カップ麺

【ファミマ】旨み芳醇 函館塩!魚貝出汁にポークを利かせた芳醇な風味が香る一杯

【ファミマ】旨み芳醇 函館塩

旨み芳醇 函館塩」を食べてみました。(2020年9月29日発売・日清食品/ファミリーマート限定)

この商品は、日清食品との共同開発によるカップ麺で、“ファミリーマートコレクション”という名のPBで取り扱いされており、“あさり”とホタテなど魚貝の旨味を利かせたじんわりと染み渡る風味豊かな塩スープに新開発されたという中細ながらもコシのあるストレート麺がしっかりと絡む一杯、“旨み芳醇 函館塩”となっております。(税抜き138円)

ご覧の通り、パッケージには“旨み芳醇函館塩”といった商品名がわかりやすく大きく配置され、“楽しさ”や“新鮮さ”、“信頼”と“安心”を表しているという…ファミリーマートのロゴを象徴する2色を各種フレーバーごとに異なる配色としてあしらわれ、白を基調になんとも清潔感溢れるデザインに統一されています!

【ファミマ】旨み芳醇 函館塩 パッケージ

さらに背景には塩ラーメンならではの透明感のある淡麗スープが表現され、魚貝の旨味を活かしたことで奥行きのある飽きの来ない一杯といった仕上がりイメージなんかも掲載されていて、これを見る限り具材には…味付豚肉・なると・味付メンマ・“ねぎ”が使用されているようです!

そして塩ラーメンと言えば…あっさりとしたテイストに出汁の旨味を活かした味わいが印象的なんですが、今回の一杯に関しては具材なんかも豊富に使用されていることからもPB商品といったリーズナブルな価格以上の美味しさが表現されているものと思われます!

ちなみにこの“ファミリーマートコレクション(通称:ファミコレ)”は、もちろんカップ麺だけでなく様々な各種お総菜なんかも取り扱いされていて、さらに低価格の“レギュラーライン”と高付加価値の“プラチナライン”商品なんかも発売されています!(このカップ麺はその“レギュラーライン”の位置付けとなっています。)
※“ファミリーマートコレクション”自体は2012年10月から既存のPBを統一し、カップ麺以外の商品なども順次販売開始されています!

そしてその気になる特徴としては…こちらパッケージ側面に“あさりとホタテの旨みが効いた淡麗塩スープに食べ応えのある中細ストレート麺”と記載されているように、“あさり”やホタテなど魚貝の出汁をベースにキリッとした塩スープに仕立て上げ、喉越し抜群な中細ストレート麺が絶妙にマッチしたことによって飲んだシメにもぴったりな出汁の旨味をストレートに楽しめる味わいに仕上がっているようです!

また、こちらには“新開発!塩にピッタリ 中細ストレート麺”と記載されているように、今回新たに新開発された中細ながらもしっかりとしたコシを感じさせ、今回の魚貝出汁を利かせた塩スープにもぴったりなストレート麺が採用されているようで、ポークの旨味がコク深さを引き立てる後味すっきりとした塩スープとの絡みなんかも気になるところ。。

他にも特徴として…麺は上記の通り新開発された中細ストレート麺が使用され、丸刃・フライ仕様のつるっと滑らかな食感が印象的で、細いながらもほどよい弾力なんかも表現され、じんわりと染み渡る魚貝出汁を利かせたコク深い塩スープとともに深みのある美味しさが最後までじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

“あさり”やホタテなど魚貝出汁の旨味を活かした透明度の高い塩スープには、見た目以上に旨味が凝縮されており、さり気なくポークの旨味がコク・厚みを引き立て、シンプルながらも素材の旨味が存分に楽しめる染み渡る味わいに仕上がり、今回新たに開発されたすすり心地抜群な中細ストレート麺とともに満足度高い後味すっきりとした塩スープが最後まで飽きることなく堪能できる芳醇な風味が心地良い仕上がりとなっていました!
これは特に、後味すっきりとした塩スープが好みの方はもちろん、じんわりと染み渡る魚貝出汁を気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回は“あさり”やホタテなど魚貝出汁をベースにポークの旨味がコクを引き立てる後味すっきりとした塩スープに新開発された中細ストレート麺が絶妙にマッチしたファミマのPBカップ麺のひとつ、「旨み芳醇 函館塩」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

旨み芳醇 函館塩

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染みファミマのPB“ファミリーマートコレクション”から新たに発売されたカップ麺シリーズのひとつで、“あさり”やホタテといった魚貝出汁ならではのシンプルながらも染み渡る味わいに仕上げ、さらにポークがコク深さを引き立てたことで、あっさりとした中にもしっかりと素材の旨味が楽しめる一杯、“旨み芳醇 函館塩”となっています。

ご覧の通り、フタに別添されている“香味油”を剥がしてみると…こちらにも塩ラーメンならではの透明度の高いスープに各種具材が豊富に盛り付けられ、見るからに魚貝出汁の旨味を溶け込ませた染み渡る仕上がりイメージなんかも掲載されており、他にもファミマのPBである“ファミリーマートコレクション”のロゴなんかもさりげなく配置されています!

ちなみに、今回は豚の旨味を利かせたマイルドな豚骨スープが極細ストレート麺に絡む“コク旨博多豚骨”が同時発売されており、ファミリーマートがPB商品として展開するカップ麺は、今回の“旨み芳醇函館塩”を含め縦型カップ麺として以下の商品が発売されていて、計8種類のラインアップとなっています!
※こちらの8商品は製造が日清食品となっています。

それ以外にも“どんぶり型”でファミリーマートコレクションとしては初となるノンフライ麺が採用された商品も2019年10月29日の発売からこれまで5種類ものフレーバーが登場していますが、こちらは数量限定のようですね!(未だに陳列されていますが…)
※この“どんぶり型”の“四川風汁なし担々麺”はサンヨー食品が製造、他は東洋水産となっています。

また、この“ファミリーマートコレクション”のカップ麺をまとめた記事は、ぜひこちらもご覧ください!

ファミリーマートコレクション
「ファミマ」カップ麺!ファミリーマートコレクションのカップラーメンを一挙ご紹介!ファミリーマートのPB(プライベートブランド)「ファミリーマートコレクション」をご存知ですか?このシリーズは様々な商品展開を行っており、...

他にもローソンのPBカップ麺は税込み138円(リニューアルして税込み150円)、セブンプレミアムのPBカップ麺は税込み98円〜138円となっていて、これら他社のPB商品と比較するとこの“ファミリーマートコレクション”のカップ麺は税込みだと142円ですから…ほんのわずかではありますが割高な価格設定となっています。。

そしてそのファミリーマートでは全国の名店と呼ばれるラーメン店とのコラボカップ麺なんかも数多く発売しているんですが、これら全13商品はPBカップ麺として1年を通して店頭に並び、その味わいとリーズナブルな価格帯からも一定のリピーターやシェアを獲得しているものと思われます!

さらに、これは各コンビニのPB商品から発売されているカップ麺に共通して言えるんですが…リーズナブルな価格帯の割に意外と物足りなさを感じさせない具材がたっぷりと使用されていたり、仕上がりの方も想像以上に美味しかったりするので、今回ご紹介するファミマから発売されているカップ麺も期待したいところ。。

それでは、今回の“旨み芳醇 函館塩”がどれほど“あさり”やホタテなど魚貝出汁の旨味を凝縮させた仕上がりとなっているのか?コクを引き立てるポークとの兼ね合いはもちろん、なんと言っても新開発された歯切れの良い中細ストレート麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り319kcal(めん・かやく304kcal / スープ15kcal)となっております。(塩分は4.4g)

カロリーは、塩スープということもあって非常に低めな数値のようで、塩分も同じくやや低めな数値となっています。

ちなみに1食当たり71g、麺の量は60gとのことで、容器は他のレギュラーサイズと比較して若干小さめにも感じられるんですが…そこまで少ないというわけではないようですね!
※サイズ的にはお馴染み“カップヌードル(1食当たり78g・麺量65g)”と比べて麺が若干少なめとなっています。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、“ほたて調味油”やポーク調味料をはじめ…

  • 食塩
  • ポーク調味油
  • 香辛料
  • 豚脂
  • ほたて調味料
  • あさり調味料

といった、“あさり”やホタテなど魚貝出汁を利かせた塩スープにポークを加えたことによって、厚みのある旨味へと引き立てた満足度の高い味わいを想像させる材料が並びます。

さらに、この“ファミリーマートコレクション”のカップ麺は日清食品が製造しているとのことで、製造所にもしっかりと“日清食品株式会社 下関工場”と記載されています。

JANコード4902105265376
原材料名

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、食塩、香辛料、たん白加水分解物)、スープ(ほたて調味油、糖類、ポーク調味料、食塩、ポーク調味油、香辛料、豚脂、ごま、ほたて調味料、あさり調味料)、かやく(味付豚肉、なると、味付メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、かんすい、グリセリン、乳化剤、増粘多糖類、香料、マリーゴールド色素、カロテン色素、カラメル色素、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部にえび・小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

栄養成分表示 [1食 (71g) 当たり]
熱量319kcal
たんぱく質7.3g
脂質12.8g
炭水化物43.6g
食塩相当量4.4g
めん・かやく: 1.9g
スープ: 2.5g
ビタミンB10.23mg
ビタミンB20.24mg
カルシウム96mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、先ほどもお伝えした通りフタの上には“香味油”と記載された調味料が別添されています。

そして、こちらが今回唯一別添されている調味料となっていて、“ホタテの旨みを効かせた香味油です。”と記載されているように、じんわりと染み渡る魚貝出汁を凝縮させた油分のようで、触った感じだと非常にさらっとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温める程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • 味付豚肉
  • なると
  • 味付メンマ
  • ねぎ

が入っています。

特にシンプルな塩スープに旨味を際立たせる“味付豚肉”が豊富に使用されていますね!これは原材料にもポークの旨味が記載されていたように、PB商品とは思えない贅沢な仕上がりに期待したいところ!

さらに、麺はご覧の通り新開発されたというフライ仕様・中細ストレート麺となっていて、すすり心地抜群な中細ながらもほどよい弾力や歯切れの良いコシを表現し、想像以上にしっかりとした食べ応えなんかもあり、それと同時にじんわりと染み渡る魚貝出汁が利いた透明感の高い塩スープが楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ4分待ちます。(必要なお湯の目安量:300ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸い、先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺には中細ながらもほどよいコシが加わったことで歯切れの良い食感に際立ち、魚貝出汁を利かせた塩スープと合わせて想像以上にしっかりとした食べ応えなんかも楽しめる一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの香味油を加えていきます!
すると…無色透明な油分ではありますが、“あさり”やホタテなどの魚貝出汁が凝縮された風味豊かな香りが一気に広がっていき、まさに“旨み芳醇函館塩”といった商品名にふさわしい臨場感の高い一杯に仕上がっているようです!

そのため、見た目としての変化は見られないものの…函館といえば“塩ラーメン”といったイメージ通り魚貝出汁の旨味を存分に活かした芳醇な風味が香り立つ一杯に期待できるのではないでしょうか?

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…塩ラーメンらしく非常にサラッとした仕上がりではありますが、“あさり”やホタテなど魚貝出汁をポークが引き立て、じんわりと染み渡る澄んだスープに厚みのあるコクがプラスされ、ついついスープが止まらなくなるような飽きの来ない味わいをイメージさせます!

また、具材に使用された味付豚肉からも良い旨味が滲み出し、それによって食べ進めていくに連れて旨味も増していく…そんな深みのある塩スープが新開発されたという中細ストレート麺とともに最後までじっくりと堪能できそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…“あさり”やホタテなどの魚貝出汁を活かした染み渡る塩スープが上品に仕上がり、さり気なくポークの旨味を加えたことによってキレの良いすっきり感だけでなく、厚みのある旨味としてスープを美味しく引き立て、コク深く喉越しの良い仕上がりが好印象といったところ!

そしてそのポークはあくまで魚貝出汁の旨味を引き立てるかのようにバランス良く馴染み、決して脂っこさやポークの旨味そのものが主張することなく、絶妙な利かせ具合によって芳醇な塩スープを表現しています!これは飲んだシメにもちょうど良いかもしれません!

また、魚貝出汁の旨味に関しても非常に品のある利かせ具合で、荒々しさを感じさせることもなくポークとの兼ね合いによってうまく調和されているようにも感じられます!リーズナブルながらも旨味が凝縮された一杯は“おにぎり”のお供にもぴったりです!

麺について

麺は、ご覧の通り新開発されたという中細ストレート麺となっていて、すすり心地は非常に良く、もっちりとした弾力やほどよいコシを兼ね備えた思ったよりも食べ応えのある仕上がりとなっています!

そんな歯切れの良い中細麺には…“あさり”やホタテの旨味を品良く利かせた透明感のある塩スープがよく絡み、一口ずつにじんわりと染み渡る旨味が口いっぱいに広がっていき、魚貝出汁ならではの風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの味付豚肉が入っていて、魚貝出汁の旨味を利かせた後味すっきりとした塩スープにほどよいコクを際立たせる相性の良い具材となっており、じっくりと味わってみると…ほどよい肉の旨味なんかも感じられたものの、単品で味わうというよりもしっかりとスープと味を馴染ませた後、中細麺と一緒に絡めていただくと、より一層厚みのある旨味が楽しめるのではないでしょうか?

また、こちらのメンマは、サイズ・数ともに申し分なく、ほどよいコリコリ感もあり、メンマ特有の味付けや素材本来の味わいなんかもしっかりと感じられ、今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようです!

さらに、こちらの“なると”は、味付け自体は感じられないものの…使用されている数がかなり多いせいもあって、ぱっと見の華やかさを演出しているかのような彩りの良いアクセントをプラスしています!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されていて、やや小さめにカットされているため、シャキシャキとまではいかないんですが…ちょうど良い薬味にもなったことで、風味豊かな塩スープの美味しさを引き立て、後味さっぱりと感じさせる相性抜群な具材のようです!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り“あさり”やホタテなど魚貝出汁を利かせた後味の良い仕上がりとなり、そこにポークの旨味がほどよくコク・深みを引き立て、単純に魚貝出汁を利かせたキリッとしたテイストというだけでなく、厚みのある美味しさがじんわりと染み渡る満足度の高い塩スープとなっています!

また、単純にあっさりとしたテイストというわけではなく、魚貝出汁やポークなど素材本来の旨味を存分に活かしたことで、芳醇な風味がストレートに感じ取れる品のある仕上がりが印象的といったところ!

そのため、脂っこさといった感じとはまるで無縁な塩スープですので、ついついスープが止まらなくなってしまうような…シメにもちょうど良い染み渡る出汁の旨味がたまりません!

この辺りはPB商品らしい多くの方に好まれる味わいに仕上がっているとも言えるので、低価格で素材の旨味を活かした塩ラーメンの味わいを楽しみたい時にもちょうど良く、さらにレギュラー商品として今後取り扱いされるかどうかはわかりませんが…リーズナブルな一杯ですから、ファミマの定番カップ麺となる方も多いのではないでしょうか?
※公式ページには特に数量限定などの記載はありませんでした。

このように、今回の“旨み芳醇 函館塩”は、“あさり”やホタテなど魚貝出汁を利かせたじんわりと染み渡る後味すっきりとした塩スープにポークが厚みを際立たせ、あっさりとした中にもじんわりと染み渡る味わいが新開発された中細ストレート麺にマッチし、思ったよりもボリューム感のある仕上がりとなっていたため、お好みによっては塩スープと相性の良いペッパー系の香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「旨み芳醇 函館塩」を食べてみて、透明度の高い塩塩スープに“あさり”やホタテなど魚貝出汁の旨味を上品に利かせ、さらにポークがあっさりとしたスープにコク・深みをプラス、それによってシンプルながらも満足度の高い安定感のある味わいに仕上げ、リーズナブルながらも納得の染み渡る美味しさが表現されていました!

やはりPBカップ麺とは言え侮れませんね。。今回の一杯もまた単純に後味すっきりとした塩スープというわけではなく、しっかりと魚貝出汁の旨味が凝縮され、新開発された中細ストレート麺と絶妙にマッチしていたため、満足度の高い旨味が楽しめるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!