ペヤング

ペヤング 辛口チゲ風やきそば!キムチの旨味を利かせた激辛好きも納得のパンチのある一杯

ペヤング 辛口チゲ風やきそば

ペヤング 辛口チゲ風やきそば」を食べてみました。(2020年10月19日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤングシリーズ”の新商品ということで、今回はキムチの辛さ・旨味に肉や魚の旨味を合わせたことによってチゲ風の味わいを前面に押し出し、さらに激辛好きにも満足のいくほどたっぷりと唐辛子を加えたパンチのあるテイストに仕上げたやみつき感のある一杯が登場です!

それも…味噌をベースにポークや魚醤、そしてキムチの旨味をしっかりと利かせ、さらに別添されている“ふりかけ”に含まれる唐辛子がペヤングシリーズのお馴染み“激辛”レベルにも匹敵するほどたっぷりと加えられた刺激的な一杯、“ペヤング 辛口チゲ風やきそば”となっております。(税抜き193円)

ご覧の通り、パッケージには今回のフレーバー名である“辛口チゲ風”といった文言が大きく掲載されており、今回もまたどれほどの旨味が凝縮されているのか?どれほどの辛さが表現されているのか?全く予想だにしないデザインにあしらわれています!ただ、赤を基調にしていることから、辛みの強いテイストであることに間違いないでしょう!

そして上記の通りパッケージには今回の仕上がりイメージなんかは一切掲載されていないんですが…原材料を見る限り具材には…豚・鶏味付ひき肉、香辛料、豆腐、ニラが使用されているようです!チゲと言えば、肉類や魚、その他キムチや豆腐などを加えてじっくりと煮込んだ鍋料理ですからね、濃いめの味わいで各種旨味が凝縮された仕上がりに期待したいところ!

また、“チゲ”と言えばそこまでマイナーな料理ではありませんが…ペヤングシリーズとしては少なくともここ数年の間では発売されていません。ということもあって今回のフレーバーに関しては奇をてらった味わいというよりも…ある意味ペヤングらしくない普通に美味しそうなテイストであり、後は別添されている“ふりかけ”にどれほど唐辛子が含まれ、強い辛さが表現されているのか?この辺りが気になるところではないでしょうか?

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたフライ麺となっていて、それによってラードの旨味・香ばしさが焼そばソースに加わり、豊富に使用されたニラによって旨味を引き立たせ、刺激的な唐辛子の辛さが後味すっきりと感じさせる清々しいほどの辛みがチゲ風の味わいとともにたっぷりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

ベースとなる味わいは、コクのある味噌にほどよくポークや魚介の旨味がバランス良く利いたことで厚みのある味わいが印象的で、別添されている“ふりかけ”を加えなくとも十分な美味しさが楽しむことができ、たっぷりと加えることによって決して侮れない強烈な辛さが楽しめる自分好みの辛さのチゲ風焼そばが堪能できる満足度の高い一杯となっていました!
これは特に、チゲならではの旨辛なテイストが好みの方はもちろん、キムチをはじめ…ポークや魚介の旨味をバランス良く合わせたクセになる味わいを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”の新フレーバーで、ポークや魚介出汁をキムチの旨味・風味とバランス良く合わせたことによってチゲ風の味わいを“焼そば”にアレンジし、別添された“ふりかけ”に含まれる唐辛子が想像以上にたっぷりと使用されたことで、“辛口”以上の刺激的な辛さが楽しめる後味すっきりとした刺激的な一杯、「ペヤング 辛口チゲ風やきそば」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング 辛口チゲ風やきそば

今回ご紹介するカップ麺は、様々なテイストでいつも大変話題となる“ペヤング”シリーズの新商品ということで、味噌ベースの焼そばソースにポークや魚介の旨味をバランス良く合わせ、さらにキムチ特有の旨味がチゲならではの味わいをうまく表現したやみつき感のある一杯、“ペヤング 辛口チゲ風やきそば”となっています。

ご覧の通りパッケージには赤を基調にどれほどの辛さが表現されているのか定かではないデザインがあしらわれ、よーく見てみると特に“辛口”が特に突出しているようにも感じられ、肉や魚の旨味にキムチを合わせた食欲そそる旨辛な“チゲ風”の味わいに仕上がり、お馴染みラードを使用した油で揚げたフライ麺から滲み出るラードの旨味・香ばしさが臨場感溢れるテイストに仕上がっていることに期待できそうです!

ペヤング 辛口チゲ風やきそば パッケージ

ちなみにこの“ペヤング”シリーズは、昨年2019年は毎週のように新商品を発売してきたんですが、2020年としては…以下のように上半期はややペースが鈍化している状態だったものの…6月辺りから急に商品展開が目まぐるしく、さらに最近ではあのインパクト絶大な“GIGAMAX”シリーズが立て続けに3商品も登場しています!

やはりこのブログでも何度もお伝えしてきた通り2020年で“ペヤング”発売45周年を迎えるとのことで、面白いフレーバーがどしどし登場してきましたね!これは年内まだまだ2ヶ月ありますからね!引き続き今後の商品展開に期待したところ!

それでは、今回の“ペヤング 辛口チゲ風やきそば”がどれほどポークや魚介の旨味が凝縮された仕上がりとなっているのか?チゲの味わいには欠かせないキムチの旨味・風味との兼ね合いはもちろん、なんと言ってもシリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が香り立つすすり心地抜群な麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り536kcalとなっております。(塩分は3.8g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあってやや高めな数値のようですが、一方で塩分はかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり117g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、“みそ”や食塩をはじめ…

  • 植物油脂
  • 香辛料
  • 魚醤
  • ポークエキス
  • えびペースト

といった、味噌をベースにポークや魚介系の旨味をバランス良く合わせ、さらにキムチならではの旨味をしっかりと利かせたことによってパンチのあるチゲ風の味わいを想像させる材料が確認できます!

また、麺の項目を見てみると…シリーズらしく“ラード”といった材料がしっかりと記載されていることが確認できます!これによってラードの旨味・香ばしさが滲み出し、ソースの旨味も増すんですよね!

JANコード49 02885 00646 6
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(みそ、糖類、食塩、たん白加水分解物、植物油脂、香辛料、魚醤、ポークエキス、えびペースト)、かやく(豚・鶏味付ひき肉、香辛料、豆腐、ニラ)/調味料(アミノ酸等)、酒精、香辛料抽出物、粉末セルロース、増粘剤(グァーガム)、香料、カラメル色素、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、酸味料、カロチノイド色素、トレハロース、豆腐用凝固剤、ビタミンB2、(一部にえび・小麦・卵・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (117g) 当たり]
熱量536kcal
たんぱく質10.2g
脂質27.5g
炭水化物61.8g
食塩相当量3.8g

引用元:ペヤング 辛口チゲ風やきそば | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、ソース、“ふりかけ”といった3つの調味料などが入っています。

そしてこちらが今回使用されている調味料などの3パックとなっていて、
特にソースは、サラッとした状態となっていたため、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます。

また、麺はご覧の通り“ペヤング”シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたやや細めな仕様となっていて、これによってラードの旨味と香ばしさが広がり、ソースの旨味をさりげなく際立たせているんですよね!今回のチゲ風の味わいをイメージしたテイストにもぴったりです!

調理してみた

ではまず、かやくを入れてみます。

そして、かやくには…

  • 豚・鶏味付ひき肉
  • 豆腐
  • ニラ

が入っています。

まるでチゲ鍋を思わせる具材が豊富に使用されているようです!

続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:480ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

先ほどまでの麺や各種具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺からは食欲そそるラードの香ばしさが香り立ち、小ぶりながらも豆腐などの具材が臨場感高くチゲ風の味わいを再現した一杯…といった印象の出来上がりです。

そして、ここに先ほどのソースを加えていきます!
すると…ややドロッとした状態となっていて、ほどよい味噌感のあるソースにポークや魚介の旨味をしっかりと凝縮させ、さらにキムチ特有の旨味がしっかりと利いたことで、食欲そそる風味が一気に広がっていきます!これは間違いないやつ。。

そして、見た目としても非常に濃いめの味わいをイメージさせるソースとなっていて、やみつき感のあるチゲ風の味わいはもちろん、香ばしい風味が香る麺との相性も抜群といったところ!

また、このペヤングシリーズは話題性のあるフレーバーが多く発売されている印象ですが、意外と麺や具材との相性なんかも考慮されているんですよね!そういった絶妙にマッチした味わいが今回もうまく表現されているようです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通りソースは若干とろっとした印象ではありますが、すんなりと麺にも馴染んでいきます!

そしてソースが全体に馴染んだら、最後に先ほどの“ふりかけ”を加えて完成となるわけですが、この“ふりかけ”に含まれる唐辛子はかなり量も多く、思ったよりも辛みも強いため、気になる方は少しずつ足してみてください。

こうして完成となるわけですが、やはり“ふりかけ”を全て加えると唐辛子の量がかなり多く、“辛口”というのも強ち間違いではなく、“激辛”にも相当するパンチのある刺激的な仕上がりとなっているようです!これは公式ページにも記載されていた“激辛好きに捧げる”といった文言も納得の一杯といったところ!!

…というか真っ赤なパッケージデザインもこの仕上がり具合を見ると納得しますね!もしかすると、このような唐辛子の量がたっぷりと使用されている様子をイメージしていたのかもしれません!

どちらにしても今回の一杯はかなり刺激的な一杯に間違いなく、味噌をベースにポークや魚介の旨味をバランス良く合わせ、キムチの旨味をしっかりと利かせたパンチのあるテイストががっつりと楽しめそうです!

食べてみた感想

一口食べてみると…ポークや魚介の旨味がコクのある味噌味と絶妙にマッチした濃厚なタレをベースにキムチならではの旨味がしっかりと利いたことでパンチのあるテイストに仕上がっています!これは普通に美味いですね!!

そしてこのたっぷりと使用された唐辛子が想像以上に強い辛さを表現し、食べ進めていくに連れて汗も噴き出してきます!これはなかなかの辛さで、“激辛”にも劣らず刺激的なアクセントがチゲ風の味わいとバランス良く合わさったことで、清々しい“辛口チゲ風”の美味しさが最後までじっくりと楽しめるのではないでしょうか?

しかもこの唐辛子は“ふりかけ”として別添されていますので、自分好みの辛さで楽しめる点もまた嬉しいところ!

麺について

麺は、ご覧の通りシリーズらしいやや細めの中太・丸刃仕様となっていて、すすり心地も非常に良く、シリーズお馴染みのラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしい風味が焼そばソースに滲み出し、チゲ風ならではの味わいにぴったりな風味を際立たせています!

そんな麺には、味噌をベースにポークや魚介出汁、さらにキムチの旨味をしっかりと利かせたパンチのある焼そばソースがよく絡み、一口ずつに肉や魚の旨味やキムチの味わいが口いっぱいに広がっていき、まさにチゲ風の味わいを感じさせる風味豊かな香りが後味良く抜けていきます!やはりここでもラードを使用した油で揚げた麺から香る風味がソースの美味しさを相性良く引き立てていますね!

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの豚・鶏味付ひき肉が入っていて、挽肉という割にサイズは大きく、じっくりと味わってみると…ほどよい味付けが施された肉の旨味が滲み出てくる美味しい具材となっていたため、全体をしっかりと混ぜ合わせ、風味豊かな麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味が際立って楽しめるかと思われます!

また、こちらの豆腐は、若干小ぶりではありますが、食感としては全く申し分なく、柔らかいながらも表面にはほどよい張りがあり、チゲ鍋には欠かせない具材のひとつとしてさり気なく添えられています!

さらに、こちらのニラは、キムチの旨味を引き立てるにはちょうど良い香味野菜ならではの美味しさが表現されており、使用されている数に関しても全く申し分ありません!…というかここに“おろしにんにく”をちょい足ししてみても良いかもしれませんね!

他にもこちらの唐辛子は、粗挽き仕様のような若干大きめにカットされており、使用されている量もさることながら…想像以上にしっかりとした辛さが表現されていて、パンチのある口当たりというよりもインパクト抜群なテイストに仕立て上げています!

今回は最初から全て加えてみましたが、まずはデフォルトで旨辛なチゲ風の味わいをじっくりと味わった後に味変のようにこの“ふりかけ”を加えてみても良いかもしれません!

そして、これらの具材をしっかりと混ぜ合わせて風味豊かな麺と一緒に絡めて食べてみると…実に様々な旨味や刺激的なアクセントが加わり、より一層満足度も満たされていきます!(このシリーズとしては割と使用されている具材の量が多めとなっていたため、その辺りに関しても満足感がありますね!)

ソースについて

ソースは、先ほどもお伝えした通り味噌をベースにポークや魚介出汁をバランス良く利かせ、そこにキムチの旨味をしっかりと合わせたことによってパンチのあるテイストに仕上げたことでチゲ風の味わいをうまく表現しています!

また、別添されている“ふりかけ”に含まれる唐辛子は辛みが強く、量も思ったよりも多いため、“辛口チゲ風”といった商品名ではありますが、全て加えると辛口というよりも…激辛に近い刺激的な辛さが楽しめるでしょう!

ただ強いて言えば、この“ふりかけ”を全て加えてしまうと、量が多いせいで変に粉っぽさが際立ってしまうため、このフレーバーはまさにちょうど良い辛さで楽しむために唐辛子の量を調整するべきですね!今回ははじめから全て加えてみたので、せっかくの旨味溢れるチゲ風の味わいも薄れてしまっている印象ではありました。。

このように、今回の“ペヤング 辛口チゲ風やきそば”は、味噌をベースにポークや魚介系をバランス良く合わせ、さらにキムチの旨味をしっかりと加えたことによって臨場感溢れるチゲ風の味わいを表現、そこにラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味・風味がちょうど良い香ばしさを際立たせ、別添された唐辛子が刺激的なアクセントとなってやみつき感のある一杯となっていたため、お好みに合わせて“ふりかけ(唐辛子)”の量を調整してみると良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング 辛口チゲ風やきそば」を食べてみて、素材の旨味を活かしたことでチゲ風の味わいを表現した焼そばソースには、味噌やポーク、魚介系やキムチの旨味がバランス良く融合し、デフォルトでも十分パンチのある味わいを堪能することができ、さらに別添されている“ふりかけ”に含まれる唐辛子を加えることによって、より一層刺激的な辛さが楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

やはり“ペヤング”シリーズは単純に話題性だけでなく、手の込んだ仕様で想像以上の美味しさを表現していますね!今回もまたラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る旨味や香ばしさが臨場感を際立たせ、唐辛子の量を自分好みに調整することによって、かなり幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!