カップ麺

CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン!固形カレールゥによって濃厚感が際立つコク深い一杯

CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン

CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン」を食べてみました。(2020年11月2日発売・エースコック)

この商品は、カレー専門店“ココイチ”でお馴染み“カレーハウスCoCo壱番屋”とのコラボカップ麺の新商品ということで、コラボ10年目となる今回は王道メニューをさらに美味しくした2品(スパイスカレーラーメン・濃旨カレーラーメン)が登場です!

それも…今回ご紹介する一杯は、臭みのないポークをベースにオニオンやポテトの旨味をバランス良く合わせ、さらに別添されている新開発したというカレールゥによって濃厚な旨味が際立ち、ココイチならではの満足度の高い味わいがカレースープとして仕上がった安定感のある美味しさが表現された一杯、“CoCo壱番屋監修 濃旨(こいうま)カレーラーメン”となっております。(税抜き210円)

ご覧の通り、パッケージには“カレールゥとろける”と記載されているように、これまでもCoCo壱番屋監修のカップ麺には本格感のある濃厚なテイストが数多く発売されていたわけですが、今回の王道メニューにはさらに拘りのカレールゥが採用されているようで、新開発したというだけあって期待できそうなフレーバー!

また、こちらには今回新たに新開発したという“固形カレールゥ付き”と記載されているように、別添されたカレールゥからは…あくまでイメージではありますが、非常に濃厚な仕上がりなんかも伝わってきますね!カレーと言えばスパイス感と同じくコク深く濃厚な味わいなんかも醍醐味のひとつですから、王道メニューをさらに美味しくしたという仕上がりは気になるところ。。

一方こちらには…ポークの旨味をベースにしたコク深く濃厚なスープに拘りの香辛料をたっぷりと加えた風味豊かな仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・大豆そぼろ・人参・“ねぎ”が使用されているようです!

他にも特徴として…麺はエースコックらしい中太・丸刃仕様となっていて、ほどよいもっちり感とコシがあり、“バケツ型”ならではの容器に90gものボリュームある麺とポークや野菜の旨味をしっかりと利かせた濃厚かつ王道を行くカレースープに新開発されたカレールゥが濃厚感をさらに際立たせ、ココイチらしい深みのある味わいががっつりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークの旨味をベースにしているというだけあって、すでに濃厚な仕上がりかと思いきや…想像よりもサラッとしたスープで、オニオンやポテトなど野菜の旨味や新開発されたという固形カレールゥが濃厚感を際立たせ、素材本来の旨味を活かしたココイチらしい味わいは…まさに王道メニューをさらに美味しくしたというだけあって、かなり幅広い層に好まれると思われるテイストとなっていました!
これは特に、“CoCo壱番屋”ファンはもちろん、ポークの旨みをベースに固形カレールゥが濃厚感を際立たせたカレースープに90gものボリューム感のある麺をたっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“ココイチ”こと“CoCo壱番屋”とのコラボカップ麺10年目を迎えたことで、王道とも言えるフレーバーをさらに美味しくした安定感・ボリューム感のある濃厚な一杯、「CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“CoCo壱番屋”とのコラボカップ麺ということで、2020年のコラボ10年目となる一杯として、王道とも言えるフレーバーをさらに美味しくし、ポークをベースにオニオンやポテトなど野菜の旨味をバランス良く合わせ、ほどよいスパイス感が後引く辛さ・旨味を引き立てる風味豊かな満足度の高い一杯、“CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン”となっています。

ここ“ココイチ”とのコラボカップ麺はこれまも数多く発売されてきましたから、発売されるフレーバーは違えど…コンビニ等でももはやお馴染みのカップ麺シリーズと言えるのではないでしょうか?

ちなみに、この“CoCo壱番屋”とのコラボカップ麺としては…ご覧の通りここ数年でも定期的に数多くの商品が発売されており、その多くがフレーバーの異なる2種類ずつ登場していることが多いように今回もまたひと味違った“CoCo壱番屋監修 スパイスカレーラーメン”が同時発売されています。

それでは、今回の“CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン”がどれほどポークの旨味を凝縮させたコク深い仕上がりとなっているのか?新開発されたという固形カレールゥによる濃厚やカレーならではのスパイス感との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもエースコックらしい中太・丸刃仕様によるもっちりとした弾力のある90gものボリューム感抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り487kcal(めん・かやく398kcal / スープ89kcal)となっております。(塩分は6.6g)

カロリーは、大型容器のボリューム感抜群な一杯の割に低めな数値のようですが、一方で塩分はかなり高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり111g、麺の量は90gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープは89kcalと新開発された固形カレールゥによって濃厚感に際立った仕上がりの割に思っていたよりも高い数値ではないようで、ポークはもちろん、カレーにぴったりなオニオンやポテトなど野菜の旨味をしっかりと活かした旨味溢れる仕上がりをイメージさせますね!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、カレールゥや野菜パウダーをはじめ…

  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 香味調味料
  • ポーク調味料
  • 粉末ソース

といった、ポークの旨味をベースにオニオンやポテトなど相性抜群な野菜の旨味をバランス良く合わせ、さらに今回王道メニューをさらに美味しくしたという固形カレールゥが濃厚感を際立たせるコク深い味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071235369
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、スープ(カレールゥ)、かやく入りスープ(野菜パウダー、ポークエキス、キャベツ、香辛料、人参、大豆加工品、香味調味料、おからパウダー、ポーク調味料、たん白加水分解物、ねぎ、粉末ソース)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸Ca、カラメル色素、重曹、かんすい、香料、微粒二酸化ケイ素、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(カンゾウ、スクラロース、アセスルファムK)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (111g) 当たり]
熱量487kcal
たん白質9.8g
脂質17.6g
炭水化物62.4g
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
6.6g
(2.4g/4.2g)
ビタミンB10.49mg
ビタミンB20.50mg
カルシウム353mg

引用元:CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく入り粉末スープ”、カレールゥブロックといった2つの調味料などが入っています。

また、粉末タイプということもあって、スープにも馴染みやすいかと思われますが、“スープに充分熱湯をかけてよく溶かしてください。”と記載されているように、調理する際の熱湯はこの粉末を中心に注ぐようにすると良いでしょう!

他にも今回の一杯には固形カレールゥが使用されており、こちらにも“充分熱湯をかけてよく溶かしてください。”と記載されていますので、これらの調味料をしっかりと溶かすつもりで熱湯を注ぐことがポイントとなりそうです!

さらに、麺はご覧の通り中太・丸刃、麺量90gのボリューム感たっぷりな仕様となっていて、見るからにもっちりとした弾力やつるっと滑らかな食感を思わせます!(エースコックってこういった麺多いんですよね。。この辺りに関しては個人的にもう少し工夫が欲しいところではあります…)

調理してみた

ではまず、先ほどの“かやく入り粉末スープ”とカレーブロックを入れてみます。

そして、かやくには…

  • キャベツ
  • 大豆そぼろ
  • 人参
  • ねぎ

が入っています。

なんと言っても今回の一杯に関しては、この新開発されたという固形カレールゥが印象的で、濃厚感を際立たせた王道メニューをさらに美味しくしたというのも納得の調味料が目立ちます!

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:490ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力が加わったことでボリューム感もあり、さらに新開発のカレールゥがまだ溶けきっていない辺りからして、濃厚かつ本格感のある味わいを際立たせる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…新開発されたカレールゥによってほどよい濃厚感が伝わってくるんですが、実際そこまでドロッとした濃厚なスープというわけではなく、むしろ濃厚な美味しさといったところで、ポークや各種野菜の旨味が凝縮されたコク深い味わいとココイチ特有のスパイシーな風味・後味の良さが全体をうまく融合・調和させ、特に辛さに際立ったテイストというわけでもありませんので、かなり幅広い層に好まれると思われる一杯といったところでしょうか?まさに王道メニューというのも納得の一杯!

他にも具材に使用された各種具材をしっかりと混ぜ合わせていただくことによって、カレーとの相性抜群な野菜の旨味なんかも際立って感じられ、旨味・風味・スパイス感のそれぞれが互いに引き立て合う王道のメニューがさらに美味しくなった安定化のある仕上がりを想像させます!

食べてみた感想

一口食べてみると…確かに商品名通り“濃旨(こいうま)カレー”といった濃いめな旨味が凝縮されたカレースープとなっているんですが、ポークや野菜の旨味がバランス良く合わさったことで誰もが好む万人受けするカレースープが表現されていて…良くも悪くも突出した特徴がない点が若干気になるところではあります。。

そのため、個人的には新開発されたという固形カレールウによって、もう少しドロッとした濃厚感や、そもそも味を濃いめに際立たせてみても良かったような気はしますね!

この辺りが気になるという方は、調理時に注ぐ熱湯をやや少なめにしてみても良いでしょう!そうすることで、より一層“濃旨”なテイストが楽しめるかと思われます!

また、気になる辛さについては…あくまでココイチらしい香辛料がほどよく加わっているため、刺激的な辛さというよりもカレー特有のスパイシーな風味が利いているため、辛いというよりも素材本来の甘味なんかも感じられ、そこにカレーのスパイスが香り立つバランスの良い仕上がりとなっているようです!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様となっていて、丸刃ならではのつるっと滑らかな食感や、もっちりとした弾力とコシを兼ね備え、なんと言っても麺量90gは想像以上にしっかりとしたボリューム感・食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークの旨味をベースに相性の良いオニオンやポテトなど野菜の旨味をバランス良く合わせ、さらに別添されている固形カレールゥによってほどよい濃厚感が際立ったコク深いカレースープがよく絡み、一口ずつに深みのあるカレーならではの味わいが口いっぱいに広がっていき、カレー特有の風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!この王道メニューをさらに美味しくしたというスパイシーな風味は安定感もあって飽きが来ませんね!

トッピングについて

トッピングにはまず、鶏挽肉をイメージさせる大豆加工品が入っていて、かなり小ぶりで…じっくりと噛んで味わってみても味付け自体感じられない具材となっていましたので、個別で味わうというよりも、食べはじめはスープ底に沈めておき、スープ全体をしっかりと混ぜてコク深くスパイシーなカレースープを染み込ませておき、後々麺と一緒に味わってみると食感良く楽しめると思われます!

また、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいきませんが…ほどよい食感を残した仕上がりとなっていて、ポークの旨味を利かせたコク深くスパイシーなカレースープにも相性良く馴染み、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらの人参が入っていて、使用されている数はそこまで多くはなく、かなり小ぶりな仕様でしたので、じっくりと味わってみてもそこまで素材本来の味わいは感じられないものの…今回の一杯に対してちょうど良い彩りの良さをプラスし、野菜の旨味を引き立てる相性の良い具材としてさり気なく添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークの旨味をベースにオニオンやポテトなどカレーとの相性抜群な野菜の旨味をバランス良く合わせ、別添されている新開発されたという固形カレールゥによってほどよい濃厚感が際立つカレースープに仕上がり、王道メニューをさらに美味しくした一杯というだけあって、深みもありキレも良く、スパイシーな後味が最後まで全く飽きさせません!

また、ココイチならではの香辛料が豊富に使用されてはいますが、あくまで風味豊かなスパイシーな香りが加わっているため、決して辛みの強いテイストというわけではなく、むしろ野菜の旨味・甘味が引き立って感じられるため、お好みによってはカレースープにぴったりな唐辛子やガラムマサラなどの香辛料などを予め用意しておき、味を確認して調整してみても良いでしょう!

そして、食べ進めていくに連れて若干ではありますが“とろみ”が付き、それによって“濃旨カレー”といった文字通りほどよいコク・旨味がより一層際立って感じられ、麺量90gのボリューム感もさることながら、徐々に満足度も増していく…そんな安定感のある仕上がりが印象的といったところ!

ただ、ドロッとした濃厚な仕上がりではありませんので、ポークの旨味を利かせた非常に食べやすいカレースープということもあって、かなり幅広い層に好まれる安定感のあるテイストに間違いありません!

このように、今回の“CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン”は、脂っこさや変なクセがないポークの旨味をベースにカレーと相性の良い野菜の旨味を合わせ、そこに別添された固形カレールゥによってほどよい濃厚感が際立っていたものの…ドロッとした強烈な濃いスープというわけではなく、非常にバランスの良い万人受けするかのような王道メニューに仕上がり、ココイチらしい後味すっきりとしたスパイス感が最後まで飽きさせないボリュームのある一杯となっていたため、お好みによっては辛みなどを加えてキリッとした口当たりを引き立ててみても良いでしょう!

まとめ

今回「CoCo壱番屋監修 濃旨カレーラーメン」を食べてみて、ベーシックなポークカレーを彷彿とさせるカレースープには、ポークの旨味をベースに野菜の旨味や固形カレールゥによってコク深く濃厚な味わいを表現、まさに王道とも言える味わいをバランス良く仕上げ、90gものボリューム感のある麺量によってがっつりと食欲も満たされる食べ応え抜群な一杯となっていました!

ただ…ちょっと今回の2品は王道メニューということで、どちらとも何かに突出した仕上がりというわけではありませんでしたが…やはり“ココイチ”のカップ麺は安定感がありますね!旨味・スパイスがバランス良くマッチした定番とも言える濃厚な味わいは、かなり幅広い層に好まれるテイストとも言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!