カップ麺

【ファミマ】海鮮ちゃんぽん!海鮮の旨味をポークが引き立てるファミリーマートコレクションのカップ麺

ファミリーマートコレクション 海鮮ちゃんぽん

ファミリーマートのPB商品のひとつ「海鮮ちゃんぽん」を食べてみました。(2017年11月14日発売・日清食品/ファミリーマート限定)

この商品は、日清食品との共同開発によるカップ麺で、“ファミリーマートコレクション”という名のPBから1年を通して取り扱いされており、海鮮の旨味を利かせたコクのあるまろやかなスープに“ちゃんぽん”らしい6種類もの具材を惜しみなく使用し、そういった具材からも良い味が滲み出すことで凝縮された海鮮の美味しさがクセになるリーズナブルな一杯、“海鮮ちゃんぽん”となっております。(税抜き132円)

ご覧の通り、パッケージには“海鮮ちゃんぽん”といった商品名がわかりやすく大きく配置され、“楽しさ”や“新鮮さ”、“信頼”と“安心”を表しているという…ファミリーマートのロゴを象徴する2色を各種フレーバーごとに異なる配色としてあしらわれ、白を基調になんとも清潔感溢れるデザインに統一されています!

ファミリーマートコレクション 海鮮ちゃんぽん パッケージ

さらに背景にはポークの旨味に魚介を利かせたコク深く濃厚にも見える白濁した“ちゃんぽん”スープにたっぷりと具材が盛り付けされ、海鮮系の旨味に際立った旨味溢れる仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付えび・いか・魚肉練り製品・キクラゲ・コーンが使用されているようです!

ちなみにこの“ファミリーマートコレクション(通称:ファミコレ)”は、もちろんカップ麺だけでなく様々な各種お総菜なんかも取り扱いされていて、さらに低価格の“レギュラーライン”と高付加価値の“プラチナライン”商品なんかも発売されています!(このカップ麺はその“レギュラーライン”の位置付けとなっています。)
※“ファミリーマートコレクション”自体は2012年10月から既存のPBを統一し、カップ麺以外の商品なども順次販売開始されています!

そしてその気になる特徴としては…こちらパッケージ側面に“コクのある海鮮だしの濃厚エキススープにもっちりとした太麺と六種のたっぷり具材”と記載されているように、海鮮のならではの旨味をポークによってコク深く濃厚なスープに仕上げ、そこに6種類もの具材を豊富に使用したことによって、素材の旨味を存分に活かした旨味溢れる味わいに仕上がっているようです!

他にも特徴として…麺には太い丸刃仕様のもっちりとした弾力のある麺が採用されていて、つるっと滑らかな食感に仕上がり、それによって海鮮の旨味が全面に押し出されたコク深く濃厚な“ちゃんぽん”スープとともに満足度の高い味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

割とさらっとした印象の“ちゃんぽん”ですが、今回の一杯にはしっかりとポークの旨味が使用されたことで非常にコク深く、パッケージにも記載されていたような濃厚エキススープに仕上がり、まさに海鮮の旨味がポークによって味わい深く引き立てられた味わいを食べ応えのある太麺とともにガツンと楽しめる“海鮮ちゃんぽん”となっていました!
これは特に、海鮮の旨味を濃厚に表現した“ちゃんぽん”の味わいをもっちりとした太麺と気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は海鮮の旨味をポークによってコク深く際立たせた濃厚なエキススープに仕上がり、そこに豊富に使用された具材などと一緒に思う存分“ちゃんぽん”ならではの味わいが楽しめるファミマのPBカップ麺のひとつ、「海鮮ちゃんぽん」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

海鮮ちゃんぽん

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染みファミマのPB“ファミリーマートコレクション”から1年を通して発売されているカップ麺シリーズのひとつで、“ちゃんぽん”らしいイカや海老など様々な海鮮の旨味をたっぷりと利かせ、その味わいをポークによって味わい深く濃厚なエキススープに表現した旨味溢れる一杯、“海鮮ちゃんぽん”となっています。

ご覧の通り、フタの方にも海鮮の旨味がポークによってコク深く引き立った味わいが伝わって来るかのような“海鮮ちゃんぽん”の濃い目な仕上がりイメージが掲載されていて、そこにたっぷりと盛り付けられた色とりどりの6種類もの具材からも良い旨味が滲み出し、それによって濃厚な“ちゃんぽん”スープを美味しく際立たせているようで、ファミマのPBである“ファミリーマートコレクション”のロゴなんかもさりげなく配置されています!

ちなみに、ファミリーマートがPB商品として展開するカップ麺は、今回の“海鮮ちゃんぽん”を含め以下の商品が発売されていて、計6種類のラインアップとなっています!

ファミリーマートでは全国の名店と呼ばれるラーメン店とのコラボカップ麺なんかも数多く発売しているんですが、PBカップ麺としても1年を通して陳列され、その味わいとリーズナブルな味わいからも一定のリピーターやシェアを獲得しているものと思われます!

それ以外にも“札幌味噌ラーメン”や“醤油とんこつラーメン”といった上記のタテ型カップ麺とは異なる“どんぶり型”でファミリーマートコレクションとしては初となるノンフライ麺が採用された商品も2019年10月29日に発売されていますが、こちらは数量限定のようですね!

この“ファミリーマートコレクション”のカップ麺をまとめた記事は、ぜひこちらもご覧ください!

ファミリーマートコレクション
「ファミマ」カップ麺!ファミリーマートコレクションのカップラーメンを一挙ご紹介!ファミリーマートのPB(プライベートブランド)「ファミリーマートコレクション」をご存知ですか?このシリーズは様々な商品展開を行っており、...

また、ローソンのPBカップ麺は税込み120円〜138円、セブンプレミアムのPBカップ麺は税込み98円〜138円となっていて、これら他社のPB商品と比較するとこの“ファミリーマートコレクション”のカップ麺は税込みだと142円ですから…ほんのわずかではありますが割高な価格設定となっています。。特に“札幌味噌ラーメン”や“醤油とんこつラーメン”に関しては“どんぶり型”、ノンフライ麺仕様ということもあって、税込み178円とPB商品のカップ麺としては割高なイメージです。

それでは、今回の“海鮮ちゃんぽん”がどれほど海鮮系の旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?そしてその味がポークによってコク深く濃厚に引き立てられたスープの具合はもちろん、豊富に使用された具材から滲み出す旨味、そしてなんと言っても太麺・丸刃仕様のもっちりとした麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り327kcal(めん・かやく291kcal / スープ36kcal)となっております。(塩分は4.7g)

カロリーは、ポークによってコク深く濃厚なエキススープに仕上がった“ちゃんぽん”とのことでしたが、思っていたよりも低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています!

ちなみに1食当たり75g、麺の量は60gとのことで、容器は他のレギュラーサイズと比較して若干小さめにも感じられるんですが…そこまで少ないというわけではないようですね!
※サイズ的にはお馴染み“カップヌードル(1食当たり78g・麺量65g)”と比べて麺が若干少なめとなっています!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、ポーク調味料やポークエキスをはじめ…

  • 豚脂
  • コーンパウダー
  • チキンエキス
  • いかパウダー
  • 香辛料
  • 魚介エキス
  • 魚醤

といった、原材料に記載されている順序からすると…“海鮮ちゃんぽん”というよりもポークの旨味に際立っているようにも感じられ、海鮮の旨味をしっかりと引き立てたコク深く濃厚な“ちゃんぽん”らしい味わいを想像させる材料が並びます。

さらに、この“ファミリーマートコレクション”のカップ麺は日清食品が製造しているとのことで、製造所にもしっかりと“日清食品株式会社 下関工場”と記載されていることが確認できます!

原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、しょうゆ、ポークエキス、チキンエキス、香辛料)、スープ(ポーク調味料、糖類、ポークエキス、豚脂、コーンパウダー、チキンエキス、いかパウダー、香辛料、魚介エキス、魚醤)、かやく(キャベツ、味付えび、いか、魚肉練り製品、キクラゲ、コーン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘多糖類、香料、炭酸Ca、かんすい、クチナシ色素、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、香辛料抽出物、炭酸Mg、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1(一部にえび・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (75g) 当たり]
熱量327kcal
たんぱく質7.1g
脂質11.3g
炭水化物49.1g
食塩相当量4.7g
めん・かやく: 1.9g
スープ: 2.8g
ビタミンB10.75mg
ビタミンB20.24mg
カルシウム101mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、具材には…

  • キャベツ
  • 味付えび
  • いか
  • 魚肉練り製品
  • キクラゲ
  • コーン

が入っています。

これを見る限り、“ちゃんぽん”らしい“かまぼこ”をはじめ、海老やイカなど魚介の旨味を引き立てる6種類もの具材が惜しげもなく使用され、その量も割と多く、PB商品とは思えないほどの仕様となっているようですね!

また、麺はご覧の通り丸刃仕様でしょうか?やや細めにも見える太麺仕様のもっちりとした弾力とコシを兼ね備えた食べ応えなんかもありそうで、コク深く濃厚な“ちゃんぽん”スープにも負けじとしっかりと食欲を満たしてくれそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:310ml)
そして出来上がりがこちら!
※他の商品は調理時間3分となっているんですが、この“海鮮ちゃんぽん”に関しては太麺ということもあって4分となっています。

先ほどまでのたっぷりと使用された6種類もの具材がふっくらとした仕上がりとなって麺を覆い尽くし、海鮮の旨味をポークによってコク深く濃厚に仕上げた食べ応えのある一杯、といった印象の出来上がりです。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…パッケージにも“濃厚エキススープ”と記載されていたようにスープはほんのりとした“とろみ”があり、コク深く濃厚な味わいをすでにイメージさせ、このたっぷりと使用された6種類もの具材からも海鮮の旨味を引き立てる良い味が滲み出しているようにも見えます!

また、麺もしっかりと湯戻しされたことによって食べ応えのある太麺に仕上がり、見るからにもっちりとした弾力なんかもあり、決してリーズナブルな一杯とは思わせない“食べた感”にも期待できそうですね!

そしてなんと言っても、この白濁した乳化感のある海鮮エキスを凝縮した濃厚な“ちゃんぽん”スープから香り立つ海鮮の風味が食欲をかき立てます!!…これはPB商品とは思えない仕上がりと言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…しっかりとポークの旨味を利かせたことによって“海鮮ちゃんぽん”の味わいにクリーミー・まろやかとも言えるコクが加わり、インパクトのある美味しさがガツンと楽しめる仕上がりとなっています!

通常こういった“ちゃんぽん”と言えば…割とさらっとした仕上がりを想像するんですが、今回の一杯には物足りなさを感じさせない厚みのある旨味が表現されていて、海鮮ならではの味わいが十二分に堪能できるスープとなり、そこにもっちりとした太麺、さらに6種類もの豊富な具材が使用されたことで、旨味溢れる美味しさが最後までじっくりと味わえるでしょう!

しかもポークが利いているとは言ってもギトギトとしたような脂っこさはありませんから、あくまで海鮮の旨味を引き立てるコクを加え、まろやかさに磨きがかかったことで、濃厚な“海鮮ちゃんぽん”の味わいがたまらなく、1年を通して発売されているフレーバーのひとつとして貴重な一杯と言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通り若干中太にも見える太麺・丸刃仕様となっていて、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた仕上がりとなっていて、想像以上にしっかりとした食べ応えなんかもありますね!

そんな麺には…海鮮の旨味をポークによってコク深く濃厚な味わいに引き立てた旨味溢れる“ちゃんぽん”スープがよく絡み、一口ずつに海鮮の旨味とポークが絶妙なバランスでマッチした濃厚な味わいが口いっぱいに広がっていき、海鮮ならではの風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“いか”が入っていて、小さすぎることもなく噛み応えのある食感に仕上がり、噛めば噛むほど素材本来の旨味が滲み出し、今回の“海鮮ちゃんぽん”には欠かせない具材として良い味をスープに加えています!

また、こちらの海老は、少々小ぶりではありますが…素材本来の香ばしさを伴った旨味が“ちゃんぽん”スープを引き立て、こちらもまた海鮮の旨味をさらに美味しく際立たせているため、上記の“いか”とともに食べはじめはスープ底に沈めておき、しっかりと旨味を出してもらった後に麺と一緒に絡めて食べてみると良いでしょう!

さらに、こちらの“かまぼこ”もまた“ちゃんぽん”には欠かせない具材のひとつとして、味付けなどは感じられないものの…彩り良く添えられています!

そして、こちらのキクラゲは、コリコリとした食感が心地良い仕様となっていて、様々な具材が豊富に使用されている中、ちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようです!

他にもこちらのキャベツも使用されていて、素材本来のシャキシャキ感をほどよく感じさせる仕上がりとなり、コーンや海老などとはまた異なる色どりとして華やかさをうまく演出しているように感じられます!

そして最後の6種類目のコーンは、見ての通り白濁とした“ちゃんぽん”スープに映える彩りとなり、じっくりと味わってみると…素材本来の甘みなんかも感じられるんですが、海鮮の旨味を損なうことなく、こちらもまた彩りの良い具材として散りばめられています!

このように、今回の“海鮮ちゃんぽん”には“様々な物を混ぜた”といった意味合い通りたっぷりと具材が使用されていて、彩りの良さはもちろん、麺と一緒に絡めて食べてみることによって、様々な旨味・食感が加わり、より一層旨味溢れる美味しさとして最後まで飽きの来ない一杯が楽しめるかと思われます!

スープについて

スープは、“ちゃんぽん”としてイメージの強い“リンガーハット”のようなさらっとした仕上がりではなく、原材料にも記載されていたようにポークがしっかりと利いているため、コク深く旨味溢れる海鮮の味わいがガツンと楽しめる仕上がりとなっています!

そして、海鮮ならではのシャープな飲み口に加え、ポークのまろやかさが絶妙なバランスとなって仕上がっているため、まさにキレとコクがちょうど良く、喉越しの良い“ちゃんぽん”スープといったところ!

また、あっさりとした“ちゃんぽん”も良いですが、こういった濃厚なテイストもありですね!しっかりとした満足感が得られるため、太麺と合わせて食べ応えなんかも抜群です!

そして、なんと言っても6種類もの具材が豊富に使用されているため、これら具材からも良い旨味・出汁が滲み出し、それによって満足度も増していきますから、まずは麺から先に食べ進めていくことで徐々に濃厚感や旨味としての厚みも増していくことと思われます!

このように、今回の“海鮮ちゃんぽん”は、海鮮の旨味をポークがコク深く濃厚なスープに仕上げ、そこに“ちゃんぽん”らしく豊富に使用された6種類もの具材からも旨味が滲み出し、食べ進めるに連れて満足度も増していく…そんな食べ応えのあるPB商品とは思えないクオリティの高い仕上がりとなっていたため、お好みによってはラー油などのピリッとした辛みを加えてみても良いでしょう!

まとめ

今回「海鮮ちゃんぽん」を食べてみて、海鮮の旨味を味濃く濃厚に仕上げたスープには、キレの良い口当たりはもちろん、ポークがコク深さを際立たせることで、白濁とした乳化感のあるスープだけでも十分楽しめる仕上がりとなり、さらに“ちゃんぽん”らしく豊富に使用された具材からも良い旨味が滲み出したことによって、ファミマのPB“ファミリーマートコレクション”といった割安なイメージとは異なる満足度の高い一杯となっていました!

また、この“ちゃんぽん”といったテイストは年中取り扱っているフレーバーとしては非常に珍しい一杯でもありますので、コンビニで“ちゃんぽん”の味わいを気軽に楽しみたい時にぴったりな商品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!