピリッとしたアクセントとなる赤唐辛子を加えることによって“豚キムチ”を彷彿とさせるガツンとした味わいを表現、そこにシリーズらしい中太・丸刃仕様の麺がしっかりと絡むことによってガッツリと食欲を満たしてくれるボリューム感抜群な一杯、“スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン”となっています。

そして今回のフレーバーは“豚キムチ”から派生した2商品が登場!ということで、“豚ヤサイ”と“鶏キムチ”が同時発売されており、ガツンとした食べ応えなど…人気の“豚キムチ”を彷彿とさせるインパクトのある味わいに期待したいところ!(“豚キムチ”から派生させるとは考えましたね!)

スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン パッケージ

上記の通り今回は“スーパーカップ1.5倍 豚キムチラーメン”からの派生品ということで、ポークをベースにジンジャーやガーリックなどの香味野菜を加えたガッツリ系の塩スープをイメージさせる一杯、“豚ヤサイ塩味ラーメン”も同時発売されています!

また、“スーパーカップ1.5倍”シリーズとしては最近でいうと…以下のような商品展開となっていて、割とテーマに沿ったフレーバーが2種同時発売されたりと…話題性のあるフレーバーが多い傾向にあります!

他にも、このシリーズに関してはコンビニ限定の“超スーパーカップ1.5倍”やボリューム感がさらにアップした“スーパーカップMAX”、そして汁なしタイプの“スーパーカップ大盛り”など数多くのシリーズ・フレーバーが定期的に発売されており、個人的にもついつい気になっては実食・レビューをまとめているので、ぜひ下記ページも参考にしてみてください!

参考:「スーパーカップ」シリーズ一覧

それでは、今回の“スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン”がどれほどチキンや魚介の旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?ガーリックやジンジャーなどの香味野菜や赤唐辛子によるアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても中太・丸刃仕様による滑らかな食感の麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り489kcal(めん・かやく411kcal / スープ78kcal)となっております。(塩分は7.4g)

カロリーは、ガッツリ系のテイスト・この“バケツ型”のボリューム感抜群な仕様ながらも思ったより低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高い数値となっています。
ちなみに1食当たり126g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと78kcalとこちらもそこまで高い数値ではないことからも、チキンや魚介の旨味を利かせたガツンとしたテイストとは言え、チゲスープらしい体温まる後味すっきりとした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”や植物油脂をはじめ…

  • しょうゆ
  • 鶏油
  • チキンエキス
  • 食塩
  • 豚脂
  • 香辛料
  • 魚介エキス
  • ポークエキス
  • 香味油

といった、2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味を合わせ、さらに香味野菜や赤唐辛子を加えたことでガツンとした“豚キムチ”を彷彿とさせるパンチの強い口当たりを表現、そこに具材として使用されている“味付鶏肉そぼろ”や白菜キムチからも良い旨味が滲み出し、シリーズらしい大盛り仕様にも関わらず最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235543
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(みそ、植物油脂、発酵調味料、しょうゆ、鶏油、砂糖、チキンエキス、食塩、豚脂、香辛料、魚介エキス、酵母エキス、ポークエキス、香味油、全卵粉)、かやく(味付鶏肉そぼろ、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、酒精、炭酸Ca、カラメル色素、酸味料、かんすい、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (126g) 当たり]
熱量489kcal
たん白質11.0g
脂質19.3g
炭水化物67.9g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
7.4g
(2.2g/5.2g)
ビタミンB10.41mg
ビタミンB20.54mg
カルシウム344mg

引用元:スーパーカップ1.5倍  鶏キムチチゲ味ラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り各種具材などがすでに入っていて、中には“液体スープ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、2種類の味噌をはじめ…チキンや魚介の旨味が凝縮されたことで若干ドロッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう。

また、かやくには…

  • 味付鶏肉そぼろ
  • 白菜キムチ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

特に食欲そそる白菜キムチは割と多めに使用されているようで、“鶏キムチ”というだけあってパンチの強い味わいに期待したいところですが、個人的にはチキンという点が少し不安要素ではありますね。。

さらに、麺はご覧の通りエースコックらしい中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備え、麺量90gによるしっかりとした食べ応えなんかも楽しめるシリーズらしいボリューム感抜群な一杯のようです!この辺りに関してはいつも通りの容器とは言え…底まで幅広な“バケツ型”だとかなりのボリューム感に見えます!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:500ml)
そして出来上がりがこちら!

すると…ほどよくお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に中太麺には丸刃仕様ならではのほどよい弾力や歯切れの良い強いコシが加わり、まだ液体スープを加える前ではありますが…2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味を利かせたパンチのあるチゲスープと相性良くマッチし、がっつりと食欲を満たしてくれる濃いめの旨味・風味が楽しめる食べ応え抜群な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを加えていきます!
すると…2種類の味噌をベースにしているというだけあって、非常にドロッとしたスープがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り、液体スープの量はかなり多く、味噌ベースということもあってドロッとしていますが…チキンや魚介の旨味、そして香味野菜や赤唐辛子を合わせたことで“豚キムチ”のようなガッツリとしたチゲスープをイメージさせます!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“豚キムチ”を彷彿とさせるキムチの旨味が広がるチゲスープらしく赤みを帯びた仕上がりとなり、今回は鶏の旨味をメインに使用しているせいか…非常にサラッとした状態ではありますが、豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、そこに香味野菜や赤唐辛子など後引く旨味・辛さがクセになるメリハリのある“ガツン”とした一杯となっています!!

他にも具材に使用された“味付鶏肉そぼろ”や白菜キムチからもほどよい旨味が滲み出しているようにも感じられ、それによって食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんなボリューム感抜群なシリーズらしい一杯に仕上がり、“豚キムチ”を彷彿とさせるガツンとした口当たりを表現したチゲスープがたっぷりと楽しめることに間違いありません!

食べてみた感想

一口食べてみると…定番の“豚キムチ”を派生させたフレーバーというだけあって香味野菜や赤唐辛子を利かせたガツンとしたテイストに仕上がってはいるものの…豚ではなく鶏を使用しているせいか、見た目とは裏腹にあっさりとした印象が強く、2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味をうまく合わせたパンチの強いチゲスープながらも後味すっきりとした軽やかな味わいとなっています!

…やはり“豚キムチ”には当然ですが豚ですね!ひと味違ったテイストにするために鶏を使用したんでしょうけど、個人的にはこってり感がイマイチ物足りなさを感じてしまい…これはこれで後味すっきりとしたライトな“豚キムチ”といった感じで、この後味の良さによって最後まで飽きの来ないメリハリのある仕上がりとなっていることに間違いありません!

そして特に2種類の味噌をベースにしたやみつき感のあるチゲスープに仕上げたことでこってり系というよりもパンチの強い美味しさが印象的で、なんと言ってもこのキリッとしたシャープな飲み口が心地良く、香味野菜や赤唐辛子がしっかりと利いたことで“豚キムチ”のようなガッツリ系が好みの方にはかなりハマるテイストと言えるでしょう!(もう少し脂っこさ・ギトギト感が欲しいところではありますが…)

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシがあり、しっかりとした食べ応えなんかもあるんですが、このシリーズに関してはほぼ毎回同じ仕様となっているため、個人的にはもう少し工夫が欲しかったところではあります。。

そんな中太麺には…2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味を利かせ、さらにガーリックやジンジャーなどの香味野菜や赤唐辛子を合わせたパンチのあるチゲスープがよく絡み、一口ずつにチゲスープならではの魚介の旨味や食欲そそる香味野菜などの旨味が口いっぱいに広がっていき、キムチならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!…これは“豚キムチ”を彷彿とさせるフレーバーというだけあってガツンとした味わいとそれに伴う旨味が表現されているものの、豚ではなく鶏を使用したことで割とあっさりとしたテイストが印象的といったところ。。

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの白菜キムチが入っていて、使用されている数・サイズともに申し分なく、じっくりと味わってみると…キムチ特有の旨味やほんのりとした酸味なんかも感じられ、シャキシャキとした食感が心地良かったため、たべはじめはスープにしっかりと馴染ませながら食べ進めていくことによって今回のチゲスープをイメージしたガッツリ系のスープの美味しさも引き立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの“味付鶏肉そぼろ”は、かなり小ぶりで、じっくりと味わってみると…そこまで味付けや鶏肉ならではの旨味は弱かったので、こちらもまた上記の白菜キムチと同じくスープとしっかりと馴染ませておき、後ほど中太麺と一緒に絡めていただくと、肉の旨味・弾力なんかも引き立つのではないでしょうか?

他にも、こちらの“ねぎ”が入っていて、若干小さめにカットされていたせいか…シャキシャキとまではいきませんが、ちょうど良い薬味となったことで今回のチゲスープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性の良い具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り“豚キムチ”から派生させたフレーバーというだけあって、2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味を利かせた後味の良いチゲスープに仕上げ、さらにガーリックやジンジャーなどの香味野菜や赤唐辛子を合わせたことでガツンとした味わいに仕上がり、塩気も強く旨味も伴っているんですが、どうしても豚ではないことが理由で“豚キムチ”らしいこってり感がなく、ガツンとした口当たりながらも脂っこさや“くどさ”といった感じは控え目で、最後まで飽きの来ない軽やかな一杯となっています!

それによってキムチの旨味が滲み出したやみつき感のあるチゲスープではあるんですが、見た目以上にキリッとしたシャープな口当たりが印象的で、シンプルながらも複雑かつ繊細な旨味にはメリハリがあり、まさに素材の旨味を存分に活かした一杯は、幅広い層に好まれる一杯と言えます!

ちなみに今回の“スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン”には、“豚キムチ”を彷彿とさせるガツンとしたキムチの旨味が凝縮されていて、最後まで飽きの来ないキレの良さなんかも非常にバランス良く、ついついスープが止まらなくなるような軽やかなテイストでしたので、チゲスープと相性抜群な“おろしにんにく”や豆板醤などをちょい足しして濃厚感・ガッツリとした口当たりを際立たせてみると強烈に旨味が増して楽しめるかと思われます!

このように、今回の“スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン”は、2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味をバランス良く合わせたことでガツンとしたシリーズらしいチゲスープを表現、さらに香味野菜や赤唐辛子を加えたことで後引く辛みがクセになる最後まで飽きの来ないメリハリが印象的で、豚ではなく鶏をモチーフにしたことで非常に軽やかなテイストが若干気になるところではありましたが…シリーズらしい麺量90gもの満足度の高い一杯となっていたため、お好みによってはチゲスープと相性の良い唐辛子や豆板醤などの香辛料をちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「スーパーカップ1.5倍 鶏キムチチゲ味ラーメン」を食べてみて、2種類の味噌をベースにチキンや魚介の旨味を合わせた体温まるチゲスープには、相性抜群な香味野菜や赤唐辛子によるアクセントがちょうど良い後引く辛さをプラス、それによって本家“豚キムチ”を彷彿とさせるガツンとした口当たりを表現するも…“豚キムチ”ではなく“鶏キムチ”ということもあって割とあっさりとしたスープに仕上がり、そこにボリューム感のある丸刃・中太仕様のフライ麺が食欲を満たしてくれる満足度の高い一杯となっていました!

また、香味野菜や赤唐辛子を利かせたことでガツンとしたテイストに仕上がっていたものの、豚ではなく鶏の旨味をメインにしたことで…思ったよりさっぱりとしたチゲスープに仕上がっていたため、最後まで飲み飽きることもなく、シリーズらしくしっかりと食欲を満たしてくれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!