カップ麺

CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば!“とび辛スパイス”使用による刺激的な一杯

CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば

CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」を食べてみました。(2022年5月16日発売・エースコック)

この商品は、“ココイチ”で2021年春に提供されていた期間限定メニュー“スパイスカレー”の味わいを同店監修によって“カップ焼そば”にアレンジ・再現したもので、濃厚なソースをベースにカレーの味わいとポークの旨味を利かせ、刺激的な辛さと風味がアクセントの“とび辛スパイス”を仕上げに加えることによって後引く辛さがクセになる刺激的な一杯です!

それも…濃厚なソースをベースにカレー・ポークをそれぞれバランス良く合わせた上に別添されている“とび辛スパイス(香辛料・カレー粉)”を加えることによって後引く辛さが際立ち、カレーならではのスパイシーな風味と刺激的な辛さが楽しめる一杯、“CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば”となっております。(値段:税別210円)

ご覧の通り、パッケージには文字通り赤を基調に“スパイスの刺激 赤カレー焼そば”といった今回の商品名が大きく掲載され、”お馴染み“CoCo壱番屋”のロゴにはしっかりと“監修”といった文字が確認できます!

一方こちらには…濃厚なソースをベースにカレーやポークの旨味をバランス良く合わせ、さらに別添されている“とび辛スパイス”で仕上げることによってスパイス感・後引く辛さが際立つ焼そばソースがほどよい味付けを施した丸刃の中細麺にしっかりと絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…大豆加工品・人参・“ねぎ”が使用されているようです!

そしてその特徴とは…上記のように濃厚なソースをベースにしているわけですが、直接的にソースそのものの味わいが感じられるわけではなく、カレーの旨味を引き立てるかのように相性良く馴染み、さらに後味すっきりとした“ココイチ”ならではのスパイシー感のある辛さがより一層引き立ち、爽やかな風味とともに汗を誘う辛さがクセになる…そんなついつい箸が止まらなくなる味わいが“カップ焼そば”として再現されています!

ちなみに今回は“スパイスの刺激”というだけあって、カレーにぴったりなガラムマサラやチリペッパーをはじめ…カレー粉も加わったことで辛くてスパイシーなテイストに際立ち、もちろん食べられないほどの辛さというわけではありませんが、後味すっきりとした辛さを強調する“スパイスカレー”といった本格感のある味わいをアレンジ・再現、これまでも“ココイチ”は様々なフレーバーをエースコックとのコラボによって発売してきましたが、今回は“焼そば”ということで暑い日にもぴったりな一杯と言えるのではないでしょうか?

また、こちらには“仕上げのスパイス とび辛スパイス使用”と記載されているように、今回別添されている“とび辛スパイス”には香辛料とカレー粉が含まれているようで、このスパイスを加えることによってカレー特有のいくつもの本格香辛料を利かせたスパイシーな味わいにワンランク上の辛みが加わり、それによってクセになる辛みが食欲をかき立てる旨味・香辛料がたまらない味わいが“焼そば”として楽しめるものと思われます!

他にも特徴として…麺は丸刃の中細仕様によるつるっと滑らかな仕上がりで、醤油やソースでほどよく味付けを施したことで濃厚な焼そばソースとの馴染みも非常に良く、カレーの味わいとポークの旨味を利かせたコクのあるソースに別添された“とび辛スパイス”を加えたことによって刺激的かつ爽やかな香りが後味の良さを引き立て、食べ応えのある中細麺とともに後引くスパイス感・辛さがクセになるテイストを思う存分楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

焼そばソースはポークの旨味が利いたことで調理感のあるオイリーなテイストに仕上がっていたものの…別添された“とび辛スパイス”を全体に馴染ませることによって後半にもなると若干パサついた印象にも感じられ、確かに香辛料とカレーを際立たせたことによってスパイス感・辛さがクセになるスパイシーな仕上がりではありましたが、個人的にはもう少し濃厚感・こってり感をポークの脂・油分で調整しても良かったような気はしましたね。。ただ心地良いスパイシーな辛さが最後までじっくりと楽しめる飽きの来ないフレーバーであることに間違いありません!
これは特に、全国展開する人気カレーチェーン店でお馴染み“CoCo壱番屋”ファンはもちろん、濃厚なソースをベースにカレーやポークをバランス良く合わせた焼そばソースに丸刃の中細麺が絶妙にマッチした“カップ焼そば”をじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はカレーで人気の“ココイチ”とのコラボカップ麺で、以前期間限定で提供していたという人気メニュー“スパイスカレー”の味わいを“カップ焼そば”にアレンジ・再現、濃厚なソースをベースにカレーやポークをバランス良く利かせたスパイシーな焼そばソースに別添されている“とび辛スパイス”を加えることでスパイシーで後引く辛さがクセになる後味すっきりとした一杯、「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば

今回ご紹介するカップ麺は、人気のカレー専門店“CoCo壱番屋(ココイチ)”とのコラボ商品で、同店監修によって以前期間限定メニューとして提供していた“スパイスカレー”の味わいを“カップ焼そば”としてアレンジ・再現、濃厚なソースをベースにカレーやポークを利かせ、さらに香辛料とカレーを合わせた“とび辛スパイス”を加えることによって後引く辛さがクセになるスパイシーな一杯、“CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば”となっています。
※売っている場所:今回はセイコーマートで購入

ご覧の通り、今回は“カップ焼そば”ということでコンビニでも見慣れた“バケツ型”の容器とはまた異なる四角い仕様となっており、赤を基調に“スパイスの刺激 赤カレー焼そば”、“CoCo壱番屋監修”といった文字が記載され、すでにカレーならではの香辛料を利かせたスパイシーな味わいをイメージさせるわけですが、ここに今回はさらに“とび辛スパイス”を加えることでスパイシー感・辛さが増して感じられる風味豊かなフレーバーがたっぷりと楽しめるものと思われます!

CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば パッケージ

ちなみに、“カレー”でお馴染み人気チェーン店“CoCo壱番屋”とのコラボ商品は以下のようにこれまでも定期的に2商品ずつ発売されていて、それぞれ個性溢れるフレーバーをスパイシーなカレーと絶妙にマッチさせた味わいが登場しているため、もはやコンビニなどでもお馴染みのカップ麺シリーズと言えるのではないでしょうか?

また、今回は同じく以前人気だったという期間限定メニュー“牛カレー”をイメージし、別添された“フォン・ド・ボー”で仕上げる濃厚な一杯、“CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン”も同時発売されています!

それでは、今回の“CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば”がどれほど濃厚なソースをベースにカレーやポークの旨味を利かせた焼そばソースに仕上がっているのか?別添されている“とび辛スパイス”を加えることによる本格香辛料や後引く辛さがクセになるアクセントとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもほどよく味付けが施された丸刃仕様の食感滑らかな中細麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り487kcalとなっております。(塩分は4.0g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)・濃厚なソースをベースにカレーやポークをしっかりと利かせたコク深い味わいの割に意外と低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり116g、麺の量は90gとのこと。

また、このカロリーや塩分の内訳を見てみると…濃厚な焼そばソースでありながらもそれぞれの数値はやや低く、ポークの旨味をしっかりと利かせたことでコク深いテイストを表現し、そこにカレー特有の本格スパイスをバランス良く食わせたことで素材の美味しさを存分に活かしたこってり感とスパイス感をうまく調和させた物足りなさを感じさせないスパイシーな仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、植物油脂やソースをはじめ…

  • 豚脂
  • 香味調味料
  • カレー粉
  • 乳化油脂
  • 食塩
  • ガーリックペースト

といった、濃厚なソースをベースにカレーやポークを利かせ、さらに別添されている“とび辛スパイス”を加えることによってカレーならではの本格香辛料や後引く辛さが際立ち、コク深く濃厚でありながらも後味すっきりとした最後まで飽きの来ない旨辛でスパイシーな味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…植物油脂や食塩、“しょうゆ”やソースといった材料が確認でき、今回使用されている中細麺にはほどよく味付けが施されているようです!

JANコード4901071208134
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、ソース)、ソース(植物油脂、ソース、たん白加水分解物、豚脂、香味調味料、カレー粉、乳化油脂、食塩、ガーリックペースト、酵母エキス)、かやく(大豆加工品、人参、ねぎ)、スパイス(香辛料、カレー粉)/加工でん粉、ソルビット、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸Ca、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、甘味料(カンゾウ)、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、香辛料抽出物、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (116g) 当たり]
熱量487kcal
たん白質8.7g
脂質20.2g
炭水化物
(糖質/食物繊維)
69.4g
(66.0g/3.4g)
食塩相当量4.0g
ビタミンB10.72mg
ビタミンB20.48mg
カルシウム307mg

引用元:CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、焼そばソース、スパイスといった3つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、“とび辛スパイス”はともかく…焼そばソースは濃厚なソースをベースにポークの旨味をしっかりと利かせたコク深いテイストのようで若干ドロッとした状態でしたので、調理中はフタの上でしっかりと温めておくと良いでしょう!

また、麺はご覧の通り丸刃の中細麺が採用されており、見るからにつるっと滑らかな食感をイメージさせ、麺量90gによるしっかりと食欲を満たしてくれるすすり心地抜群な仕上がりに期待できそうです!

調理してみた

ではまず、“かやく”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • 大豆加工品
  • 人参
  • ねぎ

が入っています。

肉類の具材が大豆を主原料としているせいか…若干物足りなさを感じるかもしれませんが…今回は濃厚なソースをベースにカレーやポークをバランス良く合わせたスパイシーかつ後引く辛さがクセになる存在感のあるテイストですからね!後引く旨味・辛さに期待しましょう!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:690ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの中細麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力とコシが加わり、まだ別添されている各種調味料を加える前の状態ではありますが…濃厚なソースをベースにカレーやポーク、スパイス感に際立った後引く辛さがクセになるメリハリのあるスパイシーな一杯…といった印象の出来上がりです。

ではまず、ここに焼そばソースを加えていきます!
すると…まずはじめに辛さをイメージさせる赤みを帯びた油分がたっぷりと出てきいます!これはラー油ですかね?カレーは意外とラー油も合いますから、ほどよいコク・こってり感を際立たせているようにも感じられます!

続いて濃厚なソースをベースにカレーやポークを利かせた若干“とろみ”のあるソースがたっぷりと出てきますので、しっかりと絞り込んで入れていきましょう!

ご覧の通りこの焼そばソースは量もかなり多く旨味・辛さをたっぷりと加えた濃厚なテイストをイメージさせ、風味としてはやはりカレー特有のスパイシーな香りが一気に広がっていき、カレーらしさというよりも本格香辛料といった食欲そそるテイストのようですね!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースはドロッとした状態なんですが、ポークエキスなどの脂・油分なんかもたっぷりと含んでいるせいか…割とすんなりと中細麺にも馴染んでいきます!ただ、濃厚なので汁跳ねには十分注意した方が良いかもしれません。。

そして焼そばソースが全体に馴染んだら最後に“とび辛スパイス”を加えて完成となります!…というか先ほどの状態で十分スパイシーな風味が香り立つ仕上がりだったんですが、このスパイスを加えるとさらに本格的な風味が際立って感じられますね!

ちなみにこの“とび辛スパイス”に含まれるカレー粉と本格香辛料は、そこまで量的に多くはありませんが、カレー独特のスパイシーな香りが際立ち、スパイス感だけでなく後引くしっかりとした辛みがバランス良く調和したことで濃厚な焼そばソースにちょうど良いメリハリが付き、暑い日にもちょうど良い“カップ焼そば”としてココイチの人気限定メニュー“スパイスカレー”の味わいがたっぷりと楽しめそうです!

また、そもそも焼そばソースだけでも十分な美味しさが凝縮されていたため、まずはデフォルトの状態で味わってみて、部分的にこの“とび辛スパイス”を馴染ませていただいてみた方が良いかもしれませんね!…というのも全体をしっかりと混ぜてしまうと、どうしてもスパイスの粉末が濃厚なソースを吸ってしまい、結果パサついた食感に感じらるからであって…ここはお好みによって少しずつ馴染ませていくと良いでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…やはりデフォルトの焼そばソースだけでもしっかりとした旨味が感じられますね!濃厚なソースをベースにカレーやポークを利かせたことで物足りなさといった感じは一切なく、別添されている“とび辛スパイス”はお好みで追加するように食べ進めていっても良いでしょう!そもそもこのスパイスは辛さを際立たせる香辛料ですから、後ほどの味変で残しておくのも良いでしょうし、辛さの具合を調整しながら食べ進めていくとお好みのスパイス感で味わえるかと思われます!

ちなみに今回は“とび辛スパイス”を全て加えて味わってみたわけですが、実際にそこまで強烈な辛さというわけではなく…どちらかというと本格スパイシーな風味・辛さがしっかりと際立ち、コク深くも濃厚な焼そばソースにちょうど良いメリハリが加わり、汗を誘う後味すっきりとしたスパイス感がクセになる最後まで飽きの来ない絶妙なアクセントとなっているようです!

この辺りはやはり上記の通り部分的に味の違いを確かめてみると濃厚な焼そばソースの味わいと、ひと味違った本格香辛料を利かせたスパイシーなテイストが楽しめるのはもちろん、最後までオイリーなテイストを損なうことなく堪能できるため、全体をしっかりと混ぜない方が良いかもしれません!

麺について

麺は、ご覧の通り丸刃の中細麺が採用されており、細いながらももっちりとした弾力と強いコシを兼ね備え、ほどよい味付けが施されたことで濃厚な焼そばソースとの馴染みも非常に良く、麺量90gの食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には…濃厚なソースをベースにカレーやポークの旨味をバランス良く合わせ、別添されている“とび辛スパイス”を加えることによる本格香辛料や辛さが際立った後引くスパイシーなソースがよく絡み、一口ずつにコクのあるポークの旨味やカレーならではのスパイス感のある後引く辛さなどが口いっぱいに広がっていき、“スパイスカレー”をイメージしたというだけあって食欲そそるスパイシーな風味が後味良く抜けていきます!…というか、ポークの旨味でこってり感・濃厚感を表現しているんでしょうけど、このすっきりとした清々しいスパイス感はクセになりますね!全体をうまく調和したことで最後まで飽きることなく楽しめるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏肉そぼろ”をイメージさせる大豆加工品が入っていて、やはり大豆を主原料としているだけあって…じっくりと味わってみると肉の旨味はそこまで感じられないものの、ほどよく味付けが施されていたため、今回の濃厚なソースとしっかりと馴染ませていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの人参は若干小さめにカットされたことで、食感こそそこまで期待できるものではありませんが、素材本来の味わいがしっかりと感じられ、今回の濃厚な“赤カレー焼そば”と相性抜群な具材として彩り良く添えられているようです!

他にも、こちらの“ねぎ”が使用されていて、こちらまたかなり小さくカットされたことでシャキシャキとした食感こそないものの、ちょうど良い薬味にもなったことで今回の焼そばソースの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り濃厚なソースをベースにカレーやポークをしっかりと利かせたことでコク深い焼そばソースに仕上がり、さらに別添されている“とび辛スパイス”を加えることによってカレーならではの本格香辛料やスパイス感が際立ち、後引く辛さが心地良いメリハリのあるテイストを表現、まさに“ココイチ”らしい数種類もの香辛料を合わせたことによって食欲そそるスパイシーな味わいとなっています!

さらに今回は以前実店舗で提供されていた期間限定メニュー“スパイスカレー”の味わいを“カップ焼そば”にアレンジ・再現したフレーバーということで特に別添された“とび辛スパイス”がポイントとなっており、これを加えることによって後引くスパイシーな辛さがプラスされるわけですが、若干パサついた印象にもなりがちでしたので…しっかりと混ぜ合わせるよりも少しずつ馴染ませながらいただくと、最後までコク深く濃厚なテイストが楽しめることでしょう!

そして、気になる辛さの強さについてですが…監修したカレー専門店である“ココイチ”らしいスパイシー感が利いていているため、汗を誘うしっかりとした辛さではありますが、激辛というよりも本格スパイスを使用した“スパイスカレー”ならではのちょっと大人のカレーといった印象で、個人的には食欲そそる程度のほどよいアクセントとなっていたため、お好みに合わせて少しずつ加えて調製してみても良いかもしれません!
※実際ココイチでは辛さを選べるんですが…個人的にはトップレベルのフレーバーに期待しています…笑

このように、今回の“CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば”は、濃厚なソースをベースにカレーやポークをバランス良く合わせ、そこに別添されている“とび辛スパイス”を加えることによってカレーならではの本格香辛料や後引くスパイシーな辛さが際立ち、濃厚ながらもメリハリの付いた最後まで飽きの来ない焼そばソースがほどよく味付けされた丸刃の中細麺にしっかりと絡む食べ応えのある一杯となっていたため、お好みによっては“とび辛スパイス”の量で辛さを調整したり、場合によってはさらに唐辛子やラー油などを追加して、より刺激的な“スパイスカレー”を堪能してみても良いでしょう!

まとめ

今回「CoCo壱番屋監修 スパイスの刺激 赤カレー焼そば」を食べてみて、全国展開する人気チェーン店“ココイチ”で2021年春に提供されていた期間限定メニュー“スパイスカレー”の味わいを“カップ焼そば”にアレンジ・再現した一杯には…濃厚でコク深い焼そばソースに仕上がっていたものの、“とび辛スパイス”に含まれるカレー特有の本格香辛料によって後引くスパイス感・辛さが際立ち、まさに“スパイスカレー”を彷彿とさせる繊細な味わいが丸刃の中細麺とともにガツンと食欲を満たしてくれる最後まで飽きの来ない一杯となっていました!

そして、なんと言ってもポークを利かせた濃厚な焼そばソースにカレー特有の風味豊かなスパイシーな香りや後引く辛さが絶妙にマッチしたことで、思ったより辛さ自体は強く感じられないかもしれませんので…ほどよく汗を誘う刺激的な味わいが“カップ焼そば”として満足度高く堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!