マルちゃん正麺

マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン!味噌のコクと刺激的な辛さを利かせたやみつき感のある一杯

マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン

マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン」を食べてみました。(2021年3月2日発売・東洋水産/ファミリーマート限定・数量限定)

この商品は、“「いま抜群においしく、そして10年後20年後も古びることなく愛され続ける即席麺」”をコンセプトとした本格感のある麺で定評のある“マルちゃん正麺”の新商品ということで、今回は“マルちゃん正麺 濃厚担々麺(2020年3月3日発売)”に続くファミリーマートとのコラボカップ麺としてポークをベースに濃厚な辛味噌タンメンを表現した限定フレーバーが登場です!

それも…上記の通りポークや野菜の旨味をしっかりと利かせたコク深く濃厚な味わいに豆板醤や唐辛子による刺激的な辛みを加えたことでコク深くも後味すっきりとした辛味噌タンメンに仕上げ、シリーズらしい本格感のある麺にも負けじとクオリティの高いスープが堪能できる一杯、“マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン”となっております。(税抜き298円)

味噌のコクと刺激的な辛さをミックスした、やみつき感のあるスープを使用しています。
引用元:マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン|商品情報|ファミリーマート

ご覧の通りパッケージには、東洋水産お馴染みの独自技術“生麺ゆでてうまいまま製法”によるつるっと滑らかな生麺さながらの中太麺がポークや辛みを利かせた濃厚な辛味噌タンメンスープに絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…キャベツ・味付豚肉・チンゲン菜・玉ねぎ・小松菜・ねぎ・人参が使用されているようです!

このように具材にはタンメンらしく野菜中心にたっぷりと使用され、このスープに広がる赤みを帯びた刺激的な油分がまた食欲を掻き立てられますね!

そしてその気になる特徴としては、上記のようにポークをベースに辛みや濃厚な味噌をバランス良く合わせたコク深く後味すっきりとしたタンメンスープに仕上がり、こちらパッケージにも“こだわりぬいたコクと辛味の旨辛味噌スープ!”と記載されているように、豆板醤や唐辛子による辛み、それらが互いの旨味を引き立て合うかのように合わさったことによって麺だけでなくスープまでもが本格感のある仕上がりとのこと!

ご覧の通り、こちらには“旨辛味噌タンメン”といった商品名の文字通りコク深い旨味が凝縮された喉越しの良いスープのイメージ写真なんかも掲載されており、しっかりとした辛みを利かせたことで色味はもはや真っ赤に染まり…豊富に使用された各種具材が単純に辛いだけのテイストではないことが伝わってきますね!これは野菜の旨味×辛味噌といった刺激的なタンメンスープということもあって激辛好きにはかなり期待したいところではないでしょうか?

また、この“マルちゃん正麺”にはタンメンといったフレーバーがこれまでも意外と多く発売されており、今回の“旨辛味噌タンメン”は王道なテイストにコク深く濃厚な味噌やキリッとした強い辛みを加えたことで、ひと味違ったメリハリのある一杯に仕上がっていると思われますから、その凝縮された旨味やコク、そして本格感のある香辛料や食感滑らかな麺との相性なんかも気になりますね!

他にも特徴として…麺は“マルちゃん正麺”だけでなく、東洋水産から発売されているカップ麺で数多く採用されている本格感が特徴的な“生麺ゆでてうまいまま製法”による中太麺が採用されており、旨味が凝縮された濃厚な辛旨味噌タンメンスープにも負けじとお店さながらの生麺のような舌触りが心地良い食感が最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークと濃厚な味噌が合わさったことでコク深くトロッとしたスープには…動物系の旨味はもちろん、豆板醤や唐辛子などの辛さが思ったよりもしっかりと利いており、それによってコク・キレを併せ持つ喉越しの良いやみつき感のあるタンメンスープに仕上がり、特にすっきりとした後味が印象的で、激辛というほどではありませんが、麺・スープともにシリーズらしいワンランク上の本格的な一杯となっていました!
これは特に、旨味を詰め込んだタンメンにポークや味噌、辛みを加えたことで、刺激的な味わいを生麺のような本格的な麺とともに気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は東洋水産の人気シリーズ“マルちゃん正麺”からファミリーマートとのコラボ第2弾によって数量限定で発売された旨味と辛みが絶妙にマッチしたことで本格的な味わいに仕上った一杯、「マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン

今回ご紹介するカップ麺は、まるで生麺のような食感で定評のある“マルちゃん正麺”からファミリーマートとのコラボカップ麺として数量限定で登場したもので、ポークや濃厚な味噌を合わせ、さらに豆板醤や唐辛子といった後引く辛さを加えたことによってコク深く濃厚な味わいに仕上げ、さらに“正麺”らしい生麺を彷彿とさせる本格感のある滑らかな麺とともにクオリティの高い濃厚な味わいが表現された一杯、“マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン”となっています。

ご覧の通りパッケージは、いつもの“マルちゃん正麺”だと…品質の高さを思わせる金色に光輝く質感が印象的なんですが、今回は濃厚かつ辛みの強いタンメンということもあってイメージ通り赤を基調にし、特に旨味・辛みを強調したデザインにあしらわれております!(今後、毎年ファミリーマート限定で辛さに拘ったテイストが登場するのかもしれません。)

ちなみに2021年3月現在、“マルちゃん正麺”のラインアップとしては、以下のように今回の“旨辛味噌タンメン”を含め計7品となっています!(うち湯切りタイプは2商品)

中でも“マルちゃん正麺 カップ”シリーズは、2019年4月1日から湯切りタイプといった新たな商品展開を行うことで、さらに幅広いジャンルのテイストがラインアップに並んでいます!今回はその中でも恐らく通年扱いのレギュラー商品ではありませんが、特に最近は汁なしタイプにも力を入れているようにも感じられますね!

個人的に“マルちゃん正麺 カップ 油そば”はレギュラー化すると思ったんですが…どうやら“マルちゃん正麺 カップ 鶏ニボ(2020年12月21日発売)”とともにラインアップからは外されてしまっているようです。。他にも以前レギュラー商品だったフレーバーなどを含む以下の商品なんかも外されているようです。。

また、これまでも様々な“マルちゃん正麺”シリーズをご紹介してきましたので、ぜひ下記のページもご覧ください!

参考:「マルちゃん正麺」シリーズ一覧

さらにこちらには…東洋水産の特許製法である“生麺ゆでてうまいまま製法”についての簡単な説明が記載されており、こちらによると、生麺を一度茹でてから乾燥したことによって、乾燥麺でありながらも生麺らしい滑らかさや噛み応えのあるコシ・食感が表現されているとのこと。

それでは、今回の“マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン”がどれほどポークや濃厚な味噌をバランス良く利かせた仕上がりとなっているのか?味噌ならではのキレとコク、そして後引く辛さをプラスする豆板醤や唐辛子などの兼ね合いはもちろん、なんと言っても本格感のある“生麺ゆでてうまいまま製法”から作られる食感滑らかな麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り425kcal(めん・かやく280kcal / スープ145kcal)となっております。(塩分は6.0g)

カロリーは、濃厚な仕上がりの割にそこまで高い数値ではないようですが、一方で塩分はやや高めな数値となっています。
ちなみに1食当たり117g、麺の量は65gとのこと。(前回よりも全体的なボリュームは少なくなっているようです…)

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけで145kcalもありますから…やはり“旨辛味噌タンメン”というだけあって味噌・豆板醤・ポークなどをバランス良く合わせたコク深い濃厚なスープに仕上がっているものと思われます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“みそ”やポークエキスをはじめ…

  • 香味油脂
  • 植物油
  • 香辛料
  • ラード
  • チキンエキス
  • しょうゆ
  • でん粉
  • 食塩
  • 豆板醤
  • 魚介エキス

といった、ポークを利かせた味噌ベースの濃厚なタンメンスープに豆板醤や唐辛子などの辛みがしっかりと溶け込んだことによってコク深く濃厚ながらも後味すっきりとした味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…でん粉や“こんにゃく”といった生麺さながらの食感を思わせる材料なんかも確認できます!この“生麺ゆでてうまいまま製法”による食感がまた良いんですよね!

JANコード4901990368575
原材料名

めん(小麦粉(国内製造)、でん粉、食塩、植物性たん白、こんにゃく、大豆植物繊維、植物油脂)、添付調味料(みそ、ポークエキス、香味油脂、植物油、砂糖、香辛料、ラード、チキンエキス、しょうゆ、でん粉、食塩、豆板醤、酵母エキス、魚貝エキス)、かやく(キャベツ、味付豚肉、チンゲン菜、たまねぎ、こまつな、ねぎ、にんじん、でん粉)/調味料(アミノ酸等)、加工でん粉、酒精、増粘多糖類、炭酸カルシウム、かんすい、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、香辛料抽出物、パプリカ色素、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (117g) 当たり]
熱量425kcal
たん白質13.0g
脂質13.3g
炭水化物63.4g
食塩相当量6.0g
めん・かやく: 2.3g
スープ: 3.7g
ビタミンB10.22mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム199mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体スープ、後入れ粉末スープ、2種類の“かやく”といった4つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの4パックとなっていて、特に液体スープには、ポークの旨味や濃厚な味噌、さらに豆板醤などコク深さを表現するドロッとした状態となっていましたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

ちなみにレギュラー商品だと税抜き225円で発売されている“マルちゃん正麺”なんですが、今回の“旨辛味噌タンメン”は税抜き298円と強気な価格設定となっていることからも、かなり本格的な味わいが表現されているものと思われ、調味料や具材なんかもたっぷりと使用されているようですね!これは期待値もどんどん増すばかり。。しかもスープは粉末・液体のWスープ仕様!!

また、麺はご覧の通りお馴染み“マルちゃん正麺”と同じく独自製法によるつるっと滑らかな食感と歯切れの良い強いコシが心地良い中太麺が採用されているようで、旨味溢れる濃厚かつ辛みの強いタンメンスープとともに満足度の高い味わいが楽しめそうです!

調理してみた

では、念のため調理方法を確認してみると…まずは2種類の“かやく”を入れて熱湯を注ぎ5分待ち、粉末スープ・液体スープを加えてしっかりと混ぜて完成とのことで、特に注意点などはありませんが…粉末スープは後入れタイプとなっています!

ではまず、2種類の“かやく”を入れてみます。

この“かやく”には…

  • キャベツ
  • 味付豚肉
  • チンゲン菜
  • 玉ねぎ
  • 小松菜
  • ねぎ
  • 人参

が入っています。

ご覧の通り一方はFD製法によるシャキシャキとした食感が活かされた野菜が使用されており、価格帯やタンメンらしく具材はかなり豊富に使用されているようですね!
特に味付豚肉なんかは思っていたよりも多く含まれており、この具材からもしっかりと旨味が滲み出すのは明らかでしょう!

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:410ml)
そして出来上がりがこちら!

ほどよくお湯を吸ったことで、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には生麺らしいもっちりとした弾力と強いコシが加わり、他にも豊富に使用されてた具材なんかも非常にクオリティが高く、まだ各種スープを加える前ですが、コク深く濃厚感が際立つ“旨辛味噌タンメン”といった商品名に相応しい一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの液体スープを注いでいきます!
すると…赤みを帯びた刺激的な味わいをイメージさせる濃厚感に際立った味噌や豆板醤、さらにポークの旨味が凝縮された濃厚なスープがたっぷりと出てきますので、よーく絞り込んで入れていきましょう!

続いて後入れ粉末スープも加えていきます!
こちらは割と粒子の細かい仕様のようで、液体スープとともに香辛料がたっぷりと使用されたことで、しっかりとした辛さが表現されているように感じられますね!

そして…濃厚な一杯ということもあって液体・粉末のWスープ仕様となっており、そもそも使用されている調味料の量はかなり多いですね。。
これは“旨辛味噌タンメン”の文字通りかなり濃いめ・辛みの強い味わいに期待できそうです!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…ほんのりトロッとした状態に仕上がり、決してドロッとしているわけではありませんが、旨味が凝縮されたことで厚みのあるスープと言うんでしょうか?まさにコク深い濃厚なテイストが印象的で、スープ表面には刺激的な辛さをイメージさせる赤みを帯びた油分が広がっているものの、全体としてはポークや濃厚な味噌をバランス良く利かせた旨味溢れる一杯であることが見てとれます!

また、具材に使用されている味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、もちろんタンメンらしい豊富に使用された野菜の旨味も深みのある美味しさを引き立てたことによって食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな旨辛なタンメンスープが最後までじっくりと堪能できそうです!

タンメンと言えば通常は鶏ガラなどをベースにあっさりとしたスープが印象的なんですが、今回の一杯には濃厚な味噌や後引く辛さを加えることでやみつき感を演出、単純に野菜の旨味だけでなく様々な旨味を掛け合わせたコク深いテイストに際立っているようで、これは見るからにクオリティ高いですね!

食べてみた感想

一口食べてみると…まず感じられるのはシリーズらしいクオリティの高いスープといった印象で、タンメンらしい野菜の甘味・旨味がポークや濃厚な味噌とバランス良く合わさったことで、旨味際立つコク深い味わいに仕上がり、“旨辛味噌タンメン”ということでキリッとした辛さが後引く旨味をさらに引き立て、動物系×野菜の旨味、さらに汗を誘う刺激的な辛さといった申し分のない美味しさが表現されています!

個人的にはタンメンということもあってスープ全体の旨味・バランスに関して若干気にはなっていたんですが、野菜の旨味をうまく活かし、ポークや濃厚な味噌が絶妙に馴染んだことで、濃厚は濃厚でも飽きの来るような“くどさ”は一切なく、豆板醤や唐辛子などの辛さが後味すっきりと感じさせる辺りが好印象といったところ!

そしてその気になる辛さについてですが…豆板醤や唐辛子などの香辛料・調味料による辛さは激辛というほどではなく、うまく濃厚感を調和させるかのような刺激的なアクセントとして融合され、辛い…というよりも“旨辛味噌タンメン”に相応しい旨味とバランス良く馴染んだことで味噌ベースの旨味溢れる味わいはクセになりますね。。ついついスープが止まらなくなります!

麺について

麺は、ご覧の通り東洋水産の独自技術“生麺ゆでてうまいまま製法”による滑らかな食感と歯切れの良い強いコシが表現された生麺を思わせるクオリティの高い仕上がりとなっていて、安定感のある美味しさが楽しめるでしょう!

そんな麺には、今回“旨辛味噌タンメン”として本格的な味わいが表現されたコク深く辛みの強い濃厚なスープがよく絡み、一口ずつにポークを利かせた旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、タンメンらしい野菜の風味やラードの香ばしい香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、先ほどもお伝えした通り割と多めに使用されており、じっくりと味わってみると…噛み応えのあるしっかりとした肉質を感じさせる仕上がりとともに味付けされた肉の旨味がじゅわっと滲み出て来る美味しい具材となっていましたので、食べはじめはスープ底に沈めて旨味をしっかりと滲み出してもらった後、麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらの小松菜は、葉の部位が使用されているため、食感の良さといった感じはありませんが…じっくりと味わってみると、素材本来の美味しさがほどよく感じられる具材として赤みの強いスープに対して彩り良く添えられています!

さらにこちらの“玉ねぎ”は、長細くカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、こちらもまたじっくりと味わってみると…素材本来の旨味・甘味なんかが感じられるタンメンらしい具材として旨味を引き立たせているようです!

そして、こちらのキャベツはシャキシャキとまではいかないものの…ほどよい食感を残した仕上がりとなっていて、こちらもまたタンメンには欠かせない野菜のひとつとして野菜の旨味を引き立てる相性抜群な具材となっています!

さらに、こちらのチンゲン菜は、じっくりと味わってみると…素材本来の美味しさ・風味はもちろん、シャキシャキとした食感が非常に心地良く感じられ、こちらもまたタンメンにぴったりな具材として今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

まだあります!こちらの人参は使用されている数は若干少なめではありますが、素材本来の美味しさや食感がしっかりと表現されており、彩りや食感としてのアクセントを引き立てる具材として使用されているようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークや濃厚な味噌がタンメンらしい野菜の旨味とバランス良く合わさり、さらに豆板醤や唐辛子といった辛みも加わったことでコク深くも後味すっきりとした味わいに仕上がり、繊細にも感じられるメリハリの利いた美味しさが印象的といったところで、ポークはもちろん脂っこさもなく旨味そのものを下支えし、そこに各種香辛料や調味料による辛さが絶妙にマッチしています!これは間違いないですね!

そのため、“とろみ”というよりも非常に厚みのあるスープといった感じで、ラードの風味もまたほどよく香ばしさを引き立て、汗を誘う辛さが清々しいキレの良い後味を際立たせていることを考慮すると…もはやカップ麺のクオリティを超えて来ているようにも感じられるのではないでしょうか?

また、そもそもタンメンはカップ麺としても数多く発売されているジャンルではありますが、その中でも今回の“旨辛味噌タンメン”に関してはポークの旨味や濃厚な味噌を合わせたことで本来の特徴である野菜の旨味も引き立てつつ…深みのある味わいに仕上げたコク深い味わいがたまらなく、ラードを合わせたことで、ちょうど炒め野菜の風味にも似通った本格感のある風味や辛みの強い香辛料との兼ね合いなんかも抜群です!

さらに、この“マルちゃん正麺”シリーズと言えば…麺の仕上がりに定評のある一杯なんですが、スープの方も毎回かなりクオリティが高く、個人的にもカップ麺の中ではワンランク上の味わいが楽しめるシリーズとして毎回新商品は注目しており、今回数量限定で登場した“旨辛味噌タンメン”も、やはりこちらの期待値を大きく超えてくる仕上がりとなっていましたので、かなり満足度の高い味わいが楽しめるでしょう!

このように、今回の“マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン”は、ポークの旨味をベースに濃厚な味噌やタンメンらしい野菜の旨味をたっぷりと利かせたことでコク深くキレのある後引く辛さがやみつき感を演出する満足度の高いスープに仕立て上げ、特に豆板醤や唐辛子などの香辛料や調味料を合わせたことでメリハリのある旨味・辛みが凝縮されたシリーズ拘りの一杯となっていたため、お好みによってはラー油やペッパー系の香辛料をちょい足しして刺激的な辛さをさらに際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「マルちゃん正麺 旨辛味噌タンメン」を食べてみて、通常あっさりとしたタンメンをポークや味噌、豆板醤や唐辛子などを加えたことによってコク深く後味すっきりとした刺激的な辛さと旨味がバランス良くマッチし、ラードを加えたことによる香ばしさや、クセになる旨辛なテイストがたまらない…後味の良い味わいに仕上がり、まさにシリーズらしい本格感のある麺だけでなくスープまでもがカップ麺とは思えないほどクオリティの高い一杯として表現されていました!

これは…今回ファミリーマートとのコラボカップ麺第2弾として数量限定の登場で、さらに価格も税別298円といつもの“マルちゃん正麺”よりも高めな価格設定なだけありますね!価格以上の満足度に満たされるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!