やきそば弁当

やきそば弁当 いつもよりかなり辛め!唐辛子の辛さをしっかりと利かせた刺激的な一杯

やきそば弁当 いつもよりかなり辛め

やきそば弁当 いつもよりかなり辛め」を食べてみました。(2022年9月5日発売・東洋水産/販売エリア:北海道)

この商品は、旨味と香辛料が凝縮されたソースをベースにシリーズとしては大変珍しい唐辛子をしっかりと利かせた後引く辛さがクセになる辛口な味わいに仕上げ、これまでの“ソース焼そば”の美味しさはそのままに…ガツンとした辛みを利かせたやみつき感のある一杯が登場です!

それも…ベーシックな“ソース焼そば”にいつもより唐辛子を利かせたことでこれまでにないガツンとした辛みが加わり、やみつき感のある味わいがコシの強い丸刃の太麺にしっかりと絡むことによって一口ずつに感じられる刺激的な満足度は一際大きく、想像以上に臨場感の高い旨辛な美味しさが楽しめる一杯、“やきそば弁当 いつもよりかなり辛め”となっております。(値段:税別214円)

ご覧の通り、パッケージには“いつもよりかなり辛め”といった今回の商品名が記載され、その背景にはお馴染みの“ソース焼そば”に唐辛子をガツンと利かせたソースがコシの強い丸刃の太麺に絡む仕上がりイメージが掲載されていて、これを見る限り具材は…キャベツ・味付挽肉が使用されているようです!
※別添されている“ふりかけ”にはアオサ・紅生姜が使用されています。

そのため、パッケージには“辛いものが苦手な方や小さいお子様はご注意ください。”といった辛みの強いカップ麺によく見かける注意書きが記載されています!(ただ…“やきそば弁当”ですから、恐らくそこまで強烈な辛さではないと思われます。。)

一方こちらには“やきそば弁当”と言えば欠かせないお馴染みの中華スープが別添されていることが掲載されており、今回の“いつもよりかなり辛め”の美味しさにぴったりな味わいが楽しめるようですね!(この別添されているスープはフレーバーによって異なります。)

そしてこの“やきそば弁当”に使用されている麺はラードを使用した油で揚げているため、湯切りするお湯でスープを作ることで意外と旨味・香ばしさが加わって美味しいので、ぜひ一緒に味わってみてください!

他にも特徴として…麺は上記の通りいつものラードを使用した油で揚げた麺に変わりはありませんが、食べ応えのある丸刃の太麺が採用されており、それによって辛みと香辛料が凝縮されたソースに唐辛子をたっぷりと利かせた刺激的な焼そばソースが最後までたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

やはり“かなり辛め”とは言ってもそこまで強烈な辛さ・激辛というわけではありませんでしたが…文字通りシリーズとしてはかなり辛めとなっていて、単純に辛いだけでなく旨味も伴っているため、安定感のある美味しさに加え刺激的な辛さが利いたことによって思いのほかガツンとしたパンチがあり、さらに“ふりかけ”に使用されたアオサや紅生姜がちょうど良い磯の風味やピリッとしたアクセントをプラス、まさに今回の商品名通りガツンとした辛さが楽しめる…そんなインパクトのあるソースがコシの強い丸刃の太麺にしっかりと絡むことで一口ずつに感じられる満足度は非常に高く、最後まで旨辛な味わいがたっぷりと堪能できる刺激的なフレーバーとなっていました!
これは特にお馴染み“やきそば弁当”が好みの方はもちろん、旨味と香辛料を凝縮させたソースをベースに唐辛子の辛さをしっかりと利かせたパンチのある味わい、さらに“ふりかけ”に含まれるアオサや紅生姜による磯の風味やピリッとしたアクセントがプラスされたやみつき感のあるテイストをガツンと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は旨味と香辛料を凝縮させたソースをベースに唐辛子の辛さをしっかりと利かせた焼そばソースに食べ応えのある丸刃の太麺に絡み、フライ麺から香り立つ香ばしさとともに刺激的な辛さが中華スープとともに楽しめる最後まで飽きの来ない一杯、「やきそば弁当 いつもよりかなり辛め」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

やきそば弁当 いつもよりかなり辛め

今回ご紹介するカップ麺は、北海道限定のカップ焼そばでお馴染み“やきそば弁当(通称:やき弁)”の新商品ということで、今回は旨味と香辛料を凝縮させたソースをベースに唐辛子の辛さをしっかりと利かせた刺激的なソースに仕立て上げ、キレの良さと物足りなさを感じさせないソースの旨味、そして食欲そそる唐辛子の辛さがガツンと利いたことでインパクト抜群な味わいを演出、単純に辛いフレーバーというわけではなく、全体のバランスをしっかりと考慮されたクセになる旨辛な一杯、“やきそば弁当 いつもよりかなり辛め”となっています。

ちなみにこの“やきそば弁当”シリーズとは…最近だと“やきそば弁当 ねぎ塩味”と“やきそば弁当 ガッツリにんにく醤油味”が2022年2月7日に同時発売されており、道内の方はもちろん道外でもご存知の方は多いのではないでしょうか?

やきそば弁当 いつもよりかなり辛め パッケージ

ご覧の通り、パッケージには今回も同じく“北海道限定”・“北海道工場からお届けします”といった文字がしっかりと記載されています!

なぜかこの“やきそば弁当”だけは全国発売することなく…いつもかたくなに北海道限定として取り扱っているんですよね。。道外では全く見かけないんでしょうか??
※以前、北海道限定だった“激めん ワンタンメン”は2018年10月1日から販売エリアを全国に拡大しています。

一方この“やきそば弁当”シリーズは1975年8月の発売から2022年で47周年を迎え、45周年を記念して“やきそば弁当 札幌みそラーメン風”と“やきそば弁当 いつもよりちょっと濃いめ”が2021年2月1日に発売され、46周年を記念して“やきそば弁当 旨コクあんかけ風”と“やきそば弁当 いつもよりちょっとQuick”が2021年9月6日に同時発売されているように、これからも毎年周年記念商品が発売されるのかもしれません!

ちなみにこの“やきそば弁当”シリーズの新商品は…2022年2月7日に同時発売された“やきそば弁当 ガッツリにんにく醤油味”と“やきそば弁当 ねぎ塩味”以来、割と久しぶりの新フレーバーとなっていて、今回は47周年を記念して香味野菜をベースにトマトの旨味を利かせ、数種類のスパイスで香り豊かに仕上げたスープカレー風の一杯、“やきそば弁当 スープカレー味”も同時発売されています!

さらに今回ご紹介する“やきそば弁当 いつもよりかなり辛め”が現在のラインアップに加わったことで、レギュラー版やサイズ違い(大判やきそば弁当・でっかいやきそば弁当)、以下の商品を含めると2022年9月現在の時点では計9種類となっているようです!それによって以前発売されていた“やきそば弁当 ミートソース風”や“やきそば弁当 クリームソース風”、“やきそば弁当 旨コクあんかけ風”や“やきそば弁当 旨塩”がラインアップから外されています。

というかこのシリーズには以前ご紹介した“やきそば弁当 激辛(2017年2月6日発売)”といったフレーバーが登場していたので、恐らく文字通り“かなり辛め”程度の辛さレベルかと思われます!

それでは、今回の“やきそば弁当 いつもよりかなり辛め”がどれほど旨味と香辛料を凝縮させたソースをベースに唐辛子の辛さをしっかりと利かせた仕上がりとなっているのか?別添されている“ふりかけ”に含まれるアオサや紅生姜による磯の風味やピリッとしたアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げたコシの強い丸刃の太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り496kcalとなっております。(塩分は6.4g・スープ2.3g分を含む)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)でありながらもレギュラーサイズということもあってそこまで高い数値というわけではなく、塩分はスープが2.3gですから4.1gと低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり120g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーと塩分の数値を見る限り、馴染み深い“やきそば弁当”の美味しさはそのままに、唐辛子をしっかりと利かせた刺激的な辛さによってやみつき感のある仕上がりをイメージさせます!
※ちなみにお馴染み“やきそば弁当”は581kcal(塩分6.4g・スープ2.3g)

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“しょうゆ”や植物油をはじめ…

  • ソース
  • 香辛料
  • 香味油
  • りんご酢
  • 食塩

といった、“玉ねぎ”やポークの旨味をベースに“にんにく”の風味を利かせたパンチのある醤油味の焼そばソースに仕上げ、さらに別添されている“ふりかけ”に含まれる白胡椒や“いりごま”を加えることでピリッとしたアクセントや風味豊かな香ばしさが際立ち、“ガッツリにんにく醤油味”といったイメージ通り最後まで飽きの来ないやみつき感のある味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…通常の“やきそば弁当”で使用されている麺と同じく精製ラードといった材料が確認でき、これによってラードの旨味や香ばしさが滲み出し、臨場感溢れる仕上がりをイメージさせます!

ちなみにお馴染み“やきそば弁当”と比較してみると…ほぼ同等の仕様のようですが、今回の“いつもよりかなり辛め”に関しては唐辛子に合うように醤油が使用されているようですね!

やきそば弁当 いつもよりかなり辛め
やきそば弁当
JANコード4901990372480
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、精製ラード、食塩、卵白)、ソース(しょうゆ、砂糖、たん白加水分解物、植物油、ソース、香辛料、香味油脂、りんご酢、酵母エキス、食塩)、かやく及びふりかけ(キャベツ、味付挽肉、あおさ、紅生姜)、中華スープ(食塩、たん白加水分解物、砂糖、しょうゆ、香辛料、ねぎ、植物油)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、トレハロース、酒精、炭酸カルシウム、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、パプリカ色素、増粘多糖類、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんご・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (120g) 当たり]
熱量496kcal
たん白質10.7g
脂質19.2g
炭水化物70.0g
食塩相当量6.4g(スープ2.3g 分を含む)
ビタミンB10.38mg
ビタミンB20.38mg
カルシウム204mg

引用元:やきそば弁当 いつもよりかなり辛め | 商品情報 – 東洋水産株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り液体ソース、かやく、中華スープ・“ふりかけ”が一緒になった4種類の調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、特に液体ソースには旨味と香辛料を凝縮させたソースをベースに唐辛子の辛さをしっかりと利かせたことで割とサラッとした状態のようでしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、麺はご覧の通りコシの強い丸刃の太麺が採用され、原材料にも記載されていた通り精製ラードを使用したことで旨味・風味が“いつもよりかなり辛め”の美味しさを引き立て、パンチのある味わいにも負けじとしっかりとした食べ応えをイメージさせます!

調理してみた

ではまず、この時点で別添されていた“中華スープ”の粉末をマグカップに入れて準備しておきます。ほんのり香る香ばしい風味がまた良いですね!

そして先ほどの“かやく”を加えて行きます!

この“かやく”には…

  • キャベツ
  • 味付挽肉

が入っています!

このように2種類の具材といったシンプルながらも使用されている数は申し分なく、今回の“いつもよりかなり辛め”の美味しさを引き立てるには十分な具材が取り揃えられているようです!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:560ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

しっかりと湯戻りしたことで先ほどまでの太麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはほどよい弾力と強いコシが加わり、まだ液体ソースを加える前の状態ではありますが…旨味と香辛料を凝縮させたソースをベースに唐辛子をしっかりと利かせた後引く旨味・辛さがクセになる刺激的な一杯…といった印象の出来上がりです。

もちろん上記で湯切りしたお湯は先ほどのマグカップに注ぎ、中華スープを作ります。(必要なお湯の目安量:150ml)
※このスープは少し濃い目がおすすめです。

ではここに先ほどの液体ソースを加えていきます!
すると…醤油やソースの旨味をしっかりと利かせた濃い目のソースから調理感のある香ばしい風味が一気に広がっていき、見るからに濃厚でトロッとした状態で使用されている量も多めでしたので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通り使用されている液体ソースはトロッとした状態ではありますが…使用されている量も多く重みのある仕様ということもあってすぐに容器底へと沈んでいき、パンチの強い唐辛子がしっかりと利いた濃い目のソースとなっており、お馴染み“やきそば弁当”に辛みをガツンと加えたかのような仕上がり具合で、後引く旨味・辛さがクセになるガッツリ系の一杯といったところ!!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
この液体ソースは非常にトロッとしているようにも見えますが、特に粘度の高い仕様ではありませんので、思ったよりすんなりと丸刃の太麺にも馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら、最後に“ふりかけ”を加えて完成となります!
ちなみにこの“ふりかけ”にはアオサと紅生姜が含まれており、磯の風味やピリッとしたアクセントがさり気なく加わるのでお好みに合わせて加えてみてください!

こうして完成となるわけですが…全体にソースが馴染むと先ほどの濃厚なソースらしく色味はかなり濃く、キリッとしたシャープな口当たりと食欲そそる唐辛子の辛さが印象的で、馴染み深い“やきそば弁当”の美味しさはそのままに…物足りなさといった感じも一切なく、“ふりかけ”に含まれるアオサや紅生姜によるピリッとした辛さが全体をうまく調和し、単純に唐辛子をガツンと利かせたフレーバーというわけではなく、むしろ旨味も伴ったやみつき感のある美味しさがたっぷりと楽しめそうです!

また、具材に使用されている味付挽肉からも良い旨味が滲み出し、全体をしっかりと混ぜ合わせることによって満足度も増していき、“ふりかけ”に含まれるアオサや紅生姜も相性抜群な磯の風味やピリッとしたアクセントをプラス、さらに食感の良いキャベツが盛り付けられ、旨味と香辛料が凝縮されたソースに唐辛子の辛さがガツンと利いたテイストを表現、個人的に“やきそば弁当”シリーズからこういったパンチの強いフレーバーはどうなのか若干心配でしたが…これなら定期的に登場しても良いくらいの間違いない一杯とも言えるでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…しっかりとした辛さがガツンと来ますが、やはり“やきそば弁当”シリーズということもあってそこまで強烈な辛さというわけではなく、食欲そそる刺激的な利かせ具合で普通に美味しくいただけるかと思われます!そのため、お馴染み“やきそば弁当”ならではの味わいなんかも感じられ、そこにパンチのある唐辛子の辛さを利かせたことでクセになるソースを表現、さらに“ふりかけ”に含まれるアオサや紅生姜による磯の風味やピリッとしたアクセントが全体をうまく調和し、決して濃厚感や“くどさ”といった感じもなく、なんと言っても旨味と辛さ、そしてラードを使用した油で揚げた太麺から滲み出す旨味や香ばしさが絶妙にマッチしたことでかなり美味しいですね!

しかも液体ソースがたっぷりと使用されているせいか…最後まで麺がパサつくこともありませんし、後引く旨味・辛みが心地良く、丸刃仕様の太麺が食欲をガツンと満たし、旨味以外にもガツンとした香辛料が利いているんですが、上記の通り強烈な辛さというわけでもなく、旨味がしっかり伴ったことで当然あっさり感というよりも濃厚な味わいに仕上がり、ひと口ずつに感じられる旨辛なテイストがクセになり、ついつい箸が止まらなくなります。。

そして、具材に使用された味付挽肉の旨味は濃厚な旨辛ソースにほどよいコクを引き立て、香辛料もガツンと利かせたことで全体的なバランスがうまく調和されたメリハリのある味わいがたまらなく、なんと言っても丸刃の太麺から滲み出すラードの旨味や香ばしさがより一層臨場感の高い美味しさを際立たせ、“いつもよりかなり辛め”といったイメージにぴったりな味わいは幅広い層に好まれる一杯と言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の太麺が採用されていて、もっちりとした弾力とほどよいコシを併せ持ち、麺量90gのレギュラーサイズではありますが、ソースの存在感が強いせいか…思ったより食欲をしっかりと満たしてくれる食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな太麺には…旨味や香辛料を凝縮させたソースをベースに食欲そそる唐辛子をガツンと利かせた刺激的な焼そばソースがよく絡み、一口ずつに後引く旨味や辛みなどが口いっぱいに広がっていき、ラードの香ばしさやソース特有の風味が後味良く抜けていきます!…というかこの仕上がりは思ったより良いですね!ベースがそもそも美味しく仕上がっていますから、そこに唐辛子をガツンと利かせたことでやみつき感のある旨辛なテイストとなって食欲を満たし、何よりいつもよりかなり辛めという点が好印象といったところ!

トッピングについて

トッピングには、まずこちらの味付挽肉が使用されていて、挽肉という割にやや大きめなサイズとなっていて、じっくりと味わってみると…しっかりと味付けが施された肉の旨味がじゅわっと滲み出す美味しい仕上がりとなっていたため、単品で味わうというよりも全体をしっかりと混ぜ合わせ、やみつき感のあるいつもよりかなり辛めな焼そばソースが絡んだ太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのキャベツはほどよいサイズにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯に対してちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

他にも“ふりかけ”に含まれている“焼そば”と相性の良いアオサによる磯の風味や紅生姜のピリッとしたアクセントが絶妙にマッチし、調理感のある風味を引き立てているようで、ラードを使用した油で揚げたフライ麺との相性も抜群です!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り旨味と香辛料を凝縮させたソースをベースに唐辛子の辛さをしっかりと利かせたことでパンチのある味わいを表現、後引く辛さがクセになるインパクトのあるテイストながらも旨味も伴ったことによって安定感のある美味しさも堪能でき、刺激的な辛さが加わったことでむしろ食欲を掻き立てるちょうど良いアクセントにも感じられますね!もちろん激辛というほどではありませんので、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

特に今回は液体ソースの量が多いせいか味が濃い目で旨味も強く、そこに唐辛子の辛さが凝縮されたことで旨辛なテイストとなっており、やみつき感のある味わいが丸刃の太麺とともにガツンと食欲を満たし、レギュラーサイズといった食べやすいボリューム感もまた良いですね!そしてなんと言っても焼そばソースに唐辛子を利かせた非常にシンプルながらもメリハリの付いた濃い目のテイストですから…最後まで飽きることもありませんし、“おにぎり”のお供にもぴったりかと思われます!

また、今回のポイントともなる“焼そば”の風味をより際立たせる“ふりかけ”を全体にしっかりと混ぜながら食べ進めていくと…アオサによる磯の風味やピリッとした紅生姜のアクセントが加わり、他にもラードを使用した油で揚げた麺からも香ばしい風味が臨場感の高い味わいとして際立ち、やみつき感のある旨辛ソースが丸刃の太麺に絡むことで食欲もしっかりと満たされていくことでしょう!

このように、今回の“やきそば弁当 いつもよりかなり辛め”は、旨味と香辛料を凝縮させたソースをベースに唐辛子の辛さをしっかりと利かせたことによって従来の旨味はそのままに、刺激的な辛さが後引く旨味を引き立て、濃厚ながらもキリッとした口当たりが絶妙にマッチしたことでやみつき感のある旨辛ソースに仕立て上げ、ちょうど良い塩気や香辛料が最後まで飽きさせることのない味わいがたまらなく、特に別添されているアオサによる磯の風味や紅生姜のピリッとしたアクセントが本格感のある味わいをプラス、そこにラードを使用した油で揚げた丸刃の太麺が相性良く馴染んだ満足度の高い一杯に仕上がっていたため、お好みによってはさらに唐辛子を加えて刺激的な辛さを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「やきそば弁当 いつもよりかなり辛め」を食べてみて、発売47周年を記念して登場した一杯には…お馴染み“やきそば弁当”らしい旨味や香辛料を凝縮したソースをベースに唐辛子をガツンと利かせたことによっていつもよりかなり辛めなテイストを表現、もちろん激辛というほどの辛さではないものの…後引く旨味や辛さがクセになる刺激的なフレーバーとなっており、さらに別添されたアオサによる磯の風味やピリッとした紅生姜がちょうど良いアクセントとなり、ラードを使用した油で揚げた丸刃の太麺がしっかりと食欲を満たす食べ応えのある一杯となっていました!

やはり旨味が伴った刺激的なフレーバーは間違いないですね!さらに今回はシンプルながらも醤油やソースの旨味を存分に活かしたことでキリッとした口当たりの中にも物足りなさを一切感じさせることもなく、コク深いテイストで最後まで飽きの来ないパンチのある仕上がりでしたので、思ったより幅広い層に好まれる味わいと言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!