山岡家

山岡家「旨辛スタミナキムチらーめん」食べてみました!スタミナ感溢れる濃厚な一杯

山岡家「旨辛スタミナキムチらーめん」

「らーめん山岡家」で2020年7月20日から提供開始された期間限定メニュー“旨辛スタミナキムチらーめん”を食べてみました!

このラーメンは、お馴染み“山岡家”で定期的に登場する期間限定メニューのひとつで、味噌ベースの特製旨辛スープに食欲そそる“揚げにんにく”やキムチ、さらにニラや“ねぎ”など…スタミナ感溢れる具材をたっぷりと使用した山岡家らしいボリューム感抜群の一杯、“旨辛スタミナキムチらーめん(税込み890円)”となっております!(2020年7月20日から提供開始)

その特徴としては…上記のように“山岡家”らしい豚骨の旨味を利かせた濃厚な味噌スープにキムチならではのピリッとした辛みを加え、“ごま油”香る韓国海苔の風味なんかもさりげなくプラスしたことで深みのある濃厚な味わいを表現、そして暑い夏にもぴったりな香味野菜などの旨味をバランス良く合わせたことによってまさに後引く辛さ・旨味がクセになる…パンチの強い一杯であり、以前ご紹介した“豚バラ生姜醤油らーめん”や“豚バラもやしらーめん”などを彷彿とさせるスタミナ系の一杯です!

ちなみにこの“旨辛スタミナキムチらーめん”は、2019年5月20日~7月18日にも登場しており、今回は美味しさを増しての再登場となっています!そして山岡家でお馴染み期間限定で提供されているメニューのひとつでもあり、以前ご紹介した“海老薫る濃厚あさり醤油ラーメン”と入れ替わる形で2020年7月20日から発売開始されています!
※現在“ガーリックバターまぜそば”がテイクアウト可能なメニューとして期間限定で提供されています。

また、この“山岡家”の期間限定で提供されているメニューはおよそ2ヵ月間で新たなメニューが登場していて…今回は“旨辛スタミナキムチつけ麺(税込930円)”といった2商品としての登場のようですね!

このように期間限定メニューが醍醐味のひとつでもある山岡家では、“特製まぜそば”のように提供開始から1週間足らずで販売終了となる異例とも言える超人気メニューもごく希にあり、そんな人気の期間限定メニューが新たに登場ということで、今回もまたひと味違ったガツンとしたスタミナ系の旨味が楽しめる一杯と言えるでしょう!

その他にも特徴として…麺は山岡家らしいコシの強い特製麺が採用され、昨年よりもさらに美味しくなった旨味溢れる濃厚な旨辛味噌スープとともに力強く楽しむことができ、コク深さやスタミナ感、そしてキレの良い口当たりが絶妙にマッチした満足感の高い味わいが表現されたことで、最後まで飽きることなく食欲もがっつりと満たされるというわけです!

ゆうき
ゆうき
では、今回は豚骨臭さがたまらない…全国の人気チェーン店“山岡家”の期間限定メニューとして新たに登場し、味噌ベースの旨辛スープにスタミナ感溢れる具材をたっぷりと詰め込んだ食べ応え抜群な一杯、「旨辛スタミナキムチらーめん」について実際に食べてみた感想などを詳しくレビューしてみたいと思います!

旨辛スタミナキムチらーめん

今回ご紹介するラーメンは、豚骨臭さがクセになる…お馴染み全国に店舗展開する人気ラーメンチェーン店“山岡家”で期間限定で提供されているメニューのひとつで、2020年7月20日から提供開始された味噌ベースの旨辛スープにキムチやニラ、さらに“ごま油”香る韓国海苔やお馴染み豚バラチャーシューなどが添えられた旨味溢れるスタミナ系スープが特製麺に絡み、ピリッとした辛みがスタミナ感を後押しする満足度の高い一杯、“旨辛スタミナキムチらーめん”となっています。

そしてその特徴としては…冒頭の通り以前提供されていた“豚バラ生姜醤油ラーメン”にも似通った香味野菜の旨味を活かしたスタミナ系・味噌ベースの一杯となっていて、そこにキムチならではの辛みや、食欲そそる“揚げにんにく”などがより一層旨味を際立たせ、山岡家としては王道とも言えるインパクのあるガツンとした食べ応え抜群な一杯です!

そんな“山岡家”は、個人的にも昔から好きなラーメン店のひとつで、“味噌ラーメン”をはじめとするレギュラーメニューはもちろん、以前ご紹介した“ガーリックバターまぜそば”や“海老薫る濃厚あさり醤油ラーメン”といった期間限定(だいたい2ヶ月を目処に)でしか楽しめない一杯もあり、次々と登場する限定メニューはどうしても気になってしまい…最近は毎回のように新しいメニューが登場する度に足を運ぶようになってしまっている状態です。。

他にも現在“山岡家”では…超激辛に際立った“地獄のウルトラ激辛ラーメン”なんかも当初期間限定で販売終了となりましたが…なんとあまりの人気で2019年10月1日から“ウルトラ激辛ラーメン”としてレギュラー化されていて今もなお健在です!!あの激辛なテイストがいつでも楽しめるというわけですね!
※当時辛さが異なる2種類が提供されていて、レギュラーメニューには辛さに際立った方が採用されています!

それでは、今回はこの“旨辛スタミナキムチらーめん”がどれほど豚骨の旨味を利かせた味噌ベースの旨辛スープに仕上がっているのか?たっぷりと使用したキムチなどのスタミナ感溢れる各種具材との兼ね合いはもちろん、なんと言っても山岡家ならではの噛み応え抜群な特製麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

店舗に到着

ということで今回は前回と同じく“山岡家 新発寒店”へ訪問してみました!

今回は昼時を少しずらして早めの11:30頃に到着したため、平日ということもあってだいぶ席も空いている状態で、食券を購入してすぐに空いていたテーブル席に案内してくれました!(しかし平日にもかかわらず次から次へと客足が絶えませんね。。さすがみんな大好き“山岡家”!)

そして今回のお目当てはこちら!“旨辛スタミナキムチらーめん(税込み890円)”です!濃いめのテイストが人気の山岡家として申し分のない仕上がりは、商品名からしてすでにこちらの期待値通り濃厚なテイストであることに間違いありませんから、今回もまた試しておかないわけにはいきません!

これによると…“味噌ベースの特製旨辛スープがさらに美味しくなりました!!揚げにんにく、キムチ、ニラ、ネギでスタミナバッチリ!!コシのある特製麺に、ごま油薫る韓国海苔の風味が食欲をかき立てます!!”とのことで、キムチの旨味を活かし、香味野菜の旨味などを合わせたガツンとした山岡家らしい濃厚な味噌スープに仕上がっているわけですね!これは文字通りスタミナ感抜群な一杯に期待できそうです!

ということで店舗に入るとまずこちら!以前ご紹介したテイクアウトとしても利用できる“ガーリックバターまぜそば”がまだ大々的に売り出していますね!こんな時期ですから…まだまだ持ち帰りとして利用している方も多いのかもしれません!(自宅でこれを“つまみ”として楽しむ贅沢な醍醐味はたまりませんが…笑)

一方こちらにも今回の目的である“旨辛スタミナキムチらーめん・つけ麺”のポスターが張り出されていて、山岡家が誇る濃厚な味噌スープをベースに旨辛に仕上がった味わいですから…個人的には“つけ麺”も大変気になるところではありますが、ここはやはり王道とも言える汁ありタイプの方をいただいてみたいと思います!!

メニューについて

ちなみに今回訪問した“新発寒店”には店舗入ってすぐ正面に券売機が2台設置されているので、そちらでまずは食券を購入しましょう!

そしてそのメニューはこちら!
このように“山岡家”のメニューは、推しのメニューをメインに各カテゴリごとに別れていて非常にわかりやすくまとめられています!

今回訪問した際のおすすめメニューとしては…

  • 旨辛スタミナキムチらーめん・つけ麺
  • ガーリックバターまぜそば
  • プレミアム塩とんこつ
  • ウルトラ激辛ラーメン

といった状態で、相変わらず“プレミアム塩とんこつ”や“ウルトラ激辛ラーメン”なんかもレギュラー入りを果たした人気メニューとして好評のようですね!

また、“テイクアウト始めました”と記載されているように、“テイクアウトメニューはこちらから!!”をタップすると…ご覧の通り“ガーリックバターまぜそば”に関してはお持ち帰りも可能、他にも醤油乾麺(300円)や特製味噌乾麺(300円)、冷凍餃子1パック(360円)や冷凍餃子5パック(1,700円)などもテイクアウトできます。(“ガーリックバターまぜそば”以外の取り扱いは店舗によります。)
※“まぜそば”に関しては容器の関係上、中盛・大盛りには対応していないようですね。

そして今回は迷わず“旨辛スタミナキムチらーめん”をタップすると続いて“旨辛スタミナキムチらーめん”は特製餃子セットも用意されていて、単品では…

  • 普通(890円)
  • 中盛(1,020円)
  • 大盛(1,080円)

などがあり、特製餃子セットとなると…

  • 普通(1,190円)
  • 中盛(1,320円)
  • 大盛(1,380円)

といった価格設定で、同じく“旨辛スタミナキムチつけ麺”に関しても単品・セットメニューが用意されていて、その他お馴染みのトッピングを同じ画面から選ぶことも可能です!

特に今回の“旨辛スタミナキムチらーめん”もまた豊富に具材が使用されているようでしたので、単品デフォルトだけでも十分かもしれません!と言うか…個人的には“普通”で十分です。。(餃子セットともなるとなかなかの値段ですね…)
※ちなみにサービス券10枚で通常メニュー一杯が無料、期間限定メニューだと13枚必要となります。

そしてテーブル席に案内され、店員さんに食券を渡す際に以下3つの好みを伝えるわけですが、店員さんに今回の“旨辛スタミナキムチらーめん”聞いてみたところ…“元々濃い目ですよ”と教えてくれたので、“麺硬め”だけをお願いしました!

  • 麺の硬さ
  • 脂の量
  • 味の濃さ

個人的には味を濃くしたいんですが…ここ“山岡家”は通常でも味が濃いので、いつも非常に悩むんですよね。。しかし例え濃い目を注文したとしても、さすがにちょっと濃すぎたかな…?と思ったら“割りスープ”をいただけるので、そこまで気にすることなく好み通りの濃さでお願いしてみても良いかもしれません!

ご覧の通り“山岡家の普通ラーメンの基準です”と記載されている箇所には脂がすでにMAX、味も6段階中4といったかなり濃い目の仕様ですから…スープは普通でも十分と言えば十分なんですよね。。

そして、テーブル調味料にはご覧の通り安心感すら感じさせる“おろしにんにく”や“豆板醤”をはじめとする“山岡家”には欠かせない調味料が常備されています!

これによって後ほど味変なんかも楽しめるわけで、特に“おろしにんにく”と豆板醤は重宝しますね!濃厚な“山岡家”ならではの味わいにもぴったりなのでちょい足しするだけでも、またひと味違った美味しさが楽しむことができるでしょう!

食べてみた感想

こうしてしばらくすると注文した“旨辛スタミナキムチらーめん”が運ばれてきます!

すると…山岡家特製の味噌ベースの濃厚な旨辛スープには、食欲そそる風味や旨味を際立たせる“揚げにんにく”がたっぷりと添えられ、さらに具材としてはニラ・“薬味ネギ”といった香味野菜、そしてスタミナ感を後押しするキムチが中央に盛り付けられ、旨味が旨味を引き立てるかのようなスタミナ系の材料がたっぷりと使用されてますね!

やはり山岡家らしい豊富な具材に関しては単品の料金が多少高いだけあって全く申し分ありません!見るからに汗を誘う赤みを帯びたスープが非常に印象的といったところ!!

他にも山岡家ならではの豚バラチャーシューが1枚添えられ、ごま油の風味がふんわりと香り立つ韓国海苔がたっぷりと使用されており、濃厚な味わいを風味良く仕上げ…スタミナ感を引き立てる相性抜群な具材が存分に含まれているようですね!キムチを使用した一杯ということもあって魚介の旨味にも期待できそうです!

ということでさっそく一口食べてみると…スタミナ系の一杯ということもあって味噌ベースの旨辛スープにはほんのりピリッとした辛みがすでに利いており、それがキレの良い口当りを後押しし、さらにキムチに含まれる魚介の旨味が味に深みを引き立て、想像以上にガツンとした味わいながらも旨味溢れる満足度の高い仕上がりとなっています!これは思っていた以上にスタミナ感のあるテイスト!!香味野菜の旨味が汗を誘いますね!

…というか山岡家ならではの存在感抜群なパンチもあり、“旨辛スタミナキムチらーめん”といった商品名にも名前負けすることのない食べ応え抜群な味わいが表現されています!!

麺について

麺は、ご覧の通り山岡家らしいストレートな特製麺となっていて、“硬め”でお願いしたおかげでもっちりとした弾力に加え、非常にコシの強い噛み応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな極太麺には…“揚げにんにく”やニラ、キムチなどスタミナが付きそうな香味野菜などの旨味をしっかりと利かせた濃厚な旨辛スープがよく絡み、一口ずつにキムチと味噌といった相性抜群な組み合わせによるガツンとした味わいが口いっぱいに広がっていき、“揚げにんにく”特有の香ばしく食欲そそる風味が後味良く抜けていきます!やはり山岡家の限定メニューは毎回外せませんね!今回の一杯もスタミナ感抜群なので食べてみる価値ありでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのチャーシューが使用されていて、そこまでサイズは大きくないものの…ホロホロと崩れていくほどの柔らかな仕上がり具合となっていて、味噌ベース・スタミナ系の旨辛スープとの相性も当然良く、じっくりと味わってみると…予想通りジューシーな肉の旨味が滲み出す非常に美味しい具材でしたので、しっかりとスープに浸して味わってみると良いでしょう!もちろん麺と一緒にいただいてみると満足度は増していくばかり。。

また、部位が異なる白菜キムチも思ったよりたっぷりと使用されており、特に変な酸味などもなく、見た目からしてしっかりと味付けが施されていることが伝わってくるようにキムチ特有の魚醤のような旨味が濃厚なスープにも滲み出し、シャキシャキとした食感も非常に良く、スタミナ感を後押しするメインとも言える旨味を際立たせているように感じられます!

そのため、ある程度麺と一緒に絡めていただくのも良し、じっくりとスープに旨味として滲み出しておくのも良いでしょう!それによってますます旨辛スープがスタミナ感を増し、より一層美味しさを引き立てるため、後半でじっくりと楽しんでみても良いかもしれません!

さらに、こちらの“揚げにんにく”なんかもたっぷりと使用されており、スタミナ系としては欠かせない具材のひとつとして食欲そそる旨味・風味を際立たせ、少しずつ旨辛スープに溶かし馴染ませていくことによってキムチやニラなど香味野菜と相性抜群なガツンとした味わいをさりげなく引き立てています!これは途中の味変は必要ありませんね…笑

他にもこちら細かくカットされたニラがたっぷりと使用され、こちらもまたスタミナ系の一杯にぴったりな具材として山岡家らしい濃厚な旨辛スープに上記の“揚げにんにく”と同等のスタミナ感溢れる旨味を後押ししているように感じられます!

そして、他にもこちらの“刻みネギ”がキムチ下に多く添えられ、実店舗にて包丁で丁寧に切る拘りによって新鮮さを物語るシャキシャキとした食感や素材本来のちょうど良い薬味のような役割によって旨辛スープをさらに美味しく際立たせ、後味さっぱりと感じさせる相性の良い具材のひとつとして濃厚な味わいをリセットしてくれます!

まだまだあります!こちら“ごま油”の風味が香り立つ韓国海苔が豊富に添えられており、磯の風味もプラスされたことで香り高い仕上がりとなり、キムチ特有の魚介の旨味なんかをうまく引き立てているようにも感じられますね!

個人的にもこの組み合わせの発想はありませんでしたから…意外性もあり、想像以上にキムチの旨味を利かせた旨辛スープにもぴったりな仕上がりで、山岡家の期間限定メニューがいかに見逃せない一杯だということがよーく伝わってきます!(レギュラーメニューも非常に美味しいんですが…限定と聞くとどうしても食べておきたくなります。。)

スープについて

スープは、山岡家らしく豚骨の旨味をベースにピリッとした辛みがクセになる旨辛味噌スープに仕上げ、そこにキムチや食欲そそる“にんにく”やニラなど香味野菜などの旨味をしっかりと利かせたことで、スタミナ系としてふさわしいガツンとした味わいとなっています!

また、思ったよりもさらっとしてはいるものの…様々な旨味が凝縮されたことによるコク深さや汗を誘うスタミナ感、さらにちょうど良いこってり感がコク・深みを演出、今回もこちらの期待値以上の味わい・美味しさがぎゅっと詰め込まれている印象です!

他にも味噌ならではのキレの良さなんかも非常に良く、キムチに使用している魚介系の旨味なんかもほんのりと感じられ、このピリッとした辛みも後押ししたことでキリッとした口当たりが濃厚なスープに対して“くどさ”を感じさせることもありません!!

そしてスープ表面を見てみると…特にラードの層などはなく、むしろ山岡家ならではの豚骨系の上質な脂・油分がスープ一面に広がり、それによってスタミナ系に仕上げた旨辛スープの美味しさを引き立て、色合いからわかるように“旨辛”・“キムチ”らしいピリッとした辛みが香味野菜によって汗を誘う旨味としてパンチのある味わいへと際立たせているように感じられるのではないでしょうか?

そうこうしているうちに完食です!!
今回も注文時にスープの濃さに関して迷いましたが…デフォルトでも十分濃厚な味わいが楽しめますね!汗を誘うこの時期ぴったりなスタミナ系の一杯はかなりの満足度です!

また、今回は2020年7月20日から提供開始されたため、恐らく9月中旬までの限定メニューと思われるので暑い夏を乗り切るスタミナ系として一度は試してみる価値ありです!濃厚な旨辛スープにキムチの旨味を利かせた一杯は山岡家好きなら誰もが納得のいく仕上がりと言えるでしょう!

まとめ

今回「山岡家」の“旨辛スタミナキムチらーめん”を食べてみて、山岡家らしい豚骨をしっかりと利かせた旨辛スープには、赤みを帯びた見た目通りやみつき感のあるピリッとした辛みが加わり、キムチや“揚げにんにく”など香味野菜の旨味がスタミナ感を際立たせ、ニラやごま油香る韓国海苔など…実に様々な具材によって風味からも食欲そそり、さらにキムチだけでなく“刻みねぎ”などのシャキシャキとした食感の良い具材を豊富に使用したことで、最後まで全く飽きの来ない満足度の高い一杯となっていました!

やはり今回の一杯も期待を裏切らないガツンとした味わいでしたね!ベースとなる旨辛スープがすでにクオリティが非常に高く、そこにしっかりと味付けされたキムチやニラなど…豊富に使用された各種具材によって表現されたパンチのある一杯は…スタミナ系としてぴったりなテイストとしてガツンと楽しめるのではないでしょうか?

ということで気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

ラーメン山岡家 新発寒店 店舗情報

札幌市手稲区新発寒2条1丁目1-13
※駐車場は“クロスモール新発寒”内に広々とスペースが確保されています。

TEL:011-215-7656
営業時間:10:00~翌3:00
定休日:無休

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!