わかめラーメン

わかめラーメン “味の大王”協力 カレー味!ガーリックを利かせたクセになるスパイシーな一杯

人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味

人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味」を食べてみました。(2022年10月10日発売・エースコック

この商品は、シリーズ発売39周年を記念して人気ラーメン店とタッグを組んだ拘りの“わかめラーメン”ということで、北海道苫小牧の名店“味の大王”にアイデアをもらい、ガーリックの旨味をしっかり利かせた風味豊かなカレーラーメンに仕立て上げ、カレーならではのスパイス感をアクセントに磯の風味が香り立つ“わかめ”の旨味を活かした染み渡る一杯が登場です!

それも…ポークや味噌をベースにオニオンの旨味を加え、食欲そそるガーリックで味を整えたカレースープを表現したことで素材の旨味と“わかめ”ならではの磯の風味が引き立ち、海の幸をひと味違ったテイストとしてボリューム感たっぷりと楽しめる一杯、“人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通りパッケージには“元祖カレーラーメン”、“味の大王協力”と記載されているように…2022年5月9日に発売された“サンキューわかめラーメン 具だくさん しょうゆ”に続くシリーズ39周年を記念した特別仕様の一杯で、なんと名店“味の大王”協力のもとにガーリックをバランス良く利かせた拘りのフレーバーですから、素材の旨味を存分に活かした安定感のある濃い目の美味しさがストレートに楽しめる仕上がりに期待できそうです!

そんな通常でも魚介出汁や“わかめ”から滲み出す旨味によってじんわりと染み渡るかのような“わかめラーメン”なんですが、今回はさらにガーリックの旨味を加えたことでクセになる味わいが引き立ち、たっぷりと使用された“わかめ”はもちろん…ポークやオニオンの旨味・風味を存分に活かした染み渡る美味しさが絶妙にマッチし、さらにカレースープということで後味すっきりとした飽きの来ないスパイス感に際立っているようですね!

一方こちらには…“人気ラーメン店とつくる”、“ガーリックを利かせたカレー味”と記載されているように、今回は“わかめラーメン”ならではの美味しさはそのままに、名店“味の大王”をイメージさせるテイストに仕立て上げ、特に食欲そそるガーリックの旨味を活かしたカレースープが特徴的なようで、定番ながらも拘りの素材によっていつもとはひと味違った味わいが存分に堪能できる逸品となっています!

また、こちらには39周年を意味する“39thサンキュー”といった文言が確認でき、その背景にはポークや味噌をベースにオニオンの旨味、さらに食欲そそるガーリックをバランス良く利かせたカレースープにたっぷりと具材が盛り付けられた仕上がりイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…わかめ・コーンが使用されているようです!そしてもちろんこれらの具材からも良い旨味・出汁が出ますから、先に麺からいただいて後半に全体を絡めて食べてみたいところ!(レギュラー商品に使用されている“ごま”・メンマは入っていません。)

ちなみにこの“わかめラーメン”シリーズは…1983年から長らく愛され続けているだけあって、シンプルながらも安定感のある素材の旨味がじんわりと染み渡って地味に美味しいんですよね!そして本商品は名店“味の大王”協力のもと…ガーリックの旨味を利かせた染み渡るカレースープに仕上がっているものと思われますから、想像以上に旨味溢れるテイストが楽しめることに間違いなく、今回は埼玉新座の名店“ぜんや”協力のもと“ほたて”の旨味を利かせた塩スープが楽しめる一杯、“人気ラーメン店とつくるわかめラーメン 塩味”も同時発売されています!

その他にも特徴として…“わかめラーメン”には欠かせない具材“わかめ”がどっさりと使用されているのはもちろん、麺はシリーズらしい中太・丸刃仕様のつるっと滑らかな食感が印象的な味付けを施したフライ麺で、すすり心地も非常に良く、それによって“わかめ”やオニオンの旨味、ポークや味噌をバランス良く合わせたコク深いカレースープにガーリックで味を調えた後味の良い風味豊かな味わいが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

名店“味の大王”からアイデアをもらったというだけあって“味の大王”ならではのガーリックをアクセントに利かせたスパイシーなカレースープに仕立て上げ、ポークや味噌、オニオンの旨味をバランス良く合わせたことで安定感のある味わいを表現、それによって“わかめ”の旨味をさらに引き立たせ、定番のテイストながらも非常に手の込んだ複雑かつ繊細な味わいに際立ち、“人気ラーメン店とつくるわかめラーメン”の文字通り“わかめラーメン”と“味の大王”の良いトコ取りといった印象が強く、単純にスパイス感が強いだけではなく素材の美味しさを丁寧に際立たせた風味豊かな香りが広がっていき、食べ進めていくに連れて“わかめ”からも良い旨味が滲み出し、丸刃仕様の中太麺が食欲を満たしてくれる想像以上に満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、名店“味の大王”ファンはもちろん、ポークや味噌をベースにオニオンの旨味をバランス良く合わせ、食欲そそるガーリックでメリハリを付けたじんわりと染み渡るかのような本格感のあるカレースープをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“わかめラーメン”発売39周年を記念した新商品で、名店“味の大王”とタッグを組んだことによってポークや味噌をベースにオニオンの旨味をバランス良く合わせ、さらにガーリックで味を調えたことで深みのあるカレースープに仕立て上げ、たっぷりと使用された“わかめ”から滲み出す旨味はもちろん、カレー特有のスパイス感が加わったことでいつもとはひと味違ったテイストが存分に楽しめる一杯、「人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味

今回ご紹介するカップ麺は、長年愛され続けているお馴染み“わかめラーメン”発売39周年を記念した新商品ということで、苫小牧の名店“味の大王”からアイデアをもらい、ポークや味噌をベースにオニオンの旨味をバランス良く合わせ、さらにたっぷりと使用された“わかめ”からも良い旨味が滲み出したことで、じんわりと染み渡るカレースープに仕立て上げ、最後までじっくりと素材本来の旨味が堪能できるシリーズらしい飽きの来ない一杯、“人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味”となっています。
※売っている場所:今回はヨドバシの通販で購入

ご覧の通りフタの方には今回の商品名や“味の大王協力”といった特徴などが掲載されており、ポークや味噌をベースにオニオンの旨味、さらにガーリックで味を調えた後味の良いカレースープがどれほどの仕上がりを表現しているのか気になるところではないでしょうか?

ちなみにこの“わかめラーメン”シリーズと言えば…上記の通り2022年で発売39年を迎えたロングセラー商品であり、今までも正統派・王道とも言えるフレーバーから汁なしタイプ、さらに大変話題となった面白いフレーバーなんかも発売されてきました。

そして今回もまた“わかめ”をテーマに旨味・風味を際立たせ、名店“味の大王”とタッグを組んだことでガーリックの旨味を利かせた拘りのカレースープが楽しめる一杯が登場ということで、今後の商品展開なんかも楽しみなシリーズと言えるでしょう!

それでは、今回の“人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味”がどれほどポークや味噌をベースにオニオンの旨味をバランス良く利かせたカレースープに仕上がっているのか?麺を覆い尽くすほどたっぷりと使用された“わかめ”の旨味、食欲そそるガーリックといったアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしい中太・丸刃仕様によるもっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備えた麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り279kcal(めん・かやく248kcal / スープ31kcal)となっております。(塩分は5.2g)

カロリーは、健康志向の高い“わかめラーメン”シリーズらしく比較的低めの数値のようですが、一方で塩分は平均的な数値となっています。
ちなみに1食当たり71g、麺の量は60gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると、スープだけだと31kcalとそこまで高い数値というわけではなく、後味すっきりとしたカレースープにガーリックを利かせ、ポークや味噌の旨味がコクをプラス、様々な素材の美味しさが相性良く融合されたことによって味わい深くスパイシーな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩やカレー粉をはじめ…

  • 乳化油脂
  • 香辛料
  • ポーク調味料
  • 香味調味料
  • オニオンエキス
  • 粉末みそ

といった、ポークや味噌をベースにオニオンの旨味などをバランス良く合わせたことで後味の良いカレースープに仕立て上げ、さらに食欲そそるガーリックでアクセントをプラスし、たっぷりと使用された“わかめ”からも良い旨味が滲み出したことでカレースープ×魚貝の旨味といったひと味違ったテイストに仕立て上げ、なんと言っても名店“味の大王”協力によって食欲そそるガーリックのアクセントが際立ち、じんわりと染み渡る贅沢仕様の味わいを想像させる材料が並びます。

また、従来の“わかめラーメン”は、主に煮干しや鰹といった魚介の旨味を利かせた醤油ベースの後味すっきりとした仕上がりが印象的なんですが、今回の“人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味”には“味の大王”らしいガーリックの旨味なども使用されているようで、想像以上にコク・厚みのある上品なスープなのかもしれませんね!

JANコード4901071216832
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、かやく入りスープ(わかめ、食塩、カレー粉、乳化油脂、香辛料、ポーク調味料、コーン、香味調味料、オニオンエキス、酵母エキス、粉末みそ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸Ca、カラメル色素、重曹、香料、かんすい、酸味料、甘味料(カンゾウ)、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・オレンジ・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (71g) 当たり]
熱量279kcal
たんぱく質7.3g
脂質7.5g
炭水化物
(糖質/食物繊維)
47.3g
(44.0g/3.3g)
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
5.2g
(1.5g/3.7g)
ビタミンB10.43mg
ビタミンB20.37mg
カルシウム272mg

引用元:人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく入り粉末スープ”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっていて、ポークや味噌をベースにオニオンの旨味やガーリックを含む粉末が多く使用され、先入れ仕様ということもあって当然フタの上で温める必要はありません!

また、麺はご覧の通りシリーズらしい中太・丸刃仕様で、つるっと滑らかな食感が印象的なフライ麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず“かやく”を加えていきます!

そして、かやくには…

  • わかめ
  • コーン

が入っています。

この辺りに関してはレギュラー商品と比較して“ごま”・メンマが入っていません。
しかし、今回の“わかめラーメン”も豊富に“わかめ”が使用され、さらに39周年を記念して苫小牧の名店“味の大王”協力によってガーリックの旨味が加わったことで食欲そそるアクセントが際立つ贅沢仕様の味わいが表現されているものと思われます!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:420ml)
そして出来上がりがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力とほどよいコシが加わり、まだ若干粉末スープが溶けきっていない状態ではありますが…“わかめラーメン”シリーズらしく非常にサラッとした仕上がりながらも豊富に使用された“わかめ”による旨味によってスパイス感とともに風味豊かな香りが漂い、シンプルながらもガーリックを含むカレースープの美味しさがストレートに楽しめる味わい深い一杯…といった印象の出来上がりです。

ただ、レギュラー商品の“わかめラーメン”が1食当たり93g(麺64g)に対し、今回の“人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味”に関しては1食当たり71g(麺60g)ということもあって具材が若干少ないようにも感じられ、恐らくカレースープとのバランスを考慮してのことなんでしょうけど、恐らく物足りなさのない様々な旨味が融合された複雑で繊細な味わいであることに間違いなさそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そして、粉末スープが全体に馴染むと…カレー味ということもあってスパイシーな風味が一気に広がっていき、いつもより少なめとは言っても“わかめ”は割と多めで、今回の一杯は名店“味の大王”と“わかめラーメン”がタッグを組んだそれぞれの良いトコ取りによる一杯となっており、お馴染み“わかめラーメン”のスープをカレー味にしてガーリックの旨味を加えるという…互いの旨味を引き立て合うかのようなテイストに際立ち、カロリーもかなり低めでしたから、まさに飲んだシメなんかにも合いそうです!

また、スープを見てみると特にポークの脂・油分といった感じはなく、旨味として溶け込んだことでさり気なくコク深さを引き立て、健康志向の高いシリーズらしい“わかめ”はもちろん、今回39周年を記念して名店“味の大王”とタッグを組んだことによってカレースープにガーリックならではのアクセントが食欲そそり、全体の美味しさが際立つ相性抜群な組み合わせのようですね!これは“味の大王”らしくもあり…“わかめラーメン”らしくもあり非常にバランスの良い逸品と言えるのではないでしょうか?

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークや味噌をベースにした後味の良いカレースープとのことで、いつもとはひと味違ったテイストにオニオンの旨味が加わり、食欲そそるガーリックで味を調えたことによって想像以上に相性抜群な味わいに際立ち、もちろん具材に使用された“わかめ”からも良い旨味が滲み出し、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな贅沢仕様の一杯となっています!というかカレーラーメンדわかめ”の旨味は意外と合いますね!

そしてスープはカップ麺でもお馴染み“味の大王”ならではのガーリックのアクセントを活かした後味の良い染み渡る仕上がりで、決してスパイス感だけが強いというわけではなく、ポークや味噌、オニオンの旨味がバランス良く融合したことで、ついついスープが止まらなくなるかのような味わい深くもシリーズらしいキリッとした口当たりが絶妙にマッチし、具材に使用された“わかめ”からも良い旨味が滲み出し、じんわりと染み渡る美味しさがストレートに楽しめる特別感のある味わいが印象的といったところ!

また、今回のカレーテイストは“わかめラーメン”シリーズとしては初のフレーバーとなっており、ガーリックのアクセントを加えることで一気にやみつき感のある味に際立ちますね!実際スープが止まらなくなるほど美味しく、具材に使用された“わかめ”が若干少なめというのも納得で、原材料にも記載されていた通り香辛料がさり気なく加わったことでスープの旨味・コクに関しては全く申し分なく、カレースープדわかめ”の相性抜群な旨味が存分に楽しめるひと味違った一杯と言えるのではないでしょうか?

しかも何と言っても今回はカレースープですからね!飽きる要素が一切なく、“わかめ”の旨味やスパイス感をポークや味噌がコク深く引き立て、キリッとしたシャープな口当たりが絶妙にマッチしたことでちょうど良いメリハリがプラスされ、素材の旨味を存分に活かした染み渡る美味しさはもちろん、ガーリックでアクセントを付けたことによって最後まで飽きが来ません!

麺について

麺は、ご覧の通り中太・丸刃仕様で、つるっと滑らかな食感に仕上がり、すすり心地も非常に良く、シリーズらしいもっちりとした弾力のあるフライ麺となっています!

そんな麺には、今回シリーズ39周年を記念して苫小牧の名店“味の大王”とタッグを組んだことで、ポークや味噌をベースにオニオンの旨味やガーリックのアクセントをバランス良く合わせたスパイス感のあるカレースープがよく絡み、一口ずつに後引くスパイス感やアクセントに利かせたガーリックの旨味、そして具材に使用された“わかめ”から滲み出す出汁などが口いっぱいに広がっていき、食欲そそる磯の風味やフライ麺ならではの香ばしさが後味良く抜けていきます!…というかこの仕上がりは想像以上でしたね!実際味わってみて驚くほど相性良く馴染んだ一杯はかなり好評のフレーバーと言えるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、何と言ってもこちらの“わかめ”が入っていて、いつもより使用されている量は若干少ないものの…スープの美味しさを引き立てるには申し分なく、こちらからも良い旨味が滲み出したことでストレートに魚介の旨味が際立つ相性抜群な具材となっています!(そもそも“味の大王”の看板メニュー“元祖カレーラーメン”にも“わかめ”が使用されています。)

それによってポークや味噌をベースにオニオンの旨味やガーリックをバランス良く合わせた染み渡るカレースープの美味しさが引き立ち、食べ進めていくに連れて素材の旨味が広がっていき、シリーズには欠かせない具材として自然と馴染んでいるようです!

また、こちらのコーンは…じっくりと味わってみると素材本来の旨味・甘みが感じられるものの、今回の味わいを損なうこともなく、彩りの良い具材としてさり気なく添えられています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークや味噌をべースにオニオンの旨味をバランス良く合わせ、さらに名店“味の大王”からアイデアをもらったことでガーリックのアクセントを加えたスパイシーなカレースープに仕立て上げ、それによっていつもとはひと味違った贅沢仕様のテイストにも感じられ、具材に使用された“わかめ”からも良い旨味が滲み出し、ポークがコク深く引き立てたことによってメリハリのある美味しさが表現されています!

そしてなんと言っても食欲そそるガーリックがちょうど良いアクセントとなったことでちょうど良いメリハリがたまらなく…スパイス感のある風味なんかも際立ち、シリーズ発売39周年を記念するに相応しい仕上がりで、キリッとしたシャープな口当たりのカレースープには物足りなさといった感じは当然ありませんし、素材の旨味を存分に活かした非常に上品な仕上がりとなっているようです!

また、具材に使用された“わかめ”からも良い旨味が滲み出していき、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな意外にも相性抜群で飲み飽きることのない美味しさがたまらなく、食欲そそるガーリックをアクセントに加えたカレースープは何度も味・風味を確かめたくなりますね!特にこのスパイス系×魚介系といったひと味違ったキレの良さやコク深さなんかもさり気なく旨味を引き立てているように感じられます!

そのため、このスパイシーなカレースープには…見た目以上に旨味が凝縮されており、ポークや味噌ベースではありますが、“わかめ”から滲み出す旨味によって複雑で繊細なカレースープに仕立て上げ、なんと言っても後味すっきりとしたスパイス感と染み渡る“わかめ”の旨味をバランス良く合わせたことでやみつき感のある味わいがたっぷりと楽しめることに間違いありません!…というか味噌が加わっている点が良いですね!

このように、今回の“人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味”は、ポークや味噌をベースにオニオンの旨味をバランス良く利かせ、さらに苫小牧の名店“味の大王”とタッグを組んだことによってガーリックをアクセントに利かせた後味の良いカレースープに仕立て上げ、具材に使用された“わかめ”から旨味が滲み出し、メリハリのあるアクセントが心地良く、そこにもっちりとした丸刃の中太麺が絶妙にマッチした満足度の高い一杯となっていたため、お好みによってはカレースープと相性の良いガラムマサラや唐辛子などの香辛料なんかをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「人気ラーメン店とつくるわかめラーメン カレー味」を食べてみて、シリーズ発売39周年を記念して苫小牧の名店“味の大王”とタッグを組み、ポークや味噌をベースにオニオンの旨味をバランス良く合わせ、さらに食欲そそるガーリックで味を調えたことによってスパイス感のある上質なカレースープに仕立て上げ、さらにポークの旨味がさり気なくコク深さをプラス、単純なカレーラーメンというわけではなく、味噌や“わかめ”を合わせた複雑で繊細な味わいがたっぷりと楽しめる満足度の高いリッチな一杯となっていました!

やはり“わかめラーメン”シリーズはシンプルながらも素材の味が活かされた仕上がりとなっていて、ストレートに染み渡る美味しさが楽しめますね!しかも今回はまさか“わかめラーメン”と“味の大王”がタッグを組むとは思ってもいませんでしたし、スパイシーなカレーラーメンに“わかめ”の旨味を加えた味わいは想像以上に相性良くマッチし、後引く旨味・スパイス感がクセになる風味豊かな一杯がたっぷりと堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!