ペヤング

ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ!お馴染みのキャベツを通常の4倍使用した食感の良い一杯

ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ

ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ」を食べてみました。(2020年11月16日発売・まるか食品)

この商品は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、今回は以前発売された“ペヤング 超大盛やきそば マシマシキャベツ”をレギュラーサイズとしてリサイズ(麺量としてはちょうど半分)したものなんですが、前回はレギュラーサイズのキャベツ5倍に対して今回は4倍と、キャベツの割合自体は多くなったキャベツ好きにはたまらない一杯が登場です!!

それも…ビーフを利かせたコク深くまろやかな味わいで定評のお馴染み“ペヤング ソースやきそば”とソースの仕様は全く同じく、そこに通常の4倍ものキャベツがマシマシ仕様として思う存分たっぷりと楽しめる一杯、“ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ”となっております。(税抜き205円)

ご覧の通り、パッケージは以前発売されていたものと同様に丸ごとキャベツ1個入っているかのような…キャベツマシマシ仕様の一杯であることがひと目見ただけで十分に伝わって来るデザインにあしらわれ、特に仕上がりイメージなんかは掲載されていないんですが、原材料を見る限り具材には…キャベツ・味付け鶏ひき肉・ごま・香辛料・アオサ・紅生姜が使用されているようです!

このように今回の“マシマシキャベツ”は、レギュラーサイズのお馴染み“ペヤングソースやきそば”にキャベツを大量に使用したボリューム満点の一杯となっているため、縦横のサイズはレギュラーサイズと同等なものの…ご覧の通り高さがかなりある特別仕様の容器となっていて、通常の4倍ものキャベツがたっぷりと使用されていることが伝わってきますね!

個人的にもあの“マシマシキャベツ”が単純にレギュラーサイズとなっただけなのかと思っていましたが…この高さのある容器を見ると、やはりたっぷりとキャベツを加えたボリューム感もありキャベツ好きにはたまらない一杯に仕上がっていることに間違いなく、特に最近では“ペヤング 超中盛やきそば(2020年10月5日発売)”や“ペヤング 超超超超超超大盛 やきそばペタマックス(2020年11月2日発売)”、“ペヤング 超大盛やきそば マヨネーズMAX(2020年11月9日発売)”といったこれまで登場してきたフレーバーのサイズ違いが立て続けに発売されている印象です!

他にも特徴として…麺は“ペヤング”シリーズらしいラードを使用した油で揚げたことによってラードの香ばしさや旨味が滲み出る風味豊かな仕様となっていて、それによって通常の4倍ものマシマシ仕様のキャベツがたっぷりと使用され、最後まで飽きの来ない本格焼そばの味わいが麺量90gのレギュラーサイズとして気軽に楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

馴染み深い“ソースやきそば”の味わいを食べやすいレギュラーサイズとして仕上げ、そこに通常の4倍ものキャベツが使用された一杯は、キャベツの割合が以前よりも増したことで思ったよりもマシマシ感が増しており、レギュラーサイズでありながらもたっぷりと使用されたキャベツによって食欲をしっかりと満たしてくれる…そんな食べ応えのある一杯となっていました!
これは特に、レギュラー商品である“ソースやきそば”に通常の4倍ものマシマシ仕様のキャベツをたっぷりと味わいたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はお馴染み“ペヤング”シリーズの新商品、キャベツマシマシ仕様のボリューム感抜群な食べ応えのある一杯、「ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ

今回ご紹介するカップ麺は、お馴染み“ペヤング”シリーズの新商品ということで、ビーフやウスターソースをしっかりと利かせたコク深い味わいで好評の“ペヤング ソースやきそば”に通常使用されているキャベツをマシマシ仕様の4倍もの量を盛り付けたことで、思う存分キャベツの美味しさ・食感が楽しめるボリューム感のある一杯、“ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ”となっています。

ご覧の通り、レギュラー商品と々サイズ感と思いきや…高さが2倍近くもあり、麺量90gのレギュラーサイズではあるんですが、キャベツがマシマシ仕様によってたっぷりと盛り付けられたボリューム感のある一杯であることが伝わってきますね!(そのせいか…通常の“ソースやきそば”の税別193円よりも若干割高な価格のようです。)

ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ パッケージ

そして気になるキャベツの量についてですが…以前お問い合わせしてみたところ、レギュラーサイズ(1食当たり120g)に使用されているキャベツの量が10gに対し、“超大盛やきそば マシマシキャベツ(1食当たり282g)”は50gの5倍となっていたため、今回の“ソースやきそばマシマシキャベツ”は通常の4倍とのことでしたから、約40gものキャベツが使用されており、こうして考えるとキャベツの割合がアップしていることがわかりますね!

ただ、レギュラーサイズとは言っても容器の高さの関係やキャベツがマシマシ仕様となっているため…ご覧の通り調理する際の熱湯は670mlも必要となりますので若干注意です。

ちなみにこの“ペヤング”シリーズは、昨年2019年は毎週のように新商品を発売してきたんですが、2020年としては…以下のように上半期はややペースが鈍化している状態だったものの…6月辺りから急に商品展開が目まぐるしく、さらに最近ではあのインパクト絶大な“GIGAMAX”シリーズが立て続けに3商品も登場し、その上を行く“ペタマックス”が大変な話題となっています!

やはりこのブログでも何度もお伝えしてきた通り2020年3月13日で“ペヤングソースやきそば”発売45周年を迎えたことで、記念となる周年として面白いフレーバーがどしどし登場してきましたね!先日“ペタマックス”で強烈に話題となったばかりなんですが、今回はサイズ違いとは言え…さり気なくキャベツの割合をアップしたレギュラーサイズということで、まだまだ今後の商品展開に期待したところ!

また、ここ数年の“ペヤング”シリーズ一覧は下記の記事にもまとめてありますので、ぜひご覧ください!やはり“ペヤング”は改めて見てみるも多種多様なフレーバーが数多く登場していて面白いですね!

「ペヤング」シリーズ一覧
「ペヤング」シリーズ一覧!歴代フレーバーを一挙ご紹介します!【随時更新】このブログでは、これまで実に様々な“ペヤング”のフレーバーをご紹介してきましたが、今回は実際に味わってみた一杯を全てご紹介したいと思いま...

それでは、今回の“ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ”がどれほどキャベツマシマシ仕様のボリューム感に仕上がっているのか?レギュラー商品としてお馴染みの“ソースやきそば”のコク深くまろやな味わいとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもラードを使用した油で揚げた麺から滲み出る香ばしい風味や旨味を兼ね備えた麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り619kcalとなっております。(塩分は3.6g)

カロリーは、汁なしカップ麺(カップ焼そば)ということもあって割と高めな数値のようですが、一方で塩分はレギュラーサイズらしくかなり低めな数値となっています。
ちなみに1食当たり141g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

ソースには、ウスターソースや糖類をはじめ…

  • 食塩
  • 香味油
  • ビーフエキス
  • 香辛料
  • ビーフ風味調味料

といった、お馴染み“ペヤング ソースやきそば”と全く同じ仕様となっていて、あのシンプルながらもコク深くまろやかな味わいに仕上がり、さらにキャベツがマシマシ仕様でたっぷりと盛り付けられたことによってキャベツ本来の味わいなんかもしっかりと楽しめる味わいを想像させる材料が並びます。

また、麺の項目を見てみると…やはりお馴染みラードを使用した油で揚げた麺が採用されているようで、こちらもまた香ばしいラード特有の風味や旨味なんかも安定感のある味わいとして期待したいところ!

JANコード49 02885 00632 9
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、ラード、しょうゆ、食塩、香辛料)、添付調味料(ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、ビーフエキス、香辛料、ビーフ風味調味料)、かやく(キャベツ、味付け鶏ひき肉、ごま、香辛料、アオサ、紅生姜)/カラメル色素、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(グァーガム)、酸味料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、重曹、ビタミンB₂、甘味料(カンゾウ)、(一部に小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

栄養成分表示 [1食 (141g) 当たり]
熱量619kcal
たん白質9.7g
脂質27.2g
炭水化物83.8g
食塩相当量3.6g

引用元:ペヤング ソースやきそばマシマシキャベツ | まるか食品株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り“かやく”、ソース、ふりかけ・スパイスといった4種類の調味料などが入っています。

そして、こちらが今回使用されている調味料などの3パック(“ふりかけ”とスパイスは仕切りがありますが、一緒になっています。)となっていて、特に左の“かやく”は“マシマシキャベツ”というだけあって通常の4倍ものボリューム感でまさにキャベツマシマシ!!

また、ソースは、お馴染み“ソースやきそば”らしい非常にさらっとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で充分かと思われます!

また、麺はご覧の通り“ペヤング”シリーズらしいやや細めにも見えるラードを使用した油で揚げたことによってラードの旨味・香ばしさが滲み出す風味豊かなフライ麺が採用されいるようです!

調理してみた

ではまず、“かやく”を入れてみます。

そして、かやくには…

  • キャベツ
  • 味付け鶏ひき肉

が入っています。

やはり通常のキャベツ4倍ということもあってかなり量は多いですね。。笑
レギュラーサイズに対しての4倍ですから、さらにマシマシ感が際立って感じられ、今回もまた“マシマシキャベツ”といったネーミングもぴったりな一杯といったところではないでしょうか?

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:670ml)
そして出来上がりにしっかりと湯切りをしたところがこちら!

ちなみに湯切りする際には“ペヤング”らしいラードの香ばしさとともにキャベツの素材本来の風味なんかも香り立ち、キャベツの旨味もしっかりと加わっていることがわかります!

すると…先ほどまでの麺やキャベツがふっくらとした仕上がりとなり、キャベツに関してはマシマシ仕様であることは一目瞭然で、他にも麺にはほどよい弾力が加わり、慣れ親しんだ味わいにキャベツをマシマシしたボリューム感のある一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどのソースを注いでいきます!
すると…やはりさらっとした状態ではありますが、ビーフなどの旨味が凝縮された濃いめソースとなっていて、香ばしさが香り立つ麺との相性なんかも抜群です!

そして、さらっとしているせいか…すぐにソースは深い容器底へと沈んでいき、食欲そそる香ばしい風味が香り立ち、ウスターソースやビーフエキスを利かせたキレ・後味の良いコク深くまろやかな旨味そのものも楽しめそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
ご覧の通り非常にさらっとしているので、比較的麺にも馴染みやすいんですが…何せ通常の4倍ものキャベツが使用されていますから、若干の混ぜにくさはありますね。。(個人的に最初は具材として使用されているキャベツにソースを絡ませないタイプです。)

そしてソースが全体に馴染んだら、先ほどの“ふりかけ”を加えていきます!
ちなみにこちらには…ごま・アオサ・紅生姜が含まれています!これによって風味や見た目としてのアクセントなんかもプラスされ、ちょうど良い風味やピリッとしたアクセントが加わるんですよね!

さらに香辛料を含んだスパイスを加えて完成となります!
こちらは主に胡椒と思われる香辛料のようで、少量ではありますが、これによってほどよい後味の良さが引き立つようにも感じられるため、お好みによっては後々もう少し足してみても良いかもしれません!

こうして完成となるんですが…やはり容器の底が深いだけあってキャベツの量がもの凄いですね。。ぱっと見では伝わりにくいかもしれませんが、まさに“マシマシキャベツ”という名にふさわしくレギュラーサイズながらもボリューム感のある盛り付けとなっています!

そして、“ふりかけ”に含まれるアオサや“ごま”なんかもほんのり磯の香りや香ばしさを際立たせ、ラードを使用した油で揚げた麺との相性なんかも抜群です!

食べてみた感想

一口食べてみると…馴染みあるあの“ペヤング ソースやきそば”の味わいです!ウスターソースやビーフエキスなどの旨味が凝縮されたコクのある美味しさに麺から滲み出る香ばしさが絶妙にマッチしたことで、まるで鉄板焼したかのような風味豊かな香りが表現されていて、そこにマシマシ仕様のキャベツのシャキシャキとした食感がたっぷりと楽しめるボリューム感のある仕上がりとなっています!

そして、上記の通り通常の4倍ものキャベツがたっぷりと使用されていますから、麺量90gのボリュームを考慮すると…どこから食べてもキャベツが絡むことによって素材本来の美味しさなんかも同時に味わうことができ、まさにキャベツ好きな方におすすめの一杯と言えるでしょう!

麺について

麺は、ご覧の通り“ペヤング”お馴染みのやや細めでラードを使用した油で揚げたことによってラード特有の香ばしさと旨味が感じられるシリーズらしい仕上がりとなっています!

そんな麺には、ウスターソースやビーフエキスなどを利かせたコク深くまろやかなソースがよく絡み、一口ずつに馴染み深い味わいが口いっぱいに広がっていき、ラードから漂う香ばしい風味が後味良く抜けていきます!

トッピングについて

トッピングにはまず、なんと言ってもこちらのキャベツが通常の4倍もの量が使用されていて、シャキシャキとした食感が心地良く、“マシマシキャベツ”の文字通りキャベツの旨味や食感を思う存分楽しめる具材となっています!

そのため、具材として使用されたこのキャベツだけをモリモリと食べてもまだまだ容器にはたっぷりとキャベツが残っているので、その辺りはやはりキャベツを思う存分に楽しむには群を抜く一杯と言えます!!しかも気軽に食べられるレギュラーサイズというところがまた良いですね!

また、先ほどもお伝えした通りどこから食べてもキャベツがしっかりと絡み、ラードによる香ばしい旨味が滲み出た麺とソースに加え、たっぷりとキャベツが使用されたことで…ボリューム感はありますが、どこかヘルシーさも感じさせます!

さらに、こちらの“味付鶏ひき肉”は、“ペヤング”お馴染みの具材となっていて、個人的にはあまりこの食感は好みではないので…単体で楽しむというよりかは、他の麺やキャベツと一緒に絡めていただくことによって肉の旨味も増して楽しめるのではないでしょうか?

他にも、“ふりかけ”に含まれているアオサや“ごま”、そして紅生姜によってちょうど良い磯の風味や香ばしさ、ピリッとしたアクセントが加えられているため、最初から加えて楽しんでみても良いですし、ちょっとした味変として途中から加えてみても良いでしょう!

ソースについて

ソースは、原材料にも記載されていた通り、お馴染み“ペヤング ソースやきそば”と全く同じ仕様となっていて、ウスターソースやビーフエキスを利かせたコクのあるまろやかな美味しさがしっかりと表現され、ラードを使用した油で揚げた麺から滲み出した旨味・香ばしさとうまくマッチしたことで、馴染み深い安定感のある味わいが最後までじっくりと楽むことができます!

そして、今回はキャベツがマシマシ仕様で盛り付けられていますから、一緒に絡めていただくことによってキャベツの旨味なんかも同時に楽しむことができ、なんと言っても香ばしい風味によって、ついつい箸が止まらなくなってしまいます。。

このように、今回の“ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ”は、ウスターソースやビーフエキスを利かせたお馴染み“ソースやきそば”の味わいに通常の4倍ものキャベツがマシマシ仕様として盛り付けられ、レギュラーサイズながらも食べ応えのある一杯としてキャベツ本来の旨味・食感なんかもしっかりと楽しめる満足度の高い仕上がりとなっていたため、お好みによっては“ソースやきそば”にぴったりな香辛料などをちょい足ししてみても良いでしょう!

まとめ

今回「ペヤング ソースやきそば マシマシキャベツ」を食べてみて、馴染み深い“ソースやきそば”の味わいに麺から滲み出したラードによる旨味や香ばしい風味が絶妙にマッチした食べやすいレギュラーサイズに通常の4倍ものたっぷりと盛り付けられたキャベツによって、商品名“マシマシキャベツ”の文字通りボリューム感のある食べ応え抜群な仕上がりとなり、思う存分キャベツの食感・旨味が楽しめる満足度の高い一杯となっていました!

また、はじめは単純にレギュラーサイズとしてボリュームの異なる一杯が登場したのかと思いましたが…高さのある特別仕様の容器によってたっぷりとキャベツが盛り付けられ、以前よりもキャベツの比率が高くなった“マシマシキャベツ”は、まさにキャベツ好きにはたまらない一品と言えるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

この記事を書いた人
ゆうき
ゆうき
「きょうも食べてみました!」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな「ゆうき」が運営しているブログです。レビュー記事をメインに更新しています!