ペヤング

ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味!納豆とキムチが相性良くマッチした風味豊かな一杯

ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味

ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味」を食べてみました。(2020年8月4日セブンイレブン先行発売 / 2020年8月24日・東日本一般発売 / 2020年8月31日・西日本一般発売 / まるか食品)

この商品は、以前ご紹介した“ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX ガーリックパワー(2020年7月13日発売)”、そして“ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 関西風天かす(2020年7月20日発売)”に続く“ペヤング GIGAMAX”シリーズの新商品ということで、お馴染み“ペヤング”シリーズの中でも特にインパクト抜群な大容量の“GIGAMAX(ギガマックス)”第6弾となるフレーバーが登場です!!

それも…ポークをベースに魚醤やキムチの旨味を利かせたキレの良い焼そばソースに仕上げたことで、食欲そそるピリっとした辛みと魚介の旨味がバランス良くマッチし、具材として“ひきわり納豆”をイメージさせる細かくカットされた納豆をたっぷりと加えたことによって意外と相性の良い納豆キムチの味わいがたっぷりと楽しめる1食当たり396g(麺量300g)もの豪快な一杯、“ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味”となっております。(税抜き408円)

そしてそのサイズから、ご覧の通りパッケージにも“※1日1食までにして下さい。カロリー摂取基準を上回る恐れがあります。”との注意書きが記載されているように、今回も同じく1食当たり396g・1,875kcalとボリューム感抜群な一杯が思う存分楽しめるようです!

実際店頭で手にとって見ると…そのサイズ感やずしっとした重みに驚く方も多いのではないでしょうか?今回はその第6弾ということで、ひとりではなかなか食べきることが難しいとされるGIGAMAXシリーズが早くも様々な商品展開を見せてきましたね!さすが“ペヤング ソースやきそば”発売45周年!何かが違います!

このように…2020年に入ってからというもの、“ペヤング”シリーズは“ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ(2020年3月9日発売)”や“ペヤング もち麦MAXやきそば(2020年3月16日発売)”、さらに“ペヤング ソースやきそば 具材アップ(2020年3月23日発売)”や“ペヤング 塩ねぎ豚やきそば(2020年6月22日発売)”といった…ある意味らしくないフレーバーが数多く登場していた様子でしたが、ここにきて立て続けにGIGAMAXシリーズが3つも登場するとは思ってもいませんでしたから。。最近のペヤングは想像以上のインパクトがありますね!これはまだまだGIGAMAXシリーズが続くような気もします…笑

また、“GIGAMAX”シリーズには共通して仕上がりイメージなどが掲載されていないんですが…原材料を見る限り具材には…キャベツ・納豆が使用されているようです!(後ほど詳しくご紹介しますが…さすが“GIGAMAX”シリーズということもあって具材の量に関しても規格外のボリュームとなっています!)

しかし何度見ても容器自体のサイズもでかいですね。。高さも通常の2倍ほどあり、さすがレギュラー商品の3〜4倍程度の内容量・税別408円なだけあって、持った時のズシッとした重量感によって桁違いのボリューム感が伝わってきます!!

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺となっていて、それによってラードの旨味・香ばしさがキムチの旨味・コクを利かせた焼そばソースに加わり、豊富に使用された納豆によって旨味溢れる“納豆キムチ”の味わいに仕上がり、キムチ特有のやみつき感のある魚介・“にんにく”などの旨味が凝縮された風味豊かなテイストがボリューム感たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

キムチならではの魚介の旨味とピリッとした辛みがやみつき感のある美味しさをしっかりと表現し、それをポークが引き立てたことで厚みのある美味しさとして焼そばソースに仕上がり、風味豊かで旨味としては申し分のない味わいがたっぷりと楽しむことができ、さらに別添されている具材の納豆をよーく混ぜ合わせることによって、ふんわりと納豆ならではの風味がプラスされ(そこまで納豆の香りは強くはありません)、まさに栄養素の高い“納豆キムチ”の味わいが旨味・風味から表現された臨場感の高い一杯となっていました!
これは特に、“納豆キムチ”が好みの方はもちろん、キムチの旨味・コクを引き立てたクセになる味わいに相性抜群な納豆の風味がプラスされたGIGAMAXシリーズらしいボリューム感たっぷりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの中でも特にインパクト抜群な“GIGAMAX”シリーズ第6弾として登場となった“納豆キムチ”の味わいをイメージしたやみつき感のある風味豊かな一杯、「ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、ポークをベースにキムチ特有の海鮮系の旨味がしっかりと利いた濃厚で後味の良い味わいに仕上げ、そこに具材として“納豆”をたっぷりと使用したことによって…文字通り“納豆キムチ”ならではのテイストを表現したボリューム感抜群な一杯、“ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味”となっています。

ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味 パッケージ

そして…冒頭でもお伝えした通り今回で早くも“GIGAMAX”シリーズ第6弾となるわけですが…第1弾として登場となった“ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX”や第3弾に登場した“ソースやきそば超超超大盛 GIGAMAX マヨネーズMAX”に関しては通年商品なのでしょうか?コンビニはもちろんスーパーなどでもいまだに取り扱いされていますから…陳列されているカップ麺コーナーの中でも一際存在感のあるサイズ感なので、もはやご存知の方もかなり多いのかもしれません!(まるか食品公式ページのラインアップにもちゃんと掲載されています!)

そんなインパクト絶大な“GIGAMAX”シリーズ第6弾ということで、今回は下記の通り“納豆キムチ味”を表現した一風変わったテイストにも感じられるかもしれませんが、納豆とキムチは意外と相性の良い具材で、そもそも栄養効果としても期待でき、しっかりとした旨味も楽しめる満足度の高い一杯と言えるでしょう!…ボリュームはさておき。。

風味豊かな味わいの納豆と濃厚なキムチソースを使用した商品です。
納豆キムチの旨味を存分にお楽しみいただけます。
引用元:ペヤング 超超超大盛GIGAMAX 納豆キムチ味 | まるか食品株式会社

ご覧の通りパッケージにはいかにも納豆をイメージさせる藁(わら)のようなイラストデザインが背景にあしらわれ、一見すると納豆が全面に押し出されているようにも感じられるかもしれませんが、あくまで今回のフレーバーは納豆とキムチをバランス良く合わせた“納豆キムチ”の味わいが表現されているのとことで、これまで発売されてきた“GIGAMAX”シリーズの中でもボリュームを考慮すると…比較的飽きの来ない食べやすいテイストとも言えるのではないでしょうか?

そしてもちろんサイズもかなりの大きさとなっているので、こちらに“必要なお湯の目安量1300ml”と記載されている通り、1リットル以上もの熱湯が必要となるため、湯切りの際はやけどなど十分注意が必要です。(思っている以上に重いのでドボンっといかないように…)
※うちで毎日使用しているケトルは1,200mlのものでしたので、ギリギリ間に合いました。。

ちなみにこの“GIGAMAX”シリーズとしてはこれまでも以下のようなフレーバーが登場していて、今回の“納豆キムチ味”が1食当たり396g(麺量300g)・1,875kcalですから…麺量は以前と同じですが、内容量やカロリーだけを見ると今までの商品よりも若干低めとなっており、ほんのわずかながら食べやすいボリューム感となっています!
※“ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX”と“ペヤング 激辛やきそば 超超超大盛 GIGAMAX”は麺量330gとなっています。

また、この“超超超大盛 GIGAMAX”は元々レギュラーサイズ4個分として2018年6月18日に関東で先行発売、さらに7月に全国で発売開始され、1食だけで成人男性の1日分の摂取カロリーと同等(2,142kcal)となるボリューム感抜群な商品として大変話題となったわけですが…まさかシリーズ化するとは思ってもみませんでしたから、今回のように集中的に3種類もの新フレーバーが続くとなると、これはまだまだ今後の商品展開にも目が離せませんね!

それでは、今回の“ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味”がどれほどキムチの旨味を利かせた濃厚な味わいに仕上がっているのか?キムチに含まれる魚介系の旨味や具材にたっぷりと使用された納豆との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り1,875kcalとなっております。(塩分は10.2g)

カロリーは、シリーズらしく1日の摂取基準を上回る恐れがあると記載されていた通り非常に高い数値のようで、塩分も同じく相当高い数値となっています。
ちなみに1食当たり396g、麺の量は300gとのこと。

他にもカロリーや塩分だけでなく、炭水化物や脂質に関しても桁違いの数値であることが確認できますね。。

原材料について

では原材料も見てみます。

添付調味料と記載されたソースには、糖類や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • キムチエキス
  • 魚醤
  • ポークエキス
  • 香辛料

といった、ポークをベースにキムチの旨味を利かせたコク深く濃厚な焼そばソースに仕上げ、キムチ特有の魚介の旨味なんかも感じられるピリ辛な後味が心地良く、そこにたっぷりと加えられた納豆によって意外と相性の良い“納豆キムチ”ならではの味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…シリーズらし“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00616 9
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(糖類、食塩、植物油脂、キムチエキス、魚醤、ポークエキス、香辛料、たん白加水分解物)、かやく(キャベツ、納豆)/酒精、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、カラメル色素、カロチノイド色素、酸味料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、香料、香辛料抽出物、ビタミンB2、(一部に小麦・ごま・大豆・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (396g) 当たり]
熱量1875kcal
たん白質30.1g
脂質100.6g
炭水化物212.2g
食塩相当量10.2g

引用元:ペヤング 超超超大盛GIGAMAX 納豆キムチ味 | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、ソース、“後入れかやく”といった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、こうして並べてみるとサイズ感が伝わりにくいかもしれませんが…それぞれGIGAMAXシリーズらしく非常に大きなパックとなっており、特にソースはかなりさらっとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたやや細めな仕様となっていて、これによってラードの旨味と香ばしさが広がり、ソースの旨味をさりげなく際立たせているんですよね!これは今回のフレーバーとの相性なんかも良さそうです!

さらに、麺量はレギュラー商品の約3.3倍となっていて、ご覧の通りサイズの大きな麺がふたつ使用されています!ずしっとした重みからして…すでに湯戻りする以前からボリューム感抜群な一杯であることがわかりますね!
※参考までにレギュラー商品の“ソースやきそば”は麺量90g

調理してみた

ではまず、“かやく”を入れてみます。
かやくには、キムチならではの味わいとも相性良さそうなキャベツのみが入っています!

また、こちらも写真では伝わりにくいかもしれませんが…物凄い量のキャベツが使用されているようで、シャキシャキとした食感としてのアクセントがプラスされているようです!!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:1300ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!
※かなり重いので十分注意してください。

すると…先ほどまでの麺や具材として豊富に使用されているキャベツがふっくらとした仕上がりとなり、特に麺は細いながらもしっかりとしたコシが加わり、見た通り物凄いボリュームで、ここにソース・“後入れかやく”を加えることによって“納豆キムチ”ならではの後味すっきりとした濃厚な味わいが楽しめる満足度の高い一杯…といった印象の出来上がりです。

ということで、先ほどのソースを加えていきます!
すると…“とろみ”というよりも魚醤やキムチエキスなどの旨味が凝縮された濃厚といったイメージの状態で、見た通り赤みを帯びたキムチ特有の旨味・コクが加わり、さらに食欲そそる風味が一気に広がっていきます!

しかも量がかなり多いので、しっかりと絞って入れましょう!

すると…量も多く重みのあるソースとなっているため、すぐに容器底へと沈んでいき、この時点ではまだキムチ特有の旨味・風味がしっかりと溶け込んだピリッとした辛みがクセになる仕上がりとなっています!この赤みを帯びたソースが何とも食欲を掻き立てますね。。

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースはポークをベースにキムチエキスなどを加えた割とさらっとした状態でしたので、すんなりとラードの香ばしさが印象的な麺にも馴染んでいきます!

ただ…麺量が300gもありますから、麺を大胆にひっくり返しながら素早く馴染ませていくと良いかと思われます!(この工程がありますから、調理時間は3分のところ2分程度でも十分かと思われます。)

そしてソースが全体に馴染んだら、最後に先ほどの“後入れかやく”を加えて完成となります!また、見てわかるようにこの具材は乾燥タイプの納豆となっていて、“ひきわり納豆”のように細かくカットされた状態となっているようですね!これは全体にもよく馴染みそうです!

ちなみに“ペヤング”シリーズで納豆を使用したフレーバーと言えば…“ペヤング カレーやきそば プラス納豆(2017年11月27日発売)”や“ペヤング ソースやきそば プラス納豆(2017年2月27日発売)”といった商品も以前登場しておりましたが、個人的には今回の“納豆キムチ”の方が素材の旨味・風味を活かしているように感じられますね!

こうして完成となるわけですが、毎回“GIGAMAX”シリーズのボリューム感には驚かされますね!今回もまた300gもの麺がたっぷりと使用されており、ソースには魚醤を含むキムチ特有の旨味が凝縮され、さらに具材に納豆が豊富に使用されたことで“納豆キムチ”の味わいを表現し、まさに旨味と風味によって臨場感の高い味わいに仕上がっているようです!

また、この具材に使用されたキャベツ・納豆は後ほどしっかりと全体を混ぜ込んでいくわけですが、部分的な味の違いなどを確かめつつ…徐々に混ぜていきたいと思います!

それと、これだけのボリューム感のある一杯ですから…お好みによっては後ほど味変するための各種香辛料やトッピングなどを予め用意しておいても良いかもしれませんね!

食べてみた感想

一口食べてみると…キムチならではの魚介系の旨味やピリッとした辛みがしっかりと利いていて、ポークをベースにしているせいか…ソース自体にコクや深みがプラスされているようです!これは普通に美味いと思わせる王道とも言えるテイストと言えるのではないでしょうか?

また、気になる辛みについては、あくまでキムチならではのピリッとした程度の辛みとなっているため、そこまで気にする必要もなく、むしろ後味すっきりと感じさせるキレの良い口当りを後押ししているようにも感じられますね!ただ…飽きの来ないテイストではありますが、量が量なので。。数人でシェアするとちょうど良いかもしれません!(改めて考えてみると…レギュラー商品の3.3倍程度なので、2人だと普通に食べ切れる量かと思われます。)

他にも、少しずつ具材の納豆を全体に馴染ませていくことによって、納豆の風味がしっかりと感じられるわけですが、そこまで強い香りではありませんので、比較的臭みが抑えられた非常に食べやすい“納豆キムチ”となり、この辺りのバランスが飽きさせないテイストとして考慮されているのでしょうね!そのため、味変のひとつとして納豆の追加もありでしょう!!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、シリーズお馴染みラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が焼そばソースに滲み出し、“納豆キムチ”を表現した濃厚な焼そばソースを美味しく際立たせているように感じられます!

そんな麺には…ポークをベースにキムチならではの旨味をたっぷりと利かせたコク深くやみつき感のある焼そばソースがよく絡み、一口ずつに魚介の旨味やピリッとした辛みが口いっぱいに広がっていき、ほんのりと納豆の香りも合わさった風味が後味良く抜けていきます!

やはりこういったすすり心地の良い麺は風味が活きてきますね!今回のようなキムチ特有の風味がすすった際に感じられ、量はさておき…全く飽きの来ないクセになる味わいが楽しめるでしょう!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらのキャベツが入っていて、シャキシャキとした歯ごたえのある食感に仕上がり、こちらにもしっかりとキムチの旨味を利かせたソースがコーティングされていますから…ちょうど良い食感としてのアクセントはもちろん、キムチ特有の旨味も楽しめる相性抜群な具材となっています!

しかも量もたっぷりと使用されていますから、このちょうど良い食感によって“白菜キムチ”を彷彿とさせる食感・旨味が楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらが全体に混ぜる前の納豆となっていて、この状態でいただいてもそこまで具材の旨味・風味は引き立っていないので、こちらは軽く麺と馴染ませることによって素材本来の食感柔らかな仕上がりとなり、納豆特有の香りなんかも感じられるため、しっかりと全体に絡めて麺やキャベツと一緒にいただくと良いでしょう!

そして、風味としてはそこまで納豆ならではの強烈な仕上がり具合ではありませんので、まさに万人受けするかのような“納豆キムチ”の味わいを引き立てる相性抜群な引き立て役となっています!

そして、これら具材をたっぷりと絡めていただいてみると…キムチの旨味にほどよい納豆の香りが加わり、麺から滲み出るラードの旨味・風味も後押ししたことによって、まさにやみつきになる味わいがガツンと楽しめるかと思われます!

しかも使用されているキャベツの量も非常に多いので、シャキシャキとした食感が心地良く、テンポ良く食べ進められる辺りが好印象といったところ!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通りポークをベースにキムチエキスや魚醤を加えた魚介系とピリッとした辛みがバランス良く調和したクセになる味わいに仕上がり、麺から滲み出る香ばしさも後押ししたことで、旨味溢れるテイストが表現されています!

…というかこのポークの利かせ具合もまた良いですね!決して脂っこさなどを感じさせるわけでもなく、あくまで“納豆キムチ”の旨味を引き立てる材料として味に深み・コクをプラスしているように感じられます!

また、この赤みを帯びたキムチ特有の辛みがソースの味わいにちょうど良いメリハリを加え、具材にたっぷりと使用された納豆とも非常に相性良く馴染み、まさに“納豆キムチ”ならではの旨味が思う存分たっぷりと楽しめるのではないでしょうか?

そしてもちろん…GIGAMAXシリーズらしく麺量300gもの大容量の仕様ですからね、ご覧の通り思い切り頬張ってもまだまだ麺はたっぷりと容器に残っていますので、次々と口へ運びましょう!!

こうして一気に食べ進めていってもまだ半分弱ありますね。。
個人差はもちろんありますが…こういったボリュームのある一杯は一気に食べ進めないと満腹感に満たされてしまいますから、個人的に“GIGAMAX”シリーズに関してはスピード勝負だと思っています!笑

そしてその後かなり健闘したんですが、この辺りで箸が止まりました。。
ただ、若干“GIGAMAX”のボリューム感にも慣れてきたような気もしますね!個人的にどちらかと言えば少食な方なんですが…もう少し頑張れば完食できそうです!
※ただし無理は禁物です。

というか今回の“納豆キムチ”のフレーバーが美味しいというのもありますね!特にキムチの旨味が際立っていたので、魚介系の旨味やキムチならではのキリッとした辛みが心地良く、飽きが来ないという点が印象的で、ちょっと大食いの方なら味変しながら美味しくいただけるのかもしれません!

このように、今回の“ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味”は、ポークをベースにキムチエキスや魚醤などキムチらしい魚介の旨味をしっかりと利かせ、さらにピリッとした辛みがキレの良さを際立たせるメリハリのある仕上がりとなり、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出るラードの旨味や香ばしさが美味しさをさりげなく引き立て、なんと言っても具材にたっぷりと使用された納豆の風味が“納豆キムチ”ならではの味わいをうまく表現したクオリティの高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては味変用に様々な各種香辛料や追加トッピングなどを予め用意しておくと良いでしょう!(2人だと全然余裕なので、様々な味わいをシェアして楽しんでみても良いかもしれません。)

まとめ

今回「ペヤング 超超超大盛 GIGAMAX 納豆キムチ味」を食べてみて、キムチならではの味わいが非常にリアルに再現された焼そばソースには、ポークの旨味がほどよく濃厚感・コクを引き立て、キムチらしい辛みがキレ・後味の良さを演出、さらに具材にたっぷりと使用した納豆を全体によーく馴染ませることで“納豆キムチ”特有の相性抜群な美味しさが臨場感を際立たせ、シリーズらしいボリューム感によって思う存分たっぷりと楽しめる一杯となっていました!

また、なんと言っても今回のフレーバーは納豆とキムチとのバランスが非常に良く、ピリ辛でありながらも旨味が凝縮され、意外にも相性の良い“納豆キムチ”がボリューム感抜群な焼そばとして堪能できる仕上がりでしたので、量はさておき…幅広い層に好まれるテイストと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!