カップ麺

CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン!フォン・ド・ボーが味の決め手となるコク深い一杯

CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン

CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン」を食べてみました。(2022年5月16日発売・エースコック

この商品は、“ココイチ”で2021年春に提供されていた期間限定メニュー“牛カレー”の味わいを同店監修によってカップ麺にアレンジ・再現したもので、ポークをベースにソテーオニオンをバランス良く合わせ、フォン・ド・ボーを使用した別添“ふりかけ”を加えることでビーフの旨味を引き立てた本格感のある一杯です!

それも…ポークをベースにソテーオニオンなど香味野菜の旨味を利かせたカレースープに別添された“ふりかけ”を加えることによって、ビーフならではのコク深い旨味が際立ち、まさしく“ココイチ”らしさを活かした本格感のある味わいがボリュームたっぷりと楽しめる一杯、“CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン”となっております。(値段:税別210円)

ご覧の通り、パッケージには今回の商品名“ビーフの旨み 黒カレーラーメン”に相応しい黒を基調にお馴染み“CoCo壱番屋”のロゴが配置され、しっかりと“監修”といった文字が確認できます!

一方こちらには…“ソテーオニオンとフォン・ド・ボーのコク×太めんの食べ応え”と記載され、その背景にはポークをベースにソテーオニオンなど香味野菜の旨味を利かせ、ココイチらしいスパイスや各種香辛料はもちろん、別添された“ふりかけ”に含まれるフォン・ド・ボーが牛の旨味を引き立てた濃厚なカレースープが食べ応えのある太麺に絡む仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…鶏・豚味付肉そぼろ、人参、コーン、ねぎ、唐辛子が使用されているようです!

そしてその特徴とは…上記のようにフォン・ド・ボーの旨味を活かした濃厚なカレースープに仕上げているわけですが、牛特有の臭みや脂っこさといった感じは一切なく、カレーの旨味を引き立てるかのように相性良く馴染み、さらに後味すっきりとした“ココイチ”ならではのスパイシー感のある辛さが食欲を掻き立て、爽やかな風味とともに上質な味わいがクセになる…そんなついつい箸が止まらなくなる味わいがカップ麺として再現されています!

ちなみに今回は“ビーフの旨み”というだけあって、カレーにぴったりなスパイス感が際立っているというよりも、牛出汁の良い旨味が存分に活かされたことで品のあるテイストを再現、もちろん香辛料も加えたことでメリハリのある美味しさが楽しむことができ、コク深い“牛カレー”といった本格感のある味わいをアレンジ・再現、これまでも“ココイチ”は様々なフレーバーをエースコックとのコラボによって発売してきましたが、今回は“牛カレー”ということで素材の旨味を活かした本格感のある一杯と言えるのではないでしょうか?

また、こちらには“ビーフの旨み 黒カレーラーメン”と大きく記載されているように、今回別添されている“ふりかけ”には臭みのないフォン・ド・ボー(子牛から作られる出汁)が粉末状として含まれているようで、こちらを加えることによってカレー特有のスパイシーな味わいにコク深い旨味が際立ち、箸が止まらなくなるほどの味わいが楽しめるものと思われます!

他にも特徴として…麺は厚みもあり幅広な太麺(フライ麺)が採用されており、密度感の高いずしっとした重みのある食べ応えが印象的で、それによってポークをベースにソテーオニオンや“ふりかけ”に含まれるフォン・ド・ボー、さらにココイチらしい本格香辛料を加えた刺激的かつコク深いカレースープとして絶妙にマッチし、旨味溢れる“牛カレー”ならではの美味しさが思う存分たっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ポークをベースにソテーオニオンなど香味野菜の旨味を利かせたカレースープに別添されている“ふりかけ”を加えることによって臭み・脂っこさのないフォン・ド・ボーが牛の旨味を引き立て、ほんのり“とろみ”を付けたことでCoCo壱番屋で2021年春に提供していた人気限定メニュー“牛カレー”の味わいをコク深く濃厚なカレースープとして再現、牛と言えば若干クセのあるものなんですが、全体のバランスが非常に良いせいか…全く飽きるような感じがなく、ココイチらしい本格香辛料などがちょうど良いメリハリとなったことでスパイシーかつ素材の旨味を存分に活かした満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、全国展開する人気カレーチェーン店でお馴染み“CoCo壱番屋”ファンはもちろん、“ココイチ”らしい本格スパイシーなカレースープにフォン・ド・ボーを加えることで牛の旨味が際立って楽しめる濃厚で刺激的な味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はカレーで人気の“ココイチ”とのコラボカップ麺で、以前期間限定で提供していたという人気メニュー“牛カレー”の味わいをカップ麺にアレンジ・再現、ポークの旨味をベースにソテーオニオンなど香味野菜を利かせたカレースープに“ふりかけ”を加えたことによって牛の旨味が際立つ濃厚な味わいが楽しめる一杯、「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、人気のカレー専門店“CoCo壱番屋(ココイチ)”とのコラボ商品で、以前期間限定メニューとして提供していた“牛カレー”の味わいを同店監修によってカップ麺にアレンジ・再現、ポークの旨味をベースにソテーオニオンをバランス良く利かせたカレースープに別添された“ふりかけ”を加えたことで牛の旨味が際立ち、コク深くもスパイシーな味わいが絶妙にマッチした濃厚な一杯、“CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン”となっています。

ご覧の通り、パッケージにはもはやコンビニでも見慣れた“バケツ型”の容器に“CoCo壱番屋監修”といった文字が記載され、すでにカレーならではの香辛料を利かせたスパイシーな味わいをイメージさせるわけですが、今回は“牛カレー”をカップ麺に再現したフレーバーということでフォン・ド・ボーが味の決め手となり、コク深くも本格感のある美味しさが際立ち、“ココイチ”ならではのスパイシー感はもちろん、素材の旨味なんかもしっかりと楽しめる後味すっきりとしたカレースープに仕上がっているものと思われます!

CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン パッケージ

ちなみに、“ココイチ”でお馴染みカレーチェーン店“CoCo壱番屋”とのコラボ商品は以下のようにこれまでも定期的に2商品ずつ発売されていて、それぞれ個性溢れるフレーバーをスパイシーなカレーと絶妙にマッチさせた味わいが表現されていたため、もはやコンビニなどでもお馴染みのカップ麺シリーズと言えるのではないでしょうか?

また、今回は以前大変人気だったという期間限定メニュー“スパイスカレー”をイメージし、別添“とび辛スパイス”で仕上げる刺激的な一杯、“CoCo壱番屋監修 赤カレー焼そば”も同時発売されています!

それでは、今回の“CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン”がどれほどポークの旨味をベースにソテーオニオンを利かせたコク深いカレースープに仕上がっているのか?別添されている“ふりかけ”を加えることによるフォン・ド・ボーの旨味やココイチらしい本格香辛料との兼ね合いはもちろん、なんと言っても厚みもあり幅広な食べ応えのある太麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り381kcal(めん・かやく327kcal / スープ54kcal)となっております。(塩分は5.2g)

カロリーは、“バケツ型”の大盛り仕様・ポークをベースにフォン・ド・ボーを加えたコク深いテイストにも関わらずかなり低めの数値のようで、塩分も同じくこのボリューム感を考慮するとやや低めにも感じられる数値となっています!
ちなみに1食当たり92g、麺の量は78gとのこと。

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと54kcalと思ったより低めな数値を占めていることから、ポークやフォン・ド・ボーを利かせた本格感のあるカレースープでありながらも決してこってりとした仕上がりではなく、素材の旨味を丁寧に活かした仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、カレー粉や食塩をはじめ…

  • 香味調味料
  • でん粉
  • ポークエキス
  • ガーリックパウダー
  • 乳化油脂
  • オニオンパウダー
  • フォンドボー調味料
  • ビーフ調味料

といった、ポークをベースにソテーオニオンやガーリックなど香味野菜の旨味を利かせたコク深いカレースープに仕上げ、そこに別添されている“ふりかけ”を加えることによって、フォン・ド・ボーが牛の旨味をプラス、さらにココイチらしい本格香辛料によってスパイシーなアクセントがクセになる本格的な味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード4901071231958
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ)、スープ(カレー粉、食塩、おからパウダー、香味調味料、でん粉、砂糖、ポークエキス、ガーリックパウダー、乳化油脂、オニオンパウダー、たん白加水分解物、フォンドボー調味料、ビーフ調味料、全卵粉)、かやく(鶏・豚味付肉そぼろ、人参、コーン、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸Ca、カラメル色素、重曹、香料、微粒二酸化ケイ素、かんすい、甘味料(カンゾウ、スクラロース、アセスルファムK)、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、酸味料、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (92g) 当たり]
熱量381kcal
たん白質8.8g
脂質12.1g
炭水化物
(糖質/食物繊維)
61.3g
(57.2g/4.1g)
食塩相当量
(めん・かやく/スープ)
5.2g
(1.2g/4.0g)
ビタミンB10.51mg
ビタミンB20.43mg
カルシウム301mg

引用元:CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”がすでに入っていて、他に粉末スープ、“ふりかけ”といった2つの調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの2パックとなっていて、フォン・ド・ボーを粉末化した“ふりかけ”の他にも…粉末スープは量的にたっぷりと使用されているようですね!これは“ココイチ”らしい風味豊かなスパイシーな味わいに期待できそうです!(粉末仕様という点が低いカロリーを実現しているのかもしれません。)

また、具材には…

  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • 人参
  • コーン
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています!

この大きな“バケツ型”の容器からすると…若干物足りなさを感じるかもしれませんが…今回はポークをベースに粉末化したフォン・ド・ボーが牛の旨味を引き立てる“牛カレー”をカップ麺にアレンジ・再現した濃厚なカレースープですからね!本格感のある旨味・スパイス感に期待しましょう!

また、麺はご覧の通り厚みもあり幅広な太麺が採用され、もっちりとした弾力とほどよいコシを兼ね備え、ずしっとした重みのある仕様によってしっかりと食欲を満たしてくれる…そんな食べ応えのあるボリューム感をイメージさせます!

調理してみた

ではまず、先ほどの粉末スープを入れてみます。
すると…液体スープが使用されていないせいか粉末そのものの量は非常に多く、一気にスパイシーな風味が広がっていき、コク深くも後味すっきりとした味わいをイメージさせます!(そのため、熱湯を注ぐ際はこの粉末スープをしっかりと溶かすようにしましょう。)

では続いて熱湯を注ぎ5分待ちます。(必要なお湯の目安量:510ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、スープ表面にはまだ若干粉末スープが残ってはいるため、しっかりと混ぜ合わせることによってほんのり“とろみ”が付くものと思われ、まだ“ふりかけ”を加える前ではありますが、ポークの旨味をベースにソテーオニオンを加え、粉末化したフォン・ド・ボーによって牛の旨味が際立つ本格感のあるスパイシーな一杯…といった印象の出来上がりです。

では、ここにフォン・ド・ボーを粉末化した“ふりかけ”を加えていきます!
こちらは粒子の細かな仕様となっているため、比較的カレースープにも馴染みやすく、素材の旨味を活かしたコク深い味わいが本格感を引き立てているものと思われます!(特にクセのある風味などはありません。)

ちなみにこの“ふりかけ”を加えることによって牛の旨味が際立つわけですが、上記の通り粉末仕様ということもあって特にクセのある脂っこさや“くどさ”は一切なく、スープにしっかりと馴染ませることによって深みのある牛の旨味が増していき、それによって“黒カレーラーメン”といった本格的な味わいがじっくりと楽しめそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう!
そして全体が馴染むと…スープは思ったよりややサラッとした仕上がりではありますが、粉末スープをたっぷりと使用したことで若干の“とろみ”があり、見た目としても“黒ラーメン”というだけあって濃いめで、牛の旨味がしっかりと利いたコク深くもスパイシーな味わいが楽しめるフォン・ド・ボーが味の決め手となる本格感のある一杯となっています!

また、具材に使用された“鶏・豚味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出しているようにも感じられ、全体をしっかりと混ぜ合わせることで濃厚感やコクが際立っていくものと思われますから、容器底から混ぜながら食べ進めていくと良いでしょう!ただ…若干の“とろみ”があありますから…つゆ跳ねには注意です!

食べてみた感想

一口食べてみると…粉末化したフォン・ド・ボーが利いているのでしょうか?“黒カレーラーメン”という名に相応しい濃いめの見た目通り思ったよりコク深い仕上がりとなっていて、ポークの旨味も合わせて濃厚なテイストなんですが、決して脂っこさといった“くどさ”はなく、喉越しの良い本格感のある味わいが表現され、そこにココイチらしい本格香辛料によるスパイシーな風味がちょうど良いメリハリとなってバランス良く馴染んでいます!

そのため、実店舗で以前提供されていたという…“牛カレー”をカップ麺にアレンジ・再現したカレースープとしては申し分なく、別添されている“ふりかけ”に含まれるフォン・ド・ボーを加えることによってコク深い旨味が際立ち、粉末化したことによって変な臭みやクセといった感じは一切なく、旨味の強いスープということもあって最後には追い飯してみても良いでしょう!(間違いなく合うやつです。)

というのも…ベースとなるスープはポークをベースにフォン・ド・ボーを加えたことで“牛カレー”をイメージした本格感のある旨味・コクを表現し、そこに“ココイチ”らしいスパイスがバランス良く調和したことで最後まで飽きの来ないメリハリが付き、個人的にココイチ監修のカップ麺は色々と食べてきましたが、今回の“ビーフの旨み 黒カレーラーメン”は群を抜いて美味しいですね!

麺について

麺は、ご覧の通り厚みもあり幅広な太麺が採用されており、ほどよい弾力と強いコシを併せ持つ食べ応え抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークをベースにソテーオニオンをバランス良く合わせ、別添されている“ふりかけ”を加えることで牛出汁が際立つコク深いカレースープがよく絡み、一口ずつにフォン・ド・ボーによる臭みのないビーフの旨味や“ココイチ”らしいスパイシーな味わいが口いっぱいに広がっていき、最後まで飽きの来ない風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・豚味付肉そぼろ”が入っていて、“肉そぼろ”というだけあって若干小ぶりながらも今回の旨味溢れるカレースープをしっかりと吸ったことで、じゅわっと旨味が滲み出す仕上がり具合となっていたため、スープと馴染ませながら食べ進め、後ほど太麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらのコーンなんかも使用されており、じっくりと味わってみると…素材本来の味わいが感じられるものの、今回のカレースープを損なうこともなく、彩り良く添えられています!

さらに、こちらの人参は若干小さめにカットされているせいか…素材本来の味わいがじっくりと味わってみないとわからない程度で、こちらも上記のコーンと同じくカレースープにぴったりな彩りの良い具材として使用されているようです!

そして、こちらの粗挽き唐辛子は非常にさり気なく使用されているものの…ピリッとしたアクセントが際立ち、カレーならではのスパイスと合わせてちょうど良いメリハリが引き立って感じられます!やはりこういった香辛料はカレースープの中でも必要ですよね!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されており、かなり小さくカットされたことで…シャキシャキとまではいかないものの…ちょうど良い薬味にもなったことで今回の“牛カレー”をカップ麺に再現したカレースープの美味しさを引き立て、さらに後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材となっています!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークをベースにソテーオニオンをバランス良く合わせ、別添されている“ふりかけ”に含まれるフォン・ド・ボーによって品のある牛の旨味が際立ち、濃い目のカレースープながらも全体のバランスは非常に良く、粉末仕様のせいか…割とキリッとしたシャープな飲み口が印象的で、物足りなさを感じさせることのない旨味溢れる仕上がりとなっています!

そのため、今回のカレースープは若干“とろみ”はあるものの…メリハリのあるテイストが印象的で、本格感のある旨味とちょうど良いスパイス感が絶妙にマッチし、別添されている“ふりかけ”を合わせることによってビーフの旨味が際立ち、ついつい白飯が欲しくなるような濃いめのスープがたっぷりと楽しめるかと思われます!(別皿に白飯を用意して一緒に味わってみても良いかもしれません。)

ちなみに気になる辛さの強さについてですが…監修したカレー専門店である“ココイチ”らしい本格感のある香辛料が利いていているため、食欲そそるスパイシーな味わいに仕上がっているものの…今回は牛の旨味を引き立てるかのような絶妙な利かせ具合で、ちょうど良いアクセント程度でしたのでご安心ください!

このように、今回の“CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン”は、臭みのないポークの旨味をベースにソテーオニオンをバランス良く合わせ、さらに別添されている“ふりかけ”を加えることによって粉末化したフォン・ド・ボーがビーフの旨味を引き立てることによって品のある旨味がボリューム感たっぷりと楽しめる本格感のあるスパイシーな仕上がりとなっていたため、お好みによっては唐辛子やガラムマサラなどをさらに足して刺激的なアクセントを際立たせてみても良いでしょう!

まとめ

今回「CoCo壱番屋監修 ビーフの旨み 黒カレーラーメン」を食べてみて、2021年春に期間限定で提供されていた“牛カレー”の味わいを同店監修によってカップ麺に再現した一杯は…ポークをベースにソテーオニオンを利かせ、別添された“ふりかけ”を加えることによってフォン・ド・ボーといったビーフの旨味が前面に押し出した旨味溢れるカレースープに仕上がり、まさに本格感のある味わいがたっぷりと楽しめる深みのある一杯となっていました!

そして、なんと言ってもポークを利かせた濃厚なスープにココイチ特有の風味豊かなスパイシーな香りや後引く辛さが絶妙にマッチしたことで、思ったより辛さ自体は控え目に感じられないかもしれませんので…ほどよく汗を誘う刺激的な味わいがカップ麺として堪能できるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!