カップヌードル

カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ!アサリなど海鮮の旨味にキムチの酸味を合わせたコク深い一杯

カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ」を食べてみました。(2024年5月13日発売・日清食品

この商品は、お馴染み“カップヌードル”の中でも世界の美味しさが楽しめるという…その名も“世界のカップヌードル”シリーズとして発売されたもので、韓国の定番家庭料理として知られる“海鮮キムチチゲ”を“カップヌードル”流にアレンジ、アサリなど海鮮の旨味に唐辛子の辛さとキムチの酸味をバランス良く合わせたことによって“コク辛”な味わいに際立ち、いつもとはひと味違った美味しさが楽しめる一杯、“カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ”となっております。(値段:税別236円)

ご覧の通りパッケージは女性層を中心に人気だという…いつもの“カップヌードル”シリーズとは異なる美味しさが楽しめる“世界のカップヌードル”のロゴが掲載され、海鮮系の旨味に後引く辛さやキムチの酸味などをうまく活かした“コク辛”なスープに仕上げ、まさに韓国料理の定番スープといったクセになる仕上がりに期待できそうです!

カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ パッケージ

そしてこちらには…アサリをはじめとする海鮮の旨味に唐辛子の辛さとキムチの酸味をバランス良く合わせ、さらに具材に使用された食欲そそる白菜キムチやイカからも良い旨味が滲み出す赤みを帯びた“コク辛スープ”といった仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…白菜キムチ・イカ・味付卵・赤唐辛子・ニラが使用されているようで、辛さレベルも5段階中「2」ということでアクセント程度の唐辛子が利いているものと思われます!

他にも特徴として…“カップヌードル”シリーズでは各種フレーバーによって麺の味付けや幅などを若干変更しており、今回はつるっとした食感はそのままに、若干狭い幅で切り出されたことによってすすり心地も非常に良く、韓国料理の定番スープ“海鮮キムチチゲ”をアレンジした“コク辛”な味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

アサリをはじめとする海鮮の旨味とキムチの酸味が相性良く馴染み、唐辛子ならではのピリッとした辛みがちょうど良いメリハリとなってキレの良い“コク辛スープ”に仕上がり、この組み合わせによって脂っこさといった感じは全くなく、キムチ特有の酸味もほどよい程度で海鮮の旨味が強調されており、ついつい箸が止まらなくなるほどの美味しさで、まさにやみつき感のある一杯となっていました!

ゆうき
ゆうき
では今回は2024年5月13日に日清食品株式会社から発売された「カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“世界のカップヌードル”シリーズの新商品ということで、韓国の定番料理“海鮮キムチチゲ”を“カップヌードル”流にアレンジ、アサリなどの海鮮系の旨味に唐辛子の辛さやキムチの酸味をバランス良く合わせ、さらに具材に使用された白菜キムチやイカからも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな“コク辛スープ”がじっくりと楽しめる風味豊かな一杯、“カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

そしてご存知の通りこの“カップヌードル”とは…1971年9月18日に誕生した世界初のカップ麺で今もなお多くの方から支持されているのはもちろん、2021年に発売50周年を迎えたロングセラーブランドでもあり、これからも話題性の高いフレーバーの登場に期待したいところ!

一方こちらには…“世界のおいしいを、お届け!”と記載され、今回のフレーバーに関する簡単な説明書きが記載されており、これによると…“韓国料理の定番スープ、海鮮キムチチゲ。魚介の旨み、キムチの酸味、唐辛子の辛み。間違いない組み合わせの、絶妙なバランスが食欲そそる!”とのことで、似通ったフレーバーで言うと実は以前ご紹介した“カップヌードル 海鮮キムチゲ ビッグ”が2021年11月29日と2022年10月3日に発売されています!

ちなみに他にもこの“世界のカップヌードル”シリーズとしては、以下のようなフレーバーが発売されており、定期的にこういったテイストが登場していることから、一定の人気・シェアを誇るジャンルであることがわかりますね!(2020年9月21日に発売された“魚介仕立てのペペロンチーノ”を機にシリーズ名が“カップヌードル エスニック”から“世界のカップヌードル”へと変更されています。)

それでは、今回の“カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ”がどれほどアサリなどの海鮮系の旨味に唐辛子の辛さやキムチの酸味をバランス良く利かせた“コク辛”な仕上がりとなっているのか?具材として使用されている白菜キムチやイカから滲み出す旨味との兼ね合いはもちろん、何と言ってもつるっと滑らかな食感が印象的な“カップヌードル”シリーズならではの幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り336kcal(めん・かやく294kcal / スープ42kcal)となっております。(塩分は4.6g)

カロリーは、海鮮系の旨味に唐辛子やキムチを合わせた旨味溢れるテイストらしくやや低めな数値のようで、塩分も同じく若干低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり74g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと42kcalとやはり韓国の定番料理として知られる“海鮮キムチチゲ”をアレンジしたことによって“コク辛”な味わいらしくやや低めな数値を占め、素材本来の旨味や風味をしっかりと活かしたクセになる仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“あさり調味料”や“みそ調味料”をはじめ…

  • 豚脂
  • クリーミングパウダー
  • 魚醤
  • 香辛料
  • オイスターソース
  • 香味調味料
  • にぼし粉末

といった、アサリをはじめとする海鮮の旨味に唐辛子の辛さやキムチの酸味を利かせ、他にも味噌やオイスターソースで味を調えた“コク辛”なスープに仕上げ、そこに白菜キムチやイカなど豊富に使用された各種具材からも良い旨味が滲み出し、後味すっきりとしたフレーバーということもあって最後まで飽きの来ない味わいを想像させる材料が並びます。
※製造工場:日清食品株式会社 関西工場(滋賀県)

また、麺の項目を見てみると…食塩や“しょうゆ”、さらに香辛料や香味調味料といった材料が確認でき、こちらにもほどよく味付けが施されていることが伝わってきます!

JANコード4902105283158
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、しょうゆ、香辛料、香味調味料)、スープ(糖類、あさり調味料、みそ調味料、豚脂、クリーミングパウダー、魚醤、酵母エキス、香辛料、オイスターソース、香味調味料、にぼし粉末)、かやく(はくさいキムチ、いか、味付卵、赤唐辛子、にら)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、炭酸Ca、カラメル色素、増粘多糖類、かんすい、カロチノイド色素、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、乳化剤、チャ抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (74g) 当たり]
熱量336kcal
めん・かやく: 294kcal
スープ: 42kcal
たんぱく質8.1g
脂質13.9g
炭水化物44.7g
食塩相当量4.6g
めん・かやく: 2.1g
スープ: 2.5g
ビタミンB10.66mg
ビタミンB20.28mg
カルシウム107mg

引用元:カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ | 日清食品グループ

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、今回は特に別添されている調味料などはありません。

そして、具材には…

  • 白菜キムチ
  • イカ
  • 味付卵
  • 赤唐辛子
  • ニラ

が入っています。

さらに、麺はご覧の通りシリーズらしくつるっと滑らかな食感が印象的なシリーズらしい仕様ではありますが…若干幅が狭くなっているようで、やみつき感のある“コク辛スープ”もよく絡むすすり心地の良い仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりと湯戻りしたことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には細いながらも弾力のある食感が加わり、まだ全体を混ぜ合わせる前の状態ではありますが、“コク辛スープ”の文字通りじんわりと染み渡る海鮮の旨味に唐辛子やキムチをバランス良く合わせたことによる韓国の定番料理“海鮮キムチチゲ”をアレンジしたやみつき感のある一杯…といった印象の出来上がりです!

では、よーくかき混ぜてみます。
そしてスープが全体に馴染むと…割とサラッとした仕上がりではあるんですが、味噌ならではのコクによって厚みが際立ち、アサリをはじめとする海鮮の旨味やキムチならではの食欲そそる風味が香り立ち、“海鮮キムチチゲ”を“カップヌードル”流にうまくアレンジ、何と言っても具材には白菜キムチやイカがなどが豊富に使用されていますから、やみつき感のある一杯に間違いありません!

また、具材の中でも特に白菜キムチとイカがメインに使用されているようで、見るからにしっかりとした味付けが施され、食べ進めていくに連れて旨味や酸味が滲み出していく…そんな満足度の高い味わいが思う存分楽しめそうです!…というかこのフレーバーは評判良さそうなので“カップヌードル パクチー香るトムヤムクン”や“カップヌードル シンガポール風ラクサ”と同じく“世界のカップヌードル”シリーズの中でも息の長い一杯となるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…アサリなど海鮮の旨味に唐辛子の辛さやキムチの酸味がバランス良く馴染み、味噌も加わったことによってほどよいコクが加わり、具材に使用された白菜キムチやイカからも良い旨味が滲み出していくことによって“海鮮キムチチゲ”ならではの“コク辛”なテイストに際立ち、後引く旨味・辛みがたまらなく、ついつい箸が止まらなくなってしまいます!

しかも辛さレベルは5段階中「2」とのことで、キムチに唐辛子を合わせたアクセント程度の辛さとなっていて、以前ご紹介した“カップヌードル 謎肉キムチ”とはひと味違った“海鮮×唐辛子×キムチ”といった脂っこさのない後味すっきりとした味わいで、思っていた以上に満足度は高く、個人的にはキムチ特有の酸味が控え目だった点が好印象といったところ!

…というか今回の“コク辛海鮮キムチチゲ”は、アサリをはじめとする海鮮の旨味を引き立てるかのように唐辛子やキムチ、さらに味噌などが溶け込み、さらに具材にも白菜キムチやイカなどを豊富に使用したことで思ったより素材本来の美味しさが引き立って感じられ、レギュラー化を望む声も多いのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り通常よりも若干幅の狭い仕様で、つるっとした滑らかさはもちろん、スープとの馴染みも非常に良い仕上がりに加え、ほどよい味付けが施されたことによってスープの旨味も増しているようです!

そんな麺には…アサリなど海鮮の旨味に唐辛子やキムチをバランス良く合わせ、コクを引き立てる味噌などをバランス良く合わせた“コク辛スープ”がよく絡み、やみつき感のある海鮮の旨味やキムチ特有の酸味、そして味噌のコクなどが口いっぱいに広がっていき、白菜キムチに味付けされた香味野菜の風味やフライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの白菜キムチが使用されていて、見た目通りしっかりと味付けが施され、シャキシャキ感は若干弱めでしたが、使用されている数・サイズともに申し分なく、今回の“コク辛海鮮キムチチゲ”の美味しさを臨場感高く引き立て、さらにちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

また、こちらのイカは大小マチマチではありますが…割と多めに使用されており、じっくりと味わってみると…噛み応えのある食感で、噛むほどに旨味が滲み出していき、今回のフレーバーに欠かせない相性抜群な具材となっているようです!

さらにこちらのニラは、キムチには欠かせない香味野菜のひとつとして食欲そそる旨味を引き立てているため、まずはスープにしっかりと馴染ませながらいただくと良いでしょう!

そして、こちらの卵は見た通り非常に食感柔らかな仕上がりとなっていて、味付け自体はそこまで感じられませんが、今回の赤みの強い“コク辛”なスープにちょうど良い彩りの良さを加える華やかな具材となっています!

スープについて

スープは、アサリなど海鮮系の旨味に唐辛子の辛さやキムチの酸味をバランス良く合わせたことでキリッとした口当たりと味噌のコクが相性良く馴染み、まさに素材の旨味を存分に活かした“海鮮キムチチゲ”らしいやみつき感のある美味しさを“カップヌードル”流にアレンジし、汗を誘う後味の良いスープが最後までじっくりと楽しめることと思われます!

そして、ベースは“海鮮×唐辛子×キムチ”といった韓国の定番料理らしい“コク辛”なスープなんですが、そこに豚脂や魚醤を合わせたことで海鮮やキムチ特有の旨味が引き立ち、構成としては全く申し分なく、他にもピリッとした辛みが絶妙なメリハリを付けたことによって最後まで飽きの来ない味わいが堪能できることでしょう!

また、具材に使用された白菜キムチやイカからも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れてコク深さやメリハリのある旨味が際立っていき、同時に満足度も増していく…そんな後引く旨味・辛さがたまらないテイストがバランス良く仕上がっているようです!これは以前発売されていた“カップヌードル 海鮮キムチゲ ビッグ”に引き続き、旨辛でちょうど良いレギュラーサイズということもあってリピートする方も多いかもしれません!

まとめ

今回「カップヌードル コク辛海鮮キムチチゲ」を食べてみて、韓国の定番家庭料理として知られる“海鮮キムチチゲ”を“カップヌードル”流にアレンジした一杯には…アサリをはじめとする海鮮の旨味に唐辛子の辛さやキムチの酸味などをバランス良く合わせ、味噌のコクで深みをプラス、具材に使用された白菜キムチやイカからも良い旨味が滲み出し、最後まで飽きの来ないやみつき感のある“コク辛”なスープに仕上げ、そこにシリーズ特有のつるっと滑らかなフライ麺が相性良くマッチした満足度の高い一杯となっていました!

やはり海鮮×唐辛子×キムチの組み合わせは間違いないですね!特に今回の“コク辛海鮮キムチチゲ”は味噌も加わっていますから、後味すっきりとしていながらも物足りなさを感じさせないコクがあり、スープだけでなく具材からも良い旨味が滲み出したことでクオリティの高い味わいに際立ち、キムチ本来の美味しさが海鮮の旨味や味噌のコクによって引き立てられていたため、かなり幅広い層に好まれるフレーバーと言えるのではないでしょうか?

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です