日清食品

“たらこ”が濃くて美味い大盛り仕様の一杯「日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター」をレビュー

日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター」を食べてみました。(2024年2月12日発売・日清食品

この商品は、“たらこ”が持つ美味しさを存分に活かした好評のフレーバーということで、“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたコク深いソースに仕立て上げ、味付けの異なる2種類の“たらこ”と刻み海苔がクセになる味わいをプラス、そこにコシの強い中太ストレート麺が絶妙にマッチした旨味溢れる大盛り仕様の一杯、“日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター”となっております!(値段:税別285円)

ご覧のように、パッケージには“焦がし醤油&バター風味”、“濃い濃いたらこ焼そば”といった今回の商品名や特徴などが大きく掲載されており、“たらこ”の旨味だけでも十分満足度の高い味わいをイメージさせるわけですが、今回はさらに焦がし醤油とバター風味が加わったことで食欲を一気に掻き立て、まさしく“たらこ”の旨味を存分に活かした“焼そば”に仕上がっているようです!

ちなみに、新発売とは言っても…元となる商品はレギュラーサイズの“日清焼そばU.F.O. たらこ焼そば”と大盛りサイズの“日清焼そばU.F.O. たらこ焼そばビッグ”が2015年6月15日に同時発売され、その後レギュラーサイズは“日清焼そばU.F.O. 濃い濃いたらこ”として2018年7月30日、2020年3月16日、2021年1月18日、2022年2月28日、2023年1月9日、2024年1月22日に再発売され、一方で大盛りサイズは2022年12月5日に“日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこ”として再登場し、今回改めて“日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター”に変更して久しぶりの発売となっています!

また、こちらには“たらこ”の旨味を存分に活かし、焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたコク深いソースが歯切れの良い中太ストレート麺にしっかりと絡み、“ふりかけ”に含まれる“たらこ”などが盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材にはシンプルにキャベツのみが使用されているようです!
※“ふりかけ”には“たらこ”・海苔・香辛料が含まれています。

一方でこちらには、“特製バターオイル風味がめっっっちゃハマる!”と記載されているように、このフレーバーに別添されているソースは液体ソースのみとなっているんですが、“たらこ”と相性抜群なバター風味がバランス良く馴染んでいるようで、焦がし醤油の風味とともに食欲を掻き立て、大盛り仕様にも関わらず最後まで飽きの来ない味わいがボリューム感たっぷりと楽しめることに間違いなさそうです!…というかこれまでの発売経緯を見ても、かなり人気のフレーバーであることが伝わってきますね!

他にも特徴として…麺はシリーズらしい歯切れの良い丸刃の中太フライ麺が採用されており、それによって“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたコク深いソースに仕立て上げ、別添されている“ふりかけ”を加えたことで“たらこ”の旨味や磯の風味が際立つ味わいが大盛りサイズらしくボリューム感たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“たらこ”の旨味をしっかりと利かせた塩気の強いソースには…焦がし醤油とバターオイルの風味が食欲を掻き立て、ソースの構成は非常にシンプルなんですが、物足りなさといった感じは一切なく、むしろ旨味の強い味わいが好印象で、別添されている“ふりかけ”に含まれる味付けの異なる2種類の“たらこ”と刻み海苔が雰囲気ある美味しさを引き立て、当然変な脂っこさもなくクセになる味わいがじっくりと楽しめるシリーズらしい濃いめの一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では、今回は2024年2月12日に日清食品株式会社から発売された「日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“日清焼そばU.F.O.”の新商品ということで、“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたコク深いソースに仕上げ、芳醇とも言える香りが口いっぱいに広がっていき、味付けの異なる2種類の“たらこ”や刻み海苔が臨場感をプラス、そこに歯切れの良い中太ストレート麺が食欲をガツンと満たす旨味溢れる一杯、“日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター”となっています。
※売っている場所:今回はローソンで購入

ちなみにこの“日清焼そばU.F.O.”は1976年から発売されており、“カップ焼そば+油そば”カテゴリーでNo.1の売上を誇るロングセラーブランドです!
※インテージSRI+カップインスタント麺市場 焼そば+油そばカテゴリー 2022年1月〜12月、「日清焼そばU.F.O.」ブランド累計販売金額(全国、全業態)

日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター パッケージ

また、この“日清焼そばU.F.O.”の四角型・大盛りシリーズで言うと…最近では以下のような商品が発売されており、改めて見てみると…そこまで頻繁に登場していませんが、今回の“日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター”は2023年6月以来の新フレーバーということになります。

中でも2020年3月2日に発売された“濃い濃いだしソース焼そば”に関しては大変好評だったようで、レギュラーサイズとして2021年3月1日にリニューアル発売されています(現在は終売)!そしてこのシリーズのソースは仕上がりが濃厚で素晴らしく、本格感のあるテイストながらも最後まで飽きさせないメリハリがあり、特に麺の仕様もフレーバーによって変更し、今回はレギュラーサイズでよく見かけるすすり心地抜群な“中太ストレート麺”が採用され…そもそも“たらこ”自体、幅広い層に好まれるテイストなので最後までじっくりと楽しめそうです!

それでは、今回の“日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター”がどれほど“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたコク深い味わいに仕上がっているのか?“ふりかけ”に使用された味付けの異なる2種類の“たらこ”や刻み海苔との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよい弾力とコシを兼ね備えたシリーズらしい中太ストレート麺(フライ麺)との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り639kcalとなっております。(塩分は5.8g)

カロリーは、大盛り仕様・汁なしカップ麺で、“たらこ”の旨味をベースにしたコク深く濃厚なソースということもあってかなり高い数値のようで、塩分も同じくこのボリュームを考慮するとやや高めな数値となっています!
ちなみに1食当たり136g、麺の量は120gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂や“しょうゆ”をはじめ…

  • 香味油
  • にぼし調味油
  • バターオイル

といった、非常にシンプルなソースとなっているんですが、“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたことで、物足りなさを感じさせないコク深いテイストに仕立て上げ、味も濃い目で“つまみ”にもぴったりな味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:日清食品株式会社 関西工場(滋賀県)

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”、香辛料といった材料が使用されているようで、他のフレーバーと同じくほどよく味付けが施されていることが確認できます!

JANコード4902105280638
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、香辛料)、ソース(植物油脂、しょうゆ、香味油、にぼし調味油、バターオイル)、ふりかけ(たらこ、のり、粉末しょうゆ、植物油脂、食塩、香辛料)、かやく(キャベツ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、かんすい、乳化剤、ベニコウジ色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ビタミンB2、炭酸Mg、ビタミンB1、(一部にえび・小麦・乳成分・さけ・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (136g) 当たり]
熱量639kcal
たん白質11.2g
脂質27.8g
炭水化物86.0g
食塩相当量5.8g
ビタミンB10.52mg
ビタミンB20.68mg
カルシウム183mg

引用元:日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“たらこふりかけ”、液体ソースといった2つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、特に液体ソースは“たらこ”の旨味を活かした風味豊かなコクのある仕様ということで、イメージ通りサラッとした状態ではありましたが、若干量も多いので調理中はフタの上で軽く温めておくと良いでしょう!

さらに麺は、ご覧の通り丸刃の中太ストレート仕様で、湯戻りする以前からすでに歯切れの良い食感をイメージさせ、そこに“たらこ”の旨味に焦がし醤油とバターオイルの風味を合わせ、“ふりかけ”に含まれる味付けの異なる2種類の“たらこ”や刻み海苔を加えたことによって最後まで飽きの来ないクセになる濃厚な味わいがボリューム感たっぷりと楽しめそうです!

また、麺の裏には…具材のひとつとして使用されているキャベツがすでに入っています!このように今回のフレーバーはこのボリュームからするとかなり少なめではありますが…“濃い濃いたらこバター”として“たらこ”の旨味に焦がし醤油やバターオイルの風味を合わせ、シンプルながらも“たらこ”本来の美味しさがバランス良く溶け込んだコク深いソースが十分過ぎるほどのインパクトがありますので、恐らく物足りなさといった感じは特にありません!

調理してみた

では、続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:700ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの中太ストレート麺やキャベツがふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力や強いコシが加わり、まだ別添されている液体ソースと“たらこふりかけ”を加える前の状態ではありますが、“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油やバターオイルの風味を利かせたコク深いソースがしっかりと絡むことでクセになる味わいがボリューム感たっぷりと楽しめる臨場感の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とガーリックオイルを利かせたコクのあるソースが割とサラッとした状態で出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!そしてもちろんペースト状の仕様ではないので麺との絡みも非常に良さそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして液体ソースが全体に馴染んだら最後に“たらこふりかけ”を加えて完成となります!すると…ソースの色味はだいぶ落ち着いたものの、決して薄味というわけではなく、焦がし醤油やバターオイルの風味が“たらこ”本来の美味しさを引き立て、そこに歯切れの良い丸刃の中太ストレート麺がしっかりと絡み、“たらこふりかけ”を少しずつ馴染ませながらいただくと、満足度の高い味わいがボリューム感たっぷりと楽しめそうです!

また、味付けの異なる2種類の“たらこ”は、量もやや多めとなっているため、軽く馴染ませて部分的に味の違いを楽しんでみても良いでしょう!そもそもデフォルトのソースにも“たらこ”の旨味が利いていますし、食欲そそる焦がし醤油とバターオイルの風味が広がっていきますから、まさに“たらこ”好きにはたまらない仕上がりとなっており、香味油やバターオイルを使用したことで麺にはオイリーなツヤがコーティングされ、調理感のある風味が食欲そそります!

食べてみた感想

一口食べてみると…焦がし醤油とバターオイルの風味は強烈というよりも品良く馴染むことで“たらこ”の美味しさを引き立て、決して飽きるような“くどさ”はなく、食欲そそる“たらこ”の旨味やちょうど良い塩気がバランス良くマッチし、ついつい箸が止まらなくなるような後味すっきり・旨味溢れる味わいが表現されているようです!これは申し分のない美味しさで幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

そして、“濃い濃いたらこ”というだけあって“たらこ”の旨味・味わいが非常に濃いめに出ていて、“たらこふりかけ”を馴染ませながら味わってみるとソースと“たらこ”それぞれの旨味が際立って楽しめるため、完全に混ぜ合わせることなく味わった方が良さそうです!そしてなんと言ってもキリッとした塩気もちょうど良い後味を際立たせているので、ちょっとした“つまみ”にもぴったりです!しかも麺が最後までパサ付くこともなくコクのある味わいが楽しめる点が良いですね!

そのため、この“日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター”はこれまでも定期的にレギュラーサイズが登場しているだけあって好評の一杯に間違いなく、個人的には通年扱いしても良いような気もします!ただ、味・風味ともに申し分なく、オイリーなコクと焦がし風味・バターオイルによる風味が絶妙にマッチしているので、後はお好みによって相性抜群な唐辛子でアクセントを加えると良いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通り“日清焼そばU.F.O.”シリーズらしく丸刃の“中太ストレート麺”が採用されており、ほどよい弾力と歯切れの良いコシを兼ね備えた仕上がりとなっていて、他社の“カップ焼そば”と比較して特徴的な食感が印象的といったところ!

そんな麺には…“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたコク深いソースがよく絡み、やや塩気の強い“たらこ”ならではの旨味や醤油のコクなどが口いっぱいに広がっていき、芳醇とも言える風味やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!

そして、この“たらこふりかけ”を付けて味わってみると…一気に“たらこ”感が際立ち、旨味が増して感じられるため、ソースの美味しさと“ふりかけ”の旨味を活かすためにも軽く馴染ませながらいただくとちょうど良いかと思われます!

トッピングについて

トッピングには、シンプルにキャベツのみとなっているんですが、こちらはコクのある“たらこ”味のソースと味付けの異なる2種類の“たらこふりかけ”によって物足りなさといった感じは一切なく、シャキシャキ感こそありませんが、今回の一杯にちょっとしたアクセントをプラスしているようです!

また、“ふりかけ”には…味付けの異なる2種類の“たらこ”と刻み海苔が使用されていて、まず味付けの異なる“たらこ”に関してはさすがに体感できませんが、“たらこ”本来の美味しさや塩気がしっかりと感じられ、“たらこ”の旨味をベースにしたコク深いソースとの相性も抜群で、刻み海苔らしい磯の風味がまた今回のフレーバーを臨場感高く引き立てているように感じられます!

ソースについて

ソースは、“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたコク深い味わいに仕上がり、単純にしょっぱいだけでなくしっかりと素材の旨味も活かしたことで上品にも感じられるテイストとなっていて、そこに“たらこふりかけ”が加わったことでちょうど良いメリハリが引き立ち、シンプルながらも食欲そそる風味が香り立つ満足度の高い味わいと言えるでしょう!

しかも香味油やバターオイルを使用したことで、多めに使用された“たらこふりかけ”を加えても決して麺がパサつくこともなく、調理感のある味わいがじっくりと楽しめるフレーバーで、旨味・風味も伴っているため、全体のクオリティが非常に高くボリューム感に関しても申し分ありません!

そのため、“たらこ”味の“焼そば”なんですが、ご飯が欲しくなるような味の濃さで、ちょっとした“つまみ”にもぴったりな味わいが大盛りらしくたっぷりと楽しめる一品であり、個人的にはレギュラーサイズで十分なんですが、この一杯だけでもガツンと食欲を満たしてくれるはずです!(唐辛子で味を調整してみると明太子風になって良いかもしれませんね。)

まとめ

今回「日清焼そばU.F.O.大盛 濃い濃いたらこバター」を食べてみて、“たらこ”の旨味をベースに焦がし醤油とバターオイルの風味を利かせたシンプルながらもコクのあるソースに仕上げ、味付けの異なる2種類の“たらこ”と刻み海苔を含む“たらこふりかけ”によってクセになる旨味や風味が際立ち、そこにシリーズらしい丸刃の中太ストレート麺が絶妙にマッチしたボリューム感抜群な一杯となっていました!

やはり“たらこ”の旨味を全面に押し出したフレーバーは間違いありませんね!今回は“たらこ”の旨味に食欲そそる風味を利かせたソースに“ふりかけ”を加えたことで臨場感溢れる味わいをカップ麺に再現、濃厚とは言え決して飽きるようなこってり感ではなく、旨味の強い味わいがじっくりと楽しめる風味豊かな仕上がりでしたので、思ったより幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です