カップ麺

【ファミマ】コク旨中華そば!鶏と魚介が利いた味わい深いファミリーマートコレクションのカップ麺

ファミリーマートコレクション コク旨中華そば

ファミリーマートのPB商品のひとつ「コク旨中華そば」を食べてみました。(2014年2月25日発売・日清食品/ファミリーマート限定)

この商品は、日清食品との共同開発によるカップ麺で、“ファミリーマートコレクション”という名のPBから1年を通して取り扱いされており、醤油ならではのキレの良い口当たりに加え、鶏の旨味と魚介の出汁を利かせた味わい深いスープに仕上がったリーズナブルな一杯、“コク旨中華そば”となっております。(税抜き132円)

ご覧の通り、パッケージには“コク旨中華そば”といった商品名がわかりやすく大きく配置され、“楽しさ”や“新鮮さ”、“信頼”と“安心”を表しているという…ファミリーマートのロゴを象徴する2色を各種フレーバーごとに異なる配色としてあしらわれ、白を基調になんとも清潔感溢れるデザインに統一されています!

ファミリーマートコレクション コク旨中華そば パッケージ

さらに背景には濃い目の醤油味に鶏の旨味や魚介の出汁をふんだんに利かせたことで、キレとコクのある味わい深いスープといった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・味付メンマ・ナルト・ねぎが使用されているようです!

ちなみにこの“ファミリーマートコレクション(通称:ファミコレ)”は、もちろんカップ麺だけでなく様々な各種お総菜なんかも取り扱いされていて、さらに低価格の“レギュラーライン”と高付加価値の“プラチナライン”商品なんかも発売されています!(このカップ麺はその“レギュラーライン”の位置付けとなっています。)
※“ファミリーマートコレクション”自体は2012年10月から既存のPBを統一し、カップ麺以外の商品なども順次販売開始されています!

そしてその気になる特徴としては…こちらパッケージ側面に“鶏だしと胡椒の効いた濃いめの醤油スープにつるっとした麺と旨味チャーシュー”と記載されているように、鶏の旨味をふんだんに利かせたコク深く濃い目のスープには、胡椒によってキリッとした味に締まりを加えたことで、メリハリのある素材の旨味を存分に活かした味わいに仕上がっているようです!

他にも特徴として…麺にはやや細めの丸刃仕様によるつるっと滑らかな食感に仕上がり、ほどよい弾力のあるコシはもちろん、ほんのり“ちぢれ”を付けたことでスープとの絡みも良く、それによって鶏の旨味引き立つ魚介出汁の利いた旨味溢れる濃い目の醤油スープとともにPB商品とは思えないほどの満足度高い味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

濃い目に仕上がった醤油ベースのスープには、コク深い鶏の旨味を引き立てるかのように鰹節など魚介出汁を絶妙なバランスとして合わせ、コク深くもキリッとしたキレのある口当たりによってメリハリのある決して飲み飽きることのないシンプルながらも素材の旨味をストレートに楽しめる一杯となっていました!
これは特に、“中華そば”といった鶏の旨味に魚介出汁を加えた素材本来の味を活かした後味すっきりとした味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は鶏の旨味と鰹節など魚介出汁をバランス良く利かせた濃いめの醤油スープに食感滑らかな麺や肉の旨味を引き立てるチャーシューが添えられたファミマのPBカップ麺のひとつ、「コク旨中華そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

コク旨中華そば

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染みファミマのPB“ファミリーマートコレクション”から1年を通して発売されているカップ麺シリーズのひとつで、まろやかな鶏の旨味を利かせたことでコク深い醤油スープに仕上げ、そこに魚介の出汁や胡椒によってキレの良い口当たりや後味すっきりとした味わいを表現した飽きの来ない一杯、“コク旨中華そば”となっています。

ご覧の通り、フタに別添されている“特製鶏油”を剥がしてみると…こちらにも鶏の旨味や魚介出汁を利かせた風味豊かな味わいが伝わって来るかのような“中華そば”の濃い目な仕上がりイメージが掲載されていて、そこにたっぷりと使用された細切れチャーシューからも旨味が滲み出し、他にもどこか昔懐かしくも感じさせる彩りの良いピンクの渦潮模様が印象的なナルトが添えられ、ほどよい華やかさなんかも表現されているようで、ファミマのPBである“ファミリーマートコレクション”のロゴなんかもさりげなく配置されています!

ちなみに、ファミリーマートがPB商品として展開するカップ麺は、今回の“コク旨中華そば”を含め以下の商品が発売されていて、計6種類のラインアップとなっています!

それ以外にも“札幌味噌ラーメン”や“醤油とんこつラーメン”といった上記のタテ型カップ麺とは異なる“どんぶり型”でファミリーマートコレクションとしては初となるノンフライ麺が採用された商品も2019年10月29日に発売されていますが、こちらは数量限定のようですね!

この“ファミリーマートコレクション”のカップ麺をまとめた記事は、ぜひこちらもご覧ください!

ファミリーマートコレクション
「ファミマ」カップ麺!ファミリーマートコレクションのカップラーメンを一挙ご紹介!ファミリーマートのPB(プライベートブランド)「ファミリーマートコレクション」をご存知ですか?このシリーズは様々な商品展開を行っており、...

また、ローソンのPBカップ麺は税込み138円、セブンプレミアムのPBカップ麺は税込み98円〜138円となっていて、これら他社のPB商品と比較するとこの“ファミリーマートコレクション”のカップ麺は税込みだと142円ですから…ほんのわずかではありますが割高な価格設定となっています。。

そしてそのファミリーマートでは全国の名店と呼ばれるラーメン店とのコラボカップ麺なんかも数多く発売しているんですが、これら6商品はPBカップ麺として1年を通して店頭に並び、その味わいとリーズナブルな価格帯からも一定のリピーターやシェアを獲得しているものと思われます!

さらに、これは各コンビニのPB商品から発売されているカップ麺に共通して言えるんですが…リーズナブルな価格帯の割に意外と物足りなさを感じさせない具材がたっぷりと使用されていたり、仕上がりの方も想像以上に美味しかったりするので、今回ご紹介するファミマから発売されているカップ麺も期待したいところ。。

それでは、今回の“コク旨中華そば”がどれほど鶏の旨味をコク深く利かせているのか?その味わいを引き立てる鰹節など魚介出汁との兼ね合いはもちろん、豊富に使用された具材から滲み出す旨味、そしてなんと言ってもつるっと滑らかな食感に仕上がった麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り332kcal(めん・かやく299kcal / スープ33kcal)となっております。(塩分は4.6g)

カロリーは、鶏の旨味や鰹出汁など素材本来の味をうまく活かしているせいか…かなり低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています!
ちなみに1食当たり73g、麺の量は60gとのことで、容器は他のレギュラーサイズと比較して若干小さめにも感じられるんですが…そこまで少ないというわけではないようですね!
※サイズ的にはお馴染み“カップヌードル(1食当たり78g・麺量65g)”と比べて麺が若干少なめとなっています!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、動物油脂(鶏、豚)やチキンエキスをはじめ…

  • 魚介エキス
  • 粉末しょうゆ
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • かつお節粉末
  • メンマパウダー
  • 香味油

といった、コク深い鶏の旨味をさらに引き立てるかのように鰹節をはじめ魚介出汁やポークの旨味が加わり、深みのある味わいに胡椒を利かせたことで、まろやかなスープにキリッとしたシャープな飲み口を表現した仕上がりを想像させる材料が並びます。

さらに、この“ファミリーマートコレクション”のカップ麺は日清食品が製造しているとのことで、製造所にもしっかりと“日清食品株式会社 静岡工場”と記載されていることが確認できます!

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、香辛料)、スープ(動物油脂(鶏、豚)、チキンエキス、食塩、魚介エキス、粉末しょうゆ、糖類、ポークエキス、香辛料、かつお節粉末、メンマパウダー、香味油)、かやく(味付豚肉、味付メンマ、ナルト、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、炭酸Ca、かんすい、グリセリン、マリーゴールド色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、クチナシ色素、ベニコウジ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (73g) 当たり]
熱量332kcal
たんぱく質8.5g
脂質13.2g
炭水化物44.8g
食塩相当量4.6g
めん・かやく: 1.1g
スープ: 3.5g
ビタミンB11.26mg
ビタミンB20.26mg
カルシウム92mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“特製鶏油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、触った感じだと…さらっとした状態で、鶏の旨味・風味を引き立てる油分のようで、量も若干少なめでしたので調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • 味付豚肉
  • 味付メンマ
  • ナルト
  • ねぎ

が入っています。

鶏の旨味を利かせたコク深い“中華そば”の旨味を引き立てるかのような細切れチャーシューがPB商品といったイメージとは裏腹にたっぷりと使用されているようで、こちらからもほどよい旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな一杯をイメージさせます!

さらに、麺はご覧の通りやや細麺の丸刃仕様によるつるっと滑らかな食感を思わせ、鶏の旨味を最大限に活かした醤油ベースのスープとの相性なんかも気になるところ。。

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸い、先ほどもまでの具材が麺を覆い尽くすほどのふっくらとした仕上がりとなり、使用されている数も非常に豊富で、リーズナブルな一杯とは思えない満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの“特製鶏油”を注いでいきます!
すると…鶏油ということで透明な油分となっていて、少量ではありますが、鶏油ならではの豊潤な風味の良さが引き立ち、食欲そそる香りとなって一気に広がっていきます!

そのため、この特製鶏油を加えても見た目としての変化は全くなく、鶏油の風味だけが香り立つ“中華そば”の美味しさを引き立てるにはふさわしい調味油となっているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…“中華そば”らしく比較的さらっとした仕上がりではありますが、鶏の旨味がコク深さを表現しているようで、ほどよく厚みのあるスープに鰹節など魚介出汁や胡椒を利かせたことによって飽きの来ないキレのある口当たりが絶妙なバランスとなっているようです!

また、具材もたっぷりと使用されていて、特に細切れされたチャーシューからも良い肉の旨味が滲み出しているようにも感じられ、なんと言ってもこの渦巻きナルトが彩りも良く、どこか昔懐かしい安定感のある味わいをイメージ付けますね!

食べてみた感想

一口食べてみると…鶏の旨味は確かにコク深くまろやかな舌触りを表現しているんですが、わずかながらも口の中でざらつきを感じるほどにしっかりと鰹節などの粉末が使用され、この魚介の旨味や胡椒によってメリハリ付いたキレが非常に心地良く、最後までじっくりと飽きることなく“中華そば”ならではの味わいを堪能できます!

また、醤油味の濃さについてですが…この濃い目に仕上がった見た目ほどの塩気というわけではなく、あくまで素材の旨味を引き立てるちょうど良い塩分濃度となっていて、これがまたコクのある鶏の旨味とぴったりです!

麺について

麺は、ご覧の通りやや細めの丸刃仕様によるつるっと滑らかな食感に仕上がり、すすり心地も非常に良く、ほどよい弾力が思っていた以上の食べ応えなんかを感じさせます!

そんな麺には、鶏の旨味に魚介出汁や胡椒をバランス良く利かせた醤油ベースのスープがよく絡み、一口ずつにまろやかな鶏の旨味やキリッとした鰹節など魚介の出汁などの味わいが口いっぱいに広がっていき、旨味を利かせた豊潤な醤油ならではの風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの細切れチャーシューが入っていて、割と使用されている数は多く、じっくりと噛んで味わってみると…カップ麺ならではの肉の旨味ではありますが、しっかりと豚肉ならではの味わいと味付けが施されているため、食べはじめはスープ底に沈めておき、少しでも“中華そば”の美味しさを引き立ててもらい、後ほど麺やその他具材と一緒に絡めて食べてみると、より一層美味しく楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのメンマは上記のチャーシューと同じく使用されている数は多めとなっていて、サイズ感も申し分なく、なによりもコリコリとした食感が非常に良い仕上がりとなり、素材本来の味わいはもちろん、メンマらしい味付けなんかもしっかりと感じられる手の込んだ具材のひとつとして、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントをプラスしているようです!

そして、こちらの渦巻きナルトは、味付けなどはないものの…見ての通り白地にピンクの色合いがちょうど良い華やかさを演出し、彩りとしてのアクセントとしてさりげなく添えられています!

他にもこちら“ねぎ”なんかも豊富に使用されていて、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の旨味を凝縮した“中華そば”の味わいをより一層引き立て、シャキシャキとした食感なんかも心地良い具材として食欲そそそります。。

スープについて

スープは、ご覧の通り醤油ベースのスープの割にかなり濃い目の色をしていることからも塩気の強い味わいをイメージさせるんですが、実際には鶏のまろやかな旨味がコク深く丸みのある口当たりを表現し、そこに鰹節をはじめ魚介出汁や胡椒が合わさったことで全体のバランスとしては非常に心地良い後味すっきりとしたスープとなっています!

そのため、醤油ならではのキレとコクが素材の旨味によって引き立ち、満足度もさることながら…濃厚感のある味わいが表現されているため、最後まで決して飲み飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?

また、食べ進めていくに連れて豊富に使用された具材からもちょうど良い旨味が滲み出し、それと同時に満足度も増していく…そんなメリハリ付いた濃厚な“中華そば”が楽しめるかと思われます!やはり製造元が日清食品ということもあってPB商品とはいえ侮れませんね。。

こういった鶏の旨味と鰹節など魚介出汁を合わせたスープは、まさにまろやかさと魚介系ならではの荒々しさが絶妙にマッチしていて美味しいですね!

そして今回の一杯にはまさにそういったキレとコクがバランス良く表現されているため、ベーシックなテイストだからこそ“ファミリーマートコレクション”のカップ麺シリーズの中でも人気高そうです!ファミマではお馴染みの一杯という方も多いのではないでしょうか?

このように、今回の“コク旨中華そば”は、鶏のまろやかなコクのある味わいに鰹節など魚介の出汁や胡椒を合わせたことによってキリッとした締まりが加えられ、メリハリ付いたスープによって最後まで飽きの来ない染み渡るような“中華そば”となっていたため、お好みによってはさら胡椒を加えてみたり、“おろしにんにく”をちょい足ししてみても良いかもしれません!

まとめ

今回「コク旨中華そば」を食べてみて、シンプルながらも旨味が凝縮した味わいをストレートに楽しめる人気のフレーバー“中華そば”らしく、鶏の旨味がまろやかなコクを加え、さらに鰹節など魚介の旨味がキレの良さを際立たせる風味豊かなスープに仕上がり、つるっと滑らかな麺と相性良く馴染んだことによってリーズナブルな価格以上の味わいが表現されていました!

また、そのままいただいても十分洗練された“中華そば”となっていたため、物足りなさを感じることなく満足感に満たされる一杯かと思われますが、途中で胡椒などをお好みで加えることで、より一層鶏や魚介出汁の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!