エースコック

【セイコーマート】旨辛麺!ラードのコクと唐辛子の辛さを利かせた醤油ベースの旨辛な一杯

【セイコーマート】旨辛麺
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

セイコーマートのPB“セコマ”から新発売されたカップ麺「旨辛麺」を食べてみました。(2023年6月12日発売・セコマ)

この商品は、上記のように“セコマ”から発売されている非常にリーズナブルなカップ麺のひとつで、ポークやチキンをベースにラードのコクと唐辛子の辛さを利かせたシンプルな醤油スープに仕上げ、具材に使用された“鶏・味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、そこに若干幅広なヌードルタイプのフライ麺が絶妙にマッチした一杯、“旨辛麺”となっております。(値段:税別128円)
※セイコーマートは道外だと残念ながら埼玉と茨城にしかありません。

ご覧の通りパッケージには、“旨辛麺”といった今回の商品名が大きく記載され、今回はポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子をバランス良く合わせた定番とも言えるフレーバーということで、旨味やコクもあり、ピリッとした辛さがクセになるテイストとなっており、さり気なく魚醤も使用した繊細なスープを表現し、セイコーマートのPBカップ麺としては以前ご紹介した“チリトマト味ヌードル(2023年5月15日発売)”に続く一杯です!

【セイコーマート】旨辛麺 パッケージ

ご覧の通り容器側面には…ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さなどをバランス良く合わせた安定感のある旨辛麺のイラストイメージが掲載されており、これを見る限り具材には…鶏・味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子が使用されているようで、今回の旨辛な醤油スープを美味しく引き立てる具材が使用され、他にも様々な材料で旨味を凝縮した一杯であることが伝わってきます!

また、こちらには“やみつきのウマさ!コク辛スープ!”と記載されており、ポークやチキンをベースにコクのあるラードやピリッとした辛みをプラスしたことで旨辛な味わいを表現し、あっさりとした中にもやみつき感のある美味しさが表現されていることが伝わってくるのはもちろん、今回のテイストは文字通り定番とも言えるフレーバーであり、メリハリとなるアクセントが心地良く、この唐辛子がどれほど利いているのか非常に気になるところではないでしょうか?

他にもエネルギー256kcal・食塩相当量5.0gといった1食当たりの量が若干少なめという点も夜食なんかにぴったりです!(“セコマ”のタテ型カップ麺はほぼ同等のボリューム感となっています。)

…というかセイコーマート自体、札幌発祥ということもあってなのかカップ麺のフレーバーも北海道ならではのものが多いんですが…定番の味わいはもちろん、ひと味違ったフレーバーなんかも数多く発売されていて、PB商品らしい低価格帯にも関わらず決して侮れない仕上がりは、ついついお昼のお供にしている方も多いのではないでしょうか?ボリュームもちょうど良いですしね!

そしてその特徴としては、上記のようにポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さを利かせ、具材に使用された“鶏・味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、他にも様々な材料が使用されたことでサラッとした中にも物足りなさを感じさせることもなく、安定感のある旨辛な醤油スープとなっているため、最後まで飽きの来ない素材本来の旨味や香りを味わえる万人受けするかのような仕上がりとなっています!

ちなみに“旨辛麺”といったセコマのカップ麺と言えば…2020年7月13日に“突辛!激辛醤油ラーメン”というひと味違った商品が発売されていたんですが、今回のフレーバーは辛さ控えめのベーシックなテイストとなっており、PB商品らしくリーズナブルな値段ということもあって“おにぎり”のお供にもちょうど良く、“セコマ”の数多く発売されているカップ麺の中でリピートしている方も多いかもしれませんね!

他にも特徴として…麺はヌードルタイプの幅広な仕様となっていて、つるっと滑らかな食感はもちろん、ほどよい弾力とコシが表現され、ポークやチキンの旨味にラードのコクや唐辛子の辛さ、これらをバランス良く合わせた旨辛な醤油スープがじっくりと楽しめるというわけです!

実際に食べてみて…

後味すっきりとした醤油スープらしく非常にキレの良い仕上がりとなっているんですが、ポークやチキン、さらにラードのコクを使用したことで物足りなさといった感じは一切なく、まさに定番とも言える旨辛なテイストが最後まで飽きることなく楽しむことができ、ほんのり利かせた唐辛子の辛さがキリッとした口当たりをプラス、他にもフライ麺ならではの香ばしさによって風味豊かな調理感が際立ち、幅広い層に好まれる美味しさがすすり心地の良い幅広なフライ麺と気軽に堪能できるフレーバーとなっていました!
これは特に、定番とも言える旨辛な醤油ラーメンが好みの方はもちろん、ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さをほどよく利かせ、具材に使用された“鶏・味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出す旨辛醤油スープに食欲そそる香ばしさが漂う…そんな安定感のある味わいをじっくりと楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はセイコーマートのPB“セコマ”から新発売されたカップ麺で、ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さを利かせ、“鶏・味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、キリッとした醤油スープに仕上げ、そこにフライ麺ならではの香ばしさがふんわりと香り立つ夜食にもぴったりな軽やかなテイストで、定番ながらも旨辛な味わいがクセになる…ちょうど良いメリハリを付けた飽きの来ない一杯、「旨辛麺」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

旨辛麺

今回ご紹介するカップ麺は、1995年からセイコーマートが独自で商品展開を行うPB“セコマ”シリーズから新発売されたフレーバーのひとつで、ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さなどをバランス良く利かせ、サラッとした醤油スープにも関わらず全く物足りなさを感じさせることもなく、食欲そそるピリッとした辛みやフライ麺の香ばしさが臨場感を引き立て、最後まで飽きの来ないスープにすすり心地の良い幅広な麺が絡むリーズナブルな一杯、“旨辛麺”となっています。

ご覧の通りフタの方には…赤を基調に“旨辛麺”といった今回の商品名が大きく記載され、特に仕上がりイメージは掲載されていませんが、旨味と辛さを合わせた定番とも言えるジャンルですから、臭みのない動物系の旨味にラードや香辛料を合わせ、メリハリを付けたことでサラッとした中にも深みのある味わいを表現し、誰からも好まれそうな安定感のあるフレーバーに期待できそうです!

ちなみに、“セイコーマート”のPB(プライベートブランド)である“セコマ”として発売されているカップ麺には、縦型の“うどん”や“そば”、ヌードル・ラーメンはもちろん、どんぶり型の商品から焼そばなど多岐に渡り、これまでも様々な商品が発売されています!

そして、このブログでも“セコマ”の商品は以下のようにご紹介してきましたが、PB商品ということもあって若干量は少ないものの…大変リーズナブルなんですよね!(値上がりしたとは言えレギュラーサイズでほとんどが税別128円という価格!)

しかも味は決してチープではなく意外と美味しく仕上がっており、定期的に商品展開されているため、これからも毎回新商品をご紹介していきます!(改めて見ると頻繁に新フレーバーが次々と登場していますね。。)

また、この“セコマ”のカップ麺をまとめた記事は、ぜひこちらもご覧ください!

セコマ カップ麺
「セイコーマート」カップ麺!PB “セコマ” のカップラーメンを一挙ご紹介!セイコーマートのPB(プライベートブランド)「セコマ」をご存知ですか?このシリーズは実に様々な商品展開を行っており、リーズナブルな値段以...

それでは、今回の“旨辛麺”がどれほどポークやチキンの旨味を利かせた後味の良い醤油スープに仕上がっているのか?ラードのコクや唐辛子の辛さとの兼ね合いはもちろん、なんと言ってもつるっと滑らかで幅広なフライ麺との相性やバランスなどなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り256kcal(めん・かやく218kcal / スープ38kcal)となっております。(塩分は5.0g)

カロリーは、レギュラーサイズで若干少なめ・後味すっきりとした中にもコクのあるピリ辛な醤油スープということもあって非常に低めな数値のようですが、一方で塩分は平均的といった数値となっています!
ちなみに1食当たり59g、麺の量は50gとのことで夜食にもぴったりな嬉しいカロリー・ちょっと少なめなサイズと言えるでしょう!(同シリーズの縦型カップ麺はほとんどが麺量50gとなっています。)

また、カロリーの内訳を見てみると…スープだけだと38kcalとポークやチキンの旨味を利かせたコク深いテイストの割にやや低く、素材の旨味をしっかりと活かした飽きの来ない仕上がりをイメージさせます!

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、食塩や香味調味料をはじめ…

  • 植物油脂
  • 豚脂
  • 香辛料
  • ポーク調味料
  • チキン調味料
  • でん粉
  • 粉末しょうゆ
  • 魚醤

といった、ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さ、隠し味に魚醤を利かせた後味の良い旨辛な醤油スープに仕上げ、サラッとした仕上がりの割にコクや深みがあり、香辛料によるピリッとした辛みを加えたクセになる味わいを想像させる材料が並びます。

また、販売者はセイコーマートのPB“セコマ”ですが、製造はエースコックのようですね!このように“セコマ”のカップ麺は各フレーバーによって委託している製造所が異なります。
※“とろみ生姜かきたまそば”や“小海老天そば”、“濃いつゆ ラー油そば”など蕎麦に関しては“株式会社カナヤ食品”が製造所となっています。

JANコード4985908859300
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、しょうゆ、チキンエキス)、スープ(糖類、香味調味料、植物油脂、豚脂、香辛料、ポーク調味料、チキン調味料、デキストリン、でん粉、砂糖、粉末しょうゆ、魚醤)、かやく(鶏・味付肉そぼろ、ねぎ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、増粘多糖類、カラメル色素、香料、かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)、カロチノイド色素、香辛料抽出物、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB2、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

栄養成分表示 [1食 (59g) 当たり]
熱量256kcal
たんぱく質6.0g
脂質9.8g
炭水化物36.0g
食塩相当量5.0g
めん・かやく: 1.6g
スープ: 3.4g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.25mg
カルシウム189mg

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通り粉末スープなどがすでに入っていて、“調味油”と記載された調味料がひとつ入っています。

そして、こちらが今回唯一使用されている調味料となっており、原材料や商品名からすると恐らく中にはピリッとした辛さを引き立てるラー油のような油分が含まれているようで、非常にサラッとした状態でしたので、調理中はフタの上で軽く温めておく程度で十分かと思われます!

また、具材には…

  • 鶏・味付肉そぼろ
  • ねぎ
  • 唐辛子

が入っています。

このように今回のフレーバーは“旨辛麺”というだけあって必要最低限の具材が各種使用されているようで、特に“鶏・味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、ラードのコクと唐辛子の辛さが絶妙にマッチした醤油スープにさり気なく旨味やメリハリを引き立て、最後まで飽きの来ない後味すっきりとしたフレーバーということで、食べ進めていくに連れて満足度も増していく…そんな価格以上の味わいや風味が楽しめることでしょう!

さらに、麺はご覧の通りヌードルタイプの幅広なフライ仕様となっていて、表面つるっとした滑らかな食感、そしてすすり心地の良い軽やかさが特徴的で、すすった際に香るフライ麺特有の香ばしさなんかも楽しめそうです!

調理してみた

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。(必要なお湯の目安量:290ml)
そして出来上がりがこちら!

しっかりとお湯を吸ったことで先ほどまでの麺や具材がふっくらとした仕上がりとなり、特に麺にはもっちりとした弾力が加わり、まだ別添されている調味油を加える前の状態ではありますが…ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛みをバランス良く利かせ、後味すっきりとした飽きの来ない醤油スープが楽しめる旨辛な一杯…といった印象の出来上がりです。

ではここに先ほどの調味油を加えていきます!
すると…ラー油のような赤みを帯びた油分となっていて、少量ながらもしっかりと絞り込んで入れていきましょう!そしてラードのコクも含まれているようなんですが、そこまで特徴的な風味というわけでもなく、リーズナブルなPBカップ麺にも関わらず安定感のある旨辛な醤油ラーメンを表現しているようです!

ご覧の通りこの調味油を加えると…食欲そそる赤い油分が広がっていき、フライ麺特有の香ばしさが香り立ち、さり気なく使用された魚醤が雰囲気ある味わいを引き立て、誰もが好む定番の味わいといったところ!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…見るからに後味すっきりとしたキレの良い醤油スープに調理感のある香ばしさがほんのり広がっていき、色味は赤みを帯びた唐辛子の辛さが絶妙にマッチし、原材料にも記載されていたようなポークやチキンの旨味によって思いのほか繊細さ・コクが引き立てられ、すっきりとした味わいと安定感のある味わいが表現されているようです!

また、セコマのカップ麺に総じて言えるんですが…量的にも若干少なめというところが良いですね!がっつりといった気分でもなく…“旨辛麺”ならではのクセになる醤油スープをじっくりと味わいたいという時に打って付けの一杯と言えるでしょう!

さらに、サラッとした醤油スープには、旨味を引き立てる“鶏・味付肉そぼろ”や辛さを引き立てる粗挽き唐辛子が使用されていて、動物系の旨味とラードのコクや唐辛子の組み合わせによる定番の旨辛醤油スープが食欲を掻き立てます!…というかスープは非常にシンプルな構成となっているんですが、安定感のあるフレーバーであることに間違いなく、いつもながら個人的にも好印象といったところ!(醤油の旨味を下支えするかのような動物系の旨味やラードのコクに拘っている点が良いですね。)

食べてみた感想

一口食べてみると…ピリッとした辛みに動物系の旨味やラードのコクが深みをプラスしたことで、後味すっきりとした醤油スープにちょうど良い厚みが際立ち、さらに唐辛子ならではのピリッとした辛さをラードのコクなどとバランス良く合わせたことで物足りなさを感じさせないテイストに仕立て上げ、具材に使用された“鶏・味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、キリッとしたシャープな飲み口によってついついスープが止まらなくなります。。

そして基本はポークやチキンの旨味を利かせた後味の良い醤油スープにラードのコクや唐辛子の辛さを合わせた味わい深くもキリッとしたテイストとなっていて、そこにさり気なく魚醤が加わったことでシンプルながらも最後まで飽きの来ない美味しさが楽しめるかと思われます!そのため、意外と汗を誘う爽やかな辛みが心地良い後味すっきりとした旨辛スープが表現され、小腹の空いた夜食なんかにもぴったりです!

というか今回もまたPBカップ麺とは思えないほど安定感があって美味しいですね!強いて言えば…もう少し動物系の旨味は脂っこく利かせていても良かったような気もしますが、これはこれで後味すっきりとしたテイストですから、リーズナブルながらも思いのほか手の込んだ仕様となっていて、これが税別128円で楽しめるとは…やはり“セイコーマート”のPB商品は侮れませんね!動物系の旨味を利かせた旨辛な醤油スープということで十分な美味しさと言えるのではないでしょうか?

麺について

麺は、ご覧の通りヌードルタイプの若干幅広・つるっと滑らかな食感が印象的な仕様で、麺量50gとやや少なめではありますが…すすり心地の良さ・ほどよいコシを兼ね備え、今回のフレーバーと相性抜群な仕上がりとなっています!

そんな麺には、ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さ、隠し味に使用された魚醤などを利かせたキレの良い醤油スープがよく絡み、一口ずつに動物系の旨味やラードでコクを引き立てた醤油の旨味やピリッとした辛さなどが口いっぱいに広がっていき、フライ麺特有の香ばしさが後味良く抜けていきます!…これは醤油ならではの芳醇な風味も合わせて以外と満足度も高く感じられるのでは?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの“鶏・味付肉そぼろ”が入っていて、若干小ぶりではありますが、じっくりと味わってみると…ほどよく味付けされた肉の旨味がじゅわっと滲み出す仕上がりとなっていたため、まずはしっかりスープと馴染ませながら食べ進め、後ほど幅広なフライ麺と一緒に絡めていただくと、より一層肉の旨味も際立って楽しめるかと思われます!

他にもこちらの“ねぎ”が使用されており、ほどよいサイズにカットされたことでシャキシャキとした食感が心地良く、今回の一杯にちょうど良い食感としてのアクセントがプラスされているようにも感じられます!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通りポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さなどをバランス良く合わせたことで定番ながらも後味すっきりとした旨辛な醤油スープに仕上がり、動物系の旨味にラードを合わせたことでコクをプラス、そこにピリッとした辛さがちょうど良いメリハリを付け、決して脂っこさといった“くどさ”もありませんし、変なクセもなく、辛麺にも似通った定番のフレーバーだということが伝わってきます!

そしてかなりシンプルな醤油スープに辛みを利かせた単調なテイストのような気もしますが、今回の仕上がりに関しては動物系の旨味やラードのコク、香辛料が加わり、さり気なく魚醤を使用するなど意外と拘りもあって定番ながらも申し分のない仕上がりでしたので、素材本来の美味しさがストレートに楽しめるフレーバーで、幅広い層に好まれる一杯と言えるのではないでしょうか?

また、辛さに関しては旨辛というだけあってそこまで強くはなく、ちょうど良いアクセント程度となっているので、辛さが苦手な方でも十分旨辛な醤油スープの美味しさがじっくりと堪能できることでしょう!そしてもちろんポークやチキン、ラードのコクといった旨味も伴っているため、抜けの良いテイストながらも全く物足りなさを感じません!この辺りからも素材の旨味を存分に活かした仕上がりであることがわかりますね!

…というかこれで税別128円はかなりリーズナブルと言えるでしょう!本格的とまではいかないものの、旨味を活かした後味の良い旨辛醤油スープが好みの方なら十分楽しめるかと思われ、先ほどもお伝えした通り若干量も少なめでカロリーもかなり低いということもあってある程度常備したくなるという方も多いかもしれません!(セコマのPBカップ麺は基本的にどれも期間限定ですから…)

このように、今回の“旨辛麺”は、ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛み、そして魚醤を隠し味に使用したことによって定番とも言える旨辛な醤油スープを表現、キリッとしたシャープな飲み口にピリッとした辛みがバランス良く融合し、フライ麺特有の香ばしさも合わせて調理感のある味わいが際立ち、リーズナブルながらも物足りなさを感じさせないクセになる仕上がりでしたので、お好みによっては旨辛な醤油スープと相性の良い唐辛子などの香辛料をさらに足して味を調整してみても良いでしょう!

まとめ

今回「旨辛麺」を食べてみて、ポークやチキンをベースにラードのコクや唐辛子の辛さなどをバランス良く合わせたことで、定番とも言える旨辛な醤油スープを表現、他にも“鶏・味付肉そぼろ”からも良い旨味が滲み出し、決して単調になることなく素材の旨味を活かしたクセになるテイストが印象的で、さらにキリッとした口当たりや香辛料がちょうど良いメリハリをプラス、そこにヌードルタイプの幅広な麺が小腹を満たすちょうど良いボリューム感の旨辛な一杯となっていました!

やはりセイコーマートのPB“セコマ”のカップ麺は価格以上の満足感がありますね!今回のフレーバーもシンプルな構成ながらも物足りなさを感じさせないやみつき感のある味わいとなっていたため、ついついリピートしている方も多いのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

カップ麺のおすすめランキングについてはこちら

この記事を読んだあなたにおすすめ!

著者プロフィール
ゆうき
「きょうも食べてみました。」は、札幌在住のカップ麺・ラーメンが大好きな私「ゆうき」が運営しているブログです。新発売のカップ麺やおすすめラーメン店の実食レビュー記事をメインに更新しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です